401HW(ワイモバイル)はSIMロック解除できる?中古価格やバッテリー交換情報などまとめ

Pocket WiFi 401ZT アイキャッチ画像

Y!mobileが取扱っていた利用料金が他の機種より安めのWi-Fiルーター「Pocket WiFi 401HW」。

すでに販売終了していますが、格安SIMで使うつもりなら中古価格も安くお手頃です。

そこで、そもそも格安SIMで使えるのか、SIMロック解除はできるのか、中古だけに劣化している可能性も高いバッテリーの交換は自分でできるのか、などについてまとめました。

ワイモバイル「Pocket WiFi 401HW」で格安SIMは使えるの?

まずはSIMロック解除ができるのかどうか?から見ていきます。

 

401HWのSIMロック解除方法は?

ソフトバンク回線対応の格安SIMならSIMロック解除しなくてもいいのですが、ドコモやau回線の格安SIMで使うにはロック解除が必要です。

そして2015年5月以降に発売されたモデルはSIMロック解除可能ですが、401HWは2015年4月発売なんですよね(汗)

惜しい!

というわけでロック解除対象外の機種となります。

またSIMフリー機でもないため、特殊なツールを使うなどグレー(ブラック?)な方法じゃなければロック解除できません。

よって最初からソフトバンク回線対応の格安SIMを選びましょう。

もしくはSIMロック解除可能な新しいモデルの中古を選んだほうがいいです。

性能も高いですし手間もかからないでしょう。

 

401HWの中古価格

当時のワイモバイル端末価格

  • 一括払い 42000円(税込)
  • 分割払い 1750円×24回(税込)

異常に高い価格ですが、実質0円で買えました。

市場の中古価格(2021/1時点)

  • アマゾン 1280円~
  • 楽天市場 1680円~
  • ヤフー 3369円~
  • メルカリ 500円前後で出品されています
  • ヤフオク 500円以下で落札されています

買うならメルカリかヤフオクがおすすめです。

500円以下で出品されていることもあり、需要もそれほどないため簡単に買えるはず。

ショッピングサイトならアマゾンが安いですね。

 

バッテリー交換は可能?

ワイモバイルオンラインストアにて2860円で純正バッテリーが売られていましたが、現在は入荷未定となっています。

販売終了しているモデルですし、おそらく再販はなさそうです。

アマゾンにも売っていましたが、なぜか公式より高いのでおすすめしません。

バッテリーに不安があるなら、交換用バッテリーが売られている401HWより新しいモデルを選んだほうがいいですね。

 

401HWの特徴

「Pocket WiFi 401HW」 ワイモバイルWi-Fiルーターの価格やスペック、口コミ評価まとめ

401HWはワイモバイルで契約できた機種で、インターネットに接続できるモバイルルーターです。

他の機種に比べてサイズが小さく重さが軽いのが特徴で、コンパクトになっているので持ち運びに優れたモデルとなっています。

サイズは縦が56cmで横が90cmで奥行きが13cmと手のひらサイズなので、鞄やポケットなどに入れて持ち運ぶのにちょうどいい感じ。

外出先に持ち歩く際にも、スペースを取らないので気軽に使用できるでしょう。

重さ75g、ワイモバイルで選択できる端末だけでなく、業界全体でも軽い機種。

バッテリーの容量はサイズが小さい分少なめの1500mAhですが、インターネットに接続している状態でも半日程度バッテリーがもってくれるでしょう。

インターネットに接続しない待ち受け状態なら、最大1日以上バッテリーをもたせることもできます。

ですので、401HWは半日程度の外出や短期間の旅行にはピッタリといえます。

速度は112Mbpsなのでワイモバイル端末の中では少し遅めですが、高画質な動画を観るのでなければまったく問題ないでしょう。

 

当時の401HWの料金プラン

分割払い一括払い
基本使用料2678円2678円
端末代金/月1750円0円
初期費用0円42000円
毎月の割引1750円1750円
月額料金(税込)2678円928円

毎月5GBまで、と他の機種より毎月使えるデータ容量が少なめのプラン「Pocket WiFiプラン SS(さんねん)」が当時はありました。

契約は3年縛りで、端末代は24回払いでした。

 

401HWの口コミ評判

ポジティブな口コミ評判

  • 毎月2020円のルータならうれしいな。500円の差額は大きい
  • 月額の安さで選ぶなら業界最安値級
  • 本体も軽い
  • 506HWは新機種だけど、ほぼ性能は同じ、料金同じ
  • ほとんど不満はなく

ネガティブな口コミ評判

  • 一番遅くて安い401HW
  • 安いけど見にくい
  • バッテリーの持ちだけ気になります

口コミ評判まとめ

安さへのポジティブな声をよく見かけました。

バッテリーサイズが小さいので持ちは悪いようですが、そんな欠点を補って余りある月額料金の安さ。

スペック表では約6時間連続使用できるようですし、外出先でも十分でしょう。

ネガティブな声では、本体にディスプレイがないことによるバッテリー残量などの状況がわかりにくい点が挙がっていました。

ワイモバイルからでてるポケットWi-Fiルーターはネガティブな意見が目立つ中、「401HW」だけはポジティブな声が多かったです。

 

401HWのスペック

Pocket WiFi 401HW本体カラー

本体カラー: ホワイト

サイズ: 約幅90.9×高56×厚13mm
重さ: 約75g
バッテリー容量: 1500mAh
連続通話時間: 約6時間
連続待受時間: 約440時間(無線LAN未使用時)
無線LAN: b/g/n
同時接続台数: 最大10台
外部インターフェース: USB2.0
対応通信方式: 4G LTE/AXGP/3G

最大通信速度:
4G LTE 下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
AXGP 下り最大110Mbps/上り最大10Mbps(無線LAN時は下り最大65Mbps程)
3G 下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbps

対応周波数:
4G LTE 900/1700/2100/2500MHz
3G 1700MHz

対応OS: Windows vista/7/8/8.1、Mac OS 10.6~10.10

 

401HWを今買うメリットはある?

ワイモバイルが販売していた「Pocket WiFi 401HW」は、2014年2月に発売された前機種と比べて半分以下の大きさになり現行発売されているWiFiルーターの中で最軽量の75gしかない名刺サイズなのが特徴。

スーツの内ポケットに入れてもまったくかさ張らないので、ビジネスマンには使い勝手が非常にいいものと言えるでしょう。

ただワイモバイル最新機種に比べるとさすがにスペックは劣ります。

中古で安くゲットして格安SIMを挿入して使う、といったひたすら通信量節約するつもりで買うならありといえばありですが、あえてこれを選ぶ理由はありません。

 

まとめ

ワイモバイルのルーター「Pocket Wi-Fi 401HW」について紹介しました。

コンパクトサイズが最大の特徴なので、外に頻繁に持ち歩く人には最適です。

ですが、いまとなってはさすがに低スペックすぎるため、見た目に惚れた!など特殊な理由がないなら新しい機種から選んだほうが満足度は高いでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新5G対応】Galaxy G5(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【最新5G対応】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

WX06(モバイルルーター型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(モバイルルーター型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【端末選びに迷ったなら】
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー!



※ホームルーターL02は在庫切れ