WiMAXのわからないを解決!契約先プロバイダやパスワード、解約方法は?

WiMAXのわからない部分をまとめて解説

すでに契約件数が日本総人口の約4分の1、3000万件以上あるWiMAX(ワイマックス)ですが、WiMAXという言葉を聞いたことはあるけど実際どんなものなの?って人もまだまだいるんじゃないでしょうか。

またWiMAXについてよくわからないまま契約してる人なら、

  • IDがわからない(泣)
  • パスワードがわからない(泣)
  • 契約先プロバイダがわからない(泣)

なんて状態になっているのでは?

ここではそんなWiMAXビギナーの「わからない」を解決するために、1つひとつ解説していきます。

WiMAXの「わからない」あれこれを解説!

次のポイントに注目して解説していきます。

  1. そもそもWiMAXが何のことかわからない
  2. WiMAXは何故人気なのかわからない
  3. WiMAXの契約先プロバイダがわからない
  4. WiMAXの接続の仕方がわからない
  5. パスワードやIDがわからない
  6. 解約方法がわからない

 

わからない度レベル1
「そもそもWiMAXが何のことかわからない」

WiMAXというのはKDDI系のUQコミュニケーションズ株式会社が展開しているWi-Fiルーターサービスのことですが、わかりにくければ家の外でもインターネットが使えるサービスと思っておけばOKです。

スマホやケータイも外でインターネットに繋がりますよね?WiMAXも似たような電波を使って通信しています。

「じゃあスマホ持ってるしWiMAXなんていらないんじゃないの?」と思うかも知れません。

が、もともとアンテナを搭載し通信回線に自分で繋げられるスマートフォン・ケータイは別として、タブレット端末やノートパソコンなどは基本的にWi-Fi環境の無い場所では自分だけの力でネット接続できません。

たとえばノートパソコンをカフェに持って行って仕事をするときには、カフェに無料Wi-Fi環境があるか、スマートフォンでテザリングするなど、別のものを利用しないとインターネットに繋げないわけです。

でもWiMAXを契約していれば、それらがなくても外でインターネット接続できます。

日本ではまだまだ公共のWi-Fi環境が整えられていないので、いつでもどこでもインターネットをするには便利なサービスと言えるでしょう。

ちなみにWiMAXには外で使う用と家用の機種が用意されています。

外用は外でも家でも使えますが、WiMAX機器とその他端末(パソコンなど)を繋ぐWi-Fi電波が弱め。

外用でいま一番人気はこれ
イチ推し!W05の特徴をとことん解説!

家用の機種は、外で使えないもののコンセント直結で電力強めなので、Wi-Fi電波の出力が強くけっこう遠くまで繋げられるメリットが有り。

家用の一番人気はこれ
大人気!L01sの特徴を解説!

 

わからない度レベル2
「WiMAXは何故人気なのかわからない」

外でインターネットに接続する方法はこのWiMAXだけではありません。

他のポケットWi-Fiを契約したり、スマホのテザリングを使う方法もあります。

ただWiMAXには人気を確固たるものにした通信制限がない使い放題プラン「ギガ放題プラン」があるんです。

一般的に外で接続するタイプのモバイルWi-Fiルーターには快適な速度で接続できる容量が限定されていて、それを超えると大幅に通信速度が下がってしまいます。

通信速度が下がった状態ではまともな画質で動画を観ることすら難しいですし、重めのページを開くのも大変です。

外で動画の視聴をしたことがあるならわかるかもしれませんが、データ容量が大きな通信をするとすぐに速度制限されてしまうことがあります。

でもWiMAXのギガ放題プランなら、使える容量制限を気にせずに外で動画視聴や大量ダウンロードなどが出来ます。

このプランの存在がワイマックスを一気に人気通信サービスへと押し上げたといっても過言ではありません。

 

わからない度レベル3
「WiMAXの契約先プロバイダがわからない」

他社のモバイルWi-Fiルーターと違い、WiMAXには代理店がたくさんあります。

WiMAX運営元の公式サイトの掲載されているだけでも20社以上。

よくわからないまま契約した人だと、全部一緒の会社だと思っている人もいるんじゃないでしょうか。

そこで契約先プロバイダ名の調べ方を紹介しておきます。

支払履歴を確認する

契約先プロバイダの確認方法ですが、銀行振込の人は通帳をチェックしましょう。

クレジットカード払いの人はその明細をチェック。

そうすればプロバイダ名か運営会社の名称で載ってます。

プロバイダ名じゃない場合、ネットで「WiMAX+運営会社名」と検索すれば出てくるでしょう。

UQWiMAXに問い合わせる

「契約先プロバイダがわからない!(汗)」って人が多かったのか、運営元のUQWiMAXで窓口ができました。

問い合わせる前に次の3つを準備しておきましょう。

  1. 契約者名
  2. 連絡先電話番号
  3. 暗証番号か、生年月日または契約先住所
UQWiMAXの問い合わせ先

0120-929-818
(9:00~21:00/年中無休)

 

わからない度レベル4
「WiMAXの接続の仕方がわからない」

WiMAXと契約するとWiMAXルーター本体が送られてきます。

一緒にWiMAX電波につなげてくれるSIMカードってのとバッテリー(モバイルタイプのみ)が入ってるので機種にセットしましょう。

そしてまずはこのルーターを充電しておきましょう。

充電完了したらいよいよ接続です。

取扱説明書を見ながらルーターのセットアップを済ませましょう。

「早くも説明書を失くしちゃった!」なんて人は、「機種名+説明書」で検索すれば出てきますんで、ダウンロードしてくださいね。

・・・で終わってもいいんですが、「いやいや、ここで解説せーよ!」って人もいると思うので簡単に。

といってもWiMAX機種側でやることは電源オンするくらい。

あとは繋げたいスマホやタブレットなどの接続したい機器側を操作します。

繋げたい端末のWi-Fi接続ページを開くと受信しているWi-Fi電波のリストがずらーっと出てくるので、WiMAXルーターのID(ネットワーク名や機種名)を選んでパスワードを入力するだけです。

パスワードはけっこう複雑なので「O(アルファベットのオー)」「0(数字のゼロ)」や「l(小文字アルファベットのエル)」「I(大文字アルファベットのアイ)」などの違いに注意します。

パスワードの入力は基本的に1回すれば後はしなくて良くなりますが、接続する端末側を初期化したりすると再びパスワード入力する必要があります。

 

わからない度レベル5
「パスワードやIDがわからない」

上で解説しましたが、説明書を見ながら無事セットアップが完了したら、WiMAXでネット接続したい機種(スマホやタブレットなど)側でWiMAXルーターのIDとパスワードを入力することになります。

ID(端末の名前)は接続する側の端末で勝手に見つけてくれるので、その中から選ぶだけ。

WiMAXルーターの電源が入っていればリストアップされてるはずです。

で、IDとパスワードは、たいてい取扱説明書が入ってる袋と一緒にパスワードが書かれてるシールが入ってるはず。

失くしてしまった、中古で買って付いてないって人は、機種本体の「情報」ページに表示されてます。

【参考例】W04のIDとパスワード

W04のIDとパスワード画面

だいたいWiMAX機種名が含まれたID名称になってるので、選ぶときはわかりやすいはず。

 

わからない度レベル6
「解約方法がわからない」

契約したWiMAXプロバイダによって違いますが、電話で問い合わせるところと会員ページからできるところがあるので、該当する方法で解約しましょう。

関連記事
WiMAXプロバイダの問い合わせ先一覧&解約方法まとめ

そしてWiMAX最大の注意点といえるのが、解約のタイミングです。

基本的にWiMAXは縛り契約になっていますが、解約するだけならいつでもできます。

なんですが、タイミング次第で高額な違約金が発生するのがネックなんですよね。

違約金を発生させずに解約するには2年縛り契約なら25か月目、3年縛りなら37ヶ月目まで待つことになります。

たとえば23ヶ月目で解約するより25カ月目で契約解除した方がトータル料金が安くなるので気をつけたいですね。

契約期間を知るには?

会員ページにログインすれば載ってるはずですが、たぶんそれもわからない人がこのページを見てるはず。

となると契約先プロバイダに直接問い合わせるのが確実です。

明細から調べるのも面倒ですからね。

問い合わせ先は上の項目にあるプロバイダ問い合わせ先一覧ページを見てもらえれば。

 

まとめ

WiMAXビギナーが戸惑いがちな「わからない」のポイントを解説してみました。

「わからないレベル」とかそれらしく付けてみましたが、そんなに深い意味はありません(汗)

これでたぶんWiMAXについての「わからない」はだいたいカバーできたはず。

参考にしてもらえれば幸いです。

 

[記事下]