LTEオプション無料の3年契約プランがあるWiMAXプロバイダの選び方

LTEオプションプランのあるWiMAXプロバイダ

2017年6月1日からUQWiMAXとその他一部のプロバイダで新プランが始まりました。

その後このプランを取り扱うプロバイダは徐々に増えていきました。

そこでLTEオプション無料プランを取り入れているWiMAXプロバイダをピックアップし選び方を紹介していきます。

LTEオプションが無料で使えるプランを契約するならどこがいい?

まずは各プロバイダの取り扱い状況を見ていきましょう。

LTEオプション無料プランのあるプロバイダを一部ピックアップ

プラン名称は各社で多少違うものとなってます↓

  • UQWiMAX
    ⇒UQ Flat ツープラス (3年)
    ⇒UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)
  • GMOとくとくBB WiMAX2+
    ⇒ギガ放題(3年)
    ⇒ライトプラン(3年)
  • BroadWiMAX
    ⇒月額最安プラン(3年)
  • BIGLOBE WiMAX2+
    ⇒ギガ放題(3年)
  • So-netモバイルWiMAX2+
    ⇒Flat ツープラス (3年)
    ⇒Flat ツープラス ギガ放題 (3年)
  • 家電量販店系プロバイダ
    ⇒ギガ放題(3年)
    ⇒ライトプラン(3年)

プラン名は各社違ってますけど内容は一緒。

ギガ放題がデータ使い放題、ついてないのが月7GBまでですね。

現在20社以上あるプロバイダのほとんどで取り入れられています。

ですが、電気通信事業法の改正があり2019年10月から一部プロバイダで扱いが終了しています。

 

2019年10月~、新プランに移行したプロバイダ

上の中では

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX2+
  • So-netモバイルWiMAX2+
  • 家電量販店系プロバイダ

が新プランに移行しました。

ただ、料金的なメリットはLTEオプション無料プランの方が上です。

そこでこのプランの特徴をサクッと解説しておきます↓

 

LTEオプション無料プランとはどんなもの?

WiMAXは現在次の2つの回線に対応しています。

  • WiMAX2+
  • au 4G LTE(対応端末のみ利用可能)

この中でau 4G LTE回線を使った場合、通常1005円/月上乗せされる分が無料になるプランです。

ただ、このプランの弱点は縛り期間が3年と長めになっているところ。

au 4G LTE回線対応端末を持っていて1つのプロバイダを末永く使い続ける人におすすめですが、キャンペーン特典狙いでこまめに解約→新規契約を繰り返す人には向いてません。

また、au 4G LTE回線使用料はau携帯使って対象プランを契約してる人も無料にできる(※)ので、このパターンに該当する人もメリットは少ないでしょう。

※詳細はこちらの記事で
WiMAX2+ auスマホ割(auスマートバリューmine)の割引料金まとめ

au 4G LTEに対応している端末(法人モデルは除く)

  • W06
  • W05
  • W04
  • W03
  • W02
  • W01
  • WX06
  • WX05
  • WX04
  • HWD15
  • HWD14
  • L02(ホームルーター)
  • L01s(ホームルーター)
  • L01(ホームルーター)
  • WiMAX HOME 02(ホームルーター)
  • WiMAX HOME 01(ホームルーター)

数字が大きいほど新しいモデルで対応しているのはファーウェイ製とNECプラットフォームズのもの。

この中なら数字が大きい最新モデルがおすすめです。

WiMAXでは回線と端末購入をセットで契約できるんですが、端末代はタダになるプロバイダも多いです。

となると新しいモデルの方が性能は上なので旧モデルを選ぶ理由はありません。

自宅で家族みんなで使うならホームルーターがいいですね。

 

続いて、WiMAXプロバイダのプラン料金をまとめました。

主要プロバイダの料金は?

とくに料金が安いプロバイダのみをピックアップして比較してみました↓

ギガ放題プランの料金

契約月1~2ヶ月目4~36ヶ月目37ヶ月目~
GMOとくとくBB
(現金バック特典)
3609
日割り計算
360942634263
GMOとくとくBB
(月額割引特典)
2590
日割り計算
25903344
4263
BroadWiMAX2726
日割り計算
341140114011
Asahiネット000~43504350

各プロバイダによってキャンペーン特典が違ってきます。

料金はこの表の順番で上から安くなっています。

月7GBプランの料金

契約月1~2ヶ月目4~24ヶ月目25ヶ月目~
GMOとくとくBB
(現金バック特典)
3609
日割り
360936093609
GMOとくとくBB
(月額割引特典)
2590
日割り
259026903609
BroadWiMAX2726
日割り
272633263326
Asahiネット000~36103696

ギガ放題プランと極端に料金は違わないので、7GBプランを選ぶメリットは少ないですね。

7GBで十分な人はスマホのプランを増量しテザリングでカバーしたほうが安く済ませられます。

よってWiMAX契約するなら最低でも月間7GB以上使う人がいいですね。

 

新プランよりLTEオプション無料プランを選ぶメリット・デメリットは?

【メリット1】LTEオプションが無料で使える

2019年10月からWiMAX本家の「UQ WiMAX」が2年(1年や期限なしもあり)プランをスタートしました。

ただこちらはLTEオプションが有料です(月1005円)。

もし頻繁に使うならいくら安いプロバイダで契約してもプラス1000円ほど割高になるわけです。

ここをLTEオプション無料プランにすれば単純に1000円ほど安くなります。

【メリット2】使用する回線が繋がりやすい

LTEオプションはauスマホで使っている4G回線を使います。

この回線はWiMAX回線よりビルの影や山間部、地下など電波が届きにくそうなところでも繋がる可能性が高いもの。
(もちろん基地局の設置状況しだいですが)

これならWiMAXをさらに快適に利用できるでしょう。

【デメリット】月7GBまでしか快適に使えない

これが最大のネックで、LTEオプションモードで月7GB以上データ通信すると速度制限対象になってしまいます。

「じゃあLTEオプションモードをやめればいいのでは?」と思うかもしれませんが、なんと通常モードに戻しても制限は解除されません(汗)

翌月になるまで128kbpsの超低速なままで我慢するしかなくなります。

これがあるので気軽に使えないんですよね。

【デメリット2】縛り期間が長い

上でも触れていますが、縛り期間が3年も長くなっています。

スマホほどではありませんが、WiMAXは毎年ニューモデルが発売され切り替わりの多いサービス。

当然新しいモデルの方が性能も上で機種変更したくなることもあるはず。

こうした業界の3年というのは短いようでとても長く、その間にさまざまな新サービスや技術革新が考えられます。

となるとその時には最先端の技術に対応したモデルもでていますし、気付いた時にはそれよりももっといいサービスが始まっていることも十分にあり得る話。

そうなった時に乗り換えようと思ってもまだ契約期間内であり、高めな違約金が発生してしまいます。

もっと気をつけたいのは更新月を逃すとまた3年間契約し続けないといけない点です。

自動更新されるため、更新月をしっかりと覚えてないとかなりの負担を強いられることになってしまいます。

またもっと安いプロバイダを見つけて乗り換えたくなることもあるでしょう。

でも3年縛りだと違約金がそれなりに高いので気楽に解約はできない人も多いと思います。

縛り期間の長さはそれだけ自由度が減ってしまうのは仕方ないですね。

 

どんな人におすすめ?

月7GBまでで十分な人

使い放題より安い7GBプランにしつつ、LTEオプションも無料&容量制限内で使えるのでデメリットはありません。

端末も無料になっているプロバイダも多いのでその点でも有利です。

WiMAX電波が繋がりにくい場所に住んでいる人

WiMAXの電波が届きにくいところで利用する人はauの4G回線が使えると快適になる可能性大。

逆にWiMAXの電波が普通に届く場合にはLTEオプションの恩恵はあまりありません。

例えば山間部や離島などで利用したい人にとってはメリットが大きく、また地下などで仕事をする人にとっても恩恵を受けやすいと言えます。

普通に使っていると不便な人ほど3年プランで契約し、利用したほうがいいでしょう。

1000円程度のお金を上乗せしてでもそのメリットを享受したいと思う人であれば無料プランになることはかなりのプラスになります。

 

 

LTEオプション無料プランで契約するならこのプロバイダ

たくさんありますが、上の2社から選んでおけば安いです。

簡単に紹介しておくとこんなプロバイダです↓

  • GMOとくとくBB
    ⇒高額キャッシュバックあり
    ⇒月額割引コースもあり
  • BroadWiMAX
    ⇒月額利用料を毎月割引

安いのは業界最高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBB。

おおむね3万円前後出してます。

ただサポート面に期待できないので、初期設定やトラブル発生時にフォローが欲しい人はBroadWiMAXをおすすめします。

料金も安くてサポートもOKです。

 

まとめ

LTEオプション無料プランの内容と、どのWiMAXプロバイダがいいのか?について解説しました。

2019年からの新プランよりお得な面が多いです。

縛り期間の長ささえ気にならないならLTEオプション無料プランを選んだほうが安く使えてメリットもあるためおすすめです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました