Speed Wi-Fi HOME L01とnovas Home+CA比較 速度やスペックなどの違いは?

au春モデルとして登場した注目のWA2+ルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」。

WiMAX端末で一番人気の「W」シリーズを発売するファーウェイ初となる据え置き型のホームルーターです。

今までWiMAXのホームルーターといったらシンセイコーポレーション製「URoad-Home」「URoad-Home2+」「novas Home+CA」くらいしかありませんでしたが、ここに新しく仲間が加わります。独壇場だったシンセイコーポレーションさんからすれば「やめてくれ!」って感じでしょうね(汗)。ファーウェイさん今絶好調ですし。

 

そこで、期待の新機種「Speed Wi-Fi HOME L01」と「novas Home+CA」の速度やスペック、デザインなどを比較。2機種の違いについてまとめてみました。

どうなるシンセイコーポレーション?!

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas Home+CAの見た目を比較してみた

サイズ感はできるだけ近づけて見ましたがこのとおりではありませんのであしからず。あくまで見た目の比較ということで。この画像だと似たような幅ですけど「novas Home+CA」が4cmほどデカイです。

正面からのデザイン

ファーウェイの「Speed Wi-Fi HOME L01」が円柱デザインの空気清浄機みたいな見た目してて小洒落た部屋でもマッチしそうですね。

対して「novas Home+CA」はいかにもルーター然としたデザイン。こういう「ネット回線用の端末です!」感を主張してくる見た目が好きな人もいるかもしれませんけど、「Speed Wi-Fi HOME L01」の方が確実に売れるデザインと言えそうです。

続いて裏面も。

後ろ側のデザイン

「Speed Wi-Fi HOME L01」は裏表で統一感のあるデザイン端子が裏側なので正面からみたら完全に隠れるのはポイント高い。

対して「novas Home+CA」は黒一色。個人的に黒好きなのでこれはこれでオッケーですが、端子接続部が横に付いてるのでコードは丸見えとなります。全体的な見た目はインテリアを阻害してしまうでしょう。

まぁ散らかってる部屋ならどっちでもいいんですけどね。というか逆におしゃれ過ぎると浮くかもしれない(汗)

 

デザインはこれくらいにして、肝心なのはスペックです。比較結果は次のとおり。

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas Home+CAのスペック・仕様を比較

 Speed Wi-Fi HOME L01novas Home+CA
メーカーファーウェイシンセイコーポレーション
本体カラーホワイトホワイト
サイズ幅 93mm
高さ 180mm
奥行 93mm
幅 130mm
高さ 162mm
奥行 69mm
重さ約493g約317g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
電源AC100V-240VACアダプタ
最大消費電力24W11W
au ICカードau Micro IC CardMicroSIMスロット×1
最大通信速度
(下り/上り)
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
WiMAX2+(CA)
440Mbps/30Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
WiMAX2+220Mbps/10Mbps
au世界サービス××
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11/a/b/g/n/ac
インターフェイス10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
最大接続台数40台
2.4GHz×20台
5GHz×20台
18台
有線LAN×2
無線LAN×16
対応OSWindows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS Xv10.5/v10.6/v10.7/v10.8/
v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
Windows 7/8/8.1/10
MAC 10.7以降
かんたん接続WPS/NFC/QRコードWPS その他不明

「Speed Wi-Fi HOME L01」のWi-Fi電波2.4GHzと5GHz帯の同時利用については触れられてなかったと思いますが、最大接続台数が2つ合わせた数なので同時利用可能ですね。

背面デザイン見ると有線LAN差し込み口が2つついてますけど、公表されてるスペックを見る限りこれは加味されてないみたいです。どういう扱いになるのはわからず。最大42台とか?

速度は圧倒的な差ですね。ファーウェイ製のWiMAXルーターだけに搭載されているau 4G LTE回線対応機能は魅力的。また2016/12発売の「WX03」から対応した下り最大440Mbpsと現行モバイルWi-Fiルーター最高速度にもきっちり対応しています。

とりあえず大きな違いは速度、使える回線、接続台数といったところ。すべての面で「L01」が上回っています。

 

どっちがいい?

というわけで、ファーウェイから発売される期待のWiMAX2+ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」と「novas Home+CA」を比較してみました。

結果、いろいろな面で「L01」が上回ってます。これからWiMAXホームルーターを買うなら「L01」一択です。

端末価格はほとんどのWiMAXプロバイダで0円か1円。

そしてどのプロバイダで契約しても回線速度に違いはありません。

契約するときはキャンペーンで選ぶことになるでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由