Speed Wi-Fi HOME L01sとL01比較!違いと進化ポイントは?

2017年12月15日にauから発売された最新WiMAXホームルーター

「Speed Wi-Fi HOME L01s」
(HWS32)

読み方は「スピードワイファイホーム ゼロイチエス」。

見た目はこんな感じです↓

2018年1月19日(金)からau以外のWiMAXプロバイダでも取り扱いが始まっています。

 

2017年2月17日にファーウェイから発売された「Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)」が大ヒットしてから約1年、ニューモデルがついに登場!

ただパッと見同じ見た目で機種名に「s(エス)」がついただけっぽい感じが・・・。マイナーチェンジ的な感じかな?

WiMAXについて毎日情報チェックしてますが、L01sはいつの間にか発売されていてビックリしました(汗)。

auやKDDI公式サイトのお知らせページにもなし。ほかのサイトでもまだ詳しく取り挙げられていなかったため、ここでしっかり調べてみました。

ついでに旧機種「Speed Wi-Fi HOME L01」とも比較。何がどう進化したのか?スペックや速度などを解説していきます。

「Speed Wi-Fi HOME L01s」ってどうなの?

L01sの発売日

au版・・・2017年12月15日(金)

UQ版・・・2018年1月12日(金)

のようです。

UQ版発売日はメルカリにUQ版をゲットし出品していた出品者さん曰く12日とのこと。

ですがUQ版はほとんどのプロバイダで1月19日(金)から発売されています。

 

L01sのデザイン

ザ・シンプル!

和洋どちらのインテリアも問わず、どこに設置しても違和感なく溶け込んでくれるでしょう。

 

L01sの特徴

  • 下り最大速度は440Mbps!
  • 工事不要で持ち帰ってコンセントに繋げばすぐインターネット環境ゲット!
  • どんなインテリアにも馴染むシンプルなデザイン!
  • モバイルタイプより高出力なWi-Fi環境!
  • 機種上部にあるNFCタッチ機能でパスワード入力なしのかんたん接続!

とauやその他WiMAXプロバイダのL01s紹介ページには書かれています。

速度はモバイルルーター型「W04/W05」が最大708Mbpsなので見劣りするものの、デザイン、自宅で使うときの快適さはL01sの方が上でしょう。

なんですが!

ここまでは旧機種「Speed Wi-Fi HOME L01」とまったく同じだったりします。

少なくともauの商品ページにはL01sだけの特徴、アピールポイントはまったくありません。

違いがさっぱりわからない・・・。

というわけで、L01sの取扱説明書などもチェックしつつ詳しく比較し違いを探してみました。

 

Speed Wi-Fi HOME L01sと旧機種L01を徹底比較!

デザイン比較
(左L01s/右L01)

前面デザイン

もう完全に一緒。違いを探すのはムリ!っていうか無いと思います。

背面デザイン

後ろ側は違いあり。端子差込口が集まってる部分の色が違います。

公式サイトのスペック表にはL01sはグレー、L01はホワイトとあるんですが、グレーってココだけ?

ちなみに現物みるとグレー部分はもう少し薄めでした。その他部分はホワイトで一緒。

ほか土台部分の文字も画像ではちょっと濃い感じ?に見えるんですが、これも一緒でした。

外見上の違いはグレー部分だけですね。
※ほかL01sの箱側面もグレーになっていました。

リセットボタンの穴×1、USB端子×1、LANケーブル端子×2、アダプタ用端子×1は完全に一緒。

デザイン的には旧機種「L01」の方がホワイト一色で統一感あっていいかも。

L01sのはグレー部分がちょっと違和感。まぁ慣れでしょう。

 

スペック比較

比較表はかなり細かくなっています。

見るのがシンドイ人は表のすぐ下で違いだけをピックアップしているので飛ばして下さい。

 L01sL01
サイズ幅 93mm
高 180mm
奥行 93mm
幅 93mm
高 180mm
奥行 93mm
重さ約450g約493g
電源
最大消費電力
au ICカードau Nano
IC Card 04 LE
au Micro
IC Card(LTE)
800MHz/2GHz〇/〇〇/〇
キャリア
アグリゲーション
4G LTE
最大速度
受信370Mbps
送信37.5Mbps
受信370Mbps
送信37.5Mbps
WiMAX2+
最大速度
受信440Mbps
送信30Mbps
受信440Mbps
送信30Mbps
au
世界サービス
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
インターフェイス10Base-T
100Base-TX
1000Base-T(2ポート)
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T(2ポート)
同時接続台数40台
IEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11
a/n/ac(5GHz)
それぞれ20台まで
40台
IEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11
a/n/ac(5GHz)
それぞれ20台まで
対応OS
Windows
7/8.1/107/8.1/10
対応OS
Mac OS X
v10.6/v10.7/v10.8/
v10.9/v10.10/v10.11/
v10.12/v10.13
v10.5/v10.6/v10.7/
v10.8/v10.9/v10.10/
v10.11/v10.12
かんたん接続WPS/NFC/QRコードWPS/NFC/QRコード
同梱品ACアダプタ
Ethernetケーブル
(試供品)
ACアダプタ
Ethernetケーブル
(試供品)
違う部分
  • 重さ
  • SIMカードサイズ
  • 対応OSのバージョン

くらいですね。

OSバージョンはL01もソフトウェアバージョンアップで同じになってそうですし、完全に違うのは重さとSIMカードサイズだけと言えそうです。

重さが約43g軽量化されてますね。SIMカードサイズが小さくなった分でしょう、きっと。

詳しくはわかりませんがこれだけ同じ見た目でコストかけてない感ありありなのでそこくらいしかないはず。

 

ほかに違う部分をL01s取扱説明書でチェックしてみると、本体底面にシールが新しく貼られているようです。

小さくてわかりずらいんですが、⑬の部分ですね。

シールの名称は「WARRANTY SEAL」。剥がすと無償修理保証の対象外になってしまいます。

L01みたいに最初からないほうがいいかな?

でも底面だから簡単に剥がれることはないですし問題ないでしょう。

 

L01sのSIMロック解除は可能?格安SIMや他社のSIMは使える?

auからの発売バージョンはSIMロックされててそのままじゃ使えないんでしょう、きっと。

で、早速auへ問い合わせてみたらこんな返答が。

恐れ入りますが、Speed Wi-Fi HOME L01sはSIMロック解除の対象外のため、SIMロック解除を行うことはできません。また、他社SIMカードを利用しての動作については、弊社で確認を行っておりませんので、動作についてご案内できる情報はございません。

「SIMロック解除対象外で解除は不可」ってことはSIMロックかかってるんでしょうね。

最初からSIMフリーなので解除できない(する必要もない)って意味にはとれない感じ。

ってことは他社プロバイダのSIMカードが使えない可能性大。

WX04はVoLTE対応の格安SIMなら動作したっていう報告も多いので「SIMロック解除なしで使えるかも?」と期待したんですが、そのへんは試してみないことにはわかりません。

ちなみに2017年12月1日からau契約者しかSIMロック解除できないってルールに変更されたらしいですね。

まぁL01sは最初からSIMロック解除できないってことですが・・・。

au版L01sの中古白ロムがメルカリに出品されていたので買おうかと思ったのですが、これはL01s本体だけ買っても動かなさそうな予感が(汗)

いまWiMAX契約してる人が機種だけ買ってSIMカードを使いまわしたいのであればL01にしましょう。

※UQ版L01sを購入しました。WX04のnanoSIMで動作したためこちらは使いまわせるようです。

※au版L01sはグーグル検索結果にこんなものがヒット↓

このリンクをクリックしてもなぜかページを開けなかったんですが、レビュアーさんによるとBIGLOBEの格安SIMで動いたっぽいですね。

他の有志による確認情報がでたらまた追記したいと思います。

 

ちなみにL01sを契約してついてきたnanoSIMカードをL01やW04、WX03など旧モデルに挿入しても動かないようです。

あくまで同じサイズのSIMカードを採用しているモデル(WX04やW05)だけ。

この点は気をつけて下さい。

 

L01sの契約方法は?

auで契約する人はオンラインショップでは買えないようです。auショップ店頭での契約となります。

これはL01も一緒です。

ただWiMAXプロバイダ各社ではネットで申込可能。

auより安いのでL01sを契約するならこちらがお得です。

選べる料金プランは?

  • 2年プラン
  • 3年プラン(LTEオプション無料)
    ※それぞれプロバイダにより選べないこともあり

2つともデータ無制限の「ギガ放題」、月間7GBまでの「ライトプラン」から選べます。

WiMAXのメリットは無制限プランにこそありますし、料金もライトプランと大きく違いません。

さらに家で使うことになるL01sは月間7GBでは全然足りないはず。

そこでギガ放題プランを最安で契約可能なプロバイダを比較し3年プランの総合計料金でランキングを作成しました。

回線環境や速度はどのプロバイダも一緒なので、とにかく安いところで契約するのがお得です。

L01sを購入予定の人はぜひ参考にして下さい。

ちなみにUQWiMAX(UQスポット)、auショップ、家電量販店系プロバイダは料金がかなり高くなるので除外してあります。

WiMAXプロバイダのL01s料金比較

  • 初期費用3000円
  • 端末発送月(0ヶ月目)の月額
  • ユニバーサルサービス料(2~3円/月)
  • 各プロバイダのオプション料
  • 税金

は含まれていません。

順位
2018/4更新
プロバイダ3年プラン
料金総額
(平均月額)
2年プラン
料金総額
(平均月額)
特典基本月額
(3年目~)
1位GMO
とくとくBB
115960
(3221)
68904
(2871)
キャッシュバック
2年プラン 32100円
3年プラン 36200円
4263
(4263)
2位So-net116860
(3246)
なしキャッシュバック
30000
3180
(4379)
3位Broad
WiMAX
128626
(3572)
なし月額を
ずっと割引
3411
(4011)
4位UQ
WiMAX
149112
(4142)
96552
(4023)
商品券
10000円
4380
(4380)

 

1位 GMOとくとくBB WiMAX2+
キャッシュバックに強いプロバイダ

業界最高額のキャッシュバック2年プランも選べるのが魅力のプロバイダ。

ここはキャッシュバックに強いプロバイダさんなんですが、機種別に金額が違いL01sは若干低め。

それでもL01sを契約するなら最安です。

ただ宣伝にも積極的でかなりユーザー獲得件数が多く(おそらくトップでしょう)、L01sのように新機種が発売されると申し込みが集中します。

それにより発送が遅れることも考えられます。

新生活シーズンは特に混み合うので早く欲しい方はお早めに。

※2018年4月のキャッシュバック額は3月より更にアップし36200円になりました!

対応エリアチェック・申し込みはこちら
GMOとくとくBB キャッシュバック専用ページ

専用ページからの申し込みでないと表の金額はもらえないので気をつけましょう!

 

2位 So-netモバイルWiMAX2+
月額割引に強いプロバイダ

So-netは上位2社から一足遅れて1/19からL01sをラインナップに追加。

ここも3年プランのみとなっています。

後出しなんですが料金面でこれといってメリット無し。

3年間の合計料金はGMOとくとくBBに迫るものがありますが、キャッシュバック額は結構開いているので1位を推します。

ちなみに1位も一緒ですが、現金キャッシュバックが振り込まれるのは約1年後ってことだけは注意しましょう!

 

3位 BroadWiMAX
月額割引でずっと安い!

3年プラン専用で、1位とは料金面で差があります。

となるとここを選ぶ理由はなさそうですが、1つだけ気をつけたいのはキャッシュバック特典のデメリット。

  • 現金の受取時期は1年以上先
  • 約1年後に送られてくる案内メールどおり手続きしないと権利喪失
  • 実際に支払う月額料金は基本料金なので高い

ランキング表の平均月額はあくまでキャッシュバック込みのもの。

BroadWiMAXは契約月からずっと支払金額が安い、キャッシュバック権利喪失のリスクがない、面倒な手続きがいらないといったメリットがあります。

また3年目からの月額は業界最安料金に。

一度契約したら解約できる月まで面倒ごとがなく使えるほうが良い人はここが最適です。

対応エリアチェック・申し込みは公式サイトで
BroadWiMAX公式サイト

 

4位 UQWiMAX

2年プランが選べる数少ないプロバイダの1つ。

とはいえ基本料金が業界でトップクラスに高いため、L01sを契約するなら上位から選ぶのがおすすめです。

 

 

L01sの取扱説明書・マニュアル

製造メーカーファーウェイ社の公式ページにて各種PDFファイルがダウンロードできます。

ダウンロード元ページ
http://consumer.huawei.com/jp/support/home-internet/speed-Wi-Fi-HOME-L01s/

  • FAQ
  • 取扱説明書
  • ご利用にあたっての注意事項
  • 初めてガイド

の4種類あり。

FAQでは最初のQで表記が旧機種L01の型番「HWD31」になってますね(汗)。ファーウェイ側も混乱してたり?

 

L01sの中古・白ロム価格は?

発売当初はメルカリなど個人取引の市場にはぼちぼち出てきていたものの、楽天市場など大手サイトでは「L01s」で検索してもヒットしませんでした。

これからauでWiMAXホームルーターを契約する人はL01sを契約すると思いますし、調査会社のセールスデータでは上位ランクインしていたので売れてるのは間違いなし。

しばらくすれば中古市場にたくさん出てくるでしょう。安くなったら購入していろいろ調べてみたいと思います。

ちなみにメルカリで始めて出品されたL01sの価格は8888円でした。安すぎる・・・。

※追記

その後ぞくぞく増えていってますね。

数が多すぎるのか、4000円くらいで買えるようになってきました。

過去のWiMAXシリーズをみてもUQ版とau版ならUQ版の方が価格が高い傾向があります。

ので、中古L01sを狙っているならUQ版を推します。

ちなみにL01sの新品価格はSo-netモバイルWiMAX2+では20000円となっていました。

 

で、結局旧機種L01から何が進化したの?

ここまでL01sとの違いをいろいろピックアップしてきましたが、何かしら性能がアップした、新機能が搭載された、といった進化はなし。

単にSIMカードサイズがmicroSIMからnanoSIMサイズに変更されただけのようです。

ひょっとして「Speed Wi-Fi HOME L01s」の「s」はスモール(small)の「s」だったりして?

でも意外と合ってるんじゃないの?と思います。

ただ今後はL01sで採用されているnanoSIMサイズがメインになっていくので、将来性を考えるならL01よりL01sを選んでおいたほうがいいです。

 

まとめ

auからいつの間には発売されていたWiMAXホームルーターの新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」を紹介しました。

あまりにひっそり登場していたので知らない人も結構いるんじゃないかと。

2017年に発売されて圧倒的人気を獲得した「Speed Wi-Fi HOME L01」の後継モデルなので売れるのは間違いなし。というかすでに売れてます。

ただこれといってスペックや機能が進化したわけではありませんでした。

もちろん今後のソフトウェアバージョンアップで差が出ないとも限りませんが、普通の格安SIMで使えなくなるなど地味な制限はあり。

VoLTE対応のものでないと使えないよう制限がかかっているようです。

 

とはいえ自宅で使うWiMAXルーターとしては最有力候補。

光回線などのように工事も必要ないのも魅力。

新生活シーズンのお供におすすめな一台です。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由