WiMAX L01の中古価格と使える格安SIMは?スペックや速度も解説!

L01の中古価格 アイキャッチ画像

2017年2月3日、au向けに「Speed Wi-Fi NEXT Wシリーズ」を提供している中国メーカーファーウェイがWiMAXの据え置き型ルーターを初めて発売。

その2週間後の2月17日にUQ向けにも発売されています。

WiMAXのホームルーターは、それまでシンセイコーポレーション製「URoad Home2+」「novas Home+CA」の2モデルのみでイマイチ盛り上がりに欠ける市場でした。

が、このL01が登場して一気にユーザーが増え、Wi-Fiルーター売上ランキングでも常に上位にランクインする人気っぷりでした。

私もすぐに購入し使ってみましたが、快適に使えて満足しています。

関連記事
L01のレビュー・評判は?

いまとなっては古い機種ですが、WiMAXでもSIMのみ契約が可能になり、安く手に入れられる中古端末を探している人は多いはず。

そこで「Speed Wi-Fi HOME L01」がどんな端末なのか?中古価格や相性のいい格安SIM、その他本体情報についてまとめました。

Speed Wi-Fi HOME L01ってどうなの?

L01の中古価格は?

※表記価格は税別です

2021/2時点の中古価格

  • アマゾン・・・3280円~
  • 楽天市場・・・6960円~
  • ヤフー・・・・4262円~
  • メルカリ・・・1000円~
  • ヤフオク・・・470円~

2020/2時点の中古価格

  • アマゾン・・・3000円台~
  • 楽天市場・・・8000円台~
  • ヤフー・・・・7000円台~
  • メルカリ・・・1000円台~
  • ヤフオク・・・2000円台~

コロナ禍前の2020年2月から1年で、アマゾンを除き多少安くなりました。

ですが、一般ショップより個人間取引であるメルカリやヤフオクが安く買えますね。

ただしここの参考価格は売約済みのものなので、現在出品されているものとは異なる場合もあります。

それでもショッピングサイトよりはかなり安く買えるため、中古ならどちらかで購入したほうがいいですね。

なおメルカリは送料を出品者負担で出されていることが多いので、トータルではメルカリが最安価格でした。

 

おすすめ格安SIMは?

2019年10月からSIMカードのみでも契約できるようになったWiMAX。

端末代が15000円以上するため、L01のような少し古めでも十分使えるスペックを備えた中古モデルを買えば初期費用を抑えられます。

ただ、SIMのみで契約できるWiMAXプロバイダは料金が高いのでおすすめしません。

より低コストで自宅にWi-Fi環境を整えるなら格安SIMを利用しましょう。

そこでおすすめの格安SIM業者ですが、まずau回線を利用するプランが大前提。

auプランがある業者でおすすめは次の2社です↓

  • UQmobile
  • mineoのauプラン

UQmobileは他社より多少料金高めですが、WiMAX運営企業UQコミュニケーションズがやってる本家本元なので相性バッチリ。

また通信速度も安定していてイチ推しです。

そして容量プランが充実していて安いのはmineoのauプラン。

お昼や夜間は速度低下するため快適性で劣りますが、料金を節約するならこちらにしましょう。

なお使い放題プランがいい人は安いWiMAXプロバイダで契約しましょう。

端末0円で最新モデルが買えるため、わざわざSIMカードだけ契約し中古L01を買わなくても問題ありません。

あくまで格安SIM運用する人は中古がおすすめってだけですね。

SIMカードのサイズに注意

L01はmicroSIMカードを採用しています。

これの次のモデル「L01s」からはnanoSIMサイズ。

見た目がほぼ同じなので間違えないように気を付けましょう。

 

正面、背面のデザイン

「Speed Wi-Fi NEXT W04」のデザインも良かったんですが、これもシンプルでいい感じ。

ファーウェイさんがここ数年絶好調ですけど、ちゃんといい端末をだしてるからこそですね。

 

上下のデザイン

上下はこんな感じ。

au向けなのでしっかりauのロゴが入ってます。

UQ向けはロゴが「UQ」になります。

ただ中古市場に出回るのはかなり時間かかりそうです。端末だけ売ってくれたらいいんですけどね・・・。

過去にそんな事例はないので素直に待つしかないっていう悲しい現実。

※追記 au版は2月3日、UQ版は2月17日発売

 

L01のいいところ

下り最大440MbpsでWiMAX最速、またコンセントに繋いだらすぐ使えるお手軽Wi-Fiルーターです。

就寝時でも邪魔にならないLED消灯機能付き。

Wi-Fiは5GHz/2.4GHz同時利用可能で各20台づつ最大40台まで接続できます。

端末との接続は本体上部にかざすだけのお手軽さも魅力。

同じファーウェイからモバイルタイプの「W04」も同じ日に発売されていますが、L01の方がWi-Fi電波の出力が強くより室内で快適に使えるようになっています。

シンセイコーポレーションの「novas Home+CA」が220Mbpsなので一気に倍速になりました。

こんなの出されたらシンセイコーポレーションさん厳しいでしょうね。

デザイン面でも分が悪いですし。

▼「novas Home+CA」はこんなデザイン

アンテナフェチな人はいいんですけどね。

 

L01のスペック・仕様

本体カラーホワイト
サイズ幅93×高180×奥行93mm
重さ約493g
電源AC100V-240V
最大消費電力24W
au ICカードau Micro IC Card
最大通信速度au 4G LTE 150Mbps/25Mbps
au 4G LTE(CA) 225Mbps
WiMAX2+ 110Mbps/15Mbps
WiMAX2+(CA) 440Mbps/30Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au世界サービス×
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
インターフェイス10Base-T/100Base-TX/1000Base-T
最大接続台数40台
(2.4GHz×20台/5GHz×20台)
対応OSWindows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X
v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
かんたん接続WPS/NFC/QRコード

ファーウェイ製品だけあってau 4G LTE回線にも対応。

WiMAX2+回線より対応エリアが広い&つながりやすく安定してるので使いやすいでしょう。

ただau 4G LTEを使って月7GB以上データ通信すると速度制限かかるので、できるだけWiMAX2+回線だけで使うほうがいいです。

 

新品L01の端末価格は?

端末価格は公開されていませんが、ほとんどのWiMAXプロバイダは0円で提供してます。

WiMAX機種には定価というものはないので、解約時・故障時の負担額を参考にすると20000円と言えます。

※auでは一括2万8080円となっています
※端末0円キャンペーンをやっているプロバイダは0円です

 

※追記 L01s登場!違いは?

SIMカードサイズが変わっただけとも言える新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」が発売されました。

新機種ではありますが、スペックは一緒なので中古で買うなら価格の安いL01の方がお得感あります。

格安SIMでも使いやすいのでL01をおすすめします。

関連記事
Speed Wi-Fi HOME L01sとL01を比較してみた

 

まとめ

ファーウェイのホームルーター初参入モデル「Speed Wi-Fi HOME L01」の中古価格や格安SIM運用について紹介しました。

WiMAXホームルーターのイメージをがらりと変えた革新的端末でした。

ファーウェイさんいい仕事しましたね(上から笑)。

今後も良い機種を作り続けてもらいたいものです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました

2 件のコメント

    • 正式に定価いくらとは発表されていませんが
      auショップのL01は一括28080円なので
      これが定価ってこといいんじゃないかと思われます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。