Mobile-J(モバイルJ)とWiMAXを徹底比較!契約するならどっちがいい?

モバイルJとWiMAXならどっちがいい?

Mobile-J(モバイルJ)は新規申し込み受付を停止しています。(2020年11月現在)

 

Mobile-J(モバイルJ)とWiMAX、どっちがいいのか迷いますよね。

 

ポケットWi-Fiなら、WiMAXが定番ではありますが、Mobile-Jも比較的新しいサービスで、料金も魅力的だという噂もある。

どっちを契約すれば自分にとってメリットが大きいのか、知っておきたいですよね。

 

今回、Mobile-JとWiMAXを比較してみましたが、個人的には「WiMAX」の方が優れていると感じました。

Mobile-Jの料金については、見方を変えれば確かに魅力ではありましたが、「データ使い放題」で比較した時は、圧倒的にWiMAXの方がメリットが大きいです。

 

この記事では、WiMAXを実際に使っている運営者が、Mobile-JとWiMAXを徹底比較していきます。

※WiMAXは、どのプロバイダよりも安く契約できる「GMOとくとくBB」で比較していきます。

Mobile-JとWiMAXを6つの観点から徹底比較!

Mobile-J(モバイルJ)とWiMAXなら、どっちがいいのか?

以下の6つの観点から徹底的に比較していきます。

  1. 料金(プラン、解約金
  2. 通信速度
  3. 通信制限
  4. 対応エリア
  5. 取り扱いの機種(端末)
  6. キャンペーン

料金(プラン)

Mobile-J(モバイルJ)の「料金」については以下の通りです。

MobileJの料金プラン

引用元:Mobile-J 公式サイト

  • 月額2,680円〜5,480円(20〜150GBプラン)
  • 事務手数料:3,000円
  • 解約料(違約金):9,500円〜16,000円

上記のように、必要なギガ数によって料金は変わってます。

 

個人的には、「データ使い放題」のプランがないというのが痛いなーと感じますね。

youtubeや映画を頻繁に見る方なら、月150GBでも足りないかと思います。

 

対して、「WiMAX(GMOとくとくBB月額)」の料金は以下の通り。

WiMAXの料金

引用元:WiMAX「GMOとくとくBB」公式サイト

  • 月額3,344円〜4,263円(1~2ヶ月目のみ2,590円)
  • 事務手数料:3,000円
  • 解約料(違約金):9,500円〜19,000円(期間により変動)

上記は「GMOとくとくBB」の「ギガ放題」のプランであり、WiMAXのプロバイダの中では一番安く契約できます。

 

料金に関しては、圧倒的にWiMAXの方が魅力があります。

仮に3年以上使い続けても、WiMAXは使い放題で4,263円ですが、Mobile-Jは50GB(4,680円)の時点で負けてしまってますからね。

 

料金のみの比較では、WiMAXの方がメリットが大きいと言えそうです。

通信速度

Mobile-J(モバイルJ)の「通信速度」について、特筆すべきは「下り最大612Mbps」というkとでしょう。↓

モバイルJの通信速度

引用元:Mobile-J 公式サイト

「下り最大612Mbps」も出るのは、

  • キャリアアグリゲーション:複数の異なる周波数帯を1つに束ねる技術
  • 4×4 MIMO:機種と基地局にそれぞれ4本ずつのアンテナを使う技術
  • 256QAM:報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる技術

この3つの技術を使っているからとのこと。

ちなみに、上りは「最大50Mbps」です。

 

対して、WiMAX(WiMAX2+)の通信速度については、公式サイトに以下の記載があります。↓

WiMAX2+の通信速度は下り最大440Mbpsと、WiMAX2+の方がより高速・大容量です。※上記の速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。

引用元:WiMAX 公式サイト

エリアや混雑状況などで変化はあると思いますが、単純な比較ではMobile-Jの方が通信速度は速いです。

通信制限(容量、速度変化)

Mobile-J(モバイルJ)の「通信制限」については、規定の容量を使い切ると「低速モード128kbps」になります。↓

モバイルJの通信制限

引用元:Mobile-J 公式サイト

 

対して、WiMAXの方は、プランによって異なります。↓

WiMAXの通信制限

引用元:WiMAX「GMOとくとくBB」公式サイト

【ギガ放題】

直近3日間で10GB以上使うと「18時頃~翌2時頃」の時間帯のみで「概ね1Mbps」に制限

【7GBプラン】

超過後は月末まで送受信「最大128kbps」に制限

 

通信制限については、WiMAXのギガ放題が一番条件がいいですね。

7GBプランについても、Mobile-Jと同じです。

 

運営者はWiMAXを使っていますが、「1Mbps」に制限されても、映画をダウンロードするくらいならあまりストレスはないです。(環境により異なると思いますが)

通信制限を気にせず使いたいのであれば、WiMAXの方が向いていると言えます。

対応エリア

Mobile-J(モバイルJ)の「対応エリア」は、人の住んでいる場所は網羅されています。

以下は、Mobile-Jの公式サイトに載っているエリアマップです。↓(2020年11月時点)

モバイルJの対応エリア

引用元:Mobile-J 公式サイト

上記は関東エリアですが、ほぼカバーされているのがわかります。

ここまで網羅されている理由としては、「ソフトバンク回線」を使っているからです。

なので、「全国どこでもつながりやすい」ということを売りにしています。

 

対して、WiMAXも、人が住んでいる地域においてはほぼ網羅しています。

WiMAXのエリアマップ

引用元:WiMAX「GMOとくとくBB」公式サイト

ピンク色はすべてWiMAXの「エリア内」。

WiMAXは、KDDIの子会社である「UQコミュニケーションズ株式会社」の回線を使っています。

大元がKDDI(au)ということで、つながりやすさについてはこちらも安心できます。

 

Mobile-JもWiMAXも、対応エリアについては心配ないでしょう。

取扱機種(端末)

Mobile-J(モバイルJ)の取扱機種は、「601HW」の一択です。↓

モバイルJの取扱機種 モバイルJの取扱機種2

引用元:Mobile-J 公式サイト

ブラックかホワイトが選べます。

製造メーカーは「ファーウェイ・テクノロジーズ」ですね。

ちなみに端末代は「無料」です。

 

対して、WiMAXの方は、複数のルーターから選ぶことができます。

WiMAXの取扱機種

引用元:WiMAX「GMOとくとくBB」公式サイト

WiMAXの方でも、端末は「無料」でもらえます。

 

端末そのものの「通信時間」や「重さ」、「大きさ」などはどちらも大差ないですね。

好きな端末を選べるという点では、WiMAXの方が魅力があると言えそうです。

キャンペーン

Mobile-J(モバイルJ)のキャンペーンは、「端末無料」のみのようです、↓

モバイルJの取扱機種

引用元:Mobile-J 公式サイト

Wi-Fiルーターや格安SIMのサービスでは、とこもキャッシュバックキャンペーンをやっているものですが、ここではやっていないようです。

 

対して、WiMAXでは「端末無料」「月額割引」に加え、「5,000円キャッシュバック」のキャンペーンをやっています。↓

WiMAXのキャンペーン

引用元:WiMAX「GMOとくとくBB」公式サイト

月々の支払いが安くなる上に、タダで5,000円もらえるのですから、キャンペーンの面では、WiMAXの方がお得ですね。

【まとめ】「データ使い放題」ならMobile-JよりWiMAX!

Mobile-J(モバイルJ)とWiMAXならどっちがいい?

個人的には、「WiMAX」を契約したほうがいいと感じています。

 

一番の理由はやはり「料金」です。

Mobile-Jでは、容量が一番多い150GBで「5,480円」

対して、WiMAXはデータ使い放題の「ギガ放題」で「4,263円」ですから、どちらが得かは一目瞭然ですよね。(少ないギガ数でいいなら話は別ですが)

 

おまけに、Mobile-Jでは容量を超えると「128kbps」まで低速になりますが、WiMAXのギガ放題では低速になっても「1Mbps」。(7GBプランでも128kbps)

通信制限を気にせず、常に快適に使えるのもWiMAXです。

 

WiMAXは、Wi-Fiルーターやネット回線業界の中でも「定番」です。

安定したネット環境でコンテンツを楽しみたいなら、WiMAXを選んでおけば間違いないでしょう。

 

Mobile-JとWiMAXを6つの観点から比較してきましたが、ご自身の状況により最適なプランは違います。

この記事を参考に、あなたに合ったプランをもう一度検討してみてください。

 

もし、WiMAXの契約を検討される場合は、当サイトで最も安く契約できるプロバイダの比較記事を書いているので、そちらも参考にしてみてください。↓

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

いま選ぶべきモデル&最安プロバイダがわかります
WiMAXプロバイダ比較