WiMAXとauひかりならどっちがいい?比較してみた

我が家ではWiMAXとauひかりを両方使っています。

ウチの環境だとWiMAXが倍くらい速くて快適。

ですが家族もWi-Fi環境を使ってるのでauひかりは解約できず(汗)。

さすがにWiMAX1台で家全部カバーするのは厳しい。

ってなわけで、どっちがいいのか?は利用者の環境、状況次第で違ってくるわけですが、ここでは料金や速度など数値的なものを比較してみました。

 

WiMAXとauひかり比較 どっちがいい?

速度比較

現在の理論上の最大速度は

WiMAX 440Mbps

auひかり 1Gbps(1000Mbps)

でauひかりの圧勝です。

でも我が家ではマンションプランを契約していて最大速度は100Mbps。使ってるWiMAX端末「WX03」は最大440Mbpsなので光回線より速いですね。実測値でも倍以上速い結果になってます。

WiMAXは端末によって110~440Mbps(古い機種除く)、auひかりは戸建てプランが1Gbps、集合住宅向けプランは70Mbps/100Mbps/1Gbpsとなります。

 

ちなみにこの速度比較も住んでる場所や環境次第で全然違ってきます。

WiMAX電波は障害物に弱いので開けた場所じゃないなら厳しいでしょう。また端末ごとに最大速度が違いますし、端末の設定によっても変わってきます。

私の「WX03」だとノーマルモードっていう最大220Mbpsで接続する設定が一番安定するのでそれにしてます。

とまぁいろんな条件が重なって快適さに繋がるわけで、「どっちが絶対におすすめ!」と言えるのはかなり近くに住んでる人くらいでしょう。

なんともスッキリしない結論ですね(汗)。

とりあえず数値上ではauひかりのほうが速いってことになります。

 

料金比較

WiMAX、auひかり両方とも受け付けてる代理店がたくさんありそれぞれキャッシュバックなどのキャンペーンで競い合ってるので、ここでは基本料金で比較します。

WiMAXの料金

 期間初期費用月額料金
WiMAX使い放題2年30004380
WiMAX月7GBまで2年30003696

auひかりの料金

 期間初期費用月額料金
auひかり一戸建て
ずっとギガ得
3年契約料 3000
工事代 37500
1年目 5100
2年目 5000
3年目 4900
auひかり一戸建て
ギガ得
2年同上5200
auひかり一戸建て
標準
なし同上6300
auひかり集合住宅
タイプV16戸~
2年契約料 3000
工事代 30000
3800
auひかり集合住宅
タイプV8戸~
2年同上4100
auひかり集合住宅
タイプE16戸~
2年同上3400
auひかり集合住宅
タイプE8戸~
2年同上3700
auひかりマンション
ギガ
2年同上4050
auひかりマンション
ミニギガ
2年同上5000
auひかりタイプF2年同上3900
auひかり都市機構
DX(100M/70M)
2年同上3800
auひかり都市機構
東日本16M
2年契約料 3000
工事代 12000
(B)2350
(R)2750
auひかり都市機構
西日本16M
2年同上(B)2750
(R)3150

※auひかりの電話とテレビサービス(各500円/月)は除く
※auひかりマンションコースの期間なしプランもサポートがつかないだけで同額です

 

光回線の契約プランってややこしいですねー。

調べてて途中で嫌になってきました(汗)

あとは代理店別のキャッシュバックや工賃無料キャンペーンによってどっちが安いか?が違ってきます。

 

WiMAX使い放題プランなら安いとこだと月3000円くらい。

auひかり戸建てコースよりは月2000円程度安くなりますが、マンションコースだと契約可能なプランによって勝敗が変わります。

あとはセット割引次第ですね。

 

au携帯とのセット割引「auスマートバリュー」

WiMAX、auひかりともにau携帯で対象プランを契約していると「auスマートバリュー」が適用されます。

プランによって

  • WiMAXは500~934円/月
  • auひかりは934~2000円/月

割引となります。

割引額が大きいほどデータ容量プランが多いので、せっかくWiMAXや光回線を使うなら容量プランを少ないものにして携帯料金も安くしたくなるんじゃないかと。

となると月1GBの「データ定額1」プランにした場合、WiMAXは500円、auひかりは934円割引となります。

それほど大きな差はないですね。

 

その他

auひかりの戸建向けプランは

大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県

では契約できません。

マンション向けプランは沖縄県以外の全国のauひかり導入済みのマンションで契約できます。

ただし、「マンションミニ ギガ(1Gbps)」は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部以外NGです。

 

WiMAX vs auひかり 比較結果

何度も言いますが使う人の環境や用途しだいでどっちがいいか?は変わります。

外で使いたいならWiMAX一択ですし、オンラインゲームなど回線の応答速度が求められる使い方をするならauひかりです。

また、両方データ使い放題ですが、WiMAXは3日10GB制限がありオーバーすると動画視聴はちょっと厳しいかな?ってレベルに制限されます。

関連記事
WiMAXの3日10GB制限時に速度計測した結果

完全に使い放題がいいならauひかり一択です。

まぁWiMAXを4台契約して順繰りで使っていけば完全使い放題になりますけどね。

現実的じゃなさすぎるのでなしってことで。

 

auには光回線サービスの他、auスマートポートなるものも用意されています。

ので簡単に紹介していきます。

auスマートポートってどんなもの?

auスマートポートとは、家庭でモバイルの通信方式であるWiMAXを使用してインターネットに接続できるサービスのこと。

要するにauでWiMAX契約するプランで、WiMAXホームルーター限定のサービスとなってます。

WiMAXはモバイル通信の方式なので、回線の開通工事の必要がなく通信を行う機器にコンセントを指すだけですぐにインターネットが使えるもの。

auひかりだと本人なり家族なりが立ち会いのもとで工事が必要なんですが、auスマートポートならその手間がありません。

室内での設置機器によるWi-Fiの接続品質もいい感じで、最大40台の機器と接続可能。

Wi-Fiの通信方式は11ac(5GHz)と11n(2.4GHz)を採用していることで、多くの対応機器をサポートしつつ11acによる機器の干渉を受けにくいスムーズな通信を実現しています。

通信速度は最大で440Mbpsも出る高速さで、そのパフォーマンスは一般的な家庭の固定回線にも引けを取らないレベルです。

その速さの理由は複数の電波を同時に利用する通信(キャリアアグリゲーション)を行っているためであり、以前までは固定回線には速度的に向かなかったモバイル通信を、その技術により固定回線レベルまで押し上げることができました。

auスマートポートを契約するメリットは?

auスマートポートの契約におけるメリットはいくつかあります。

まず、メインサービスでもある携帯電話事業者だからこそできるスマホ料金の割引です。

auのスマホと契約している場合はその月額料金から最大2年間、2000円の値引きを受けることができます。

その期間以降もずっと934円の値引きを受け続けることができます。

サービスの価格は最大25ヶ月で3792円となっています。

これは固定回線としては通常レベルと言えそうですが、上記のスマホ利用の値引きと家庭の固定回線のWi-Fiの設置が同時にできるメリットを加味するとお得であるといえます。

auに加入の方で固定回線の契約を考えておられる方は検討をしてみるのもあり。

ただauスマホの割引はau以外のWiMAXプロバイダでもあるんですよね(汗)

なので結局は他社WiMAXプロバイダを選んだほうがお得です。

 

まとめ

モバイル回線サービスのWiMAXと固定回線サービスのauひかりを比較しました。

どちらも強みがあるので、自分の使い方次第で選ぶことになります。

  • 外もOK、お手軽で安いインターネットがいいならWiMAX
  • 家だけで十分、ガッツリインターネットするならauひかり

がベストでしょう。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由