Wi-Fi電波は5GHzのほうが快適?その理由は?

新しめのWi-Fiルーターは、WiMAXを始めほとんどの端末で2.4GHzと5GHzの電波が使えるようになっています。

私の愛機「WiMAX WX03」だとこんな感じで選べます。

私は5GHzなんて使ったこともないですし2.4GHzで特にストレス感じていませんが、ネットを徘徊していると「5GHzのほうが快適」って声を見かけます。

なんでや?

ってことで調べた結果

「電波が被らないから」

が答えのようです。

2.4GHzの電波はWi-Fiルーターの他にもいろんな家電で使われていてけっこう被るらしい。電子レンジや電話機の子機とのやりとりなどで利用されてます。

そういった家電の影響で電波がごっちゃになれば、Wi-Fiルーターさんは「どれやねん!わからんわボケェ!」と返信→送信主さんは「すまんな」ともう一回データ再送信、という流れに。

これが続けば全然データを受け取れない=繋がらないってわけですね。

 

そこで、5GHzの電波です。

まだ使ってる機器が少ないので邪魔されにくく繋がりやすいんですね。

ただ2.4の倍以上もある周波数(空気中を伝わる波の数)の電波なので、波が細かい分障害物に弱いらしい。そうなる仕組みはよくわかりませんが、小さい波ほど平らにならされやすいってことなんじゃないかと思います。知らんけど(汗)

というわけで、この数字が高いほど弱くなっていきます。

 

もう少し詳しく5GHz帯と2.4GHz帯の違いを調べてみた

Wi-Fi通信にいくつかある規格の中で2.4GHz帯と5GHz帯を利用するんですが、上で触れた電波が混雑する以外にも違いがあります。

2.4GHz帯を使うWi-Fi電波の中で最大の通信速度を持つのは「IEEE802.11n」で理論値は600Mbps。

対して5GHz帯を利用する規格は「IEEE802.11ac」で理論値は6.9Gbpsにもあります。

根本的に速度が違うんですね。

そのほかフロアを跨いでルーターと子機を利用するケースでは障害物を越えることが課題となりますが、2.4GHz帯は比較的障害物に強く5GHz帯は弱いとされています。

そして他の機器との電波干渉は2.4GHz帯では電子レンジやBluetoothが発する周波数帯と干渉し通信が途切れたり速度が低下する現象が発生する可能性ありなんですが、5GHz帯ではそれらの周波数帯と被らないため安定性を確保できるってのはすでに紹介したとおりです。

 

元となる回線との関係も大事で、仮に最大1Gbpsの光回線とWi-Fiルーターを接続したとき、最大600MbpsのIEEE802.11nでは無線部分の伝送速度がボトルネックになり元の回線の1Gbpsを最大限に活かせません。

でも5GHzが使う最大6.9GbpsのIEEE802.11ac規格なら、光回線の1Gbps以上に速いためそのスペックを最大限に活かす事ができるわけです。

 

どちらが快適なのかは利用環境により違ってきますが、鉄筋コンクリートなど電波状況の悪い物件でフロアを跨いで利用する場合は5GHz帯が全く繋がらず2.4GHz帯ならば繋がるケースもあり。

そういった特殊なケースを除けば、最大6.9Gbpsという圧倒的な伝送速度を持つ5Ghz帯のIEEE802.11acが速くて快適です。

 

5Gってどんなもの?

そういえば最近docomo・au・SoftBankが5G回線の実験やってるニュースを見かけます。

これも5GHzの電波だったりして?そうだったらめっちゃ邪魔やん、と思ったら5GHzとは関係ありませんでした(汗)。5GHzの5Gじゃないのね・・・。

サラッと解説しておくと、

5G回線はまだあまり使われていない高い周波数帯の中で低いのと高いのを組み合わせた超高速な次世代通信網

とのこと。

なるほど、わからん!

一例として、3GHz帯と10GHz帯の電波を組み合わせる、といったやり方をしてるらしいんですが、この話は今回のお題とは関係なさそうなのでこの辺で。

興味ある方は「5G実験」とかで検索しましょう。

追記 5Gについてもう少し詳しく調べてみました

ドコモやauなどが実験してる5Gってどんなもの?

通信業界において「5G」は急がれています。

5Gとは次世代通信方式のことで、現在より更に速い高速通信網のことを指しています。

現在進められている、モノとモノがインターネットによって繋げられ、互いに情報交換することによって相互に制御する仕組みが構築されると、そのシステムを支えるには超高速・大容量の通信方式は必要不可欠となります。

そのため現在よりもっと高速な通信網の構築が必要となっているのです。

次世代通信5Gは、いつから実用化できるかは、東京オリンピックが開催される2020年を目標として携帯各社が開発研究を急いでいます。

政府も日本の技術発展のアピールポイントとの認識から、その時点での実用化を目指して各社の開発研究の援助を行っている状況です。

5Gは現在のLTE通信網に比べて、100倍の通信速度1000倍の通信容量がありますので、多くの分野での利用・応用を期待できます。

携帯各社で言えば、ドコモは10Gbpsを超えるような通信速度や更なる低遅延化、多数の端末との接続への対応などの幅広い性能を考慮した研究開発を行っています。

具体的な例としては、凸版印刷と史跡などの仮想現実画像をスマートフォンに映し出す技術の開発です。

対応エリアは初期5G導入時、まずは通信大容量化が必要な都市部エリアなどを中心に展開し、順次郊外エリアまで幅広く対応する計画を立てています。

auは現実世界とネットワーク上のバーチャル世界の融合を具体的な目標としています。

これは現実世界できることがインターネット上でもできたり、インターネットの世界の情報が、現実世界で無意識のうちに手に入るようなもので、例えば画像がより精緻となり、自由視点映像でどの角度からでも見られるようになったり、プレーしている選手の心拍や脳波を視聴者にフィードバック、究極の一体感・臨場感を体験することができるようになるというものです。

またその日のスケジュールや行き先の混雑状況・交通障害など、多くのモノによってネットワーク上に蓄積された情報を統合、最適な行動パターンをナビゲートを行うなどが可能となるものです。

 

最後に、5GHzの電波が被りにくいといってもあくまで被りにくいってだけ。一応使っている機器はあるようです。

5GHzの電波を使ってる機器は?

総務省が発表してる文書によると、次のような機器で使われているみたいです。

  • 5.03~5.091GHz 自動着陸誘導システム(MLS)
  • 5.25~5.372GHz 気象レーダー
  • 5.35~5.85GHz いろいろなレーダー
  • 5.725~5.875GHz 産業科学医療用(ISM)
  • 5.77~5.85GHz DSRCなど
  • 5.85~5.925GHz 放送事業

で使っているとのこと。

で、上に載せたWiMAXルーター「WX03」の設定画像をもう一度。

5GHz電波でもここにはW52とW56の2種類あります。

そしてW56の方は、気象レーダーなどのレーダーが発する電波を受信すると停止するように端末側で設定されているらしい。国が邪魔するなって義務付けてるので、この仕組みはどの機種にも搭載されているようです。

なるほど。レーダーのじゃまにならないように5GHz電波は屋内でしか使ったらアカンよ、となってるんですね。

この停止に関する実験結果を公開していたサイトによると、一度停止すると30分使えなくなるらしい。ヤフー知恵袋などで「突然Wi-Fiが使えなくなった」みたいな質問を見かけますけど、少なからずこのパターンにはまってる人がいるかもしれません。

さらに上の画像にあるページでW56に設定した場合、1分間レーダー関連の電波がないか調査するらしく、その間ネットに繋がらない時間ができてしまいます。いろいろ面倒ですねー。

 

ってなわけでW56だとWi-Fi電波が受信停止される可能性があり。ほかW53ってのもあり、これも同じく停止させられます。

ただW52はそういうのなし。使うならW52がベストです。

 

ちなみにWi-Fiルーターの5GHz電波は

  • 5.15~5.35GHz
  • 5.47~5.725GHz

を使っているようです。

 

WiMAXで5GHz帯のWi-Fi通信を使うメリット

WiMAXのWi-Fi通信でも2.4GHz帯と5GHz帯が利用されています。

2.4GHz帯は壁や床などを透過して電波が遠くまで届きやすい性質があります。

ただ2.4GHz帯は幅広い製品にも採用されているため、電波干渉を受けやすいというデメリットもあります。

5GHz帯は無線LAN機器以外ではほとんど利用されていません。

そのため電波干渉を受けにくく、高速で安定した通信が可能というメリットがあります。

ノートパソコンなどで伝送するデータが大きい場合は、5GHz帯がとても役に立ちます。

現在の無線LAN製品は2.4GHz帯と5GHz帯を独立したアクセスポイントとして同時運用できるものがほとんどです。

どちらを使用するかはモバイル端末側で決めることになります。

WiMAXで使用する場合は高速で通信できるメリットを活かし、まずは5GHz帯での通信を優先して試してみましょう。

屋外では電波干渉を受けやすいので、5GHz帯での接続で期待した速度が出なかった場合には、2.4GHz帯に切り替えて使用する方が良いでしょう。

電波干渉は建物の構造や周囲の環境によっても異なりますので、自分の環境や目的に合わせて使い分けるのがベストです。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由