+F FS030W 富士ソフト製モバイルWi-Fiルーターの価格やスペックは?

「+F FS030W」 富士ソフトのモバイルWi-Fiルーター登場!

富士ソフトから新しいモバイルWi-Fiルーター「+F FS030W」が登場しました。(2016年12月22日発売)

富士ソフトって初耳なんですけど、格安SIM業者(MVNO)向けにも卸してるみたいですね。同じく初耳のスマモバっていうMVNOでも扱ってるようです。

そこで、「+F FS030W」のスペックや価格などについて調べてみました。

富士ソフト「+F FS030W」ってどうなの?

「+F FS030W」のデザイン

まずは新機種「+F FS030W」の見た目から。

+F FS030W本体デザイン

どうでしょうコレ。

旧モデルから知ってる人はどうってことないのかもしれませんが、わたくし個人の感覚に正方形のモバイルWi-Fiルーターって概念がなかったのでめっちゃ新鮮に視えてます。おまけにオールブラック。全身黒ずくめのビジュアル系バンドマンみたいなのは微妙だけど、これはいい黒さ。

読みは「ぷらすえふ えふえすぜろさんぜろだぶりゅー」ですかね?全然わからんけど見た目はカッコイイ!

クレードルにセットされてる様子もなんだかオシャレに見える。

カフェで「カチャカチャッ、ターンッ!」ってやるとき、横のこれ置いておいたほうがオシャレ度アップするんじゃ?そんな妄想が捗る捗る。

 

とまぁ妄想はコレくらいにしてそろそろ現実へ。

「+F FS030W」の特徴は?

同時期に登場したSIMフリーモバイルWi-Fiルーターに、フリーテル「Aria2」って端末があります。

「Aria2」はWiMAX2+にも対応してるって当初言ってて結局ダメだったんですが、それでもドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアには対応してました。

そしてこの「+F FS030W」も3キャリア全部に対応しております。

さらに格安SIMを挿入すると自動で設定してくれる親切設計。

専用クレードルに装着すれば有線接続も可能です。そしてBluetooth接続にも対応

なかなかできる奴じゃないかと。

こういうSIMフリー端末だとクレードルがなくて有線接続できないものもありますし、格安SIM自動設定は便利です。

また、Wi-Fi接続よりバッテリー消費が節約できるBluetooth接続可能なのは助かります。かなりいい端末っぽい。

 

で、前述した「Aria2」は11800円っていう低価格さが素敵でしたが「+F FS030W」はどうなのか。

「+F FS030W」の端末価格は?

通販サイト本体クレードル電池パック
Amazon12440円3980円4093円~
楽天市場15040円3980円4968円~
Yahoo
ショッピング
14580円~4100円4779円
メルカリ4444円~なしなし

※2017年8月時点

電池パック売ってるってことは交換できるんですね。これもプラスポイント。

ほか、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズなどの家電量販店やスマモバなどのMVNOで販売されています。

定価がいくらなのかわかりませんが、「Aria2」よりは高い値段設定です。クレードルもけっこう高い(汗)。

で、Amazonが最安値っぽい。

これは断然Amazonでしょう。

ここで端末だけ買って、格安SIMは自分の好きなところを選ぶのがベストじゃないかと。

3キャリアの回線に対応してるのでどこのSIMでも使えるはず。Y!mobileもソフトバンク回線と同じなので実質4キャリアOKです。

 

「+F FS030W」のスペック・仕様は?

+F FS030W本体カラー
商品名+F
型番FS030W
サイズ高74×幅74×厚17.3mm
重さ約128g
最大通信速度LTE 下り150Mbps/上り50Mbps
3G 下り42Mbps/上り5.76Mbps
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac(最大433Mbps)
Bluetooth最大3Mbps
対応バンド
周波数帯
【LTE】
【docomo】
Band 1/3/19/21
800/1500/1700/2100MHz
【au】
Band 1/11/18
800/1500/2100MHz
【SoftBank】Band 1/8
900/2100MHz
対応バンド
周波数帯
【3G】
【docomo】
Band 1/6/19
800/2100MHz
【au】
非対応
【SoftBank】
Bank 1
2100MHz
無線LANWi-Fi 2.4GHz/5GHz
周波数Bluetooth 2.4GHz
連続待受時間約600時間
連続通信時間Wi-Fi 最大20時間(LTE通信時)
Bluetooth 最大24時間(LTE通信時)
同時接続数Wi-Fi 15台
Bluetooth 5台
USB 1台
セキュリティWEP/WPA-PSK/WPA2-PSK
SIMmicroSIM×1
インターフェースmicroUSB(USB2.0)
バッテリー容量3060mAh(交換可能)

商品名って「+F」だけだったんですね(汗)。その後の文字列は型番でしたか。

下りは最大150Mbpsとそんなにハイスペックではありませんが、最大値がどれだけ大きな数字でも実際使ってみると数十Mbps程度しかでません。なので問題ないでしょう。

連続通信時間はWi-Fi接続で20時間、Bluetoothで約1日は立派過ぎ。1日使えたら安心です。

また、Wi-Fi電波は5GHz帯にも対応しています。最近は2.4GHz帯電波を使う家電も多いので、WiMAXルーターのWi-Fi電波とバッティングする可能性が高くなっています。

なんか回線重いな?と感じたときに、5GHz帯に切り替えてやると、快適になる可能性あり。

WiMAXのWX03で試したんですが、5GHzで使ったら2.4GHzの倍くらい速かったです。絶対あったほうがいい機能でしょう。

 

セット契約できるMVNOは?どこがおすすめ?

FS030Wって結構高い・・・。

ので、格安SIMのセット販売してるMVNOで安くなってたり分割購入できたら助かります。

で、FS030Wセット販売してるおすすめはmineo。

ここは100万回線突破しててサポートの評判もよく、調査会社が発表している満足度ランキングで常に上位。

料金も安くプランも豊富なのでイチ推しです。

次にスマモバってところもあり。

ここはドコモ回線を利用したサービスになります。業界で初めてとなる端末セットプランであれば実質的に端末価格が最大実質0円になったりと相当にお得になるプランがあります。

特定の時間だけ高速LTEを使い放題にするプランもあり、他の業者にはない面白いサービスを提供しているのが特徴です。

ほか、こまかなプランから選べるイオンモバイルも。

イオンモバイルはイオンリテールが提供するドコモの通信網を利用しています。

最後にエキサイトモバイル。

ここはエキサイト株式会社が新たに提供するドコモの回線を利用して行っているサービスです

 

※追記
回線セット契約のあるサービスNEXTmobile登場!

FS030WみたいなSIMフリーモバイルルーターはたいていどこかの格安SIMを契約して使うことになるんですが、だいたい10GB=2500円、20GB=4000円くらいするんですよね・・・。

ちと高い。

格安SIMブランド(MVNO)でセット販売しているところもいくつかありますが、端末代が安いわけじゃないのでAmazonで買ってSIMカード単体で契約したほうがマシ。

それでもやっぱ高いな~と思ってたら、かなり低料金で使えるNEXTmobileなるサービスがでてきました。

価格はこんな感じです。

  • 20GB 2760円
  • 30GB 3490円
  • 50GB 4880円

普通に格安SIM契約するのに比べて、単純に半額くらい。

FS030Wを安く使いたいって人はなかなかいいサービスじゃないかと。

料金その他の詳細については公式サイトをチェックして下さい。
【NEXTmobile】富士ソフト【FS030W】

 

まとめ

富士ソフトの新機種「+F FS030W」について調べてみました。

個人的にデザイン好きですし、スペックも良し。価格も1万円少々ならお手頃です。

まぁ私はWiMAXルーターに満足しまくってるので必要ないんですが、毎月使うデータ通信量がわかってて、格安SIMで安く利用したい人にはおすすめのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターだと思います。

 

[記事下]