W06(WiMAX)のすべてを徹底解説!使ってみた感想も紹介

WiMAX「Speed Wi-Fi NEXT W06」
この記事でわかること
  • W06の新機能
  • W06のスペックの高さ
  • 過去モデルとのデザインの違い
  • W06のいいところ・残念なところ
  • クレードル情報
  • 契約に最適なプロバイダ

 

2019/1/25に発表されたWiMAX最速モデル「Speed Wi-Fi NEXT W06」。

中国ファーウェイ製で過去発売されてきた人気シリーズ「W01~W05」の最新バージョンで、6代目となります。

「W06」の紹介ページをみると「最大1.2Gbps」「ハイモードアンテナ」など物欲を刺激してくる魅力的なフレーズがたくさんあって期待値アップ!

ほんの2ヶ月前にライバル「WX」シリーズの新機種「WX05」が発売されたばかりなんですが、W06はそれ以上の性能なんだろうなと感じさせてくれます。

まぁ最近ファーウェイさんに対してあまりよくないイメージ持ってる人もいるでしょうけどね。

とりあえずそれはそれとして、私もさっそくW06への機種変更を申込んだので、届いたらレビュー追記します。
※届きました!記事最後にレビューを追記してます

 

ここからは新しく登場したWiMAXモバイルルーター「W06」がどんな機種なのか徹底チェック!

デザインやスペックのほか、WiMAX公式ページに書かれてるアピールポイントが本当にスゴイのか?大げさに言ってないか?など調べたことをまとめました。

Speed Wi-Fi NEXT W06を徹底解剖!

まずはW06のデザインを見ていきます!

無難な仕上がりのW06本体デザイン

サイズ:幅128×高64×厚11.9mm
(4インチサイズのiPhoneSE/5/5s/5cとほぼ一緒です)

正面デザイン

Speed Wi-Fi NEXT W06の正面デザイン

これといってこの機種ならではの特徴はないですね。

シンプルで旧機種よりだいぶかわいらしさのある見た目に仕上がっています。

ただW06以前のモデルは過去にない挑戦的なデザインを採用していたので余計に個性がなくなっているように感じてしまいます。

1個前のW05がスポーティーでけっこう攻めたデザインなのに対して、W06は落ち着いていて万人受けを狙ってきた感じ。

W05のデザイン↓

W052色前面デザイン

W06はだいぶ丸くなったのがわかるかと。

個人的にはW05のが好きですねー。

また2モデル前のW04ではめずらしい縦型デザインを採用していました↓

W04 本体カラー2色画像

これらの後継機なので、もうちょっと面白みのあるデザインがよかったかな?と個人的に思います。

背面デザイン

Speed Wi-Fi NEXT W06背面デザイン

裏側も丸みを帯びたデザイン。

メタリックな色合いが多少高級感を演出してくれますが、金属製ではないのでよく見るとおもちゃっぽく見えるかもしれません。

側面デザイン

Speed Wi-Fi NEXT W06側面デザイン

サイドも同じく丸みを帯びてます。

形状や色合いはなかなかいい感じじゃないかと思います。

 

つづいて運営元がアピールしている項目をチェックしていきます。

公式が謳うW06のアピールポイントは本当にスゴイ?

UQコミュニケーションズ公式ページでは次の3点をアピールしています↓

  1. USB接続で下り最大1.2Gbps(新機能)
  2. 高性能ハイモードアンテナ搭載で受信感度・速度アップ(新機能)
  3. いつでもどこでも高速Wi-Fiが楽しめる

とりあえずW06で新たに搭載された新機能は上2つですね。

それぞれについて旧モデルからどう進化したのか詳しく見ていきます。

①USB接続で下り最大1.2Gbps

W06のダウンロード最大速度1.2Gbps

Wシリーズ一番の魅力といったら「WiMAX最速」を常に更新し続けてきたモデルであること。

W03→370Mbps
W04→708Mbps
W05→758Mbps

ときて、W06もその伝統を引き継ぎWiMAX初となる1Gbps超えを果たしました。
(ダウンロード最大速度1237Mbps)

USBケーブル接続必須なのがちょっと微妙ですが、Wi-Fi接続でも最大867Mbpsなので十分高速です。

1.2Gbps対応エリアについて
W06 1237Mbps対応都府県

いまのところ東京都、埼玉県の一部エリアのみです。
(順次拡大予定)
※2019/3~、愛知、大阪の一部も追加されました!

958Mbps対応エリアについて
W06 958Mbps対応都府県

宮城、東京、埼玉、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の一部エリアで対応しています。

1Gbps超えの恩恵を受けられるのは都市部の中でもごく限られたユーザーだけですが、958Mbpsだって四捨五入すれば1Gbpsですからね。

こちらならかなり広範囲で対応しているので、たくさんのユーザーさんにメリットあります。

②高性能ハイモードアンテナ搭載で受信感度・速度アップ

W06では電波受信感度を向上させてくれるアンテナを新たに搭載。

さらにライバル機「WX」シリーズが先に搭載した「ビームフォーミング」機能もW06で採用されました。

これはWi-Fi電波を効率よくやりとりできる機能

公式発表ではアンテナとビームフォーミングによって約2割通信速度が改善されるようです。

③いつでもどこでも高速Wi-Fiが楽しめる

これはW06ならではのものじゃありません。

というかWiMAXルーターならではのものでもなし。

なぜこれをアピールポイントに入れた?ちょっと謎。

バッテリー容量増えたんだしそっちにしたほうが良かったんじゃ?と思います。

「大容量バッテリーでいつでもどこでも長時間ネットが楽しめる!」みたいな。

 

W06のスペック・仕様

製品名Speed Wi-Fi NEXT W06
製造メーカーHUAWEI(ファーウェイ/中国)
本体色ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
(auショップ限定オレンジ×ブラック)
サイズ幅 128mm
高 64mm
厚 11.9mm
重さ約125g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
下り最大速度【4G LTE】 1237Mbps
【WiMAX2+】558Mbps
上り最大速度【4G LTE】 75Mbps
【WiMAX2+】30Mbps
バッテリー容量3000mAh
充電時間約120分~
連続通信時間約540分
(WiMAX2+、スマート設定時)
連続待受約800時間
(WiMAX2+、スマート設定時)
同時接続台数16台
ディスプレイ約2.4インチ TFT LCD
SIMカードnano IC
インターフェースType C
USB3.0
Wi-Fi規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
同梱物TypeC変換コネクタ(試供品)
取扱説明書
保証書

スペック表で目立つのはW06のウリでもある最大速度でしょう。

その点については1つ下の項目で詳しく解説しているので、ここでは別の注目ポイントをみていきます。

旧モデルW05から進化したポイント

  1. バッテリー容量アップ
  2. 同時接続台数アップ

スペック表ではこの2点くらいですね。

バッテリーについて

1つ目のバッテリー容量は2750mAh→3000mAhに微増しました。

・・・なんですが、連続待受時間は850時間→800時間に減ってます(汗)

連続通信時間は540分で一緒ですが、W06はノーマルモード、W05はハイパフォーマンスモードでの数字なのでこれもW06が負けてます(汗)

それだけ新機能のバッテリー消耗が激しいってことでしょうね。

Wi-Fi電波の送受信を効率化させる機能や1ギガ超えの通信環境を実現するためには仕方ないでしょう。

まぁ使える時間が多少減ったからといって実用性にたいした影響はないので問題なし。

仮に8時間外出したとして、その間ずっと使い続ける人はほとんどいないはず。

50時間くらい誤差の範囲内です。

同時接続台数について

2つ目の同時接続台数は13台→16台に増えました

3台増えたからって特別便利になったわけではありませんが、些細なことでもパワーアップすることって大事。

ニューモデルなんだから旧機種を少しでも上回ってて欲しいですからね。

これはこれでいいんじゃないかと。

ネットリテラシーの高い4人家族で、みんなスマホ・タブレット・PCを1台づつ持っていたとしても12台。

プリンタを加えても13台で余裕ありますね。

auショップ契約時には限定カラーあり

W06はauショップだけ特別な本体カラーが用意されています↓

Speed Wi-Fi NEXT W06-au限定カラーオレンジ×ブラック

一ヶ月遅れの2月下旬に発売。

W03以来となるオレンジ系カラーの登場です。

暖色カラーが好きな人は気持ちが揺らぐかも?

通常版(UQ版)W06と比較してスペックなどに違いはないので完全に色の好みで選ぶことになります。

ただauショップで契約するとかなり割高なのでおすすめしません。
(詳しくはページ下部のW06を扱うおすすめWiMAX業者欄にて解説)

どうしてもオレンジがいい人は、とりあえず別の色で契約しておき毎日メルカリやヤフオクをチェック!

au限定カラーが売りに出てたら買って手元のものを売りましょう。

そのほうがトータルでも安上がりです。

 

というわけでW06についていろいろ見てきましたが、最新モデルだけあっていい仕上がりです。

そこでざっくりいいところ・残念なところをまとめておきます。

W06のいいところまとめ

  • WiMAX最速で初の1Gbps超え
  • 電波受信効率アップで約20%改善
  • バッテリー容量アップ

なんといっても1Gbps超えのWiMAX最速モデルという冠が魅力的。

スマホやタブレットを接続する人にはWi-Fi電波環境がよくなる機能も大きなメリットです。

W06の残念なところまとめ

  • 最大速度1.2Gbpsの対応エリアが東京、埼玉の一部のみ
  • 1Gbps超えは別売のUSBケーブル利用時のみ
  • 中国ファーウェイ製
  • クレードルがない
  • オレンジ×ブラックカラーがauショップ限定
  • 持つとき滑る!

1.2Gbps超えの最大速度に対応するエリアの少なさはネック。

ですが一段下の最大速度958Mbps対応エリアはかなり広いため魅力は十分あります。

また最速対応の環境にするには別売ケーブル必須ですが、Wi-Fi接続でも最大867Mbpsなので問題ないかと。

ただW06から台座(クレードル)がなくなりました。

テーブル上で使うときあると便利ですし、充電するときもスコッと簡単にセットできるメリットもあったんですけどね。

とりあえずW05のクレードルでも代用できるので問題ないんですが、W06以降なくなっていく方向性なら少し残念です。

あと最近ネガティブニュースの多い中国メーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」さんの製品ってところに引っかかる人はいるでしょう。

ここダメな人は日本メーカーNEC製「WX05」にしておきましょう。

そして最後、W06本体は表面がかなりすべすべ。

指がカサカサしてる人だとするっと落としやすいですね。

私もデスク上で、ですが何度も落としてます(汗)

触り心地はいいんですが、外で使うときは注意してください。

 

以上、残念なポイントもいくつかありますが、速度アップと電波受信能力アップで通信環境はかなり改善されるでしょう。

これから新規契約や機種変するなら、安定性も速度も向上したW06は最有力候補です。

 

W06で使えるクレードルはある?

クレードルがなくなってしまったW06。

ないならないで問題ないのですが、充電するときにスッと端子を挿入できるスムーズさ、デスク上での見栄えの面で不便さもあります。

そこでW06の旧モデル用クレードルを試してみた結果、W04とW05用のものなら違和感なくセットできました。

W06で使えるW04とW05用クレードル

※2019/2時点のアマゾン価格はW04用3121円、W05用は3721円でした

LANケーブル接続はできませんでしたが充電は可能なので、台座が欲しい人はどちらかを買えばOK。

個人的にはW04用のほうが500円以上安く見た目がスマート&コンパクトでおすすめです。

 

ライバル機種WX05とはどっちがいい?

契約するときWiMAXプロバイダページにいくと、たいていW06の横にWX05↓が並んでるはず。

Speed Wi-Fi NEXT WX05がおすすめの理由

同じ携帯するタイプの機種なので気になる人も多いと思います。

そこで簡単にW06とWX05を比較してみました。

似たような機能が搭載されているので、ハッキリ違う部分をピックアップしています。

W06の方が優れているポイント

  • 最大速度が倍以上
  • クレードル無しでWi-Fi電波のやりとりを効率化

WX05が優れているポイント

  • 電波”送信”パワーが強い
  • サイズが小さい

W06最大の強みは下り速度の速さです。

WX05は最大440Mbpsなので倍以上の差あり。

またWX05もWi-Fi電波を効率化できるんですが、別途クレードルという機器(約4000円)を買わなければいけません。

W06なら同じ機能を本体に搭載しているため単体でOKなのもメリットです。

対してWX05は「WiMAXハイパワー」という、電波送信能力を上げる機能で通信環境を約2割改善する効果が期待できます。

電波射出パワーが上がるってことは、それだけ遠くまで届くことになるので、アンテナ本数が微妙だったユーザーさんは多少改善される可能性あり。

サイズが小さいのも携帯機器としては強みでしょう。

どっちがいい?

通信速度が速い=通信環境も改善される可能性大なので、最大速度対応エリア(※)に住んでいる人はW06がおすすめです。

※1.2Gbps=東京・埼玉・愛知・大阪の一部エリア
※958Mbps=宮城・東京・埼玉・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡の一部エリア

それ以外の方や、いままで使っていたWiMAXルーターの安定感がなかった人はWX05がいいですね。

 

W06が到着!レビューしていきます

W06の本体

Speed Wi-Fi NEXT W06本体正面画像

最初箱から出すとき早速落っことしました(汗)

表面がめっちゃスベスベで女子もうらやむ肌触り。

触ってて気持ちいいけど、外で持つときは気を遣いそうです。

好みは分かれると思いますが、裏表のツートンカラーは微妙ですねー。

安っぽく見えるので同じ色で統一して欲しい。

操作性はスムーズ

操作性は2.4インチサイズの大きな画面で押し間違いすることもなく快適そのもの。

力士ほど極太な指なら厳しいかもしれませんが一般人なら余裕でしょう。

速度はカタログスペックを全く堪能できず・・・

最大のウリでもある速度を測ってみたら・・・イマイチ(汗)

ウチでは「WX05」のほうが10Mbpsほど速いですね。

地方都市に住んでるので、W06の最大速度対応エリア外ってこともあって全然楽しめませんでした。

地方都市住まいの人はWX05をおすすめします。

関連記事
WX05はここがいい!機能・スペックを徹底解説!

最大速度対応エリアに住んでるならW06がいいと思います。

有線接続はUSBケーブルで

あとですね、W06ってクレードルがないんで有線接続できないと思ってたら、USBがケーブルで繋げます。

だたクレードルに台座としての役割を望んでいるなら、W05やW04のクレードルを買うことになります。

ちゃんと充電できますし、違和感もなくていい感じ↓
(これはW04のクレードルです)

W05クレードルにW06をセットし充電中画像

ちなみにLANケーブルで繋いでみたら認識してくれませんでした。

ですよねー(汗)

W07以降もクレードルがなくなるとしたらちょっと残念です。

 

W06を安く契約できるプロバイダはここ!

まずWiMAXプロバイダを選ぶときにしっておきたいのが、どこで契約しても対応エリアや速度は一緒になること。

違いは料金とサポートの質くらいです。

WiMAXトラブルはたいていネットで調べれば全部出てくるので、料金で選ぶのがベストとなります。

そして料金は縛り期間の合計料金で見ないと本当の安いプロバイダはわかりません。

順位プロバイダ
2019/12更新
ギガ放題
(無制限)
3年総額
ライトプラン
(月7GBまで)
3年総額
特典
1位GMOとくとく11746095224キャッシュバック
34700
2位GMOとくとく12066093800月額割引
キャッシュバック2000円
3位BroadWiMAX128626105336月額割引
4位DTI130430122500月額割引
5位So-net145656122040初期12ヶ月
月額割引
6位BIGLOBE147480キャッシュバック
15000
7位UQ WiMAX151680キャッシュバック
3000
8位ケーズデンキ154680店舗による
同率
8位
ヤマダ電機
ベスト電気
154680店舗による
同率
8位
ビックカメラ
ソフマップ
コジマ電気
154860店舗による
同率
8位
エディオン154860店舗による
12位auショップ163680
(3年合計)
139056
(3年合計)
店舗による
13位ヨドバシカメラ166028店舗による
14位@nifty176002なし

比較表のとおり、安いのは「GMOとくとくBB」です。

  • 現金バック特典の額が業界トップ
  • 即日発送対応
  • 条件に合えば20日間までキャンセル対応

など魅力いっぱいのプロバイダです。

キャッシュバック特典尽きコースを選べば3年で12万ほど、月額平均3300円くらいで使えます。

ここはキャッシュバック以外にも月額割引コースも選べます。

受け取り手続きがない分気軽に使えるのがメリット。

自分にあったコースを選べるのもGMOとくとくBBの魅力です。

それぞれ専用ページが用意されているので、詳細は公式サイトでご確認ください。

キャッシュバックコースの専用ページ
GMOとくとくBB キャッシュバック

月額割引コースの専用ページ
GMOとくとくBB 月額割引

 

まとめ

ファーウェイの人気シリーズ最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」を徹底解説しました。

ついにWiMAXも1Gbps超えの時代に突入!

WiMAX公式のプランでは2018年中に達成だったためわずかにずれ込んだものの、無事大台を超えてきました。

W06はWiMAXの弱点をカバーしつつ正当進化したモデル。

これからWiMAXを契約するならW06は最有力候補です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由