Speed USB STICK U01 の評判や中古価格、扱うWiMAXプロバイダは?

発売されたのは2015年とけっこう古いモデルですが、最近知ったWiMAXルーター「Speed USB STICK U01」がなんかええやん、ってことでいろいろ調べてみました。

ええやんと感じたのは見た目。黒一色でスラッとしたスタイルがかっこいい!

スペックは少し古めのモデルなのでそれなりですが、「WX02」「W02」時代の過去モデルを使ってるなら似たようなもの。問題ないでしょう。というか、最新機種でも最大速度なんてどうせ出ないのでこれで十分です。受信が最大220MbpsのWiMAX2プラスと75Mbpsのau4GLTEに対応しています。

そこで「Speed USB STICK U01」がどんな機種なのか?利用者の評判や特徴、スペックについて調べました。契約可能&安く契約できるプロバイダ情報もまとめています。

USB接続タイプのWiMAXルーター「Speed USB STICK U01」ってどうなの?

Speed USB STICK U01の評判

ポジティブな評判

  • なし

ネガティブな評判

  • 品質悪いけっこうな頻度で切れる
  • 長時間ネットする場合は、熱対策しないとだめ

評判 まとめ

もともと法人向け機種で扱っているプロバイダも少ないため、ユーザー数が少なすぎることもあって口コミ・評判はほとんどなし。他のWiMAX機種に比べて本体が小さいってことは受信アンテナもコンパクトになってると思いますし、その分通信環境が安定しなくなることはあるでしょうね。

WiMAX電波が充実している街中をメインの活動エリアにしている人ならこれでも十分使えると思います。ですが地方でも閑散としたエリアで使う人には厳しいかもしれません。

 

U01 の特徴

auが法人向けに提供している端末ですが、プロバイダによって個人でも契約可能。

キャリアアグリゲーション対応で下り最大220Mbps。USBで直接繋げるタイプなので電源いらずのWiMAXルーターです。

下で紹介するWiMAXプロバイダで契約すると、バッテリー機能付きの機器がついてくるため普通にWi-Fiルーターとして利用可能。最大8台まで接続できます。

同じUSB接続タイプのWiMAXルーターに「URoad-Stick」がありますが、こちらのほうがデザインがめっちゃいい感じ。

※単に製品画像を並べただけなので、サイズはこのとおりではありません

USBタイプならノートパソコンの相棒としてベスト。バッテリー持ちを気にする必要もありません。

 

U01 のスペック

メーカーファーウェイ
本体カラーブラックのみ
サイズ幅32×高94×厚13.5mm
重さ約38g
対応回線WiMAX2+/au 4G LTE
Wi-Fi規格IEEE802.16e-2005
最大通信速度WiMAX2+ 下り220Mbps/上り10Mbps
au 4G LTE 下り75Mbps/上り25Mbps
au ICカードau Micro IC Card (4G LTE)
最大接続可能数1台(Triprouter利用時8台)
接続端子USB
対応OSMac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10
Windows Vista/7/8/8.1/10

さすがに現在の最大速度440Mbpsには対応していませんが、220Mbpsに対応していれば問題ないでしょう。お金かかりますがau 4G LTE回線にも対応しているので、会社経費で使う分には好き勝手使えそうですね。

 

U01 の端末価格と月額料金

まずSpeed USB STICK U01単品での販売はされていません。基本的にWiMAXプロバイダで回線とセット契約することになります。

本来はauで扱ってる法人向けWiMAX端末なので個人では契約できないのですが、auがプロデュースしてるプロバイダ「3WiMAX」を始めいくつかのWiMAXプロバイダでなら個人契約も可能です。

機種本体価格はキャンペーンで0円&接続台数を増やせる「Triprouter」なる機器もついてきますし、プロバイダによってはキャッシュバックもあり。

 

Speed USB STICK U01を探してみた

プロバイダで契約すれば手に入るものの、初期費用や解約違約金を考えると高すぎる(汗)。そこで端末だけどうにかゲットできないか?ってことで他のお店で検索してみました。

アマゾンをチェックするもなし。
楽天市場、ヤフーショッピングもなし。
ヤフオク、メルカリも検索時はなし。
イオシスやムスビーなど中古WiMAXルーターを扱ってる店もなし。

完膚なきまでに売ってない!こんだけ無いとレアもの感ありますね。余計欲しくなってきたわ。

そして法人向けってのがなんかあれですね、業務用みたいな響きがあって琴線に触れるというかちょっと優越感に浸れそうなのがいい感じ。そんなしょーもない欲望を満たすためにも、なんとかゲットしてやろうと思います。

 

Speed USB STICK U01を契約できるWiMAXプロバイダ比較

Speed USB STICK U01を扱うプロバイダは次の2社。

  • 3WiMAX
  • カシモWiMAX

楽天ラクーポンWiMAXでもあったみたいですが、いまはEクーポン(CP WiMAX)に名称変更してますしこの機種を見つけられませんでした。

なお「Speed USB STICK U01」単品ではなく、モバイルルーターとして使えるようになる専用機器「Triprouter」とのセット契約です。USBだけでもOK、モバイルルーターとしてもOK、さらにモバイルバッテリー機能もついて端末代は0円なのは大きな魅力です。

Triprouterの特徴&どんなシチュエーションで便利?

自宅でインターネットをするときは今まで固定回線を契約する必要がありました。固定回線は工事が必要でプロバイダ選びも必要です。現在はWiMAX2プラスが登場したため高速モバイル回線を使えるようになっています。TriprouterはバッテリーとWi-Fiルーターを装備するもので最大8台まで機器接続が出来るすぐれものです。

Triprouterはスマートフォンやタブレットのバッテリーが切れかけた時に充電器としても使えます。Speed USB STICK U01だけでも使えますがTriprouter本体からパソコンに接続してもつかえます。回線工事費用を節約したい、すぐにインターネットを楽しみたい時に活用できる商品となっています。またノートパソコンに接続して使うことができるため外出先でインターネットをしたいときにも活用できる一品です。Speed USB STICK U01はUSBに接続して使う機器ですが邪魔にならないように本体が回転する機能となっています。

基本的にTriprouterはWiMAX2プラスを提供している会社が販売している商品です。MVNOなので安価な金額で利用できるのがメリットと言えます。7ギガ制限のあるプランでも月々3000円台で利用可能、速度制限のないギガ放題プランあら4000円程度なので一般的なネットプロバイダよりも安価です。

1台あればモバイルルーターからデータ端末やモバイルバッテリーと3つの役割を持つ商品なので便利と言えるでしょう。高速データ通信をしたい時にTriprouterのバッテリーが切れてしまってもパソコンにデータ端末を接続することでネットを楽しめる仕様が魅力です。搭載しているバッテリーは2500Ahカタログスペックでは連続通信時間は6時間で連続待受時間は15時間となっています。

総合的に見てみると費用を抑えて自宅と外出先でインターネットをしたい人に適していると言えるでしょう。

 

では「Speed USB STICK U01&Triprouter」セットを契約するならどっちがいいのか?について料金を比較しながら解説していきます。

2社の料金を比較

 2年総合計キャッシュバック月額料金
(初期2年)
3WiMAX
ギガ放題
無制限
74650280004330
3WiMAX
ライトプラン
月7GB
60680280003695
カシモWiMAX
ギガ放題
無制限
7712003380
カシモWiMAX
ライトプラン
月7GB
6172002680

3WiMAX

キャッシュバックで安くしているプロバイダ。受取りまで1年ほど待ち期間があるためすぐには使えません。その分カシモWiMAXよりトータル費用は安く使えます。

カシモWiMAX

月額料金を安くしているプロバイダ。当然キャッシュバック受取手続きもなくずっと低料金で使えるのが魅力。

関連記事
カシモWiMAXってどんなプロバイダ?

 

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由