LTEオプション無料の3年契約プランがあるWiMAXプロバイダ

2017年6月1日からUQWiMAXとその他一部のプロバイダで新プランが始まりました。

始めたプロバイダは次の3社で徐々に増えていっています。

プラン名称も多少違うものとなってます。

  • UQWiMAX
    ⇒UQ Flat ツープラス (3年)
    ⇒UQ Flat ツープラス ギガ放題(3年)
  • GMOとくとくBB WiMAX2+
    ⇒ギガ放題(3年)
    ⇒ライトプラン(3年)
  • BroadWiMAX
    ⇒月額最安プラン(3年)
  • BIGLOBE WiMAX2+
    ⇒ギガ放題(3年)
  • So-netモバイルWiMAX2+
    ⇒Flat ツープラス (3年)
    ⇒Flat ツープラス ギガ放題 (3年)
  • 家電量販店系プロバイダ
    ⇒ギガ放題(3年)
    ⇒ライトプラン(3年)

全部で20社以上あるプロバイダでも一部で取り入れられているだけ。

そのうちもっと増えていくかもしれませんが動きは鈍い感じ。

WiMAXの本家「UQWiMAX」が始めたからって全社がやるわけじゃないんですね。

プラン名は各社違ってますけど内容は一緒。

ギガ放題がデータ使い放題、ついてないのが月7GBまでとなってます。

で新プランの特徴はこんな感じ。

新プランの特徴は?

WiMAXは現在次の3つの回線に対応しています。

  • WiMAX(2018/3 終了予定)
  • WiMAX2+
  • au 4G LTE(対応端末のみ利用可能)

この中でau 4G LTE回線を使った場合、通常1005円/月上乗せされるんですが、これが無料になるプランです。

ただ、一番選ばれているメインのプランが2年縛りなのに対しこの新プランは3年縛りなのがネック。

au 4G LTE回線対応端末持ってて1つのプロバイダを末永く使い続ける人におすすめですが、キャンペーン特典狙いでこまめに解約→新規契約を繰り返す人には向いてません。

また、au 4G LTE回線使用料はau携帯使って対象プランを契約してる人も無料にできるので、このパターンに該当する人もメリットは少ないでしょう。

au 4G LTEに対応している端末

  • W05
  • L01s
  • WX04
  • W04
  • L01(ホームルーター)
  • W03
  • W02
  • W01
  • HWD15
  • HWD14

上から発売日新しい順で、ファーウェイ製のWiMAXルーターメインですね。

WX04だけは日本のNECプラットフォームズ製ですが。

それ以外の他社製品が対応しない理由はわかりません。

auかKDDIと契約でもしてるんですかね・・・。

この中なら最新モデル「W05」がおすすめ。

自宅で家族みんなで使うならホームルーターの「L01」か「L01s」がいいでしょう。

関連記事
L01のレビュー評判を調べてみた

 

続いて、スタートと同時に導入したWiMAXプロバイダの新プラン料金をまとめました。

LTEオプション無料「3年契約プラン」の料金は?

ギガ放題プランの料金

契約月1~2ヶ月目4~36ヶ月目37ヶ月目~
UQWiMAX3696369643804380
So-net0369541804379
エディオン3696369643804380

※エディオンは系列クレジットカード払いならマイナス200円

月7GBプランの料金

契約月1~2ヶ月目4~36ヶ月目37ヶ月目~
UQWiMAX3696369636963696
So-net0369536953695
エディオン3696369636963696

※エディオンは系列クレジットカード払いならマイナス200円

基本2年縛りコースと同じ料金ですが、3年目も割引が適用されてる分少しお得感ありますね。

 

2年プランよりLTEオプション無料プランを選ぶメリットと注意点

2017年からWiMAXでは3年プランを契約にすることでLTEオプションを無料にすることができるようになっています。

これにより2年プランでは月額1000円程度かかっていたLTEオプションを無料にすることが可能です。

LTEオプションとはビルの影や山間部、地下など本来携帯電話の電波が届きにくそうなところでも簡単に電波が届くようにできるもの。

これならWiMAXでも利便性を高めた形で利用できますが、問題となったのは毎月の費用です。

1000円程度の上乗せになってしまい、何のために大手キャリアから移行したかわからない状態になります。

それを解決したのが3年プラン(LTEオプション無料プラン)です。

メリットを受けられる人はWiMAXの電波が届きにくいところで利用する人。

WiMAXの電波が普通に届く場合にはLTEオプションの恩恵はあまり受けません。

なぜならすでに利便性が高い状態であり不便さを感じないからです。

例えば山間部や離島などで利用したい人にとってはメリットが大きく、また地下などで仕事をする人にとっても恩恵を受けやすいと言えます。

普通に使っていると不便な人ほど3年プランで契約し、利用したほうがいいでしょう。

1000円程度のお金を上乗せしてでもそのメリットを享受したいと思う人であれば無料プランになることはかなりのプラスになります。

 

ただ、ここで気をつけたいのは3年間使い続けないといけない点です。

こうした業界の3年というのは短いようで実はとても長く、その間に様々な新サービスや技術革新が考えられます。

となるとその時には最先端のサービスでも気付いた時にはそれよりももっといいサービスが始まっていることも十分にあり得る話。

そうなった時に乗り換えようと思ってもまだ契約期間内であり、違約金が発生してしまいます。

もっと気をつけたいのは更新月を逃すとまた3年間契約し続けないといけない点です。

自動更新されるため、更新月をしっかりと覚えてないとかなりの負担を強いられることになってしまいます。

また無料プランで気をつけるべきポイントは通信制限の問題です。

LTEオプションを選んだばっかりに月に7GB以上使うことで通信制限に引っかかりかなり遅いスピードでやり取りせざるを得ない状況に追い込まれます。

通常のルーターはオプションを選んでいない場合には容量に関係なく利用できますが、オプションをつけることで通常の方でもそれが適用される形となり巻き添えを食らう格好となってしまいます。

対策としてはモードを切り替えることで特定のモードにおいて7GB以上を使わないようにすることが求められますが、ちゃんと知っておかないとえらい目を見ることになりそうです。

 

月額1000円程度が浮くのが最大のメリットであり、3年間契約に縛られることなどがデメリットです。

別にそれでも構わないという場合にはおすすめですが、色々と比較検討をしている人はいったん様子見で情報収集を続けることが必要です。

 

LTEオプション無料の3年契約プランでキャンペーン特典があるプロバイダは?

家電量販店系プロバイダは店舗によってキャンペーンが違うため割愛します。

ここでは3年プラン契約可能でキャンペーンもある5社について。

  • GMOとくとくBB
    ⇒高額キャッシュバックあり
  • BroadWiMAX
    ⇒月額利用料を毎月割引
  • UQWiMAX
    ⇒商品券3000~15000円プレゼント
  • So-netモバイルWiMAX2+
    ⇒月額利用料を毎月割引
  • BIGLOBE WiMAX2+
    ⇒キャッシュバック

WiMAX本家運営のプロバイダ「UQWiMAX」はJCB商品券がもらえます。

月によって金額が代わり、3000円~15000円の間で推移していますが、他社に比べてお得感少なめ。

選ばないほうがいいです。

おすすめは業界最高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBB。

おおむね3万円前後出してます。

ただサポート面に期待できないので、初期設定やトラブル発生時にフォローが欲しい人はBroadWiMAXをおすすめします。

料金も安くてサポートもOKです。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由