縛りなしWiFiが安い!他社と比較しつつ魅力を解説!

縛りなしWiFi トップ画像

料金プラン改定の発表あり

縛りなしプラン2800円→3000円~へ値上がりしました。

そのかわり、新しく「縛っちゃうプラン(3年縛り)」が登場し、1ヶ月目から2600円~で利用可能です。

”縛りなし”という部分に魅力を感じていた人には残念な発表ですが、料金はさらに安くなっているのでメリットは十分あり。

縛っちゃうプラン
・ずっと2600円~で利用可能
・解約違約金9500~30000円

ほか端末発送タイミングが「最短当日発送」→「最短翌日発送」へ変わっています。

レンタルWi-Fi業界でもかなり安いのは変わりません。

次から紹介する「縛りなしWiFi」の料金以外の部分に不満がないならここはおすすめです!

※2020年1月17日~、運営会社がフォン・ジャパン株式会社に変わりました。

 

毎年のように新しいレンタルWiFiサービスが登場してる中、またまた魅力的なサービスが登場しました!

その名も縛りなしWiFi

当サイトで推してるWiMAXは3年縛りが主流で、途中解約すると決して安いとはいえない違約金をとられます。

WiMAXに限らず、スマホなど縛り契約タイプのサービスは簡単に解約できないようになっているものですね。

そんな中「縛りなし」というネーミングどおりのレンタルサービスは魅力的。

またザッと仕組みをチェックした限りでは、後追いで登場してるだけに料金面もかなり安くなってます。

 

そこで「縛りなしWiFi」は本当に縛りなしなのか?先行サービスに比べて料金はどんな感じか?借りられるWiFi端末は?など気になったポイントをとことん調べてみました。

縛りなしWiFiの契約はあり?なし?

縛りなしWiFi契約あり・なし比較

サービス内容を1つづつチェックしていきます。

 

本当に縛りなし?

他社のレンタルWiFiサービスでは縛りなしっぽく匂わせながら初月の解約はダメだったりするところも。

個人的に「縛りなし」とは、契約して数日使って「やっぱやーめた!」で解約しても違約金がないサービスをイメージします。

で、この「縛りなしWiFi」ですが、最低1ヶ月は利用しなければいけません

公式にはこんな注意書きが書かれています↓

※1 ご解約時は前月申請となり、翌月末がご解約日となります。最短でも1ケ月のご契約になります。

契約期間は解約依頼した翌月末までってことになるため、契約月に解約しても翌月までは使うことになります。

これでも十分縛り期間は短いのですが、100%完全な「縛りなし」とは言えません。

法律で「契約期間1ヶ月までは縛りなしと記載してOK!」とでも決まってるなら別ですが、がっつり「縛りなし」って書いちゃって大丈夫なのか・・・。

まぁこれくらいなら縛りなんてないようなものですけどね。

※あとから追加された3年契約の「縛っちゃうプラン」は当然ながら3年間きっちり縛られます。

※なくなりました
端末は最短で当日発送にも対応

公式にはこう書かれています↓

縛りなしWiFiの即日発送期限

平日16時、休日13時までなら当日発送とのこと。

だったのですが、残念ながら現在は当日14時までの申し込みで翌日発送が最速となっています。

縛りなしWiFiも出た当初はかなり申し込みが多かったようで大変だったんでしょうね。

現実的な運営をしたほうが長く続けられるでしょうし、これはしかたないでしょう。

ただ、急ぎならWiMAXで即日発送に対応しているWiMAXプロバイダをおすすめします。

参考記事
GMOとくとくBBがWiMAX2+端末即日発送に対応!

 

縛りなしWiFiのレンタル料金と諸経費

月額利用料(税別)

縛りなしプランの料金
  • 20GB・・・3000円
  • 50GB・・・3250円
  • 2GB/日・・・3300円

契約月だけ3000/3250/3300円の日割りになり、それ以降ずっと同じ料金で使えます。

値上がりはしましたが、長期借りられるレンタルモバイルルーターとしては業界でも最安級です。

縛っちゃうプランの料金
  • 20GB・・・2600円
  • 50GB・・・2750円
  • 2GB/日・・・2800円

契約月は2600/2750/2800円の日割りで1~36ヶ月目まで同じ料金です。

こちらは3年トータルで最大100800円と格安です。

といっても10万円という大金をぽっと出されても引くだけかもしれませんね。

そこで他社サービスと比較してみました。

WiMAX・ワイモバイルと比較

WiMAXが3年縛りで12万くらいなのに対し、「縛りなしWiFi」は一番高い通常プランだったとしても次のとおりです↓

縛りなしプランで3年使った場合
  • 半年レンタル・・・19800円+初月日割り
  • 1年レンタル・・・39600円+初月日割り
  • 2年レンタル・・・79200円+初月日割り
  • 3年レンタル・・・118800円+初月日割り
縛っちゃうプランで3年使った場合
  • 半年レンタル・・・16800円+初月日割り
  • 1年レンタル・・・33600円+初月日割り
  • 2年レンタル・・・67200円+初月日割り
  • 3年レンタル・・・100800円+初月日割り

縛っちゃうプランはかなり安いんですが、縛りなしプランでもWiMAXの安い業者なみの料金で使えます。

ちなみに縛りなしWiFiでは、WiMAX・ソフトバンク・SIMフリー端末のどれかを貸してくれるんですが、WiMAX端末ならau回線併用モードを使わなければ安くなります。
(WiMAX契約で3年縛りプランなら使っても料金据え置き)

契約時にかかる費用

  • 事務手数料 3000円
  • 端末代 0円
  • 発送料 0円
  • 契約月利用料 端末到着日からの日割り料金

月額3300円(もしくは2800円)の日割り分以外は必要なく、これまたかなり良心的です。

解約時にかかる費用

解約するときとユーザー側の原因による故障での返送には送料がかかります

縛りなしプランは解約金はありません

縛っちゃうプランは、解約時の残り契約月数×1200円の端末代と、違約金15000円が必要です。

けっこう厳しい条件ですね・・・。

故障・紛失した場合の費用

39800円(税別)です・・・って高っ!(汗)

「安心サポート」オプション加入時は10000円(税別)。

ここにSIMカード再発行が必要な場合さらに3000円かかります。

ちなみに安心サポート加入は月間500円必要なので、3年借りるなら18000円。

これに加入するなら当サイトおすすめWiMAXのほうがやすくなります。

縛りなしWiFiを選ぶなら、オプションは付けず端末をできるだけ丁寧に扱いたいですね。

オプション料金

  • 安心サポート 500円/月
  • モバイルバッテリーレンタル 300円/月

支払い方法

銀行振込NG、クレジットカードのみ可能で、VISA/JCB/Master/アメックス/ダイナースに対応してます。

 

借りられるWiFi端末

縛りなしプランの場合

縛りなしプランでは、WiMAXとSoftBankのモバイルルーターが用意されています。

端末を選ぶことはできないようですが、対応エリアによって問い合わせからWiMAXかSoftBankどっちにするか?だけ指定することは可能です。

WiMAX端末
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
SoftBank(というかY!mobile端末です)
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 502HW

どっちも新しい機種、少し古い機種があるので、どうせなら新しいモデルを選びたいですねー。

WiMAX側はどっちも似たような性能ですが、SoftBank側はけっこう差があるので特に。

ってことでWiMAX対応エリア内ならWiMAXを選んでおいたほうが安心感あり。

【WiMAX WX05の特徴】
Speed Wi-Fi NEXT WX05本体正面デザイン

日本メーカー製で通信の安定性に力を入れたモデル。

下り最大440Mbps連続通信14時間は「縛りなしWiFi」で最長です。

詳しくはこちらで解説してます
WX05の機能を詳細に解説!

【WiMAX W04の特徴】
W04 本体カラー2色画像

中国ファーウェイ製で下り最大440Mbps(au回線併用で708Mbps)。

バッテリー持ちは10.5時間とSoftBank端末より長持ちします。

【SoftBank(Y!mobile)603HWの特徴】
ワイモバイル 603HW

Y!mobile最速モデルで下り最大612Mbpsですが、バッテリー持ちは縛りなしWiFiで一番下なのがネック。

といっても連続通信8.5時間持てば十分でしょう。

今SoftBankかY!mobileスマホを使ってて快適ならこちらが安心。

【SoftBank(Y!mobile)502HWの特徴】
Pocket WiFi 502HW

下り最大187.5Mbpsバッテリー持ちは約10時間と他機種に比べて微妙・・・。

あまり良くないので画像も小さめで(笑)

端末選べないのでこれがあたったらちょっと損した気分になりそうですね。

となるとWiMAXを選んでおいたほうがいいかもしれない。

縛っちゃうプランの場合

縛りなしプランとは違うようで、「601HWシリーズ」と記載されています。

シリーズってことは、601/602/603HWのどれかになるんですが、602HWは法人向けなので「601HW/603HW」のどっちかですね。

ちなみにこちらのプランは端末買取形式です。

WiMAX端末が選べないのは残念ですね。

 

速度制限はある?

縛りなしWiFiの速度制限条件について

データ通信量は使い放題ですが、1日あたり2GBの通信量を超えると速度制限されます。

縛りなしWiFiで提供している端末はWiMAXとSoftBankのもので、通信回線も当然同じものを使うわけですが、それぞれで提供されている速度制限については触れられていません。

あくまで1日2GBが制限ってことですね。

で、この条件が本家に比べて有利かどうか?をWiMAXとSoftBankの制限と比較してみました。

WiMAXの速度制限

過去3日間の通信量が10GBを超えると、18時~2時頃まで約1Mbpsに制限される「3日10GB」あり。

通常モード(ハイスピードモード)は無制限ですが、au回線も使うハイスピードプラスエリアモードにすると月間7GB超で128kbpsに制限されます。
(これを縛りなしWiFiで使うと別途1005円請求されてしまうので注意!)

1日あたりにすると3.3GBなので、縛りなしWiFiのほうが厳しいですね。

SoftBankの速度制限

3日3GB超で制限あり。

またベストエフォート方式なので、回線が混雑すれば速度は遅くなります。

こちらは1日あたり1GBで、縛りなしWiFiのほうが緩め

SoftBank端末なら本家ユーザーより快適に使えますね。

 

縛りなしWiFiが使えるエリアは?

日本全国は大変なので各自縛りなしWiFi公式サイトでチェックしてもらうとして、一番人口が多い関東エリアの対応状況をチェックしてみました。

WiMAX端末の対応エリア

WiMAX端末の関東地区の対応エリアマップ

山間部以外はほぼほぼ対応しています。

WiMAXは周囲にビルがいっぱいある、地下など条件が悪い場所に弱いので注意してください。

SoftBank端末の対応エリア

SoftBank端末の関東地区の対応エリアマップ

ほぼWiMAXと変わらない感じです。

ただしSoftBank回線のほうが障害物に強めなので身の回りの環境次第ではこちらのほうがいいかもしれません。

まぁ縛り期間が短いのでダメならすぐ解約できるのは安心できますけどね。

 

縛りなしWiFiと他社の月額料金比較

WiMAXとSoftBankが3年縛りプランなので、3年間の基本通信量合計で比較してみました。

使い放題プランで計算し、初期費用や税金は含まず。

 容量3年合計
(税別)
月額
(税別)
特典
(税別)
縛りなしWiFi
縛りなしプラン
20GBプラン108000円3000円なし
縛りなしWiFi
縛りなしプラン
50GBプラン117000円3250円なし
縛りなしWiFi
縛りなしプラン
通常プラン
2GB/日
118800円3300円なし
縛りなしWiFi
縛っちゃうプラン
20GBプラン93600円2600円なし
縛りなしWiFi
縛っちゃうプラン
50GBプラン99000円2750円なし
縛りなしWiFi
縛っちゃうプラン
通常プラン
2GB/日
100800円2800円なし
WiMAX
(GMOとくとくBB/
月額割引コース)
ギガ放題プラン126904円~3ヶ月目 2590円
4ヶ月目~ 3344円
月額割引
現金バック3000円
WiMAX
(UQ WiMAX)
ギガ放題プラン139680円
+端末代
3880円なし
※端末代15000円
SoftBankメリハリプランforデータ
50GBまで
269280円7480円※端末代27000円
(750円×36分割もOK)
SoftBankミニフィットプランforデータ
5GBまで
269280円
+端末代
3980円※端末代27000円
(750円×36分割もOK)
Y!mobile7GB
(アドバンスオプションで
無制限)
143280円
+端末代
3696円
(アドバンスオプション付与で
4380円)
アドバンスオプション
3ヶ月無料

「縛りなしWiFi」が2歩くらい抜きん出てます。

詳細・申込みはこちら
縛りなしWiFi 公式

ただしWiMAXを選んだ場合、ハイスピードプラスエリアモード(au回線併用モード)を使うと高くつくので、このモードを使いたいならWiMAX業者で契約したほうが安いです。

 

縛りなしWiFiのいいところ

  • 縛り期間は1~2ヶ月だけ
  • 3年トータル利用料が他社より安い
  • 解約違約金がない
  • 縛りなしで試してから縛りありプランへ移行できる

とにもかくにも料金の安さと解約のしやすさがウリですね。

また通信環境が問題ないか縛りなしプランでお試ししてから安く使える縛りありプランへ移行するのも安心感があっておすすめです。

つづいて残念なところもまとめておきます。

 

縛りなしWiFiの残念なところ

  • 端末が選べない
  • 端末トラブルの負担金が高い(39800円)
  • 完全に縛りなしではない
  • WiMAX選択時、au回線併用モードが別料金(月1005円)となる
    ※WiMAXプランは受付停止中

端末を選べないのが残念ですね。

ほとんどの方はどうせなら新しいほうのモデルがいいと考えるでしょう。

でもWiMAXを選んでおけばどのモデルが届いてもそれなりの速度で使えそうです。

料金の安さと縛り期間の短さを考えれば、これくらいの不自由さはプラマイゼロじゃないかと思います。

 

まとめ

「縛りなし」を謳うレンタルWiFiサービス「縛りなしWiFi」を徹底調査してみました。

なかなか魅力的な通信事業者です。

WiMAXを推してる当サイトとしてもおすすめできるレンタルサービスでした。

端末を雑に扱わないことだけ注意すれば、お得にWiFiルーターを利用できるでしょう。

何よりも業界トップクラスの料金の安さは魅力的。

「速い」「安い」「使い放題」の3つをクリアしているWiFiサービスを探しているなら「縛りなしWiFi」はおすすめです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました