Pocket WiFi 601ZT(ワイモバイル)のスペック、価格は?

ワイモバイルが新しいポケットWi-Fi端末「Pocket WiFi 601ZT」を発表しました!

ZTE社製の端末で、発売は8月予定とこのと。

今回は「ワイモバイルの新商品として」ってことなのでソフトバンク版はなし?でも「603HW」のときも少し遅れて発表してたので出るかもしれませんね。

 

で、新機種「Pocket WiFi 601ZT」について。

ここでは601ZTのデザインや価格、スペック情報などをまとめました。

ワイモバイル「Pocket WiFi 601ZT」ってどんな機種?

601ZT最大の特徴はデザインにあり!

▼601ZTの見た目はこんな感じ

おお?

おしゃ・・・れ?

 

とは思わなかったんですが、パステルカラーで可愛らしいデザインしてますね。

キッチンタイマーとか万歩計を思い浮かべました。

女性をターゲットにしてるのは明らかでしょう。

WiMAXもファーウェイの新機種が今までよりデザイン凝ってたので、モバイルWi-Fiルーター業界も見た目に拘るようになってきたのかも?いい流れです。

 

この画像だけみると小さそうに感じますが、サイズは

約71×71×14.2mm(約93g)

なので日本人の手の平にすっぽり収まるぐらいでしょう。

なんかいい感じの例えが思い浮かびませんけど、日本人の半数近くが持ってる「iPhone6/6s/7」の幅が67mmくらい、「iPhone6/6s/7 Plus」が幅77mmくらいなので持ってる方は参考までに。

 

続いてスペックをチェック。

Y!mobile「Pocket WiFi 601ZT」のスペックは?

メーカーZTEコーポレーション
本体カラーホワイト/ブルー/ピンク
最大通信速度USB接続時 下り112.5Mbps
無線接続時 下り67Mbps/上り 37.5Mbps
サイズ約71×71×14.2mm
重さ約93g
バッテリー容量2000mAh
連続通信時間省電力オン 約10時間
省電力オフ 約8.5時間
連続待機時間約1050時間
Wi-Fi規格IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)
同時接続台数10台まで
インターフェースUSB 2.0
対応バンド(国内)FDD-LTE 1/3
AXGP 41
※対応バンド表では8(プラチナバンド)に※印がついてるのでバージョンアップで対応?
対応周波数(国内)FDD-LTE 1700/2100MHz
AXGP 2500MHz

本体カラーに合わせてディスプレイの表示カラーも合わせてあるみたいです。

それにしても・・・

 

下り速度おっそ!!

しかもWi-Fi接続時は最大67Mbpsって今どきなかなかない低速っぷり。

USB接続時の112.5Mbpsもパッとしない速度です。

モノ買うとき、男性はスペック重視、女性は見た目とかフィーリング重視って言いますし、完全に女性向けですね。

男性は下り最大612Mbpsの「Pocket WiFi 603HW」にしておいたほうが満足できそうです。

関連記事
ワイモバイルから「Pocket WiFi 603HW」登場!

 

まぁでも実測10~20Mbpsくらい出れば何の問題もないですし、最大速度なんてこれで十分かもしれませんね。

 

601ZTの発売日は?

2017年8月上旬以降とのこと。

こんな時期にモバイルWi-Fiルーターの新モデルがでるんですね。

WiMAXルーターが10月~3月と6月発売がメインなので意外な感じ。

年間でも二八は売れないって聞きますし、9月にしたほうがいいんじゃ?とは思います。

まぁそこはY!mobile(ソフトバンク)さんなりの戦略があるんでしょう。

 

601ZTの端末価格は?

まだ発表されていません。

が、他の機種と同じように端末代はタダになるでしょう。

 

601ZTはSIMロックあり?解除する方法は?

ワイモバイルの販売している601ZTにはシムロックがされています。

解約をする場合も継続をする場合もとりあえずSIMロックを解除しておいたほうが使いやすいと言えるでしょう。

解除しておけば別会社のSIMも使う事ができるので大変便利です。

ロック解除方法

SIMロックの解除方法には条件が幾つか設定されています。

まず契約をした本人が行うことと、購入日から180日以上経過している機種であることが前提です。

さらに解約しているときは90日以内であることや故障と水漏れがあるとSIMロックに対応してくれません。

部分的に故障があっても普通に使えると大丈夫です。

ネットワーク利用制限のない製品という要素も必須となっています。

また発売が2015年5月以降の機種でSIMロック解除機能を搭載している機種に限定されるのも特徴です。

昔購入したものは対象外なので注意しておきましょう。

手続きですがスマートフォンの設定から端末の情報、端末の状態からIMEIで15桁の番号をコピーします。

ワイモバイルにログインしてSIMロック解除の手続きを行う項目をタップすると良いです。

先程コピーした製造番号を入力して次へボタンをタップ、これだけでSIMロックを解除することができます。

コード入力時はハイフンは必要ありません。

わざわざワイモバイルのショップに行かなくても自分で簡単に行えるので便利です。

機械は苦手というと方はワイモバイルのショップに行けば3000円で行ってくれます。

 

603HWより601ZTが優れているポイントは?

ワイモバイルはいくつかのポケットWi-Fiルーターを販売していますが、中でも人気のルーターがファーウェイ製の603HWと、ZTE製の601ZTです。

前者は月々7GBまでの利用が3696円、後者が5GBまでの利用が2480円という料金設定です。

両者を比較すると機能面では603HWの方に分があります。

なぜなら、下りの最大通信速度が612Mbpsにも達するからです。

601ZTは最大112.5Mbpsですから、通信速度の面では圧倒的に603HWが有利です。

 

その反面601ZTの方が優れている面も多々あります。

まずは携帯性とデザインが優れていることです。

縦横のサイズがわずか7cmあまりということで持ち運びが非常に便利です。

バッグにスッと入りますしポケットに忍ばせておくこともできます。

また丸みを帯びた形状と、ピンク、ブルー、ホワイトから選べるカラーが注目されています。

他のWi-Fiルーターにはない可愛らしいデザインが女性受けしています。

 

機能面で603HWよりも高い評価を得ているのが連続通信時間の長さです。

603HWが約8.5時間であるのに対し、601ZTは約10時間の連続通信が可能です。

電池の残量を気にすることなく長時間使えることから、頻繁に旅行に出かける方やカフェなどを転々として仕事をこなすノマドワーカーの方に適していると言えます。

以上のように601ZTの評価ポイントは女性が使いやすい設計が行われているところです。

動画の閲覧などは難しいところがありますが、文書作成や調べ物といった、普段遣いには支障がない通信速度も保たれています。

 

まとめ

ワイモバイルの女性向けポケットWiFi「Pocket WiFi 601ZT」についてまとめました。

とりあえずモバイルWi-Fiルーターのニューモデル登場はめでたいニュース。

これからも持ち歩きたくなるような見た目重視の機種を出していって欲しいと思います。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由