ワイマックスが調子悪いときにやりたい対応策まとめ

ワイマックスが調子悪いときにやりたい対処法

高速なモバイル回線サービスであるワイマックス。

ワイマックスをサービスエリア内で使うと、現在一番高速な規格を使っている光回線環境ほどではないものの、十分に高速なネット環境を利用できます。

ただなにかしらの影響によって調子が悪い時もあるので、そうなってしまった場合は何が原因なのかを突き止めていく事が大切です。

そこでワイマックスで通信障害が発生したり機器の調子が悪いときの対処方法についてまとめました。

ワイマックスでトラブル発生時の対処法

電波の入り方が悪い時に低速になる事がよくありますが、主な原因には次のようなものが挙げられます。

  • 現在利用している位置が基地局からの電波を拾いにくい
  • 基地局が故障している
  • モバイルルーターのWi-Fi機能やBluetooth機能にトラブルが発生している

これら原因によって無線機能の接続が途絶えてしまう事で発生します。

そのため一つ一つ確認していく事になるでしょう。

 

次からはトラブル別に対処法を解説していきます。

基地局にトラブルがある場合

ワイマックス調子悪い 基地局

基地局でトラブルが発生しているのであれば、しばらく待つしかありません。

多くの場合は基地局がなんらかの原因で故障したり、天候によって電波が届きにくかったりする事が多いです。

他の回線があれば、その回線でインターネットに接続して、ワイマックス運営元の回線事業者「UQコミュニケーションズ」が公式サイトで利用者にお知らせしている内容を確認します。

 

悪天候の場合

ワイマックス調子悪い 悪天候のとき

もし基地局によるトラブルでない時は、天候による影響で電波が届かない状態が疑われます。

ワイマックスの電波はスマホ・ケータイと同じく大気中を飛び交う電波のため、台風や急な豪雨は電波が届かない状況になりやすいんですよね。

この場合も基地局トラブルと同じく、天候が回復するのを待つしかありません。

 

通信が途切れがち・アンテナが立たない場合

ワイマックス調子悪い アンテナ状況

窓際に機器を設置する

基地局から電波を拾いにくいといったケースでは、窓際にモバイルルーターを置くと改善される可能性があります。

ワイマックスの電波は、ガラスは通過するんですがコンクリートなどの障害物に弱い特性があります。

そのため機種本体のアンテナが立ってないなら少しでも建物の外に近い場所へ設置し直しましょう。

パラボラアンテナを自作する

パラボラアンテナ代わりに金属製のボールを用意して、その中にモバイルルーターを入れる事で状況を改善出来ることもあります。

これも窓際に設置するとよりよい改善効果が期待できるでしょう。

電波受信に強い機種を選ぶ

2016年に登場したNECプラットフォームズ社製のワイマックスルーター「WX03」以降のシリーズには、外からの電波受信を補強してくれる拡張アンテナ搭載のクレードル(充電用の台座)が使えます。
(別売品/価格は3500円ほど)

どうしても室内でワイマックスを使いたい時には、WXシリーズ+別売の専用クレードルを選べば多少改善されるでしょう。

我が家でもチェックしてみたところ、アンテナ1本分多く立っていたので効果は期待できるはずです。

ちなみにワイマックスルーターには、固定設置タイプのホームルーター型も用意されていて、こちらのほうが電波受信能力は優れているように思えるんですが、比較してみたところ差はありませんでした。

選ぶならモバイルルーター型WXシリーズ+専用クレードルがおすすめですね。

機種を最新モデルに買い換える

ワイマックスルーターを最新モデルに変更するのも1つの方法です。

ワイマックスに限ったことじゃありませんが、単純に最新機種が一番高性能だと思ってほぼ間違いありません。

買い換える方法は次の3パターン。

  • 中古で買う
  • ワイマックスプロバイダで機種変更する
  • プロバイダを乗り換える

どのパターンでも、回線契約をもう一度新規契約するか、機種変更をする必要がありますので、違約金が発生するのは、どのような条件であるのかを確認しておく事が大切です。

ほかワイマックスルーターにはUSB端子に直接挿し込んで使うタイプもあります。

USBドングルと呼ばれていて、このタイプはUSB端子が劣化したり故障していることも考えられます。

この場合も買い替え必須ですね。

 

Wi-Fi環境が悪い場合

ワイマックス Wi-Fiの調子が悪いとき

ワイマックスルーターまで電波が届いている(アンテナは立っている)のに、うまく通信できてないと感じるときは、Wi-FiやBluetoothが正常に使えているかどうかを確認しましょう。

知らない間に接続が途切れていたり、端末の無線アダプタの調子が悪い時によく起こる現象です。

そんなときはモバイルルーターを再起動したり、無線を再接続する事で改善される事が多いです。

ワイマックスルーターはUSBケーブルでも接続できるので、試せるのであればパソコンにつなげて確認してみましょう。
(ホームルーター型はそのままで、モバイルルーター型はクレードルが必要です)

もしインターネットにつながるなら、無線環境に問題が発生していると考えられます。

Wi-FiやBluetoothの無線接続は、家電などでも同じような無線が使われていることがあります。

この場合お互いの電波が干渉してうまく繋がらなくなることも。

もしそうならワイマックスルーター設定でWi-Fi電波を5GHz帯にセットしましょう。
(一般的には2.4GHz帯を使っています)

これで干渉しなくなるはずです。

なお5GHz帯電波は、国がレーダー通信などで利用しているため室外での利用を電波法で禁止しているので気をつけましょう。

 

以上のように、ワイマックスにはいろいろなトラブルが起こりえます。

通信状況が悪い場合、機器トラブルであったり、基地局での故障であったり、天候がかなり悪くて電波が届かなかったり、ユーザーが現在使用している場所の電波状況が悪かったりといった事が原因である事がほとんどです。

これらの原因以外にも、近くに強力な電磁波を発する物があった場合、たとえばテレビや冷蔵庫や電子レンジなどがあると、その電磁波の影響で電波が入りにくくなるといった事も起こりえます。

携帯電話もその一つで、とくにBluetoothでの接続していると干渉を起こす可能性があるので注意しましょう。

アップデートは必ず実施しておきましょう

ワイマックス調子悪いときアップデートもチェック

ワイマックスの調子が悪くなるのは通信状況だけではありません。

モバイルルーターはスマートフォンの技術をベースに作られているケースが多く、機種によっては初期状態でトラブルが発生する事が知られているものもあります。

その場合は、メーカーがアップデート用データをネット経由で配布している事が多く、通知が端末に届く仕組みになっているので、通知が来ていたらアップデートを実施してみるのも効果的です。

なおアップデータするときには、必ずACアダプターで電源を安定的に確保して作業を行う事が必要です。

途中で電源が切れてしまうと、モバイルルーターが動作しなくなってしまう事がありますので、そのような事になりますとメーカーに修理を依頼しなければいけなくなり、しばらくワイマックスが使えなくなってしまいます。

修理依頼をしている時には代替え機を借りる事が出来ますが、出来るだけ修理に出さなくていいように、アップデータを導入する時には電源を確保して作業するようにしましょう。

 

まとめ

ワイマックス利用時に起こるトラブルの対処方法を紹介しました。

トラブルが起こるとあせってしまう人もいると思いますが、原因は必ずあります。

ワイマックスしかインターネット接続する手段がない人は難しいのですが、今はネット検索すれば同じトラブルを解決してきた先人たちが対処法を公開してくれています。

スマホやケータイで検索してみてお金のかからない方法でダメだったら、買い替えや機種変更などを検討しましょう。

なおワイマックスを契約してすぐ繋がらないことがわかった場合は、初期契約解除制度(8日間以内なら違約金なしで解約可能)の利用も考えておくといいですよ。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由