Wi-FiとBluetoothの違いと干渉対策

Wi-FiとBluetoothの違いと干渉対策

モバイルWi-Fiルーターのスペックを見ていると、Wi-Fi◯◯、Bluetooth◯◯、みたいな表記があります。で、それぞれ連続接続時間が違ってたり。

▼NEC「WX02」のスペック表から

wi-fibluetoothwx02

単純にBluetoothのほうが長いのがわかります。省エネってことですね。それならこっち使ったほうがいいでしょう。

と、その前に、Wi-FiとBluetoothの違いが何なのか?について簡単に。

Wi-Fiとは?

ケーブルの代わりに電波を使って通信する無線LAN国際規格の1つ。といっても日常的には無線LAN=Wi-Fiとして使われてます。

電波の届く範囲が約100mと広範囲で高速なのが特徴。機器が対応していれば2.4GHz/5GHz帯の2つの電波を使えるので安定しています。5GHz帯はまだ利用率が少なく、より安定しています。

Bluetoothとは?

Wi-Fiと同じく無線の国際標準規格。いろいろな家電に使われています。

2.4HGHz帯のみを使っていて速度はWi-Fiより遅く、通信できる距離も数m~数十m程度です。約10m以内なら障害物があっても通信可能なのは大きなメリットでしょう。

こちらは省エネのため小型端末に使われることが多く、主に近距離通信用ですね。

Wi-FiとBluetoothの違いまとめ

通信速度 Wi-FiBluetooth
電波範囲 Wi-FiBluetooth
使用電力 Wi-FiBluetooth
障害物への強さ Wi-FiBluetooth(短距離限定)

という結論に。

モバイルWi-Fiルーターを外出先で使う場合、Bluetoothのほうがより長く使えるのでいいんですが、2.4GHz帯は家電でもよく使われている帯域なので干渉を受けると安定しないかもしれません。

5GHzに対応してるならより安定した使い方ができるでしょう。

 

どちらにしても、モバイルWi-Fiルーターを使う場合近くに置いておくパターンがほとんどだと思うので問題なく使えるはず。速度を取るか、省エネを取るかってところですね。

 

ついでにWi-FiとBluetooth電波に干渉する原因についても。

Wi-Fi、Bluetoothに干渉してくる原因

  • 電子レンジ
  • 衛星放送用アンテナで使っている同軸ケーブルやコネクタ
  • 電線
  • 鉄道架線
  • 発電所
  • 発電機など電気設備
  • 2.4GHzか5GHz帯を使う家電全般(コードレス、ワイヤレス製品類)

強い電磁波を出すもの全般と、Wi-Fi・Bluetoothと同じ帯域使う家電全部が障害ですね。

発電所などは対処しようがないので引っ越ししかありませんが、どうもネットが安定しないな~ってときは、周囲の家電をチェックすると改善できるかもしれません。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由