LTEってどんなもの?

前の記事で「WiMAX2+」について調べたんですが(前記事)、最後に付いてる「+」が「LTE」にも対応していることを意味しているとわかりました。そこで今度は「LTE」ってなんやねん?となるのは自然の摂理。水をたくさん飲めばトイレに行きたくなる、それと同じくらい当たり前のことです。

というわけで、「LTE」の謎を解明すべく調べてみました。

LTEについて調べてみた結果

グーグルに「LTEとは?」と聞いていると、検索結果トップにこうでてきました。

LTEとは、スマートフォンや携帯電話などで使われる新しい高速モバイル通信技術の名称です。 3Gと4Gの中間に位置する規格ということでWimaxと同じ3.9Gに分類されますが、最近では4G(第4世代)に含めてもよいという事になっています。(http://www.toha-search.com/より引用)

今回もそうだけど、今グーグルさんって英単語の意味とかそういうの検索すると誰かのサイトのマッチしてる記事を勝手に引用して結果に表示させてますよね?それいいの?って思いますけどどうなんでしょ。そのサイトに広告貼ってあったらアクセスして開いてもらって初めて見せることができるわけですし。なんか腑に落ちない・・・。そして運営者さん可哀想。グーグルさん、お金払ってないよね。知らんけど(汗)

と、話がかなり脱線しちゃいました。失礼。「LTE」に戻します。

上の解説文に3Gやら4Gやらまたもや難解なフレーズが出てますが、要は回線の名称ってことですね。3Gは第3世代、4Gは第4世代で3Gより高速な回線。で、4G=LTE ということのようです。

続いて3Gより速いってどれくらいなのか?についてNTT公式サイトに記載されてたので引用させてもらいます。

  • 3G 数Mbps~14Mbps
  • 4G 75Mbps~100Mbpsくらい

場合によって10倍くらい違うんですね。

あとdocomo、au、softbankもLTE回線を使ってて、それぞれ呼び方が違うようです。

  • docomo 「Xi(クロッシィ)」
  • au 「au 4G LTE」
  • softbank 「ソフトバンク 4G LTE」

そこは一緒でええやん!仲良くしようよ!とツッコんでおきます。それにしても4G=LTEなのに「4G LTE」とか表記されると余計わかりくくなりますね。auとsoftbankがなぜそこだけ仲良しなのかも謎。全社「LTE」で統一するよう要望したい!

今度選挙あったら、「LTE」に統一します!って公約してくれる候補者に一票投じます。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由