W03キャッシュバックキャンペーン比較 どこが最安で買える?

NEC製「WX03」とファーウェイ製「W03」を両方試し、ウチでは「WX03」が快適に使えたんですが、「W03」のau 4G LTE回線を使うモード「ハイスピードプラスエリア」にすると「W03」の方がかなり快適でした。

参考記事
「W03」ハイスピードプラスエリアモードで速度を測ってみた

そんなわけで当ブログでは「WX03」押しではあるものの、au 4G LTE回線で使っても問題ない属性・契約形態の人や都市部に住んでいる人向けに、「W03」が最安値で買えるWiMAX2+プロバイダのキャッシュバック比較ランキングを作ってみました。

W03のプロバイダ別キャッシュバック比較

まずはW03が快適に使える人について。

W03がおすすめな人

au 4G LTE回線を使っても問題ない属性の人

  1. 月額料金が1000円ほど高くなってもOK
  2. auスマホ・ケータイでデータ通信プランを契約している
  3. 近いうち2に乗り換える予定がある
  4. 3年縛りプラン「LTEオプション」で契約予定

基本的にau 4G LTE回線を使うと月額1000円ほど上乗せされます。

ただauで対象となるプランを契約している人なら、au 4G LTE回線利用料が無料になる「auスマートバリューmine」というプランが選べるようになります。このプランではスマホ代金側から934円割引されますし、さらにau 4G LTE回線利用料はタダに。

また2017年に新しく追加されたプラン「LTEオプション」なら、最初からタダで使えます。

そのためこれらの条件に当てはまる人なら断然「W03」の方が快適に使えるでしょう。WiMAX回線は障害物に弱いので建物内は苦手です。対してau 4G LTE回線ならスマホと一緒。室内でも繋がりやすくなります。

都市部に住んでいる人

W03は下り最大速度が370Mbpsです。ただこれは都市部だけしか対応していません。東名阪やその他一部に住んでいる人はこの恩恵を受けられるのでW03の方が快適に使える可能性が高くなりますが、そうでないなら他の機種と大きな違いは感じられないでしょう。

 

次に「W03」を扱っているWiMAXプロバイダキャッシュバック額を調べ、ランキングを作成してみました。

ここ載せているプロバイダはWiMAX運営元UQコミュニケーションズのサイトに掲載されているサービス提供会社からピックアップしています。

W03を扱うWiMAXプロバイダ
キャッシュバック額ランキング

 プロバイダキャッシュバック額2年間
月額合計
合算1位との差額
1とくとくBB取り扱い終了104613
2DTI取り扱い終了105100
3So-net取り扱い終了99350
4BIGLOBE取り扱い終了96050

※契約月が日割りのプロバイダは全額で計算しています

現在W03を取り扱うプロバイダはありません。全社販売を終了しています。

これからWiMAXを契約するのであれば、最新機種から選びましょう。スペックは当然上ですし、快適性も上がっています。

ただし、あまりいないと思いますが、どうしてもW03がいいのであれば次の手段から選びましょう。

いまからW03を使う方法

W03本体をAmazonなどで買います。

基本的に新品は回線契約と同時にしか買えません。ですのでAmazonなどで売っているW03の中古を買いましょう。使用済みが苦手なら新古品で。ザッと見た感じ5000円以下で売ってます。

続いてW03で使うSIMカードを手に入れます。

方法は2つ。

  1. WiMAXで今契約できる機種と選び回線契約
  2. 格安SIMを契約

それぞれについて少し詳しく解説します。

1.WiMAXで今契約できる機種と選び回線契約

キャッシュバックなど特典が魅力的なWiMAXプロバイダを選びましょう。

最安はGMOとくとくBBで、たいだい3万円以上のキャッシュバックを出しています。ここは機種ごとに金額が違うので最高額は型落ちモデルであることが多いですね。

ただW03を使うことが前提なので、契約時にゲットした機種は売ってしまいましょう。中古ショップよりメルカリの方が比較的高額で売れるはず。W03中古価格分くらいにはなるでしょう。

選ぶ機種についてはキャッシュバック額とモデルの相場しだいで。

キャッシュバック額は毎月の金額を見てきた結果、おおむね2000~3000円くらい最新機種とそれより古いモデルで違います。ただその機種を売る場合、それくらいの金額はかんたんにペイできることも。発売間もないモデルなら1万円以上でも売れるので、ちょっと難しいかもしれませんが発売タイミングをみて、ということになります。

GMOとくとくBBで申し込むときは絶対に専用ページからで。それ以外だとキャッシュバック額は少し低くなるので気をつけて下さい。

専用ページはこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+

ここで注意点について1つだけ。

W03のSIMカードサイズはmicroSIMです。契約時に「WX04」を選ぶとnanoSIMサイズなのでそのままでは使えません。この機種を選ぶときはSIMカード変換アダプタ(Amazonで200円くらいで売ってます)がいるので一緒に買っておきましょう。

それ以外の機種ならmicroSIMサイズなのでそのまま使えます。

▼SIMカードのサイズ

変換アダプタのものです。サイズダウンはムリですがアップは対応可能。1つ持っておくと安心です。

 

2.格安SIMを契約

W03は格安SIMでも使えます。

WiMAXはau系の会社なので、au回線を使っている格安SIMであれば普通に使えます。

おすすめは次の業者。

  • mineo(Aプラン)
  • UQmobile
  • IIJmio(Aプラン)
  • BIGLOBE(Aプラン)
  • Fiimo(Aプラン)

など。

WiMAXプロバイダ契約で使えるSIMより利用料金は安くなります。

ただし!快適性では劣ります。無制限プランも業者によって用意されていますが、速度制限されていることがほとんど。上の中ではUQmobileで無制限プランを選べますが、常時500kbpsという激遅回線。動画は快適にみられません。

 

月10GBで十分、など自分の使うデータ通信量がわかっている人向けですね。

ちなみに上の中でおすすめは「UQmobile」。

回線速度は格安SIM業界で常にトップクラス。というかトップです。他社と違ってUQが大手キャリアKDDI傘下の企業で、同じく傘下のauが格安スマホに弱いこともあってテコ入れしている模様。他社からその辺について不満でてるようですけど契約するこっち側には関係ない話。快適に安く使えるなら大歓迎でしょう。

安さで選ぶなら「mineo」がおすすめ。

月10GBで2500円くらいなので、WiMAX業者で契約するより安く使えます。

 

まとめ

W03のプロバイダ別キャンペーン・キャッシュバックを比較しました。

旧機種なのですでに回線と同時契約はできませんが、使う方法はあります。

どうしてもW03がいいって人は、ここで紹介した方法を参考に利用してみてください。

環境次第ですが、スペック的にはW03で今でも十分快適に使えます。機種本体も安くゲットできるのでいまからでも買う価値はあると思いますよ。

W03についてはこちらの記事でもっと詳しく解説しています。
W03の口コミ評判やスペックまとめ

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由