novas Home+CAアップデートしてみました。方法を解説!

2016年10月7日に発売された最新の据え置き型WiMAX2+ルーター「novas Home+CA」。

白ロムを購入し無事届いたので早速使ってますが、メインで使っていた「WX03」に比べるとイマイチかな?

ホームルーターなので、WX03よりアンテナも強力でしょうし、安定感では上になるんじゃないかと予想していましたがちょっと残念です。

とはいえ、まだ体感での判断なので改善される可能性もあり。

で、このルーター、登場してからこの記事書いてるまでの約2ヶ月間ですでに2回アップデートされています。

そこで「novas Home+CA」をアップデートしてみました。

novas Home+CAのアップデート方法、流れ

アップデート情報

  • 2016/10/10 第1回アップデート
    ・APNプロファイル手動設定時、間違った値を入力したときの動作を修正
    ・より快適にするためのソフトウェア更新
  • 2016/12/20 第2回アップデート
    ・再接続が失敗する原因を改善
    ・LAN機器からのP2P通信失敗の原因を改善
    ・APNプロファイルのプリセット情報追加
    ・より快適にするためのソフトウェア更新

私が買ったのは白ロムなので、当然古いバージョンのままとなってました。

そこでアップデートした時の流れをダイジェストでレポートしていきます。

アップデート方法は2種類

まずアップデート方法は次の2種類あります。

  1. 本体横にあるアップデートボタンを押す
  2. WEB設定画面でアップデート

1のほうが断然簡単なのでおすすめ。

ただ、今回はボタンあるの気付かずめんどくさい方でやってしまいました(汗)

ので、どうせなら記事にして元取ってやろうという貧乏根性からしっかり解説していきます。

まぁ手間ひまかけた方がアップデートしたぜ!感を味わえますからね、きっと・・・。

で、2を解説する前にとりあえず1の方法も紹介しておきます。

1.本体横のアップデートボタンを押す方法

  1. アップデートボタンを2秒間押しつづける
  2. 更新があるとパワーランプ(グリーン)が点滅するので、2分以内にもう一度2秒間長押し
  3. 自動で再起動されて終了

ボタン2回、それぞれ2秒間以上長押しするだけなのでお手軽です。

これからアップデートする人はこちらで済ませましょう。

ってかみんなこっちでやるでしょうね(汗)

2.WEB設定画面からアップデートする方法

  1. パソコン、タブレットなどに接続する
  2. WEB設定画面のログイン
    ・ブラウザのURL欄に「192.168.1.1」と入力しページを開く
    ・「かんたん設定マニュアル」に記載されてるIDとパスワードでログイン
  3. サイドメニューの「システム設定」→「アップデート」ページを開く
  4. 確認ボタンを押す
  5. 確認画面で「YES」を押す
  6. 自動でアップデートが始まります
  7. ソフトウェアもアップデート
  8. あとは勝手に再起動してくれます。
    「押すなよ?絶対に押すなよ?」って煽ってくる赤くて目立つ再起動ボタンが左下にありますけど、お約束はスルーしてください。
    押す必要はありません。

以上!

こちらのほうがアップデートしてやったぜ!感を味わえるので、一部の方にはおすすめ。

とはいえそこそこ面倒なので、みなさんは最初に紹介したリセットボタン一発でやりましょう!

 

終わったらアップデート後のバージョンチェックしておきましょう

一応アップデート前と後の画面も載っけておきます。

アップデート前のバージョン

アップデート後のバージョン

パッケージバーションとファームウェアバージョンの数字が増えてます。

単純にVer1→Ver2みたいなわかりやすい数字じゃないので何とも言えませんが、たぶん2回分バージョンが上がってるんでしょうね。

 

まとめ

シンセイコーポレーションさんが販売するホームルーター「novas Home+CA」をアップデートしてみたので、その流れを紹介しました。

めっちゃ簡単なので更新情報がきてたらすぐに済ませておきましょう。

不具合が直って回線速度がアップするかも?

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

いま選ぶべきモデル&最安プロバイダがわかります
WiMAXプロバイダ比較