W05(WiMAX)登場!W04と比較してみた

2018年1月9日、auがファーウェイ製WiMAXルーター最新機種

【Speed Wi-Fi NEXT W05】
スピード ワイファイ ネクスト ダブルゼロゴ

を発表!

発売日は1月19日!

 

ついにWiMAX一番人気シリーズの最新機種がファーウェイから登場です。

ライバルメーカーの最新モデル「WX04」の評判がどうもイマイチなんですよね・・・。

で、売れ行きも微妙。個人的にはクレードルがいいので満足してるだけに残念です。

ただW05は評判良くなりそうな予感が。

 

発売日はauが先行して発売するかと思ったらWiMAXプロバイダ各社でも予約受付が始まってます。

旧機種では発売日がズレることもあったんですが今回はなさそうですね。

 

では期待の新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」の特徴やデザイン、機能、スペック情報のほか、旧機種「W04」との違いを比較していきます。

Speed Wi-Fi NEXT W05ってどうなの?

W05のデザインと色

旧機種W04からガラッと変わったスポーティーなデザインを採用。

色もスポーティーな感じで統一感あり。

W04のスティック状デザインは継続しなかったようですね。

W05の方がめっちゃカッコイイ!

最近のファーウェイさんが出してる機種、デザインいいものばかりで好印象です。

 

W05本体のアピールポイント

  • 下り最大速度はWiMAX最速の708Mbps
    ※東名阪の一部のみ
  • 上り最大速度がW04の2倍にアップ(75Mbps)
  • 今まで使っていたWi-Fiルーターの設定を簡単に引き継ぎ可能
  • クレードルセットで自動的にハイパフォーマンスモードに切り替わる機能あり

上り回線速度の大幅アップが一番のアピールポイントと言えそう。

クレードルにセットするとハイパフォーマンスモードに自動切り替えしてくれる機能はあってもなくても・・・な感じ。

ほかのものはW04やWX04で対応、および搭載されている機能なので目新しさはなし。

今後の追加も無いとは限りませんが、インパクトある部分は最初の発表で言うはずなのでちょっとさみしい感じですね。

 

W05のクレードルデザイン

W05本体デザインにあわせて、専用クレードルの見た目もスポーティーな仕上がりに。

こちらもW04クレードルよりカッコイイ!

W04のクレードルデザイン↓

見た目の印象ではどちらのクレードルでも使えそうな感じ。

ライバル機種「WX04」の特殊機能が搭載されたクレードルと違って、拡張機能もない普通のクレードルなので互換性も期待できそうですね。

過去シリーズの例を見ると不安要素もありますが・・・。

 

W05専用クレードルには「ハイパフォーマンスモードに自動的に切り替わる便利な機能」が搭載されているようです。

このフレーズ、公式サイトではクレードル紹介欄に記載されていましたが、W05本体側の機能でしょうね。

 

W04→W05の進化ポイント

デザインが良くなったのも1つですが、いま発表されている情報では上のアピールポイントで紹介した「上り速度アップ」と「設定引き継ぎ機能」だけっぽいですね。

ただ速度面の進化は無さそう。

UQコミュニケーションズが「2018年には下り最大1Gbpsを達成したい」みたいな計画を発表してるので「この機種でついに来るか?」なんて期待していたのですが・・・。

W04も最初590Mbps→708Mbpsに速度アップしてるのでW05もそうなってくれることに期待しましょう!

 

W05とW04のスペック比較

モデル名W05W04
メーカーHUAWEIHUAWEI
カラーブラック×ライム
ホワイト×シルバー
グリーン
ホワイト
対応通信規格WiMAX2+
4G LTE
WiMAX2+
4G LTE
最大通信速度【au 4G LTE併用時】
下り最大708Mbps
上り最大75Mbps
【WiMAX2+のみ】
記載なし
【au 4G LTE併用時】
下り最大708Mbps
上り最大37.5Mbps
【WiMAX2+のみ】
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
サイズ高 130mm
幅 55mm
厚 12.6mm
高 130mm
幅 53mm
厚 14.2mm
重さ約131g約140g
ディスプレイ約2.4インチ
QVGA 解像度
320x240ドット
約2.4インチ
TFT LCD
バッテリー容量2750mAh2750mAh
充電時間約120分
(TypeC共通ACアダプタ02使用)
約130分
(TypeC共通ACアダプタ01使用)
約120分
連続通信時間約540分
(WiMAX2+/ノーマルモード)
約540分
(初期設定時)
連続待受時間約850時間
(WiMAX2+/
クイックアクセスモードOFF時)
約850時間
(初期設定時)
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz対応)IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz対応)
最大同時接続数
Wi-Fi
10台10台
Bluetooth
テザリング
最大3台最大3台
au ICカード不明au Micro IC Card (LTE)
対応OS【Windows】
7/8.1/10
【Mac OS X】
v10.6/10.7/10.8/10.9/
10.10/10.11/10.12/v10.13
【Windows】
7/8.1/10
【Mac OS X】
v10.6/10.7/10.8/10.9/
10.10/10.11/10.12
国際ローミングLTE/UMTSLTE/UMTS
有線LAN別売のクレードルで対応別売のクレードルで対応
付属品USB2.0
TypeC-A変換ケーブル
(試供品)
USB3.0
TypeC-A変換ケーブル
(試供品)

サイズ比較

サイズはほぼ一緒ですがW05の方が少し薄めで重さも軽くなりました。

 

USB端子とクレードルの互換性

USB端子も形状は一緒。ただUSBのバージョンが古くなってるようで。

W05がUSB2.0でW04がUSB3.0。

Yahoo知恵袋情報ですが、「USB2.0」は最大転送速度が480Mbpsで「USB3.0」は5Gbps(5000Mbps)とのこと。

で、一応USB2.0でUSB3.0のものに接続できるようです。逆もOK。

ってことはサイズ的にみてもW04のクレードルが使えそうですね。遅くなるけど。

見た目気にしないならW04のクレードル持ってる人はいらないかもしれない。

ただし有線接続は怪しげ。

W04クレードルに旧機種をセットしても動いてなかったので。

そのへんはまたW05を手に入れ次第調べてみます。

 

ほかこれといって大きな違いはなし。

 

ただW05のSIMカードサイズが公開されていませんでした。

最近発売された機種(WX04、L01s)の流れ的にnanoSIMサイズじゃないかと思われますがどうなることやら。

WX04契約でついてきたnanoSIMカードは他機種で動かないようですし、W05の本体だけ買って今使ってるものを挿入しても使えない可能性高そうですね。

 

W05で契約できる料金プランは?

auで発表されてからぞくぞくとWiMAXプロバイダ側でも公式サイトに掲載され始めました。

契約できるプランは

  • 2年プラン
  • 3年縛りのLTEオプション無料プラン

から。

LTEオプションとは対応エリアが広く繋がりやすいau 4G LTE回線を併用できるモード(ハイスピートプラスエリア)が本来1005円かかるところをタダで使えるもの。

ただ縛り期間が3年と長く、このモードを1度でも使うと月間7GBまでしか快適に使えなくなってしまうなんとも微妙なモードなんですよね。

ぶっちゃけなくてもいいかと。

さらにWiMAX機種は毎年新バージョンが発売されてますし、スペックも当然上がっていくわけです。

もしめっちゃ欲しい機種が発売されても違約金払って解約→再購入するのはかなりの出費。

また最近のモデルは別の機種を中古で買って今使ってるSIMカードだけ入れ替えても使えない可能性があります。
(このへんはW05をゲットしたら調査予定)

というわけで断然2年プランをオススメします。

 

あとはどのWiMAXプロバイダで契約するとおいしい思いができるのか。

WX04ではほとんどのプロバイダで3年縛りしか契約できなかったんですが、W05は選択肢あり。

すでに予約始まってますので、1日でもゲットしたい方はお早めに。

W05を最安で契約できるWiMAXプロバイダは?

予約受付中のWiMAXプロバイダは次のとおりです。

  • GMOとくとくBB
  • 3WiMAX
  • BroadWiMAX

2年プランがオススメなので2年総額費用とキャッシュバック特典などを比較してみました。

料金を比較

順位
2018/1更新
プロバイダ2年総額月額平均特典月額
GMOとくとくBB690042875キャッシュバック
32000
4263
23WiMAX696502902キャッシュバック
33000
4330
3BroadWiMAX804943353月額割引3411

税金、初期費用3000円、契約月料金、ユニバーサルサービス料(月2~3円)、オプション料は含まず

1位 GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBが現在最安でW05を契約できます。

キャッシュバック額では3WiMAXに負けていますが、基本利用料をわずかながら値引きしていることもあり最安となっています。

オプションの安心サポートが強制加入なのは面倒ですが、もしここを選ぶ人で必要ないなら契約完了後に会員ページから解除手続きを忘れずにやっておきましょう。

そうしないと2ヶ月後から料金が発生します。

詳細・申込みはこちらから
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

2位 3WiMAX

キャッシュバックは業界最高額。

いままでGMOとくとくBBが常にトップだったんですが、2017年末から3WiMAXが上回ってきました。

いま勢いのあるプロバイダさんです。

2年総額はわずかにGMOとくとくBB劣りますが、有料オプションを最初から外せるので面倒がありません。

そういった手間をかけたくない人はこちらがおすすめ。

詳細・申込みはこちらから
3WiMAX

 

3位 BroadWiMAX

キャッシュバック特典はありません。

ここは月額料金を安くしていますが上位2社に比べると平均月額は少し割高です。

ただですね、キャッシュバックは1年以上経ってからしか振り込んでくれないんです。

さらに手続き案内がだいたい1年後くらいに送られてくるんですが、忘れると振り込んでくれませんしクレーム入れても門前払い。

一回契約済ませたら手続きを気にすることなくノーストレスでずっと安く使いたい人はここがベスト。

詳細・申込みはこちらから
BroadWiMAX

 

W05は今後どのWiMAXプロバイダもラインナップに加えてくると思いますが、安く契約できるのは結局ここで挙げたプロバイダです。

いち早く予約受付を始める積極的な姿勢がそのまま料金の安さにも現れています。

発売日に確実に欲しい人はお早めに。

 

まとめ

auを皮切りにWiMAXプロバイダ各社で発表されたWiMAX新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」について紹介しました。

まだ発売前でこれから情報が固まってくる機種なのでいろいろ曖昧な部分もありますが、2018年で一番売れるWiMAX端末の最有力候補です。

機種選びに迷うならW05にしておくと安心です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由