W06をGMOとくとくBB WiMAX2+で契約するメリットはこれ!

GMOとくとくBBでSpeed Wi-Fi NEXT W06を契約するメリット

「現金キャッシュバックならどこにも負けない!」

そんな意気込みを感じさせてくれるWiMAXプロバイダが「GMOとくとくBB WiMAX2+」です。

ここはイレギュラーを除き、常に業界最高額の現金キャッシュバック額を維持しているプロバイダさん。

きっと社内スローガンにそれ系のものが掲げてるんでしょう。

ちなみに過去にあったイレギュラーも紹介しておくと、2018年3月に「So-netモバイルWiMAX2+」がGMOとくとくBBより高額なキャッシュバックキャンペーンを繰り出したことがあります。

翌日にはそれより100円高額なキャッシュバック額に変更したんですけどね。

負けず嫌いすぎる(笑)

 

そこで、WiMAX業界トップであることにこだわりを見せるプロバイダ「GMOとくとくBB WiMAX2+」で、WiMAX新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」を契約するのはありかなしか?について徹底調査!

W06の魅力も紹介しつつ、GMOとくとくBBのメリット・デメリットをまとめました。

プロバイダ選びの参考にしてもらえれば。

GMOとくとくBBでのW06契約はあり?それともなし?

GMOとくとくBBのキャンペーン特典

現金でのキャッシュバック特典

スマホ契約でもよく見かけるキャッシュバック特典ですが、このページ冒頭でも触れたようにGMOとくとくBBではここに一番力を入れているように感じられます。

他社が最大30000円くらいなのに対し、ここは35000円くらいからが標準的。

ちなみに他社ではアマゾンギフト券やその他商品券、電気屋なら自店舗で使える割引クーポンなどでキャッシュバックしているところもありますが、一番使い勝手がいいのは現金です。

2位以下に大差を付けているため、現金バックに魅力を感じる人はGMOとくとくBBがベストな選択になるでしょう。

毎月割引してくれる月額割引特典

キャッシュバックはある程度(1年ほど)継続確認が取れてからじゃないともらえません
(現金受け取ってスグ解約する人が絶対いますからね)

確認後に案内に従って手続きを進める形が一般的です。

でも1年も経つと忘れてしまうパターンもあるんですよね。

手続き忘れて受け取れず・・・、そんな人たちの怨嗟の声をネット上で見かけます。

そういう心配なしに使えるのが月額割引特典です。

面倒がないぶんキャッシュバック特典より割引率は下がりますが、契約した月から縛り期間中ずっと安く使える安心感が魅力。

手続きとかメンドイ、忘れそうって人はこちらを選びましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT W06はこんな機種

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴

見た目はこれといってとがった主張もなく、長方形のシンプルなデザインです。

過去のシリーズでは縦型デザインだったこともあったのですが、今回は無難路線ですね。

いろはホワイトとブラックの2色から選べます。

 

W06を選ぶべき理由

WiMAX最速モデル

WiMAX初となる1ギガビット通信に対応したのがこのW06。

WiMAXどころかモバイルルーター業界初の記念すべきモデルです。

あくまで理論上の速度ですが、「1237Mbps」まで出る可能性があります
(USBケーブル接続時/WiFi利用時は867Mbps)

一般的な光回線インターネットが1Gbps(最近は10Gbpsも増えてきましたが)なので、ワイヤレスインターネット回線が超えちゃった格好ですね。

ただし対応エリアに注意!

Speed Wi-Fi NEXT W06 1Gbps対応エリアマップ
※緑色の都府県の中でも一部で対応

夢の1237Mbpsも、実は日本全国ではごく一部エリアしか対応してないんです。

そのエリアとは・・・

東京都・埼玉県の一部。
※2019/3~、愛知、大阪の一部も追加されました!

後ろに「一部」ってあるとおり、東京都でも西側の山が多い地域はまず対応していないでしょうし、その他地域も同様です。

順次対応エリアは拡大していきます、と公式ページにあるので徐々に広がっていくはずですが、地方民にとって先は長そうですね。

都市部なら最大958Mbpsで使える可能性あり!

1237Mbps対応ではありませんが、ほぼ1ギガビットとなる958Mbps対応エリアはもっと増えます。

そのエリアとは・・・

東京、埼玉、宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の一部。

四国や札幌、沖縄は外れましたが、「一部」とはいえ日本の大都市部のほとんどで958Mbpsに対応しています。

これでも十分速いので、該当エリアに住んでいる人はW06を選んでおきましょう。

都市部での圧倒的性能

上で対応エリアについて触れたとおり、都市部なら最大958Mbps/1237Mbpsに対応しています

W06のライバルモデル「WX05」は最大440Mbpsですし、W06の旧機種「W05」も最大758Mbpsなので、余裕で上回っています。

都市部在住ならW06を選びましょう。

外でも使えるモバイルルーター型

W06はバッテリー搭載の携帯型端末なので、外でも自宅でも使える利便性が魅力。

W06を介してスマホをネットに繋げば、通信量を節約できます。

そうなるとスマホ側のプランを少ない容量に変更することで、スマホ代の節約も可能に。

持ち物が1つ増えるデメリットこそありますが、セットで持ち歩けば節約効果も期待できます。

 

こんな人はW06以外がおすすめ

都市部に住んでいない

都市部(東京/埼玉/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)以外に住んでいる人は、W06の最大速度1237Mbps/958Mbps対応エリア外となるため、ライバル機種「WX05」のほうが快適に使える可能性大。

WX05は電波出力を上げる特別な機能を搭載している分、通信安定性が期待できます。
(地方都市に住むの私の家ではWX05のほうが速い)

WX05の詳しい性能はこちらで解説
WX05だけに搭載された機能を解説!

外で使わない

自宅や室内でしか使わない人は、W06のようなモバイルルータータイプより、据え置き型のホームルータータイプを選びましょう。

W06と同じ日に発売された「Speed Wi-Fi HOME L02」がおすすめです。

L02も1ギガビット通信に対応してますし、W06より出力が強い分安定感では上です。

L02の詳しい性能はこちらで解説
L02のスペック・機能を詳しく解説!

中国ファーウェイにいいイメージを持っていない

2018年後半あたりから中国企業「ファーウェイ」への当たりが強くなってきました。

特にアメリカでは排除に積極的で敵視してる感じですね(汗)

日本でもファーウェイ製の基地局を積極的に導入していたソフトバンクがしんどい思いをしてるようです。

こういった世情を気にする人はライバル機種「WX05」をおすすめします。

日本メーカー「NECプラットフォームズ」製なので、”国産”ってところに安心する人もいるのでは?

充電用台座(クレードル)が欲しい

今までの携帯型WiMAXルーターには必ず用意されていた充電用の台座(クレードルという)がW06にはありません

クレードルがあるとLANケーブルでの有線接続が可能だったんですが、W06では「USB3.0 Type-c」ケーブルでしか接続できません。

なおLANケーブル接続は対応していませんでしたが、クレードル自体は旧モデル「W04/W05」のものでも充電できます

WiMAX W04/W05のクレードル

価格は3000円少々なので、どうしても台座にセットしたい人はそれらを購入しましょう。

 

GMOとくとくBBが他社より優れているところ

特典の強さ以外にもここを選ぶと次のようなメリットがあります。

即日発送対応

平日16時、休日14時までに申し込めば、最短即日発送してくれます。
(在庫状況にもよります)

20日まで違約金なし解約可能

インターネット回線契約では初期契約解除制度というクーリングオフみたいな仕組みが用意されています。

これは8日間までなら無償解約できるもの(初期費用は別)。

ただGMOとくとくBBには20日間まで無償解約できるサービスがあります

適用条件

対応エリアチェックで「○」の場合

地方都市住まいの私の場合「△」だったのでダメでしたが、「○」ならかなりゆとりを持って通信状況をチェックできます。

8日間ってけっこう短いんですよね。

その点20日間もあればじっくり自分の行動範囲内を巡り、各地で通信状況を確認できるのは助かります。

 

GMOとくとくBBより安いプロバイダはある?

GMOとくとくBBと他社プロバイダのW06料金比較

キャッシュバック額は業界トップを維持しているGMOとくとくBBですが、WiMAX契約では契約期間のトータル料金が一番大事です。

プロバイダにより最初の数カ月は安いけどそれ以降は割高料金ってこともありますからね。

そこで次の条件でGMOとくとくBBと他社プロバイダの料金を比較してみました。

  • W06を契約
  • 3年ギガ放題プランを契約
  • 初期費用3000円、税金は含まず

3年合計料金の比較結果

順位プロバイダ
2019/10更新
ギガ放題
(無制限)
3年総額
ライトプラン
(月7GBまで)
3年総額
特典
1位GMOとくとく11766095424キャッシュバック
34500
2位GMOとくとく12266095800月額割引
3位BroadWiMAX128626105336月額割引
4位DTI130430122500月額割引
5位ビックカメラ
ソフマップ
コジマ電気
139680店舗による
6位So-net145656122040初期12ヶ月
月額割引
7位エディオン145680店舗による
8位UQ WiMAX151680キャッシュバック
3000
9位BIGLOBE152480キャッシュバック
10000
10位ケーズデンキ154680店舗による
同率
10位
ヤマダ電機
ベスト電気
154680店舗による
12位auショップ163680
(3年合計)
139056
(3年合計)
店舗による
13位ヨドバシカメラ166028店舗による
14位@nifty176002なし

W06ではなく古いモデルなら在庫消化のためかかなり安くしているところもあるんですが、性能差があるため最強モデルW06をおすすめします。

他社も頑張ってます。でもGMOとくとくBBの安さが目立つのが現状です。

料金で選ぶならここがいいですね。

ちなみにキャッシュバックと月額割引コースは申し込みページが違うので気をつけましょう。

下記ページで対応エリアチェックも必ずしておいてください。

キャッシュバックコースの受付はこちら

GMOとくとくBB 現金バックページ

月額割引コースの受付はこちら

GMOとくとくBB 月額割引ページ

 

まとめ

現金でのキャッシュバックに強いWiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」でW06を契約するメリットについてまとめました。

性能面でWiMAX最強の「Speed Wi-Fi NEXT W06」。

業界でトップクラスに安いプロバイダ「GMOとくとくBB」。

W06を契約するならGMOとくとくBBを選んでおけば。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由