【無制限】ポケットルーターを比較 安くて快適に使えるのは?

今やインターネットがなくてはならない時代になりました。スマートフォンの普及で以前ならパソコンだったのがさらに身近なツールとなり、利用者も急増。それにともなって急激にデータ通信量が増えている、と総務省が発表しています。

となると、

  • スマートフォンのギガ数だけでは全然足りない・・・
  • ネット回線が遅い、繋がらない・・・
  • ギガ数が多いプランだとスマホ代が高すぎる・・・

のような悩みを持っている人も多いのでは?

この悩みを解決してくれるのがこれから紹介する無制限プランのポケットルーターです。

ポケットに入るWi-Fiルーターということで、家でも外でもインターネットを使いまくりたい!って人にも最適なツール。

 

そして、いくつかある無制限で使えるポケットルーターの中では【WiMAX】をおすすめします。

その理由を他社ポケットルーターと比較しながら解説していきます。

無制限プランがあるポケットルーターでWiMAXがおすすめな理由

ポケットルーターを契約できる業者

  • docomo
  • SoftBank
  • Y!mobile
  • WiMAX(auも一緒)

回線サービスと端末セットで契約できる業者はこの4つ。すべて携帯電話事業も展開しているキャリアが自社回線を使ってポケットルーター事業をやっています。auだけは親会社KDDIの子会社UQコミュニケーションズが運営する「WiMAX」の一部端末をそのまま取り扱っているため、auだけの独立したサービスではありません。WiMAXのいち代理店といった扱いのほうがあっています。

シェアは2500万件以上獲得しているWiMAXがトップ。次にY!mobile、つづいてその他業者となっています。

4社とは別に、格安SIMとSIMフリーポケットルーターの組み合わせでも使えます。ですが、料金は安く格安SIM業者によって無制限プランも選べるものの、回線速度が遅く快適には使えないためここからは除外しました。

4社の中で無制限プランがあるのは?

  • Y!mobile
  • WiMAX

の2社です。

docomoのポケットルーターは携帯のデータプランと一緒。2年縛り契約なら基本料金1200円/月にデータプラン料金となります(縛りなしは基本料金2700円)。ひとり用と家族でシェアコースから選べますが、無制限はありません。また料金も全然安くないのでdocomoユーザーでも他社での契約をおすすめします。

一応docomo割という割引制度も用意されていますが、この料金から1割少々安くなる程度なので他社のほうがお得です。

SoftBankは月7GBまでしか高速回線が使えません。選べるポケットルーターも「601HW」「501HW」の2機種のみ。割引キャンペーンもありますが、無制限プランもなく他社のほうが安いので除外します。

 

ここからは、残った2社の特徴と端末について比較していきます。

各社ポケットルーターの端末種類と特徴

ここに掲載しているポケットルーターは各業者の公式サイトに掲載されているもののみ取り挙げています。

Y!mobileのポケットルーター

  • 603HW(無制限プランあり)
  • 506HW
  • 504HW(無制限プランあり)
  • 502HW(無制限プランあり)
  • 401HW
  • 601ZT
  • 305ZT(無制限プランあり)

SoftBankに比べてポケットルーターの種類も多く魅力的に見えます。が、Y!mobileは端末ごとに契約できるプランが決まっていて、無制限プランが選べるのは4機種のみ。気に入った端末があっても無制限が使えないパターンが有るため自由度は低くなります。

最新機種は601ZTですが、無制限非対応でライトユーザー向け低スペックモデルのため除外。最有力候補は下り最大612Mbpsの603HWです。コレ以外を選ぶ理由もないため、Y!mobileを選ぶなら「603HW」がおすすめです。

その他Y!mobileポケットルーターの特徴

使用する回線はY!mobileとSoftBankの4G/4G LTE回線。SoftBankスマホと一緒なので、ここのスマホユーザーで何不自由なく使えている人なら同じように快適に使えるでしょう。無制限プランといっても、3日10GB制限はあり。過去3日間で10GBを超えるとその日の18時から翌日1時くらいまで速度制限されてしまいます。

WiMAXのポケットルーター

  • W04(携帯型)
  • WX03(携帯型)
  • L01(据え置き型)
  • novas Home+CA(据え置き型)

他2社と違い、据え置き型タイプも選べるのがWiMAXをおすすめする理由の1つ。といっても、ここではポケットルーターを比較しているため詳しくはこちらを御覧ください。

スペックや使用感などを比較しました。
L01とnovasを比較しました

WiMAXのポケットルーターを契約可能な会社は数多くあり、会社によって旧モデルを選べるところもあります。ただし、最新モデルが快適に使えるのは間違いありませんし、端末価格も0円なので旧モデルを選ぶメリットはなし。また、最新モデルならほぼ全社で扱っているためより得する会社を選べるメリットも。WiMAXのポケットルーターなら「W04」か「WX03」のどちらかを選ぶのがおすすめです。

管理人の環境ではWX03が一番快適に使えているため「WX03」を推しますが、スペック面では「W04」のほうが上。また、万人向けなのは「W04」です。結局どっちがいいの?と思われた方はこちらの記事で詳しく比較しているのでご一読ください。

両方使ってみた結果、スペックなどを比較しています。
W04とWX03、どっちを選んだらいい?

その他WiMAXポケットルーターの特徴

最大速度は「W04」の708Mbps。Y!mobileより上ですが、対応エリアは東名阪の一部とその他一部地域のみ。あまり万人向けではないので期待しない方がいいです。WiMAXも3日10GB制限があるものの、こちらはオーバーした翌日18時~1時頃までの制限少し猶予があるのでその時見ている動画などはそのまま視聴できますし、準備できる時間がある分有利です。

2社の無制限プラン料金を比較

無制限プラン縛り期間基本料金割引特典特典適用後の
平均月額
WiMAX
ギガ放題プラン
2年4380キャッシュバック
月額割引
約3000~
Y!mobile
Pocket WiFiプラン2+
アドバンスオプション
3年3696+684
=4380
アドバンスオプション3ヵ月無料キャンペーン2約4300
Y!mobile
Pocket WiFiプランL+
アドバンスオプション
3年3696+684
=4380
なし4380

※縛り期間のないコースも選べますが、料金がかなり高くなるためここでは除外しています

WiMAXのポケットルーターが最安、というかY!mobileに大きな差をつけてお得に使えます。ここもWiMAXをおすすめする理由です。

WiMAXは契約できる会社が20社以上あり、各社さまざまな特典で競い合っています。そのなかで特に頑張っているのが次の5社。

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • So-net
  • DTI
  • BroadWiMAX

特典はキャッシュバックと月額割引の2つ。ほか、端末0円、初期3ヶ月割引などもありますが、ほぼ全社やってることなので特典というほどではありません。

この中で上4社はキャッシュバック特典あり。トップはGMOとくとくBBで3万円以上出しています。

月額割引特典はDTI以外の4社が実施していて値引き額トップはこちらもGMOとくとくBB。ただ、管理人は1000円少々高いもののBroadWiMAXを選びました。ここのほうがサポートがいいです。

 

まとめ

無制限プランのあるポケットルーターを比較しました。

docomo、SoftBank、Y!mobileユーザーでもWiMAXがお得です。

これによって、スマホのギガ数が足りない問題もクリア、ギガ数の多いプラン契約によって高くなっているスマホ代も安くできます。スマホ代が半額に!というレベルで劇的には安くはなりませんが、WiMAX代を3000円程度と考えれば、2台持ちしてデータプランを下げることで節約可能です。ぜひご検討ください。

 

当ブログでおすすめなのはWiMAXのW04。万人向けなのでよくわからないならこれ。私のように自宅利用が多くなるならWX03で。コチラにする場合、専用クレードルとの同時購入にするとさらに快適です。

WX03クレードルについてはこちらの記事でレビューしています。
WX03クレードルをレビュー

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由