UQWiMAX(ユーキューワイマックス)の全料金プラン 身体障害者向けプランもあり

UQWiMAX(ユーキューワイマックス)の全料金プラン 身体障害者向けプランもあり

WiMAX2+って基本的に月間のデータ通信量無制限プラン「ギガ放題」と、7GBまでの「通常プラン」しかなくて、WiMAX2+サービスを提供してるプロバイダによっては独自プランがある感じです。
(auスマホ割プランは万人向けじゃないのでスルー)

最近使ってる人増えてきた格安SIMみたいに細かなプランはいらないけど、あと1~2種類くらいあってもいいんじゃないの?と思いつつ本家UQWiMAXさんのページみてたら、身体障害者向けのプランなんてのがあるんですね。

ハート割って名前で。

というわけで、せっかくなのでハート割含め「UQ WiMAX」が提供してる全料金プランをまとめてみました。

UQWiMAX(ユーキューワイマックス)の料金プラン一覧

WiMAX2+料金プラン

UQWiMAX ギガ放題プラン
料金プラン容量月額料金割引2年合計
ギガ放題(2年)
自動更新あり
無制限3880キャッシュバック
3000円
105120円
(端末代15000円)
ギガ放題(2年)
自動更新なし
無制限3880
26か月目~4050
キャッシュバック
3000円
105120円
(端末代15000円)
ギガ放題
期間なし
無制限4050キャッシュバック
3000円
112200円
(端末代15000円)
※受付終了
UQ Flat ツープラス
ギガ放題(2年)
無制限43801~3ヶ月目
-684円/月
107448円
※受付終了
UQ Flat ツープラス
ギガ放題(3年)
無制限43801~3ヶ月目
-684円/月
107448円
※受付終了
UQ Flat ツープラス
(2年)
7GB3696092400円
※受付終了
UQ Flat ツープラス
(3年)
7GB3696092400円
※受付終了
UQ Flat ツープラス
(4年)
7GB3696069050~79900円
全ての料金プランで
auスマートバリューmine
オプション可能
auスマホ/携帯利用で
500/1000円/月
割引あり
au側で割引
※auスマホ割は契約プランによって適用されないこともあり

契約月は申し込んだ日によって違い、日割り料金になるため除外しています。

 

WiMAX2+ハート割料金プラン(身体障害者向けプラン)

UQWiMAXハート割プラン
プラン容量月額料金割引2年合計
ギガ放題 ハート割
2年自動更新あり
無制限3449なし97776円
(端末代15000円)
ギガ放題 ハート割
2年自動更新なし
無制限3449
26か月目~3669
なし97776円
(端末代15000円)
ギガ放題 ハート割
期間なし
無制限3669なし103056円
(端末代15000円)
auスマホ割 ハート割無制限上記料金au端末利用で
500~1000円/月
上記料金とは別に
au通信量から割引
※auスマホ割は契約プランによって適用されないこともあり
※「障がい者手帳」 「療育手帳」 「精神障がい者保健福祉手帳」「特定疾患医療受給者証+補助書類」「特定疾患登録者証+補助書類」のコピー提出が必要

こちらも契約月の日割り分は除外で。

通常プランより431円割安料金になっています。

ただ安くなってると言っても、キャンペーンやってる他のプロバイダに比べると高いんですよね(汗)

普通に別のプロバイダで契約したほうがお得です。

 

WiMAX(無印)料金プラン

2020年3月でサービス終了するので今更契約する人いないと思いますが一応。

プラン容量月額料金割引合計
UQ Flat年間パスポート無制限3696571円/月44352円/1年契約
UQ Flat無制限4267051204円/1年
UQ Step無制限362~474304344~56916円/1年
UQ 1day無制限572/日0208780円/365日
UQ Flat プラス専用プラン
※受付終了
無制限3696088704円/2年契約
UQ Flat年間パスポート
ハート割
無制限3315952円/月39780円

一応料金プランが掲載されてますけど、公式ホームページ上で申し込み方法がみつからず。

WiMAX(無印)はデータ使用量無制限&速度制限なしで快適な環境でした。

下り最大40Mbpsは今となっては遅く感じますが、動画視聴も快適で不満のないサービスだったんですよね。

惜しいサービスを失くしたなって感じです。

 

UQ Flat ツープラス 各プランの特徴

ギガ放題(2年)プラン

ギガ放題に加入するメリットは、5000円以内でネット回線を一つにまとめられる事、使い放題であることですね。

これにプラスしてauのピタットプランでデータ通信はWiMAXメインにすれば、通信費を安く抑えられます。

一人暮らしで自宅に光回線を引いてない人にはとくにおすすめ。

またいつでもどこでも快適な高速データ通信(高画質動画や画像が多いニュースサイト等)を楽しみたい人にも最適です。

さらに安くしたいなら、格安スマホでデータ通信量が最低のプランに乗り換えれば節約できるはず。

外出先で使う際に気を付ける点は電池残量ですが、今出てるWiMAXルーターは節約モードにすればたいてい10時間は持ちます。

2年縛り(自動更新あり)プラン

3年目からの利用料金もずっと3880円で使えるプラン。

長期利用者は自動更新プランにしておいた方がいいですね。

縛りプランを選んだ時の注意点に契約期間途中で解約したときの違約金があります。

が、以前は1年未満19000円、2年未満14000円と高額でしたが、新プランでは1000円にまで引き下げられました。

これくらいならほぼないようなものなので、気にしなくてもいいですね。

というわけで、契約するなら「自動更新あり」プランがおすすめです。

なおauスマホユーザーなら「auスマートバリューmine」も適用できるのでさらにお得です。

2年縛り(自動更新なし)プラン

自動更新ありとの違いは縛り期間終了後の月額料金が4050円に値上がりする点だけ。

その後はいつ解約しても違約金がないので安心して使えますが、「自動更新あり」の項目で解説したように違約金はたったの1000円です。

それくらいならこっちを選ばなくても問題ないですね。

auスマホ割プラン

「auスマートバリューmine」とも言い、auスマホやガラホ・ガラケーユーザーで特定のプランを契約していると適用できます。

割引額は500円か1000円のどっちか。

au側の通信費用から割り引かれるので厳密にはWiMAXの割引ではありせんが、安くなるならなんでもいいですね。

また、au回線が使えるハイスピードプラスエリアモードの利用料(月1005円)が無料になります。

このモードを頻繁に使う人なら、2年間で25000円くらい割引されるようなもの。

かなり得感を感じられるはずです。

なので、WiMAXを契約するなら、スマホもauに乗り換えてしまうのも節約効果を最大化できておすすめです。

 

まとめ

WiMAX運営元がサービス提供しているプロバイダ「UQ WiMAX」の料金プランを紹介しました。

プラン数は以前より減りましたが、他社プロバイダより充実しています。

とくに身体障碍者向けハート割は独自性あるプランです。

お得感あるかどうかは別として・・・。

携帯のキャリアも政府から安くしろ~って突っつかれてますけど一向に通信料安くしないし、WiMAXも基本料金はこの先安くすることはないでしょうね。

契約するなら本家以外のキャンペーンがっつりやってるプロバイダがベスト。

3万円くらい違ってくるので。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由