W04とL01を比較!SIMサイズや対応バンド、スペックを徹底解説!

WiMAX端末で人気機種を出し続けている中国メーカー「ファーウェイ(HUAWEI)」がモバイルルーターとホームルーターの2機種を同時に発売!

そこで、WiMAX2+ルーター2モデル

  • Speed Wi-Fi NEXT W04(携帯型)
  • Speed Wi-Fi HOME L01(固定設置型)

はSIMカード使いまわせるのか、LTE回線対応、デザインやスペック、などを比較してみました。

そもそもタイプが違うものを比較する意味あるのか?というツッコミはスルーで!

Speed Wi-Fi NEXT W04 と Speed Wi-Fi Home L01を比較

2機種のSIMカードは使いまわせる?

どちらもmicroSIMカードで同じサイズです。

またとくに端末限定でしか使えなくするSIMロック制限もないため、普通に抜き差しして使いまわせます。

もしW04を契約したけど、自宅用のWi-Fiホームルーターが欲しいなら、中古L01を買ってSIMカードを入れ替えれば使えます。

 

どちらもau 4G LTE対応です

WiMAXではWiMAX2+回線とau 4G LTE回線に対応する端末がでていますが、W04とL01は両機種とも対応しています。

au 4G LTE回線を使うモードは別料金がかかるため注意が必要ですが、3年プランを契約してあるなら気兼ねなく使えます。

ただ、月間7GBをオーバーすると速度制限対象になってしまうため、ファーウェイのスマホアプリやW04本体の通信量をこまめにチェックするなど対策も忘れずに。

アプリで通知設定しておいた方が気づきやすいのでお勧めです。

なおちょっと特殊な話ですが、auが使っているLTEバンドを選択できるアプリもでているみたいです。

Band固定アプリ「W04 L01 LTEBand」というものがあります。

どんな用途で使うのかわかりませんが、興味ある方は使ってみましょう。

 

W04とL01のデザイン比較

画像の見た目と実際のサイズは全然違いますのでご注意下さい。

表のデザイン

どっちもおしゃれでいい感じ。

「W04」は一番長いところが13cmなので4インチサイズのiPhoneより微妙に大きいくらいのサイズ感。

色はグリーン/ホワイトの2色展開です。

auロゴはちょっとわかりにくいんですが、黒い部分左上にうっすらあります。

「L01」は小型の空気清浄機や加湿器みたいな印象のデザイン。

どんな色とも相性のいいホワイトなので和洋どっちの部屋に置いても違和感なさそうですね。

auロゴは上面にはいってます。

裏面のデザイン

裏面はとくに感情を揺さぶられるデザインでもないですね。

こんなもんでしょう。

 

W04とL01のスペック比較

 Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi HOME L01
タイプ携帯型固定設置型
本体カラーグリーン/ホワイトホワイト
サイズ幅 53mm
高さ 130mm
厚さ 14.2mm
幅 93mm
高さ 180mm
奥行 93mm
重量約140g約493g
充電時間約120分
バッテリー容量2750mAhコンセントから
AC100V-240V
消費電力24W
連続通信時間約540分
連続待受時間約850時間
ディスプレイ約2.4インチ TFT LCD
au ICカードau Micro IC Cardau Micro IC Card
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
最大通信速度
(下り/上り)
【au 4G LTE&
WiMAX2+(CA)】
708Mbps
【au 4G LTE(CA)】
225Mbps
【au 4G LTE】
150Mbps/25Mbps
【WiMAX2+(CA)】
440Mbps/30Mbps
【WiMAX2+】
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
【au 4G LTE(CA)】
225Mbps
【au 4G LTE】
150Mbps/25Mbps
【WiMAX2+(CA)】
440Mbps/30Mbps
【WiMAX2+】
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au世界サービス○(LTE/UMTS)×
BluetoothVer 4.1
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
インターフェイスUSB 3.0(USB Type C)10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
最大接続台数Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台
40台
(2.4GHz×20台/5GHz×20台)
※ほか有線LAN用端子×2個あり
対応OS【Windows】
Vista/7/8/8.1/10
【Mac OS X】
v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/
v10.10/v10.11/v10.12
【Windows】
Vista/7/8/8.1/10
【Mac OS X】
v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/
v10.10/v10.11/v10.12

同じ時期に同じメーカーから発売されるだけあって、速度や対応回線は同じ。

「W04」が優れているポイントは、携帯性、Bluetooth接続が使えることくらいですね。

au 4G LTE&WiMAX2+のキャリアアグリゲーション通信はそこまで必要性は感じないですし、au世界サービス対応も活用できる人なんてそんなにいないはず。

「L01」が優れているポイントたくさんの端末をつなげられること。

職場などであまり大量に接続するとあっという間に速度制限されてしまいそうですが、2017年2月からの3日10GB制限に変わり、制限される時間帯は18時~2時頃までの約8時間。

それ以外の時間帯に使うなら制限関係ないのでいいんじゃないかと。

 

で、どっちがいいの?

W04が合ってる人

  • 外で使いたい
  • 自宅では自分しか使わない
  • 今までもモバイルWi-Fiルーターを使っていた

「L01」も電源確保できる場所で使うなら携帯できないことはありませんが、まぁ現実的じゃないですね。

外で使う可能性が少しでもあるならこっち一択です。

何色にも染まる無個性な白が嫌い、新しいものを買ったら見せびらかしたいって人も目立つグリーンが用意されてる「W04」が最適。

L01が合ってる人

  • つなげる台数がめっちゃ多い
  • 家族みんなで使いたい
  • インテリアにこだわりがある
  • Wi-Fi環境が安定してるほうがいい
  • 自宅でしかネットを使う予定がない
  • 今までホームルーターを使っていた

具体的な受信感度やWi-Fi送受信スペックは発表されてませんけど、携帯型と同じなら発売する意味がないので室内での安定感を求める人は「L01」がいいでしょう。

ほか、インテリアを気にする人もこっちがいいですね。

 

※追記

W04は2017年9月から最大速度が708Mbpsにアップしました。

とはいえ、対応エリアは東京・名古屋・大阪の一部のみ。

現実的には最大440Mbpsと考えて問題ありません。

 

まとめ

ファーウェイ製のWiMAXルーター「W04」と「L01」の2機種を比較してみました。

SIMカードは同じサイズなので使いまわせます。

タイプが全然違うモデルなので、もちどちらか片方を契約中でもう片方も使ってみたい人は中古でゲットしましょう。

いまなら比較的安く手に入りますし、まだ現役で十分活躍してくれるスペックは持ち合わせています。

また、格安SIMサービスでも使えるので、通信料を安くしたい人は検討してみてください。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました