【スマモバ】ドコモLTE回線使い放題プランでモバイルルーターが使えるMVNO情報まとめ

スマモバことスマートモバイルフォン(SMART MOBILE PHONE)。

フォンと名前に入ってるとおり、スマホと格安SIMサービスがメインの業者(MVNOともいう)です。

ただ、モバイルルーターとのセットも扱っていて、他社にはないLTE回線使い放題プランが有ることで人気のMVNOです。

 

そこで、スマモバの何がいいのか?モバイルルーターセットや料金プランなどについてとことんまとめてみました。

スマモバってどうなの?

スマモバの特徴

最近格安スマホを扱うMVNOでも扱うところが多くなってきたiPhoneが選べる業者です。

といってもまだ少ないので、それだけ新しいサービスに積極的とも言えますね。

ここは業界でも珍しい(というか他を知りません)docomoLTE回線の使い放題プランがあるのが最大の特徴。

ソフトバンク回線を使ったサービスで使い放題プランならいくらでもあるんですけどね。

最近はdocomo、au、SoftBankの3大キャリアでつながりやすさに大きな差はなくなってきましたが、それでもdocomoが一番であることに違いないでしょう。

となるとdocomo回線のモバイルルーターでデータ無制限ってかなりの魅力。

もしdocomoスマホ使ってて日常生活で不自由したことがないなら、スマモバが一番安心して使えるモバイルルーターサービスですね。
(同じ時間帯に繋げているスマモバの利用者数しだいではありますが)

 

選べるモバイルルーターの種類

富士ソフト「+F FS030W」

モバイルルーターでは比較的珍しい正方形タイプのデザイン。

オールブラックの本体カラーで、充電用の台座(クレードル)も黒で統一感あるのもいい感じ。

WiMAXだとクレードルは白しかありませんからね。

バッテリーも3060mAhと大容量で、WiFi利用時最大20時間もインターネットに繋ぎ続けられます。

ここまで長いのは他に見かけません。

docomoとSoftBank回線の格安SIMなら快適に使えるでしょう。

スペック

モバイルルーターではかなりハイスペックの機種で、定価も2万円くらいと高額。

発売から1年以上経ってますが、Amazon価格は中古でも1万円以上とまだまだ値が下がりません。

それだけ需要もあるってことでしょう。

SIMフリーモバイルルーターではトップクラスのおすすめの機種です。

対応バンドもdocomoとSoftBankのメインとなる周波数帯に全部対応しているので文句なし。

スマモバ最大の特徴であるdocomo回線の使い放題が思う存分堪能できるでしょう。

ちなみに中古でこれかってスマモバ以外の格安SIMを使うなら、au回線のものは絶対にやめてくださいね。

まともに使えないと思います。

 

フリーテル「ARIA2」

FS030Wの真逆でARIA2はホワイト一色。

Amazonなどではブラックカラーもありますが、スマモバではホワイトだけのようです。

こちらはFS030Wより低価格モデルで、スペックも下ですが、連続通信時間も17時間と十分。

特に不自由しない機種と言えるでしょう。

スペック

FS030Wに比べるとどうしても劣って見えてしまいます。

対応するLTEバンドも主要周波数帯を全部カバーしていません。

セット端末購入時の金額がFS030Wと同じなので、ARIA2を選ぶメリットはないですね。

見た目でこっちが気に入ったのであれば止めませんが・・・。

スマモバでこれをセット契約するメリットは感じられないものの、中古を安くゲットしてSIM契約だけするならアリかな?って感じです。

まぁでもFS030Wをおすすめします。

 

タブレットセットも用意されています

動画視聴や調べ物にピッタリのタブレット端末セットプランも用意されています。

選べるタブレットは次の2種から。

  • MediaPad T1 7.0
  • Media Pad7 Youth2

【MediaPad T1 7.0】

メーカーはスマホでも人気の中国メーカー「ファーウェイ」。

7インチディスプレイでスマホよりは大画面で動画を楽しめます。

カメラは200万画素と付いてるだけマシってレベルですが、インターネットで探しものしたり動画視聴するだけなら全然問題ありません。

【Media Pad7 Youth2】

上のモデルと同じファーウェイ製で、ディスプレイサイズも7インチと同じ。

スペックはこちらのほうが低いので、見た目でこちらが気に入ったのでなければ「MediaPad T1 7.0」を選びましょう。

とはいえ、どちらを選ぶにしても大きな差はありません。

タブレットセットはあり?なし?

2機種とも月額料金+500円×36回払いなので、端末代だけなら18000円ってことですね。

で、Amazon価格チェックしてみると、

MediaPad T1 7.0 は新品が2万円以上するものの、中古は1万円切ってます。

Media Pad7 Youth2 も中古は1万円以下。

18000円も出せば10インチサイズのもっと大画面なタブレットが買えます。

スマモバでセット購入するよりタブレットだけ別購入をおすすめします。

モバイルルーターセットもそうでしたが、機種本体だけは自分で買った方がいいですね。

 

データ通信SIMだけ契約+自分で用意した機種がベスト!

LTE使い放題プランのデータ通信SIM単体で契約して、自分の好きなSIMフリーモバイルルーターを買って使うのをおすすめします。

もちろんdocomo回線に対応している機種からとなりますが、たいてい対応しています。

Amazonなどで好みのSIMフリーモバイルルーターを選べば、スマモバのセット端末を契約するより安くできます。

一番売れてるファーウェイ製「E5577」なら新品でも1万円以下ですし、スマモバのセット端末も中古ならもっと安く買えるので、むしろこの方法をおすすめしたいですね。

デメリットは初期設定などの手間がかかるくらい。

そういうのが苦手ならスマモバでセット契約を、それくらいならできるって人は別契約がいいです。

関連記事
ファーウェイE5577の評判まとめ

 

対応エリアは?

docomoLTE&FOMA回線を使うので、docomoスマホと同じエリアで繋がります。

全国津々浦々いろんなところで使えるでしょう。

回線周波数の特性的に、障害物に強くコンクリートで囲まれた建物の内部でも繋がりやすいです。

これについてはこのブログで推してるWiMAX回線の弱点でもあるので羨ましい限り。

 

速度制限はある?

スマモバ最大のアピールポイントでもあるdocoom回線の「LTE使い放題」プラン。

公式サイトには「24時間365日使い放題!!」なんて魅力的なフレーズが書かれています。

こういうのってたいていちっちゃい字で「※○○の場合は除きます」みたいに書かれているもの。

スマモバにもしっかり記載されていたので、確認していきます。

制限されるパターン
  1. 一定の期間で一定量以上の通信利用した場合、帯域制限を実施することがある
  2. データ通信量が他のユーザーに比べてめっちゃ多い場合、速度が一時的に遅くすることがある
  3. 前日・前々日・3日前合計通信量が3GB以上になった場合、制限対象
    (200kbpsに制限し、3GB以下になったらその日の0時頃解除される)

同じモバイルルーターサービスのWiMAXやワイモバイルには3日10GBっていう制限があるんですが、スマモバのはちょいキツめ。

3日3GBだとあまり動画視聴しまくることってできないですね・・・。

200kbps制限なんてされたら快適に動画見られないですし。

これは大きなデメリットと言えそう。

 

料金やプランの内容

 LTE使い放題
月額料金
ギガプレミアム
月額料金
5GB
月額料金
1GB
月額料金
データSIM単体348044802480スマホのみ
FS030Wセット~36ヶ月 3980
37ヶ月~ 3480
~36ヶ月 4980
37ヶ月~ 4480
~36ヶ月 3480
37ヶ月~ 2480
ARIA2セット同上なし同上
FS030W&
MediaPad T1 7.0
セット
~36ヶ月 4480
37ヶ月~ 3480
~36ヶ月 5480
37ヶ月~ 4480
なし
FS030W&
Media Pad7 Youth2
セット
同上なしなし
ARIA2&
MediaPad T1 7.0
セット
同上なしなし
ARIA2&
Media Pad7 Youth2
セット
同上なしなし

3年縛りで、途中解約は9800円(税別)の違約金が発生します。

スマモバには1GBプラン(必要になったらチャージしていく形式)も用意されていますが、こちらはスマホ用なので音声通話SIMのみの契約。

このSIMカードを無理やり手持ちのモバイルルーターに挿入すれば使えないことはないと思いますが、メリットないので普通に契約したほうがいいですね。

LTE使い放題とギガプレミアムプランの違い

月額料金がLTE使い放題プランより1000円高くなるギガプレミアムプラン。

違いは1日3GBまで快適な速度で使えるところ。

LTE使い放題プランだと3日間で3GBを超えると速度制限されてしまうので、かなり余裕あり。

ただ、1日3GBを超えたときからその日の23時59分まで速度制限されてしまうので気をつけましょう。

その他料金

  • 登録事務手数料 3000円
  • SIMカード交換手数料 3000円
  • 解約事務手数料 9800円
    (縛り期間以内での解約時)
  • SIMカード損害金 3000円
    (解約後SIMカードを期日までに返却しなかったとき)
  • プラン変更手数料 3000円
  • サービス中断手数料 500円
  • サービス再開手数料 500円

中断制度があるのはめずらしいですね。

 

申し込み→開通までの流れ

  1. スマモバ公式サイトにアクセスする
    申込みページ⇒スマモバ公式
  2. プランを選ぶ
  3. 個人情報を入力
  4. クレジットカード情報を入力
    (クレカ払いのみ対応しています)
  5. 確認して申込み完了
  6. 到着後2日以内に動作チェック
  7. 利用開始!

クレジットカード払いしか対応していないので、持ってない人は諦めましょう。

到着後2日以内に動作チェックは別に絶対やれってことではありませんが、繋がらない・遅すぎて使い物にならない、といったトラブルも考えられます。

そうなった場合は初期契約解除制度を使って解約できるんですが、到着してから8日間以内に手続きしなければいけません。

ので、早めに確認しておきたいですね。

 

解約方法

  1. マイページから、またはカスタマーセンターへ電話で解約を申し出る
  2. SIMカードを返送する
    (指定日を超えると3000円の損害金発生)
  3. 解約完了!

36ヶ月の縛り期間ありなので、途中解約するときは9800円かかります。

カスタマーセンターの電話番号

0570-022-577
(10:00~18:00 年末年始除く)

 

まとめ

docomo回線の使い放題プランが選べる「スマモバ」について紹介しました。

WiMAXやSoftBank(Y!mobile)回線の使い放題プランはあるんですが、docomo回線がいい人はここ一択です。

ただ使い放題とはいってますが、最大でも1日3GBまでなのでちょっとグレーな感じですね(汗)

まぁそのへんはWiMAXなども3日10GB制限があるので一緒ですが。

スマモバを契約するときは、端末だけ別に用意するほうが節約できるのでおすすめです。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由