ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11のキャンペーン・キャッシュバック&料金比較

Speed Wi-Fi HOME 5G L11料金比較

WiMAXからついに5G対応のホームルーター

「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」

が発売されました!

スペックも文句なし&新たに加わった5Gプランで、これまで評判の悪かった速度制限「3日10GB制限」が緩和されました。

さらにハイスピードプラスエリアモード利用時のやっかいな制限も撤廃!

詳しくは下で解説しますが、より隙のないサービスになった感じですね。

そして一部のWiMAXプロバイダでは旧料金プランい匹敵する料金設定になっています。

もはや「5G L11」を選ばない理由はないレベル。

 

というわけで、ホームルーターを契約しようと思っている人にはピッタリの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を安く契約できるWiMAXプロバイダを徹底比較しました。

基本的に複数年契約になるので一度契約すると乗り換えしづらいです。

後悔しないようお得なプロバイダを選んでくださいね。

※WiMAXはどのプロバイダで契約しても通信環境は一緒です。料金の安さで選ぶことが損しないポイント!

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L11のキャンペーン・キャッシュバック比較

  • 税込価格
  • 契約初月の日割り分は除く

5G L11を扱うWiMAXプロバイダ

Speed Wi-Fi HOME 5G L11本体画像
  • BroadWiMAX
  • UQ WiMAX
  • カシモWiMAX
  • 家電量販店系プロバイダ
  • auショップ
  • BIGLOBE(2021年夏~予定)

現在これだけのWiMAXプロバイダが5G L11ホームルーターと5Gプランを契約可能です(予定含む)。

で、すでにWiMAXを利用中、もしくは過去に使っていた人ならご存じかもしれませんが、業界最高額のキャッシュバックを出し続けてきたプロバイダ「GMOとくとくBB」がまだ対応してないんですよね。

いつ発売するのかもわかっていません。

これまで常に業界の先頭を走ってきたプロバイダだけにまさかのWiMAX業界からの撤退?

さすがにないと思いますし、今後対応する可能性は高いと思いますが未知数ですね。

というわけで、5G L11を契約するならこの中から選びましょう。

そして上でも触れましたが、WiMAXはどのプロバイダで契約しても通信環境が一緒。

料金面で安い業者を選ぶことが損しないコツです。

ホームルーターを検討している方はここで一番安く契約できるWiMAXプロバイダを選ぶ参考にしてもらえれば幸いです。

 

月間/年間平均コストを徹底比較!

※税込価格
※契約した月の日割り分は除外
※業者によって契約期間が異なるため年間平均で比較

順位プロバイダハイスピードプラスエリア利用
(月1100円)
月額/年額平均
(税込)
月額/年額平均
(税込)
【内訳1】
キャッシュバック
【内訳2】
端末代
(税込)
【内訳3】
初期費用
(税込)
1位カシモWiMAX4835円/58017円4835円/58017円0円0円3300円
2位VISION WiMAX4952円/59425円4952円/59425円5000円0円0円
3位BroadWiMAX5038円/60456円5038円/60456円0円0円3300円
4位auショップ5959円/71502円4859円/58302円0円0円3300円
5位UQ WiMAX6413円/76956円5313円/63756円0円21780円3300円
6位家電量販店系
プロバイダ
6413円/76956円5148円/61776円0円
(店舗による)
21780円3300円

最安はカシモWiMAX

大きな差ではありませんあ、1円でも安く契約したい人はカシモWiMAXがベストです。

安い=サービスが悪いというわけではありませんし、ここなら問題なく利用できるでしょう。

対応エリアチェック&詳細はこちら
カシモWiMAX公式サイト

 

管理人おすすめはBroadWiMAX

個人的にイチ推しなのはBroadWiMAX(ブロードワイマックス)。

私もBroadWiMAXで契約して5年目になりますが不満なし。

新機種が発売されるとよく電話でサポートにいろいろ聞かせてもらっていますが、毎回必ず繋がりますし対応も丁寧で好印象。

L11みたいな始めて5G回線に対応したような端末だと初期不良も心配ですし、サポートの手厚さはプロバイダ選びのポイントの1つです。

その点でBroadWiMAXはおすすめです。

詳細はこちら
BroadWiMAX公式サイト

 

それ以外のWiMAXプロバイダについて

BroadWiMAXは3年縛り契約です。

ですが、UQWiMAXやau、一部家電量販店系のプロバイダは2年契約です。

3年も使い続けたくない人はそれらプロバイダでもありですね。

ただし、5G L11用プランを最大限活かせる「プラスエリアモード」が無料で使えません。

このモードは月額1100円(税込)の利用料がかかってしまいます。

カシモやBroadWiMAXはこちらも込みの料金なのでさらにお得感が違います。

またBroadWiMAXなら2年使って違約金を払い解約したとしても、2年契約のあるプロバイダより安く使えるでしょう。

ここはネット契約専門ですが、発送も早いため最短翌日には5G L11が手元に届くはずです。

 

プラスエリアモードとはどんなもの?

5G回線を使えるのはプラスエリアモードだけです。

WiMAXでは現在下の3つの回線に対応しています。

  • WiMAX2+
  • 4G
  • 5G

で、プラスエリアモードは「WiMAX2+」と「4G/5G」回線を併用するようになっています。
(「WiMAX2+」回線だけ使うのはスタンダードモード)

「4G/5G」回線だけ使うモードはありません。

そのため、せっかくの5Gを堪能するためにはプラスエリアモードでなければいけないんです。

せっかく5G対応ホームルーターなので使えないのはもったいないですね。

となるとプラスエリアモードが無料で使えるWiMAXプロバイダを選んだほうがいいわけです。

 

ちなみに5G L11用プランは、以前までの旧プラスエリアモードより使いやすくなりました。

3日10GB制限の緩和

WiMAXだけでなくWi-Fiルーターサービスってほとんど「3日10GB」の速度制限があるんですよね。

これと同じではなくても1日1GBや3GBなど似たような速度制限があります。

で、5G L11用のプランでは撤廃されてはいないものの、3日15GBまで緩和されています。

1日あたりの使える容量が2GB増え、かなり使い勝手が良くなりました。

スタンダートモード切替時の容量制限の撤廃

WiMAX速度制限の評判をネット検索すると、

「プラスエリアモードからスタンダートモードに戻しても速度制限が解除されない(泣)」

なんて不満の声が見つかるはず。

旧プランではプラスエリアモードで月7GB以上使うと速度制限されてきました。

で、スタンダートモードに戻したとしても制限が解除されなかったんです。

ホントに理不尽な仕組みだったんですが、5Gプランではついに撤廃!

スタンダートモードに戻せば、速度制限も解除されるようになりました!

既存のWiMAXユーザーはいままで容量を気にしながら恐る恐るプラスエリアモードを使っていた人も多いと思いますが、これで安心して使えるようになったわけですね。

ユーザーからすれば当たり前でしょ?と思わなくもないんですが、良改変されたことは間違いなし。

というわけで、プラスエリアモードが安く使えるWiMAXプロバイダを選ぶことを強くおすすめします。

プラスエリアモードが無料で使える最安プロバイダ
BroadWiMAX公式はこちら