WiMAXのIPアドレス確認方法と変更方法を解説!

WiMAXのIPアドレス トップ画像

ここではWiMAXを使ってインターネットの接続するときに使われる「IPアドレス」について解説していきます。

そもそもIPアドレスとは?

IPアドレスは「Internet Protocol address」の略で、インターネットに繋がっているスマホやパソコンなどの機器を識別するために割り振られる番号的なもの。

Protocol(プロトコル)は約束事という意味合いなので、IPはインターネットのお約束事ってことですね。

アドレス=住所なので、たとえば日本にあるあなたのスマホからアメリカに住む友達のスマホへメール送信すると届くのは、相手がインターネット上のどこにいるかがわかっているからです。

 

IPアドレスにはグローバル/プライベートの2種類ある

IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあり、世界中につながっているインターネットに接続するにはグローバルIPアドレスを使われます。

プライベートIPアドレスはPCなど固有のアドレスとなっていて、外のインターネット世界につなげるためには、WiMAXルーターなどに搭載されている機能を使ってグローバルIPに変換しなければいけません。

WiMAXでは基本的にプライベートIPが使われていますが、オプションでいつも同じ識別番号になるグローバルIPアドレスを取得する事もできます。

利用するサービスによっては必須なこともあるので、必要ならオプションで申し込むことになります。
(月額96円)

関連記事
WiMAXのグローバルIPアドレスオプションって何?対応プロバイダ一覧

 

グローバルIPアドレスが必要になるとき

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスが必要になるケースはさまざま。

主なシチュエーションには

  • 一部のオンラインゲームで遊ぶ時
  • サーバとして使う場合
  • 外出先からPCにアクセスする場合
  • 監視カメラの運用

などがあります。

ただ、グローバルIPアドレスは数に限りがあるため、最近ではモバイル機器が増加してきた事でプライベートIPへと切り替えている通信事業者が多いです。

WiMAXもその内の1つ。

一人1台どころか2台持ちする人も多い携帯電話は、今や日本だけでも1億6000万台以上出回っています(総務省データ参照)。

ここにタブレットやノートパソコンなども含めたら、たぶん2億台以上でしょうね。

さらに世界中となると100億台を超えてくるんじゃないかと思います。

でもインターネットの世界では、それらすべての端末に固有の識別番号を割り振れるほど余裕がなかったりします。

そのため、IPアドレスはころころ変わっています。

 

WiMAXで使用中のIPアドレスを変更するには?

通常なら、使うときにプライベートIPアドレスを取得し、これをルーターなどの機器でグローバルIPアドレスに変換すればインターネットに接続できます。

ただグローバルIPアドレスサービスを利用していないなら、電源を入れ直せば変わっていきます。

なにかのネットサービスを利用するとき、2回目の登録をはじかれた経験がある人もいるのでは?

私も諸事情で無料ブログを2つ作ろうとしたときにダメだったことがあります。

それはサービス提供側が同じIPアドレスからのアクセスかどうかチェックし、二重に登録できないようしているからです。

でもWiMAXルーターは電源を切って入れ直せば、それまで割り振られていたIPアドレスが変わります。

すると、もう一度同じサービスに登録できてしまったりするわけです。

このようにプライベートIPの変更は簡単で、ルーター再起動で変わらないってことはまずとありません。

 

今使われているWiMAXのIPアドレスを確認する方法は?

IPアドレスの確認方法はいろいろありますが、パソコン用のOSでは確認方法が最初から搭載されています。

またLinuxディストリビューションなどのOSでは、ifconfigコマンドで確認できます。

って「なんじゃそれ?」な感じですね(汗)

で、肝心のWiMAXの場合、つなげているスマホなどの端末でブラウザを開き、WiMAXルーターの設定ページにアクセスすればIPアドレスを確認できます。

ファーウェイ製品の設定ページ

  • 携帯型モデル
    ⇒http://www.speedwifi-next.home/html/login.htm
  • 固定設置型モデル
    ⇒http://speedwifi.home/html/login.htm

NECプラットフォームズ製品の場合は、各端末の取扱説明書に設定ページURLが掲載されているので確認してください。

スマートフォンでの確認方法

スマートフォンを使っていてWi-FiでWiMAXルーターに接続しているなら、スマホのIPアドレスは、モバイルルーターを起点に振り分けられます。

確認方法は、スマートフォン向けOSの設定画面で、無線とネットワークの項目から現在接続しているネットワークの項目をタップればIPアドレスを確認できます。

WiMAXのグローバルIPアドレスは動的IPなので再起動すれば変更でき、これはプライベートアドレスと同じ挙動です。

動的IPから固定IPへの変更を行う場合は、ブラウザ上で設定ツールを起動させて、そこから再度固定IPの設定を行えば良いでしょう。

 

こんな使い方ならIPアドレスにこだわらなくてもOKです

通常利用でインターネットに接続するだけなら、グローバルIPアドレスを取得する必要はなく、プライベートIPアドレスでインターネットにつなげられます。

オンラインサービスやSNSなどを利用したり、オンラインショッピングをするくらいならこれでまったく問題ありません。

どの回線事業者もモバイル回線に関してはそのような運用方法を採用しています。

ただ、上の固定IPの項目でも紹介したように、自宅PCに外出先からアクセスしたり、サーバをネット上に公開する場合はグローバルIPが必要です。

グローバルIPはインターネット上での住所に相当するもので確実に利用者が分かる仕組みですが、プライベートIPだと固定されていないので、ルーターを再起動する度にアドレスが変わってしまいサーバ用途などには向いていません。

プライベートとグローバルは、用途によって使い分けていく事が出来ますので、WiMAXユーザーは自分の用途に応じてグローバルIPオプションを契約するのかどうかを考えてサービスを使っていきましょう。

とはいえグローバルIPを使うなら、安定性に欠けるWiMAXのようなワイヤレス回線より光回線などの固定回線を使ったほうがいいんですけどね。

 

まとめ

WiMAXでネット接続しているときのIPアドレスの確認方法や変更方法について解説しました。

インターネットでさまざまなサービスを使うには、当然ですがインターネットに接続する必要があります。

そのインターネット接続に必要になってくるのがインターネットプロトコルアドレスで、グローバルとプライベートといった2つのタイプのアドレスが存在しています。

監視カメラ運用などでアドレスを同じものにしたい場合はグローバルIPアドレスオプションを利用しましょう。

普通にインターネット接続するだけならプライベートIPアドレスで構いません。

用途に応じてアドレスを使い分ける事もできるので、環境に応じて選択していきましょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました