WiMAXが契約できないことってある?できない原因を解説

WiMAXを契約できない理由

WiMAXの契約には、申し込み後に審査があります。

審査で落ちてしまうと契約は不可能となり、申し込みをしてもWiMAXは使えません。

仕事などで利用を考えていた人にとっては、審査に落ちて契約できない事態になると大きな痛手になるでしょう。

具体的に「〇〇〇〇だと審査に落ちる」といった理由は公開されていないのでわかりませんが、審査落ちする原因は過去の事例・体験談などから推測できます。

そこでWiMAXが契約できない・審査に通らないパターン・原因についてまとめました。

審査落ち?WiMAX契約ができない原因とは?

審査の特徴は次のとおりです↓

  • 口座振替よりクレジットカードは審査を通過しやすい
  • 過去に料金滞納・不払いがある
  • 過去に破産宣告・自己破産している
  • 過去にWiMAX契約で強制退会させられている
  • 申し込み時の個人情報が異なる

口座振替よりクレジットカードは審査を通過しやすい

たとえば料金の支払い方法もその一つで、口座支払いにしていると落ちやすいといわれています。

反対にクレジットカード払いなら落ちにくいとされ、ほぼ通過するといわれているほどです。

料金の支払いでクレジットカード払いを選択すると通過しやすいとされる理由は、信販会社の審査をすでに受けているからです。

クレジットカードに申し込みをしたときには、信販会社が行う審査の基準をクリアしなければいけません。

そのため料金の支払いでクレジットカードを選んだ人は信頼性が高いとされ、WiMAXの審査も通過しやすくなります。

口座支払いを選んだ場合は、信頼性が担保されていないので基準が厳しくなります。

その結果ハードルが上がってしまい、契約できない人がいると考えられるでしょう。

確実に審査をクリアしたいなら、料金の支払いはクレジットカードを選ぶのがベストです。

通過できる可能性が高まるだけではなく、最短1日で結果がわかるメリットもあります。

過去に料金滞納・不払いがある

過去に電気やガスなどの公共料金、インターネットのプロバイダ料金に携帯電話の料金を滞納した経験がある人も、審査には落ちやすいです。

公共料金の滞納を繰り返す人は、収入が低く支払い能力もないと判断されます。

支払い能力が低い人の利用を認めると毎月料金を払ってくれない可能性があり、経営が苦しくなる可能性も高まるので、審査の段階で過去に延滞を繰り返している人は弾かれてしまいます。

同じような理由として挙げられるのは、キャッシングやカードローンです。

現在は簡単に申し込みが可能で借り入れも簡単なので、キャッシングやカードローンを利用する人は増えています。

キャッシングやカードローンも、適切に借り入れして返済していれば問題ありません。

しかし公共料金や携帯電話料金のように、過去にキャッシングやカードローンの返済で延滞した経験があると、同じようにマイナスとなり審査に通過できない確率は高まります。

延滞の経験がある人は同じことを繰り返す傾向にあるので、申し込みを認めるのに慎重になってしまうわけです。

このように過去の延滞まで丁寧に調べているため、WiMAXの審査では信用情報機関に照会して申込者の金融事故を調べています。

公共料金やキャッシング、カードローンの延滞だけではなくクレジットカードの支払いも対象になるので、過去5年程度の間に金融事故を起こしている場合は審査に落ちる可能性が高いです。

過去に破産宣告・自己破産している

WiMAX契約できない理由 自己破産

自己破産などをした過去がある、いわゆるブラックリストに掲載されている人は、契約できない可能性が高いでしょう。

過去にWiMAX契約で強制退会させられている

支払い方法や信用情報の他にも、申し込みをしても利用できない原因はあります。

たとえば過去にWiMAXを利用していて、料金の延滞を繰り返すなどが原因で強制退会させられている場合は、再度申し込みをしても認められる可能性は低いです。

以前とは異なるプロバイダにしても認められないので、利用規約に違反してはいけません。

申し込み時の個人情報が異なる

WiMAXを契約できない理由 個人情報入力ミス

上の4つの項目をすべてクリアしている支払い能力に全く問題ない人でも、ちょっとしたミスで落ちてしまうケースはあります。

申込時には名前や住所、生年月日などの情報を書類に記入しなければいけません。

これらの申込書類に記入した内容と本人確認書類との間に違いがあると、審査に落ちる原因になります。

名前や生年月日を間違えてしまう可能性は限りなく低く、通常は起こりえないでしょう。

【注意点1】引越ししたときの住所に気を付けよう

でも住所に関しては引越しのタイミングで申し込みをすると、本人確認書類と異なってしまう可能性があります。

引越しをしたタイミングで申し込みをするときには、本人確認書類の住所は今一度確認しておきましょう。

とくに新生活シーズンは引越し先でのインターネット回線を確保するためにWiMAXを契約する人も多いはず。

入力は新住所でも、確認書類は旧住所のままだったりしませんか?

このような記入ミスで審査に落ちてしまうのはもったいないので、書類を提出する前には全ての情報が正しいのか入念にチェックしてください。

【注意点2】書類の有効期限を確認しよう

本人確認書類をチェックするときには、住所の他に有効期限も確認しなければいけません。

運転免許証やパスポートなどには有効期限が設けられており、過ぎていると本人確認書類として使えません。

有効期限を確認し過ぎていたり間近に迫っているなら、新しい本人確認書類を用意してから申し込むと良いでしょう。

ちなみに有効期限がある本人確認書類は、

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 特別永住権
  4. 健康保険証と補助書類

の4つあります。

WiMAXの審査を確実に通過したいなら、支払い方法にはクレジットカードを選び提出する書類の内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

この2点をしっかりと守っておけば、過去に延滞を繰り返すなどの金融事故を起こしていない限り、契約できない原因はほぼすべてなくなります。

 

まとめ

WiMAXを契約できないときの原因をまとめました。

お金の支払いが発生する契約である以上、契約者の支払い能力をチェックされます。

クレジットカード払いならカード作成時の審査をクリアしていることもあってスムーズに契約できるはずです。

でもそれ以外の決済手段では毎月の利用料金が支払えるかチェックが入ります。

また過去に滞納、破産宣告などの金銭トラブルがある人も契約できないパターンがみられます。

いづれにしても、支払い能力がしっかりあるかどうか?ですね。

WiMAXを契約できないってことは他社も無理かもしれませんし、コンビニなどのフリーWi-Fiを活用するか、レンタルサービスで借りられないかチェックするくらいでしょう。

あまり規模の大きくない業者で申し込めば可能性があるかもしれませんが、ここでは何とも言えません。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

いま選ぶべきモデル&最安プロバイダがわかります
WiMAXプロバイダ比較