L01sのキャッシュバック&料金比較!最安プロバイダは?

L01s特典比較

2018年1月19日発売の最新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」。

前モデル「L01」が昨年登場しWiMAXホームルーター至上最大のヒット作となりました。

その後継機「L01s」は2018年で一番売れたWiMAXホームルーターになることは間違いないでしょう。

 

そこで「L01s」を最安で買えるWiMAXプロバイダを比較。

契約プラン別に契約期間のトータル料金でランキングを作成しました。

ご購入の際のプロバイダ選びにお役立て下さい。

L01s料金を徹底比較!最安はどこ?

料金を比較する前にL01sで契約できるプランを解説していきます。

L01sで契約できるプラン

L01sでは次のプランが選べます。

  • 2年プラン+ギガ放題(データ無制限)
  • 2年プラン+ライトプラン(月7GBまで)
  • 3年プラン+ギガ放題(データ無制限)
  • 3年プラン+ライトプラン(月7GBまで)

ほか、WiMAXプロバイダによって障害者向けなどのプランも用意されていますが、ほとんどの人は上の4つから選ぶことになります。

WiMAXプロバイダでは3年プランがメインで、各社さまざまな特典で競い合っています。

2年プランは一部しか選べないため選択肢が少ないデメリットも。

 

2年プランと3年プランはどっちがいい?

2年プランは短期間で機種変更していけます。

WiMAXでは1年感覚で新機種が発売されているため、3年縛りとなると3世代前のモデルになり性能に不満がでやすいでしょう。

また3年も使っていれば、なにかしら機種トラブルが発生する可能性も上がります。

コンスタントにニューモデルへ乗り換えていきたいならこっちで。

 

3年プランはau 4G LTE回線をつかえるハイスピードプラスエリアモードがを無料になります(通常1005円/月)。

このモードはギガ放題を選んでいても月間7GB以上使うと速度制限されてしまう(128kbps)ので、あまり自由に使えません。

基本はWiMAX2+回線を使っていくことになります。

ただ急に繋がりにくくなった場合など、緊急用としてなら7GBでも十分といえます。

 

常にフレッシュな気分を味わいたい人は2年プランを、

au 4G LTE回線があったほうがいいと思える人は3年プランがおすすめです。

 

ギガ放題とライトプランはどっちがいい?

またL01sはホームルーターなので家族みんなで使う人も多いはず。

自分一人が使うとしても、休日に1日中動画を見たら7GBなんてあっさり超えてしまいます。

なので料金も数百円/月しか変わらないギガ放題をおすすめします。

 

前置きが長くなりましたが、ここから本題へ。

各プラン契約時の各WiMAXプロバイダの料金やキャッシュバック特典などを比較。

合計費用が安い順にランキングを作成しました。

L01sの契約期間別、合計料金ランキング

ライトプランの順位はギガ放題と一緒なので割愛します。

合計料金に含まれるもの

  • 初期費用3000円
  • 0ヶ月目(契約月)の日割り分は満額で計算
  • 月額料金
  • 端末代金
  • ユニバーサルサービス料(2円/月)

合計料金に含まれないもの

  • 税金
  • オプション料金

送料は全社0円です。

 

2年プランのランキング

順位
2018/10更新
プロバイダギガ放題
2年総額
(平均月額)
ライトプラン
2年総額
(平均月額)
特典端末&
クレードル代
基本月額
ギガ放題/
ライトプラン
1位GMO
とくとくBB
75263円
(3010)
60875円
(2431)
キャッシュバック
32400円
端末0円4263/
3609
2位@nifty86341円
(3453)
なしキャッシュバック
20000円
端末1円4350/
なし
3位UQWiMAX101298円
(4051)
86250円
(3450)
キャッシュバック
10000円
端末800円4380/
3696
4位DTI WiMAX104650円
(4186)
89050円
(3562)
月額割引端末0円4300/
3500
5位So-net120146円
(4805)
103730円
(4149)
なし端末0円4879/
4195

2年プランは現在4社のみ。

こちらから選ぶなら1位GMOとくとくBB一択です。

1位 GMOとくとくBB

L01sは3年プランがメインですが、ここは2年プランも選べます。

3年プランの項目で触れたとおり、業界最高額となるキャッシュバックが魅力のプロバイダです。

2年プランが選べるプロバイダの中では文句なしに最安。

縛り期間短めがいい人、安さ重視の人はここで決まりでしょう。

対応エリアチェック・申し込みはこちら
GMOとくとくBB 公式サイト

 

2位 @nifty

@niftywimaxのロゴ

ここは2年プランだとキャッシュバック特典が付かないため1位に比べるとかなり高くなってしまいます。

 

3位 UQWiMAX

WiMAX運営元による本家プロバイダとしての安心感は一番のプロバイダ。

ただランキングの中でUQWiMAXだけは端末代を800円とられます(他社は0円か1円)。

2年プランが選べるプロバイダが少ないので高順位に見えてしまいますが、1位との差は圧倒的。

上位のプロバイダを選んだほうがお得です。

 

4位 DTI WiMAX

比較表のとおり、上位プロバイダに比べて料金がかなり高くなっています。

 

5位 So-netモバイルWiMAX2+

2年プランは電話申し込み限定で特典なしのためかなり割高。

とりあえず用意してあるだけのプランですね。

 

3年プランのランキング

順位
2018/10更新
プロバイダギガ放題
3年総額
(平均月額)
ライトプラン
3年総額
(平均月額)
特典
端末代基本月額(3年目~)
ギガ放題/
ライトプラン
1位GMO
とくとくBB
124219円
(3357)
101983円
(2756)
キャッシュバック
34600円
端末0円4263(4263)/
3609(3609)
2位So-net
WiMAX
124754円
(3371)
103154円
(2787)
初期3年
月額割引
端末0円3380(3380)/
2780(2780)
4年目~
4379/3695
3位Broad
WiMAX
134426円
(3633)
111136円
(3003)
月額を
ずっと割引
端末0円3411
(4011)
4位UQWiMAX147112円
(3976)
123856円
(3347)
10000円端末800円4380

L01sは3年プランがメインで契約できるプロバイダも多め。

普通は月1005円かかるau 4G LTE回線がau 4G LTE回線が無料で使えるプランです。

WiMAX回線より対応エリアが広く通信が安定しているのも特徴で、地下や室内、地方などで威力を発揮してくれます。

 

1位 GMOとくとくBB

3年プランも安いGMOとくとくBB。

キャッシュバック額は業界最高です。

L01sが発売されてからずっと1位だったんですが、7月はSo-netに抜かれてます。

キャッシュバック特典にはデメリットもありますが(詳細は3位BroadWiMAXの項目で解説)、現金に魅力を感じるならここ。

ちなみに普通の公式ページからの申込みはキャッシュバック額が1000円安くなるので、ここを選ぶ人は下記専用ページからがお得です。

対応エリアチェック・申し込みはこちら
GMOとくとくBB 公式サイト

 

2位 So-netモバイルWiMAX2+

So-netでは3年プランのみ特典がついてきます。

キャンペーンは月によってキャッシュバックだったり月額割引だけだったりします。

現在は月額割引特典のみで、初月無料のおかげもあって僅差で2位になりました。

ソニー系列会社のプロバイダで安心感もあり。

対応エリアチェック・申し込みはこちら
So-net モバイル WiMAX2+ 公式サイト

 

3位 BroadWiMAX

ここまで読まれた方は1位のプロバイダでほぼ決まっているかもしれませんが、たとえ割高でもここを選ぶ理由はあります。

BroadWiMAXは月額料金を毎月多めに割引してくれるのが特徴のプロバイダ。

対して1位のGMOとくとくBBはキャッシュバック特典が特徴です。

ただ注意したいポイントがあって、キャッシュバック特典は約1年間契約の継続確認が取れたあとに振り込まれるもの。

さらに同じく約1年後に案内される受け取り手続きを忘れずに実施する必要があります。

もし見逃してしまったらキャッシュバックは受け取れませんし、文句を言っても手続きしなかったそちらが悪いで終わりです。

1年後にもらえる現金をとるか、契約した月からずっと安く使えるお手軽さをとるか、ですね。

また3年目からの月額基本料が業界最安なので長く使いたい人には最適。

ちなみにサポートも良かったので「初期設定とか大丈夫かな?」と不安を感じている人はここが安心です。

対応エリアチェック・申し込みはこちら
BroadWiMAX 公式サイト

 

4位 UQWiMAX

ここはWiMAXサービスを運営・管理するUQコミュニケーションズという会社がやっているプロバイダ。

要するにWiMAXの本家本元と言えます。

それだけにサポートもしっかりしていて一番安心して契約できるところ。

なんですが、ランキング表のとおり上位プロバイダに比べると料金面で大きな差があります。

サポートに関しては他社でも受けられるので、それだけの理由でここを選ぶメリットはありません。

またL01sの端末代をとられる唯一のプロバイダ。

料金も高い上さらに端末代2800円余分にとられるので、上位にランクインしているプロバイダで契約したほうがいですね。