Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の価格、口コミ評価、スペックまとめ

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」の本体価格、口コミ評価、スペックまとめ

2013年11月22日に発売され、古い機種ながら今でも根強い人気のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」。

最新モデルに比べると最大速度110Mbpsでさすがに遅いんですが、格安SIMが使えること、そして中古なら2000円弱で買えるお手頃さが人気の理由でしょう。

そこでファーウェイ製のWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」の、本体価格、スペック、利用者の口コミ評価についてまとめてみました。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14ってどうなの?

HWD14の本体価格

2016年9月時点の価格です。

【Amazon価格】
ブライトシルバー 2200~9206円メタリックレッド 2200~9485円

【楽天価格】
ブライトシルバー 1980~13391円
メタリックレッド 1980~10370円

【ヤフーショッピング価格】
ブライトシルバー 2480~13809円
メタリックレッド 1780~7700円

最安値はヤフーの中古メタリックレッド1780円。Amazonなら新品で4000円~。どちらにしても低価格で買えるモバイルWi-Fiルーターです。

 

HWD14の口コミ評価、評判

ポジティブな口コミ評価

  • 4Mくらいで安定してる
  • mineoのsimカードで使える
  • デザイン気に入ってる
  • ノーリミットモードが使える
  • バンド11,12とwimaxの41掴むみたいだから都心で普通に使う分には問題ない

ネガティブな口コミ評価

  • 膨らんできた気がする
  • 結構手触りでわかる程度にはふくらんできました
  • 2~3GB近く誤差出ててガバガバ
  • 頻繁にWi-Fi切れる
  • LTEとWiMAX2+が頻繁に切り替わるようなエリアだと上手く通信できない
  • IIJmio モバイルサービス タイプAでの使用はできない

口コミ評価まとめ

膨らんできたってのが不穏すぎる(汗)。中古で安すぎる端末は危険かもしれませんね。ギャラクシーノート7みたいに爆発したって話はないので大丈夫でしょうけど。

ノーリミットモードは2018年3月でサービス終わるWiMAX1回線のもの。あと少し使えますけど、下り最大速度が13Mbpsくらいだったかな?たしかそれくらいなので快適な通信環境は厳しいでしょうね。

今これ買う人はほぼ格安SIMで使うためと言えそう。ただau回線使ってる格安SIMしか使えないので対応してる会社は少なめ。10月から大手 IIJmio がauプランスタートさせますが、口コミでは使えないって声も。でもまだでてないですし、ホントかどうかは10月以降わかる話です。

 

HWD14のスペック

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14本体カラー

本体カラー: ブライトシルバー、メタリックレッド

サイズ: 約62×100×15.5mm
重さ: 約140g
ディスプレイ: 2.4インチ TFT LCD
インターフェイス: マイクロUSB2.0
最大接続台数: 10台
SIM形状: MicroSIM
外部メモリ: microSDHC(最大32GB)
バッテリー容量: 3000mAh

連続通信時間:
WiMAX2+ 約540分
WiMAX 約570分
4G LTE 約550分

連続待受時間:
ECOモード 約950時間
クイックアクセスモード WiMAX2+ 約27時間
クイックアクセスモード WiMAX 約29時間
クイックアクセスモード 4G LTE 約31時間

満充電時間:
ACアダプター 約170分
ワイヤレス充電台 約250分
microUSB 約450分

最大通信速度:
WiMAX2+ 下り110Mbps/上り10Mbps
WiMAX 下り40Mbps/上り15.4Mbps(機器が対応してるだけで40Mはもうありません)
4G LTE 下り75Mbps/上り25Mbps

Wi-Fi規格:
LAN IEEE802.11b/g/n
WAN IEEE802.11a/b/g/n(5GHz対応)

対応OS:
Windows XP (SP3)/Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X 10.5/10.6/10.7/10.8/10.9/10.10

 

HWD14のクレードル価格と役割・できること

HWD14には専用のクレードルが用意されています。

クレードル価格はたいだい2000円後半で販売されていて、比較的入手し易いです。

HWD14のクレードルがあると出来ることは、端末の充電や端末の設置、有線LAN接続が可能になるなど。

とくに有線LANが使った場合、デスクトップパソコンのネット回線としても使えるため固定回線代わりにもなります。

HWD14は3つの回線モードを搭載しており、電波状況に応じて使い分けが出来るようになっており、ユーザーがHWD14を使ってオンラインサービスを使う時に、出来るだけ通信速度を落としたくない時に重宝します。

クレードルとこの3つの回線モードを併用する事で、デスクトップパソコンやノートパソコンなどといった端末で有線LANを使った固定回線のような使い方が行えます。

HWD14のクレードルは、この端末を充電し易いように立てかけたり、ルーターとして使えたりしますので、高速な回線を導入する予定であれば、光回線導入時に行われる工事が不要になりますので導入がし易いといったメリットがあります。

 

HWD14が圏外になったときの対処法

HWD14に限りませんが、WiMAXルーターが突然圏外になってしまった場合どう対処すればいいのか?について。

理由はいろいろ考えられますが、メンテナンス中であったり、電波が届きにくい場所に立っている場合も考えられます。

基地局から電波が発信される際に電波は目当ての目的地までまっすぐに進みます。

そのためその間に障害物があることで電波が届きにくい場合が考えられます。

つまり最も簡単な対処法は電波が届きそうな場所に移動してみること。

建物の中には鉄筋コンクリート製で壁のようになって電波が届きにくいスポットもあります。

そのため一度場所を変えてみることをお勧めします。

 

そのほかにはWiMAXを再起動するという方法も。

この方法はポケットWi-Fiだけに限らず、多くの機械で故障したと思った際の共通の対処方法となります。

再起動する際の方法としては、ルーターの電源を長押しして切り、パソコンやスマートフォンで無線通信していた際は通信を一端切断するようにしてリセットした状態にしておいてください。

その後、数分待ってからもう一度ルーターの電源を入れてスマートフォンなどで電波状況を確認して見てください。

もし良ければ、電波状況が改善されているはずです。

このように圏外になってしまったら故障かどうかを考える前に電波が届きにくい場所にいるかメンテナンス中かということを考慮したうえで確認しましょう。

 

HWD14をいま買うメリットは?

WiMAX端末はご家庭で手軽にインターネットを利用できる手段として人気が高いです。

ただし古い端末を使っている人は注意が必要です。

2018年4月頃には既存のWiMAX回線が停波して使えなくなってしまいます。

WiMAX回線は月間通信量無制限で利用できるという特徴があり、これが停波するとHWD14などの古いWiMAX端末に大きな影響を与えます。

HWD14はWiMAX、WiMAX2+、LTEの3種類の回線を切り替えて使えるメリットがあります。

WiMAX回線が停波してしまうとこのメリットが失われてしまいます。

最新の機種はWiMAX2+とLTEの2種類しか使えませんが、速度と繋がりやすさの面で従来の端末を凌駕しています。

はっきり言ってWiMAX停波後もHWD14などの古い端末を使うメリットはほとんど無いと言えます。

メリットを1つ挙げるとすれば、古い端末は中古で安く入手できるということです。

最低限の性能で十分という人なら買っても良いかもしれません。

 

HWD14はSIMフリー?使える格安SIMブランドを紹介!

WiMAX端末を利用すれば回線工事不要でインターネットができるようになります。

持ち運び出来るルーターなので自宅や外出先でもインターネットが楽しめます。

このWiMAX端末の中にはSIMフリーで使える端末が存在します。SIMフリーは他のSIMカードを入れ替えて利用できる端末のことです。料金がお手頃な格安SIMを端末に挿入すれば毎月の通信費を節約することができます。

WiMAX端末でSIMフリーに対応しているのはHWD14やHWD15といった古い機種、WXシリーズやW0シリーズなどの機種があります。

これらの機種で格安SIMを使うならmineoというブランドを選ぶと良いです。

mineoの料金プランは毎月の通信量を選択するタイプです。

例えば、毎月3GBプランなら3GBまでは通常の回線速度で利用できますが、3GBを超過すると速度制限によって回線が遅くなります。

速度制限が掛かっても、従量課金で通信量を買えば速度制限は解除されます。

従量課金しない場合、翌月の1日になれば速度制限は解除されます。

mineoはHWD14などの古い端末に対応していることが特徴です。

古い端末を再利用したいと考える人は多く、最近はモバイル機器を複数持ち歩く人が増えています。

WiMAXを格安で使いたいなら、mineoのSIMと中古のHWD14なら今でも十分使えるでしょう。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由