ぷらすWiFiの料金や使えるデータ容量、速度制限などまとめ

ぷらすWiFi アイキャッチ画像

2021年1月12日から新しいWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」が始まりました。

ここ2、3年で同業他社が次々に登場してきましたが、ここでさらに加わってくる以上、なにかしら強みがあるのでは?と期待も膨らみます。

過去「どんなときもWiFi」が無制限を謳って宣伝を展開しユーザーを急増させたのちに無制限ではなくなったことで炎上しましたが、いま求められいるのは

  • 使い放題
  • 速度制限が緩い
  • 安い

の3点でしょう。

ぷらす、というネーミング的に何かしらプラスアルファのメリットを組み込んでいるはず。

そこで、さっそくどんなWi-Fiサービスなのか解説していきます。

ぷらすWiFiってどんなサービス?

まずはぷらすWiFi側がアピールしているポイントを確認しつつ、本当に良いサービスなのか?をチェックしていきます。

 

ぷらすWiFiの魅力はここ!

  1. 縛りなし・解約違約金なし
  2. 毎月使う容量を選べる
  3. 容量のチャージも可能
  4. 通信量が安い(30GB1980円~)
  5. 高性能なクラウドSIM搭載ルーター
  6. クレジットカード以外もOK
  7. 実用性の高いオプション

この7点が公式サイトでアピールされています。

容量を毎月選択できるのは同業他社でもあまり見かけませんし珍しいですね。

さらにデータチャージできるのも見かけません。

使い放題サービスではなありませんが、この柔軟性の高さがぷらすWiFiのあたらしい方向性と言えそうです。

では1つ1つの内容を詳しく見ていきましょう。

【1】縛りなし・解約違約金なし

縛りなしで運用するには端末レンタル形式での契約が多いのですが、ぷらすWiFiは買取型ですね。

端末代19800円必要になるのは良し悪しですが、縛り期間がないことは大きなメリットです。

また縛りがないため解約違約金もありません。

ただ、もし申し込んで端末到着→快適に使えなかった・・・となった場合は泣き寝入りになるのか?ですが、これは「初期契約解除制度」を利用しましょう。

通信回線契約におけるクーリングオフ制度みたいなものです。

【2】毎月使う容量を選べる

これは「ぷらすWiFi」ならではのサービスです。

ぷらすWiFiで選べる容量プランは次の3種類から↓

  • 30GB
  • 60GB
  • 100GB

さすがに使い放題サービスはありません。

また、欲を言うと10GB単位くらいで選べるといいんですけどね。

でも普段は一番安い30GBにしておき、長期休暇があるときは100GBに増やす、なんて柔軟な使い方が可能です。

料金については下の項目で紹介しているのでそちらをご覧ください。

【3】容量のチャージも可能

むかしの携帯電話のようですね(いまも?)

一時期ワイモバイルなどもチャージ可能でしたが、いまは違いますし今どき珍しいサービスです。

見かけるのはWiMAXのエクストラオプション利用時に容量を追加するくらいですね。

でもそういったキャリアサービス以外のモバイルWiFiルーターでは比較的珍しい存在です。

容量チャージの料金について
  • 1GB・・・290円/日
  • 3GB・・・320円/日
  • 5GB・・・380円/日
  • 1GB・・・380円/90日
  • 5GB・・・1700円/90日
  • 10GB・・・2900円/90日

この6種類から選べます。

2の項目で紹介したように「ぷらすWiFi」は3つの容量プランがあります。

最大100GBまでですが、お金に糸目をつけなければチャージしまくることで実質使い放題ですね。

いまのモバイルWiFiルーター業界はざっと見た限りでは300GBが上限です。

でもぷらすWiFiならそれ以上快適な速度のまま使えるってことですね。

仮に300GB使うなら、月100GBプラン料金+380円×(200GB÷5)で約2万円くらいですね。
(この場合容量の利用期限は1日)

高い(笑)

【4】通信量が安い(30GB1980円~)

ぷらすWiFiの料金プラン

スマホキャリアや格安SIM業者の料金プランに比べると十分安いです。

ただ、同業他社には最大100GBで月3280円というサービスもあります。

そこと比べると少し高めですね。

とはいえ、1年分を一度に購入すれば業界でもトップクラスに安く使えます。

1年縛りみたいな感じですが、これは上手く考えたものですね。

後発サービスならではの練りこまれた料金プランだと感じます。

【5】高性能なクラウドSIM搭載ルーター

クラウドSIMは、日本だけでなく海外でもSIMカードを入れ替えることなくネットに繋げられる仕組みのこと。

ぷらすWiFiの端末もクラウドSIM対応なので、専用アプリで渡航先の国を選択し容量を購入すれば電源オンだけで使えます。

ただし、クラウドSIM対応のWiFiサービスはほかにいくらでもあります。

ぷらすWiFiオリジナルのサービスではありません。

【6】クレジットカード以外もOK

同業他社はほぼクレジットカード一択ですが、ぷらすWiFiでは複数の決済手段に対応しています。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • コンビニ決済
  • PayPal
  • PayPay
    ※一部手数料がかかります

クレジットカードを持っていない人もいると思いますし、そういった人にもおすすめできるWiFiサービスですね。

【7】実用性の高いオプション(すべて税別)

以下のオプションがつけられます。

  • あんしんぷらす(680円/月)
  • らくらくぷらす(180円/月)クレカ決済限定
  • ぷれみあむぷらす(780円/月)クレカ限定

あんしんぷらすは、端末やバッテリートラブルへの対処やサポートを受けられます。

らくらくぷらすはデータ容量の自動購入サービス。

ぷれみあむぷらすは上2つをセットにしたもので80円割引価格になります。

必要に応じて付けましょう。

 

ぷらすWiFiの端末

ぷらすWiFi「T6」

縦型のネイビーカラーが映える端末です。

他社であまり見かけないモデルですね。

大容量4000mAhのバッテリーを搭載し、約15時間連続で使えます。

サイズも今どきのスマホより小さく、スペックも十分。

ダウンロード最大150Mbps、アップロード最大50MbpsはWiMAXやワイモバイルなどのキャリア端末に比べると劣って見えますが、クラウドSIMで使う分にはこれ以上あっても意味がないですからね。

十分快適に使えるでしょう。

 

ぷらすWiFiの契約はあり?

メリットをもう一度まとめると

  • 使い方によって毎月に容量プランを切り替え可能
  • チャージで増やすことも可能
  • 海外でも使える
  • クレカ以外でも支払える
  • 1年分一括購入で業界トップクラスに安くなる

の5つが魅力的なモバイルWiFiルーターです。

他社では対応していない内容が多いですし、料金も安く文句なしにおすすめできるサービスですね。

詳細や申し込みはこちら
ぷらすWiFi公式

 

まとめ

魅力的なサービスがたくさん詰まったモバイルWiFiルーターサービス「ぷらすWiFi」を紹介しました。

めずらしいサービスも多く、料金も安いため、さすがに後発なだけあって考えられてるな、と感じました。

通信速度の快適さではWiMAXやワイモバイルなどのルーターに劣ると思いますが、それを差し置いてもおすすめできるサービスですね。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました