おてがるWi-Fiの評判は?料金や速度制限まとめ WiMAXとも比較しました

おてがるWi-Fi アイキャッチ画像

2021年1月27日から「おてがるWi-Fi」がサービス開始しました。

2021年に入ってからいくつか同じようなサービスが始まっていますが、その多くが前年までに登場してきた同業他社のサービスにプラスアルファ加えた内容になっています。

となると、この「おてがるWi-Fi」にも他社と違う魅力的なサービスが用意されているはず。

そこで「おてがるWi-Fi」の特徴や、利用料金、扱う端末、速度制限などレンタルWi-Fiで特に気になるポイントを詳しく紹介していきます。

またWi-Fiルーター業界シェアトップのWiMAX(ワイマックス)とも比較してみました。

おてがるWi-Fiってどうなの?

おてがるWi-Fiの評判は?

さすがに始まったばかりのサービスなので、実際利用されているユーザーの声はみつかりませんでした。

今後増えてきたら追記していきたいと思います。

公式サイトを見た感想的なものは多少出ていましたが、「速度制限はある」「料金高い」などあまり好意的な声は見られず。

というわけで、ここからはどんなWi-Fiサービスなのか具体的にみていきます。

 

おてがるWi-Fiの特徴

おてがるWi-Fiの特徴

公式サイトの宣伝文句を拾ってみました↓

  • 初期費用0円
  • 違約金・縛りなしのプリペイド式
  • 延長可能・そのまま契約可能
  • スイッチを入れるだけですぐ使える
  • 最短即日発送
  • 海外でも使える

これらが同業他社と比較してどうなのか?を解説していきます。

初期費用0円

これは同業他社の初期費用3000円に比べると大きなアドバンテージに思えます。

が、おてがるWi-Fiは”基本短期間のレンタルWi-Fiサービスなので、2年や3年といった長期にわたって契約するわけではありません。

またプリペイド式もあり、こちらはデータ通信量を買って使うだけのため、長期の縛り契約ではありません。

縛り期間が長い業者は基本的に初期費用3000円をとっているのですが、短期レンタル型サービスはここ同様に0円でやっているところがほとんどですね。

というわけで、「初期費用0円」はここならではのメリットではありません。

違約金・縛りなし

これも長期契約型サービスを提供している業者は途中解約による違約金が発生します。

ですが、おてがるWi-Fiは短期レンタル型なので縛りや違約金はありません。

ここで長期レンタルする場合は、1か月単位で継続していく形式のようです。

またプリペイド式の端末買い切り型もあり、そちらも違約金・縛りはありません。

延長可能・そのまま契約可能

1日~1ヶ月のレンタル期間が用意されています。

長期利用したいなら1か月単位のプランに変更することも可能です。

スイッチを入れるだけですぐ使える

これはどのモバイルルーターでも同じはずですが、おそらく初期設定しなくても使えますよ、という意味合いだと思います。

おてがるWi-FiはクラウドSIMという仕組みを採用した端末を貸し出しています。

これは他のモバイルルーターのように特定業者のSIMカードをセットする必要がないもの。

どの通信事業者の電波を使うかは、管理するサーバー側で選択しているため、電源を入れるだけですぐ使えるとアピールしているんでしょう。

これについては、同じ仕組みの端末を採用している同業他社は多いため、おてがるWi-Fiだけの魅力ではありませんが、非常に便利です。

最短即日発送

あくまで「最短」ですが即日発送にも対応しています。

レンタルサービスなので、急に出張が決まり急ぎで借りたいときなどには助かりますね。

具体的な期限の記載は見当たらなかったためわかりませんが、できるだけ午前中には申し込んでおきたいところです。

WiMAXで即日発送に対応している大手業者の例ではその日の14時までという期限があります。

大手で昼過ぎなら、そこより小規模のおてがるWi-Fiはもう少し早い締め切りかもしれません。

海外でも使える

上で触れたクラウドSIMを採用した端末を提供しているため、電源オンで渡航先の通信事業者の電波を掴んでくれます。

日本国内ではソフトバンク回線を使うようです。

 

利用料金は?

おてがるWi-Fiの料金プラン

公式サイトには「業界最安値水準」とあります。

現在の同業他社を見る限り、安いところは3000円を切る料金のところもみられますがどうなのか。

料金プランは3種類から。

以下のとおりです↓

無制限プラン(3GB/日)(税別)

  • 1日・・・380円
  • 2日・・・760円
  • 3日・・・1140円
  • 4日・・・1520円
  • 5日・・・1900円
  • 6日・・・2280円
  • 7日・・・2660円
  • 8日・・・3040円
  • 9日・・・3420円
  • 10日・・・3800円
  • 11日・・・4180円
  • 12日・・・4560円
  • 1ヶ月・・・4500円

12日以上レンタルするなら1か月プランを選んだほうが安くなります。

無制限プラン+(5GB/日)(税別)

  • 1日・・・550円
  • 2日・・・1100円
  • 3日・・・1650円
  • 4日・・・2200円
  • 5日・・・2750円
  • 6日・・・3300円
  • 7日・・・3850円
  • 8日・・・4400円
  • 9日・・・4950円
  • 10日・・・5500円
  • 11日・・・6050円
  • 12日・・・6600円

こちらは1ヶ月プランがないようです。

おてがるプラン(税別)

  • 10GB/月・・・1200円
  • 20GB/月・・・2400円
  • 30GB/月・・・2700円

プリペイド式の端末セット価格(税込)

  • 30GB/月+ルーターセット・・・4450円
  • 50GB/月+ルーターセット・・・4950円
  • 100GB/月+ルーターセット・・・5500円

プリペイド式の追加データ容量(税込)

  • 10GB・・・800円
  • 20GB・・・1600円
  • 30GB・・・2400円
  • 50GB・・・3000円
  • 100GB・・・4800円

WiMAX料金と比較するとどっちが安い?

WiMAXは3日10GB制限があるため、快適に使えるのは1日あたり3.3GBほどになります。

ただし朝昼夕(2~18時頃まで)は制限なしの完全使い放題です。

毎日均等に使う、たまにドカッと使うなど人によって違うと思いますが、この条件と比較すると、安い業者なら月3500円ほどになるWiMAXが有利です。

ただし縛り期間は3年となります。

 

借りられる端末は?

おてがるWi-Fiのレンタル端末U2S

U2Sの端末スペック

端末名U2S
メーカーHONGKONG UCLOUDLINK NETWORK TECHNOLOGY LIMITED
カラーグレー/ゴールド
サイズ高 127mm
幅 65.7mm
厚 14.2mm
重さ149g
ディスプレイ
Wi-Fi規格IEEE802.11b/g/n
下り最大速度150Mbps
上り最大速度50Mbps
対応バンドLTE-FDD 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28
LTE-TDD 34/38/39/40/41
WCDMA 1/2/4/5/8
GSM 850/900/1800/1900 MHz
バッテリー容量3500mAh
連続稼働時間約12時間
電力ポートDC 5V-1Abps USB 2.0 port
対応コネクタMicro USB type-B
SIMスロットなし
最大接続台数5台

驚きのあるスペックではありませんが、必要最低限の性能は有しています。

クラウドSIMで通信事業者の回線の一部を借り受けてネット接続する形式のため、あまりハイスペックにしても意味がありません。

下り150Mbps、上り50Mbpsもあれば速度面で不自由することはないでしょう。

ディスプレイもなく、電源をオンオフするくらいしか操作することがないのも逆にいいですね。

 

速度制限はある?

無制限プランを選んだ場合は次のような制限があります↓

おてがるWi-Fiの速度制限

1日3GBを超えるか、月90GBオーバーで制限される可能性がある、と書かれています。

「可能性がある」という書かれ方なので規制されない可能性もあるわけですが、基本的にこの容量オーバーで制限されると考えておいたほうがいいですね。

また、おてがるWi-Fiレンタル約款にはこう書かれています↓

第 6 条(通信制限) 通信事業者の定める通信量を超えた場合、通信事業者により通信制限が実施されます。

ソフトバンク回線を利用するため、通信事業者=ソフトバンク側が状況に応じて制限を実施するとありますね。

ソフトバンクはベストエフォート方式で、回線利用者が増え混雑すれば速度が遅くされてしまいます。

また短期間に異常な通信量(具体的な数字はわかりませんが)を使った場合も制限される可能性があります。

ただしWiMAXなど同業他社のように3日10GB制限といった特定の制限は設けていないようです。

また契約容量をオーバーした際の制限速度についても書かれていませんでした。

おそらく他社と同じく128kbps制限ではないかと思いますが、詳細は不明です。

 

対応エリアは?

ソフトバンク回線を利用するため、それに準ずる対応エリアとなります。

ソフトバンク回線の4G LTEエリアは人口カバー率99%なのでおおむね使えるはず。

人口カバー率とは国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出される数値のこと。

日本全面積の99%で使える、という意味ではないため確実に使えるわけではありません。

 

WiMAXと比較するとどっちがいい?

おてがるWi-Fiがいい人

  • 短期間だけ使いたい
  • 海外でも使いたい
  • ソフトバンク回線が快適に使える環境にいる

おてがるWi-Fiは短期レンタルのプランが充実しています。

また国内はソフトバンク回線を利用するため、このキャリアが快適に使える人なら安心しておすすめできます。

そして海外対応なので旅行や出張でよく海外へ行くならこちらが最適ですね。

詳細はこちら
おてがるWi-Fi公式サイト

 

WiMAXがいい人

  • 毎月100GB使いたい
  • 朝昼夕をメインに使う
  • 高速な通信環境が欲しい
  • 自宅でしか使わない
  • ソフトバンク回線が快適に使えない環境のいる

国内メインで高速な通信環境が欲しい人はWiMAXがおすすめです。

WiMAXは2~18時頃は速度制限なく使えるのも強み。

またモバイルルーターよりアンテナが大きく電波が強力なホームルーター型モデルも選べるため、自宅用に契約するならこちらが最適ですね。

最適な端末と業者選びはこちらで徹底比較しているので参考にしてください。

参考記事
WiMAXキャンペーン特典&端末比較

 

まとめ

おてがるWi-Fiの魅力を紹介しました。

短期レンタルに強みのある業者さんです。

長期利用する際の料金はあまり安いとは言えないため、長く使う予定があるならWiMAXをおすすめします。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新5G対応】Galaxy G5(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【最新5G対応】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

WX06(モバイルルーター型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(モバイルルーター型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【端末選びに迷ったなら】
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー!



※ホームルーターL02は在庫切れ