Skyroam Solisの価格やスペックは?対応国120カ国以上のモバイルルーターまとめ

パッと見インパクトの強いモバイルWi-Fiルーターが登場しました。

名前は・・・

Skyroam Solis

↓ ↓ ↓

めっちゃ赤い!インパクトありますねー。

写真が荒いので作り物みたいに見えるかもしれませんが、実物はもっと鮮やかに違いない。

最近ビビットなカラーを採用してるWi-Fiルーターもたまに出てますけど、これだけ真っ赤っ赤なルーターは他にないのでは?

少なくとも管理人は見たことありません。

この機種、週刊アスキーさんのWEBサイトで紹介されてて知ったんですが、発売日自体は2017年9月らしい。

とりあえず日本でも買えるのか?が気になるところ。

 

そこで「Skyroam Solis」がどんな機種なのか?について、本体価格や売ってる所、スペック、機種利用料金などいろいろ調べてみました。

Skyroam Solisってどんな機種?

Skyroam Solisってどう読むの?

スカイローム ソリス?
スカイローム ソライス?

英語なのかどこかのヨーロッパ語なのかよくわかりませんが、「Skyroam」という英単語はヒットせず。

「sky」「roam」に分解して調べてみると、「roam」は”うろつく、放浪する”といって意味合いの英単語がヒットしました。

「solis」はグーグル検索結果だとラトビア語、weblio英和辞典では「米国英語」って出てきてどっちやねん状態(汗)

英辞郎 on the WEB:アルクってサイトでは人名とのこと。

weblio/アルクさんによると「ソリース/ゾーリス」と発音するらしい。

ちなみに意味はなく、人名と書いてありました。って人名なの?

というわけで、「Skyroam Solis」はスカイローム ソリース/スカイローム ゾリース」と読むんでしょう、きっと。

ってなわけでここではスカイロームソリースでいきます。

日本語で紹介されてるどのページもカタカナで書かれてないので正解は不明。

名前の意味はよくわかりませんが「ソリースなら世界中で使えまっせ?」的な感じですかね。

 

本体デザイン

真正面斜め上からの視点では電源ボタンとWi-Fi電波のマークのみ。

余分なものがないめっちゃシンプルなデザインだけに、赤のインパクトがより強まってます。

モバイルWi-Fiルーターを100種類並べて「一番印象に残ったのはどれ?」なんて聞かれたら、ほとんどの人がコレ選ぶんじゃないかと。

真横から見るとこんな感じ↓

ペタッとした円柱デザインなので、最初ホームルーターだと思ったんですがモバイルWi-Fiルーターらしい。

紹介ページにはポータブルって書いてあったので。

背面側はUSB Type-C端子の穴があり↓

底面デザインはAmazonや公式サイトになかったのでyahoo画像検索結果から失礼して・・・↓

画像ちっちゃくてわかりずらいんですが、底面にはQRコードがあるらしい。

読み込むとSkyroam Solisの管理サイトにアクセスするようです。

内部は乾電池状のバッテリー?らしきものが2本入っていて、そのうち1本の下側にSIMカード挿入口があり。

SIMカードはmicroサイズを使っています。

対応バンドや設定方法があるなら、日本で使われているSIMが使えるかもしれませんね。

サイズ感はこんな感じ↓

丸くて平らなのでそれなりに大きそうに見えますが、意外と小ぶりっぽい。

ただ一般的な四角いモバイルWi-Fiルーターに比べると、幅と厚みがあるのでポケットに入れて持ち歩くのは厳しいかもしれません。

 

特徴は?

いろいろな国で使える印象を抱くモバイルWi-Fiルーターを連想させるネーミングどおり、世界120カ国以上で対応しています。

2017年あたりから世界100カ国以上に対応したルーターがいくつか登場していますが、それらと同じくSIMカードを現地購入することなく電源オンでネットに繋がるお手軽さが魅力。

海外ユーザーの口コミでは日本でも使えたみたいです。

デザインを見るとわかるようにボタンが少ないので操作に迷うことはないでしょう。

おまけにバッテリー容量が6000mAhもあるため、切れる心配はないはず。

さらにモバイルバッテリーとしてスマホの充電などにも使える一石二鳥なモバイルWi-Fiルーターです。

 

本体価格と販売店は?

公式サイトでは149.99ドルとあり。

1ドル100円なら14999円
1ドル105円なら15748円
1ドル110円なら16498円

日本国内では

  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • エクスパンシス

で販売れているのを確認できます。

メルカリやヤフオクには確認した時点では出品されておらず、落札履歴もありませんでした。

ではそれぞれの価格を見ていきます。

Amazon

送料込み17480円(税込)。

楽天市場

1店舗で取扱いあり。送料込み22700円(税別)。

ヤフーショッピング

23718~31368円まであり、17店舗で販売されていました。

エクスパンシス

1621013455円+送料1400円~でここが最安値ですね。

海外のSIMフリースマホなどを輸入販売しているショップで、この界隈では有名なお店です。

エクスパンシス公式ページ
【エクスパンシス】Skyroam Solis在庫状況 icon

 

というわけで、買うならエクスパンシスが最安でおすすめ。

なんですが、技適はないようです。うーん、残念。

日本で使うと違法ですね(汗)

国籍が海外ならいいのかもしれませんが・・・。

となると同じような価格&サービスで日本でも使えるG3000って機種のほうが使い勝手いい感じ。

関連記事
G3000 海外OKのGWiFiルーター情報まとめ

 

Skyroam Solisのスペック

ブランドSOLIS
型番S008
本体カラーオレンジ
サイズ幅 93mm
奥行 93mm
高さ 26mm
対応バンド(4G LTE)1/2/3/4/5/7/8/17/20/38/39/40/41
重さ191g
Wi-Fi規格802.11 a/b/g/n
バッテリーリチウムイオン電池×2本
バッテリー持ち16 時間
リチウム電池の電圧3.70V
リチウム電池の重さ98g

速度や最大接続台数といった知りたい項目は見つかりませんでした。

日本のレビュアーが計測した結果では40Mbps以上でていたので実測値は問題ないはず。

日本でどのキャリアの回線を使うのはわかりませんが、キャリアの主要バンド対応状況は

  • docomo 2つ
  • au 2つ
  • ソフトバンク(ワイモバイル) 4つ

なのでソフトバンクだったら快適に使えそうです。

これと似たような海外で使えるモバイルWi-Fiルーターもソフトバンク回線を使ってるのでソフバンじゃないかと。

 

日本の格安SIMは使える?

SIMカードスロットはあるので使えそうなんですが、試した人を見かけないのでわからず。

とはいえ、技適なしではどのみち違法ですが・・・。

 

Skyroam Solisの利用料金

公式サイトには24時間で8ドルとあり。

ただAmazonの商品説明によると

  1. 24時間 9ドル
  2. 5日間 40ドル

の2プランあるようです。

Amazonには5日間のデータ通信プラン用のプリペイドカード?が40ドル(Amazon価格4580円)で売られています。

クレジットカードが使えない人はこれ買えば利用できそうですね。

SIMフリーモバイルWi-Fiルーターのように格安SIMやキャリアのSIMを挿し込んで使う形式ではなく、バーチャルSIMっていう世界中で使える不思議SIMが挿入されています。

で、本体裏側にあるQRコードを読み取った先ある管理ページで使いたい日数分支払うと使える流れ。

初期費用や事務手数料はなく、縛り期間もないため解約違約金も発生しません。

機種を買ったら使いたいときに1日か5日間分の通信料を支払うだけです。

 

口コミ・評判は?

日本人のレビューがほぼない(ASCII社員か関係者のレビューとAmazonのみ)ので海外のレビューをピックアップ。

外国メインで売られているWi-Fiルーターなので、英語レビューをグーグル翻訳に打ち込んだものを載せておきます。

国際旅行のための素晴らしい

私は最近日本に旅行するためにこれを買った。 それは妥当な価格で完璧なサービスを提供しました。 利点は、すべての国のための1つのデバイスであり、地元のシムで回り込むことはありません。 それをオンにするだけで、デバイスの上部にあるボタンを押すと、ローカルのモバイルネットワークに接続され、データが流れ始めます。 新しい無制限の企業計画も素晴らしい考えです。 この製品はちょうど良くなります。 それ以来、私は香港、アイスランド、オーストラリア、ニュージーランドでこのデバイスを使用しましたが、何の問題もありませんでした。

無制限のLTEでは$ 8 /日が妥当であると思われますか? あなたがローカルで支払う金額の2〜3倍ですが、必要な時にのみ支払うことができます。

残念ながら、Skyroamは無制限のLTEで8ドル/日を提供していません。 一日に500MBしか使用しなかった場合、1995年のダイアルアップモデムよりはるかに優れた2Gの速度にまで抑えられます。毎秒5キロバイトだと考えてください。今日のウェブではウェブページを見ることができます 2〜3MBごとにあなたが米国に住んでいてロックされた電話を持っているなら、Blu R1 HDのようなAmazonのlockscreen広告を使って安価な50ドルのロック解除された電話をAmazonから購入し、あなたの目的地の空港でSIMカードを入手してください。 それから、WiFiホットスポットを移動またはオンにして、通常の電話をそこにつなぎながら、その電話を使用します。

「無制限のデータ」= 500MBで、メールを送信するのにほとんどかかりません。

私はSkyroamを購入しました。これは、「無制限のデータを24時間」と約束したためです。最近、エジプトで2週間を過ごしました。 Skyroamに接続するのに問題はありませんでしたが、数時間使用すると応答が著しく低下することがわかりました。 Skyroamの “無制限データ”の定義は500MBの使用であると判明し、データは電子メールを送信するのに十分に抑制されます。 データを節約するために、デバイスを一日中オンとオフにしてしまったので、毎日の必要性のためにまともなWiFiを持つことができました。 私はSkyroamにflimflamされているように感じる。 あなたがこの製品を購入した場合、その限界を認識し、Skyroamのビジネス/マーケティング倫理は疑わしいです。

 

どうやらずっと快適な速度では使えないっぽいですね。

1日500MBまでは快適な速度で、超えると速度制限されるようです。

Amazon商品ページには「データ容量上限/日:なし」と書いてありますが、たしかに上限はないよねって感じ。

出張やよく海外旅行行く人は持っててもメリットあるとは思いますが、実質500MBが9ドル/日が安いとは思えません。

こういう海外利用可能なモバイルWi-Fiルーターは国によって料金変わるので、他の機種で9ドル以上する地域で使うときはコレのほうがお得感あり。

 

使える国一覧

【アメリカ】

Argentina
Aruba
Barbados
Bermuda
Bolivia
Brazil
Canada
Cayman Islands
Colombia
Costa Rica
Curacao
El Salvador
Guadeloupe
Guatemala
Haiti
Honduras
Jamaica
Martinique
Mexico
Montserrat
Nicaragua
Panama
Peru
Puerto Rico
Saipan
Trinidad & Tobago
Turks & Caicos Island
United States
Uruguay
Venezuela
Antigua & Barbuda
Anguilla
Bonaire
St. Lucia
St. Vincent
St. Marteen
Dominica
Guyana
British Virgin Islands
Suriname
St. Kitts & Nevis
St. Vincent & the Grenadines

【ヨーロッパ】

Albania
Austria
Belarus
Belgium
Bulgaria
Croatia
Cyprus
Czech Republic
Denmark
Estonia
Finland
France
Germany
Greece
Hungary
Iceland
Ireland
Italy
Latvia
Liechtenstein
Lithuania
Luxembourg
Malta
Monaco
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Romania
Russia
San Marino
Slovakia
Slovenia
Spain
Sweden
Switzerland
Ukraine
United Kingdom
Vatican

【南太平洋】

Australia
Christmas Island
Fiji
Guam
New Zealand

【アフリカ】

Egypt
Kenya
South Africa
Morocco

【アジア】

Cambodia
China
India
Indonesia
Japan
Kazakhstan
Laos
Macao
Malaysia
Philippines
South Korea
Singapore
Sri Lanka
Taiwan
Tajikistan
Thailand
Uzbekistan
Vietnam
Kyrgyzstan
Hong Kong

【中東】

Israel
Turkey
Qatar
Saudi Arabia
Oman
Bahrain
Jordan
Iraq
Kuwait

 

まとめ

海外メーカーのデザインが特徴的なモバイルWi-Fiルーター「Skyroam Solis」を紹介しました。

モバイルWi-Fiルーターとしてはちょっと大きめでかさばるサイズ感ですが、大容量バッテリーを搭載し、モバイルバッテリーとしても活躍してくれる優れもの。

あとは技適があれば・・・ってところですね。

惜しい商品です。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)←New!
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由