novas Home+CAを購入。届いたので開封してみました

先日設置タイプのWiMAX2+ルーター「novas Home+CA」を衝動買い。

Amazonにて新品を購入。

他の携帯タイプのWiMAXルーターと違って、普通に新品が売ってるっぽい。

参考記事
novas Home+CA白ロムを購入

で、注文して2日後にヤマトで届きました。

Amazon早い。

プライム会員ならもっと早いんでしょうね。

そろそろ会員になるべきかもしれない。

動画も見放題ですもんね。

まぁそれはいいとして、肝心の「novas Home+CA」について、開封したときの様子をレポートしていきます。

novas Home+CA白ロムを開封してみた

パッケージはなかなか小綺麗な感じ。

箱サイドにはIMEIなどが記載されてるので簡単に取れるシールで隠してありました。

続いて開封してみたところ。

ビニールに包まれることなく素のまま入ってました。

って本当に新品か?

まぁ本体は汚れなどなく新品そのものですけど。

ビニールにすら入ってないってなかなかない気がする。

付属品はこんだけ入ってます。

  • 「novas Home+CA」本体
  • アンテナ2本
  • LANケーブル(1.5mくらい)
  • アダプター
  • 説明書など4種

の5点セット。

本体部分をW03とWX03でサイズ比較してみた↓

さすがにデカイ。

LANケーブル↓

コード途中になんか付いてます。

何の意味があるのはわからないのでご想像におまかせします。

アダプター↓

横長タイプ。

アンテナ↓

ギザギザ付いてる部分の上が360度周り、その上は90度/45度で2段階曲げられます。

アンテナ接続部↓

アンテナセットするとこんな感じになります。

「novas Home+CA」のアンテナ部を曲げてみた

こんな感じに曲がります。

本体にセットして、クロスさせることも可能。

なんとなく受信感度増幅しそうですね。知らんけど。

パッと見、可愛らしい人型ロボットのようです。

白マジックで顔書いてあげると愛着湧きそう。

「novas Home+CA」の本体について

右側サイドはこうなってます。

  • SIMカード(UIMカード?)挿入口
  • Wi-Fiオンオフスイッチ
  • WPS設定ボタン
  • 電源スイッチ

左側サイド。

  • リセットボタン(パスワード忘れたらこれ押す)
  • アップデートボタン
  • LANケーブル挿入口×2つ
  • アダプター接続端子

需要あるのかわかりませんが、一応上からも撮ってみました。

通気口?らしきものが何箇所か空いてます。

んで、下からも。

 

「novas Home+CA」にSIMカードを入れてみる

右側サイドにあるSIMカード挿入口の蓋を開けます。

けっこう硬いので爪だときついかもしれません。

管理人の軟弱な爪では無理でした。

開けたところ↓

次にSIMカードをこの向きでセット↓

挿し込んだところ↓

あとは押さえつける感じで蓋を閉めれば完了です。

 

というわけで、「novas Home+CA」を開封してみました。

接続はとくに何かする必要もなく、LANケーブルで繋いだらすぐネットに繋がりました。

Wi-Fiはこんな感じでアクセスポイントがリストアップされます。

で、本体裏面に記載されてるパスワード(KEYってやつ)を入力すると繋がります。

この端末、たしかアップデートどうこうってお知らせを見たことあるんで、白ロム買った人はやっておきましょう。

私もこれからやってみます。その様子はまた別記事で。

あとは通信速度計測、WX03やW03との速度対決、アンテナ受信感度などいろいろチェックしてみようと思います。

 

novas Home+CAの中古白ロム価格の相場は?

今ホームルーターnovas Home+CAの中古白ロムの価格がいくらなのかを中古を扱うショッピングサイトで検索をして調べてみました。

2018年1月現在で

  • Amazonでは3500円~7800円
  • ヤフーオークションでは5000円前後
  • メルカリは2000円~10000円

といったところ。

だいたい平均すると5000円前後で売られているようです。

全体でみてもおおむね6000円前後まで価格相場は落ちてきているっぽい。

ほとんど未使用のものでも相場とそれほど変わらない価格で購入できます。

なるべく安く買うならメルカリがいま一番安いです。

新品でもいま楽天市場では7000円くらい、Amazonだともう少し高いくらいでゲットできます。

安さにこだわらないなら新品(といっても新古品ですが)を買うほうがお得かもしれませんね。

半年前に比べると半額とまではいきませんがだいぶ安くなっているので、これから自宅でWiFi機器に費用をかけず楽しみたい方やちょっと興味がある方におススメです。

 

novas Home+CAの特徴は?

novas Home+CAはWiMAXのホームルータータイプのモデルで、株式会社シンセイコーポレーションが製造しています。

novas Home+CAはWiMAX2+回線に対応していて、通信速度下り最大220Mbpsの高速通信が可能。

ホームルータータイプのモデルなのでバッテリーがなく電源があるところでしか使うことができません。

ただその分バッテリーをセーブする必要がなく、高出力のWi-Fiが使えるので、自宅での利用にはおすすめです。

 

特徴は他のWiMAXのモバイルWi-Fiルーターと比べて通信の質が高いところ。

ではなんで質の高い通信ができるのか?

最大の理由は外部アンテナが付属していて、WiMAX2+回線の受信に非常に優れている点です。

電波の受信がいいのでモバイルWi-Fiルーターと比べると、より安定した速い通信できるでしょう。

次にLANポートが付いていてLANケーブルを使った有線接続ができるところです。

有線接続はWi-Fi接続と比べると断然通信速度と安定感に優れます。

データ量の多い高画質動画の視聴やオンラインゲームなどをする時には有線接続は非常に優れた機能を発揮します。

他にはWi-Fi接続に2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯に同時接続可能な点です。

5GHzのWi-Fiは電波干渉に強く、安定した通信が可能ですが、壁や天井などの影響を受け離れた部屋や、違う階での利用には向いていません。

2.4GHzのWi-Fiは電波干渉の影響を受けやすく、通信が不安定になりやすいデメリットがあるのですが、壁や天井の影響を受けにくく、離れた場所での接続に向いているという特徴があります。

この2つの周波数帯を同時に使える事により、大きな家や家族数人で利用する方にも使いやすくなっています。

モバイルWi-Fiルーターでは通常2つの周波数帯を同時利用できないようになっているので、嬉しい機能です。

 

WX03やW03よりnovas Home+CAを選ぶメリットは?

WiMAXのWi-Fiルーターにはnovas Home+CAなどのホームルーターと、WX03やW03などのモバイルWi-Fiルーターがあります。

ホームルーターはバッテリーがなく、持ち運ばず据え置きで使うタイプの物です。

モバイルWi-Fiルーターはバッテリーが付いていて持ち運びができて、外出先でもどこでも使えるタイプの物です。

持ち運びのできるモバイルWi-Fiルーターの方が使い道が多く便利に感じますが、持ち運ばず、自宅での利用がメインの方にはホームルーターのnovas Home+CAの方がメリットが多くなります。

novas Home+CA1番のメリットは、電波の受信感度が良く、通信速度が速く、安定した通信ができるところ。

モバイル回線のWiMAXはスマートフォンなどと同じように、電波の受信状況により通信速度が変わります。

novas Home+CAは外部アンテナが付いていてアンテナが延長されているので、電波の受信がしやすくなっています。

またバッテリーがなく、常に電源に接続して利用するので、バッテリーを節約する必要がないので、常に高出力での使用ができるので、通信速度が向上します。

 

[記事下]