UQ Flatツープラスの種類やギガ放題プランと比較 どんな人におすすめ?

WiMAX2+のフラット(UQ Flatツープラス)プランはどんな人にいいの?

WiMAX2+を契約するときのプランは、大きく分けると「ギガ放題」と「フラット」の2種類あります。「フラット」は本家UQWiMAXでは「UQ Flatツープラス」、「ギガ放題」は「UQ Flatツープラスギガ放題」って名前です。

そしてきっとほとんどの人が「ギガ放題」プランにするんじゃないでしょうか。WiMAXプロバイダを見てみるとそっちのほうが割引など優遇されてますしお得感ありますんで。月あたりのデータ通信量も制限ないからストレスフリーですしね。光回線の代わりを考えてるなら「ギガ放題」しかないでしょう。

で、フラットプランの特徴は次の通りです。

WiMAX2+「フラット」プラン(UQ Flatツープラス)の特徴

  • 月間通信量は7GBまで。超えると速度制限あり。
  • 月額料金は4196円ですが、割引されて3696円。

「ギガ放題」との違いはこれだけ。

最大のメリットは料金ですね。というかこれしかありません。

ザッとですが、メインどころWiMAX2+プロバイダの2年契約時のトータル金額を比較してみるとこんな感じでした。

※料金は2016年9月時点で計算したもので、独自プランがある場合はランダムにピックアップしてますんで、こんな感じか~くらいに思って頂ければ幸いです

プロバイダギガ放題フラット差額
UQWiMAX1037528870415048円
Broad WiMAX1037508868015070円
とくとくBB1010048661614388円
BIGLOBE1037508868015070円
@nifty1030408808014960円
So-net993508868010670円

とりあえず15000円くらい差があるのがわかるかと思います。2年で、なので年間7500円ほど。個人的にはたった7500円だすだけで使い放題なら出します。でも月7GBあきらかに使わないって人にはフラットプランがいいですね。

あとこれ、キャッシュバック額は入ってないため、この表で一番安いプロバイダはわかりませんのであしからず。

 

というわけで、WiMAX2+フラットプランはこんな人におすすめ

  • とことん料金節約したい
  • そんなにネット使わないけど一応ルーターを持っておきたい
  • 毎月きっちり通信容量を管理できる
  • 7GBオーバーし、超低速回線になっても問題ない

「管理苦手!」「動画いっぱい観たい!」って人は「ギガ放題」プランにしましょう。

 

UQ Flatツープラスをもっと詳しく解説!種類や縛り期間、料金、制限などについて

UQ FlatツープラスはUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているサービスです。UQ Flatツープラスには大きく分けて2つの種類がありますが、さらに料金プランでは5つの種類に分けることができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

UQ Flatツープラスギガ放題は契約年数で2年と3年に分けています。どちらも月額料金は4380円となり、通信量は月間データ量に上限がなく制限が設定されていません、LTEオプション料に関しては2年契約の場合は月額1005円に設定されているのに対して、3年契約は無料で利用できるようになっています。auスマートバリューmineは月割引が最大1000円とお得です。

ギガ放題2年は月額4380円ですが、新規で契約した方限定で最大3カ月間利用料金が3696円になるという割引サービスを実施しています。ギガ放題2年のポイントは超速ネットがたっぷり使えることや最大3ヶ月間得になること、月ごとの変更に対応しているので気軽に利用できるという点が挙げられます。

一方のギガ放題3年はUQコミュニケーションズが最もおすすめしているプランであり、LTEオプションの1005円が無料になるためメリットが大きいでしょう。ギガ放題はどちらも月間データ量に制限がないため、たっぷり使いたい方に適しています。

通信量はそれほど多くないので毎月の出費を抑えたいという方にはUQ Flatツープラスの3プランがおすすめです。2年、3年、4年の3つに分かれていますが、どちらを選んでも月額3696円で利用できます。通信量はギガ放題に上限が設定されていないのに対して月間7GBという制限があるため、7GB以内で収まる方にとってはお得な内容と言えるでしょう。LTEオプション料は2年プランだけが月額1005円となりますが、3年と4年は無料で利用できます。

長期の契約を希望する方はUQ Flatツープラス4年を選ぶといいでしょう。こちらのサービス内容は基本使用料が4196円となりますが、おトク割と長期利用割引が適用されるためずっと500円が割引されます。つまり総額3696円ですから、手頃な料金で利用したい方に最適です。さらにauスマホやauケータイを利用している方は月額最大1000円がお得になります。申し込みが不要なLTEオプションは、LTE対応機種でハイスピードプラスエリアモードに切り替えるとつながりやすいau4GLTE通信が利用できるという便利なオプションです。例えば地下鉄に乗っているときや地下街でショッピングをしているときなど、通常ならつながりにくい場所にいても安心です。

契約する際は登録料として3000円が別途必要になり、申し込み手続きが完了した翌月の請求となります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として49ヶ月間となり、49ヶ月目が契約満了月になります。契約期間満了のタイミングで解約の申し出がない場合はさらに4年間の契約が自動更新となるため、契約期間については意識しておくといいでしょう。

契約期間満了月の末日か翌月以外に解約した場合などは契約解除料が発生します。解除料は契約期間によって異なりますが、課金開始日を含む月から最初の13ヶ月の間は19000円を支払うことになります。なお14ヶ月目から25ヶ月目なら14000円、26ヶ月以降になると9500円の解除料を支払います。

4年プランを選んだ場合の特典として適用されるおトク割ですが、UQコミュニケーションズが指定するWiMAX機器をご購入すると同時に契約期間を設定したときに適用される割引制度になっています。課金開始日を含む月が1ヶ月目となり、49ヶ月間継続して割引されるので大変お得な制度と言えるでしょう。月の途中で加入したり解約したときの割引については、実際に利用した日数分の日割額が適用されます。

もう一つの割引制度である長期利用割引は、おトク割の適用期間が満了した後も長期利用割引が適用されるため毎月の料金が変わることはありません。

便利なオプションサービスには端末補償サービスやユーネクストなどがあるので、それぞれの魅力を確認しておきましょう。端末補償サービスとはWiMAX機器が故障したり盗難や紛失などのトラブルに遭った場合に利用できるサービスです。同一機種、同一色のリフレッシュ品を申し込みの際に登録した住所に届けてくれます。リフレッシュ品とは利用者から回収した製品に故障修理やカバーの交換などを行ったものであり、新品同様の状態で利用できます。ただ自然故障以外のトラブルに関しては、加入してから14日以内に利用することはできないため注意が必要です。端末補償サービスは申し込みが必要なオプションで、月額380円で利用できます。

ユーネクストは映画やドラマを楽しみたい方におすすめのオプションで、月額1990円とリーズナブルな料金設定が実現しています。

UQ Flatツープラス(7GB/月)プランはどんな人におすすめ?

スマートフォンを安く利用できるサービスと言えばMVNOです。日本では数多くのMVNOがあるのですが、特にオススメなのがUQコミュニケーションズと言えるでしょう。こちらは10週年を迎えているサービスでお得に利用できるUQ Flatツープラスが用意されています。
どんな人にオススメなのかというとあまり通信をしない人で月額料金を抑えたい人に適しているプランです。月額7GBで3696円の料金設定となっています。基本料金は3年契約だと4196円でUQ Flatツープラスおトク割&長期利用割引が適用されて、ずっと500円/月の割引サービスが適用されるシステムです。
またauのスマートフォンやケータイを使いたい人におすすめのプランとなっています。wimax2プラス対応ルーター等とauスマートフォンケータイをセットで手に入れるとスマホとケータイの利用料金が最大1000円引きになるメリットもあるプランです。
2年割を利用するとLTEオプションとして毎月1005円発生しますが、3年割りだと無料にしてくれる特典付きとなっています。対象となる料金プランはUQ Flatツープラスのギガ放題3年と通常の3年契約、4年契約ですLTE対応機種を使うとハイスピードプラスエリアモードに切り替えをする事が可能です。
とにかく安くスマートフォンを使いたい、auのスマートフォンを手に入れる予定のある人にオススメのプランと言えるでしょう。

UQ Flatツープラスギガ放題プランはどんな人におすすめ?

インターネットをたっぷり使いたい、そんな人におすすめのサービスがUQコミュニケーションズの行っているUQ Flatツープラスギガ放題です。これは今まで設定されていた通信制限を気にする必要がないプランで、定額でインターネットを使いたい放題となっています。料金を安くしたいけれど通信制限を気にしたくないという贅沢な悩みを持つ人におすすめです。
大容量の高速通信でも制限がないため、ゲームも遊び放題で動画も見放題の魅力的な内容をしています。UQコミュニケーションズの行っているライトプランだと7GBの制限がかかっているので、多くの通信をしたい人に良いのがわかるでしょう。最大440Mbpsを誇る高速通信により遅延無しで動画も視聴可能です。
料金もお得でギガ放題プランは最大3ヶ月間ライトプランと同様の月額料金で利用できます。通常料金は3411円で期間中は2726円での利用ができる内容です。ライトプランとギガ放題プランは自由にプラン変更をする事ができるので、ライフスタイルに応じた融通の利くサービスとなっています。
普通のプランならハイスピードプラスエリアモードを使うと1004円の追加料金が発生する仕組みです。3年プランを適用すれば1004円を支払う必要はなくハイスピードプラスエリアモードが使い放題なのでおすすめといえます。
とにかく高速の大容量通信を格安で利用したい人に良いのでギガ放題プランを検討してみるといいでしょう。

UQ Flatツープラスのハート割ってどんなもの?

UQコミュニケーションズは格安でスマートフォンを使う事ができるMVNOです。ここではUQ Flatツープラスと呼ばれるものが用意されていて通信量が控えめで料金を安くしたい方にいいでしょう。月額料金は7GB利用しても3696円と大手に比べるとかなり安価な金額を実現しています。
LTEオプション料金として1005円かかりますが、UQ Flatツープラスでは無料にしてくれるのがメリットです。料金プランも複数用意されているのですが、変更は自由となっています。通常プランの他にハート割と呼ばれるサービスもあるので知っておくと良いです。ハート割は障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をもっている人を対象にしたもので、ギガ放題の2年と3年や通常プランで利用できます。
普通にUQコミュニケーションズのプランを利用するよりもお得なので手帳を持っている人は検討してみるといいでしょう。月額料金から381円の割引が適用される、ギガ放題なら4380円が3999円で利用可能となっています。さらにauのスマートフォンを同時に利用している場合はauスマートバリューmineの割引も利用できるのが特徴です。そうするとauスマホが最大934円割引されるので、もっとお得に利用できるようになるのがポイントといえます。
3年契約と2年契約の違いはLTEオプションの無料利用ができるところです。2年契約にすると月一回でも使用すると月額1005円かかるので3年契約を利用した方がお得となっています。通常プラントハート割が適用されるプランの大きな違いは割引されるかどうかです。それ以外のサービスは一緒で新規契約の場合はどちらのプランを使っても登録料金は発生します。
通信サービスの速度や機能性も全く同じなので手帳を持っていない人は気にするほどではないです。手続きをする時は本人確認書類と対応する手帳が必要となっています。住民票や公共料金領収書も必要なので準備しておきましょう。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由