WiMAX2+ 5GHz帯対応の端末一覧と5GHzと2.4GHz帯の違い

WiMAX2+ 5GHz帯対応の端末一覧と5GHzと2.4GHz帯の違い

WiMAX2+ルーターはサービス開始から数年と若く、これからって端末です。

WiMAXの契約者数は2000万件以上とかなりの数で、まだWiMAX無印用ルーターを使ってる人もいるんじゃないでしょうか。

最大速度も上がり続けていますし、今後も新しいモデルが出続けることでしょう。

で、WiMAX2+ルーターはネットに繋ぎたい端末(スマホなど)とのやりとりを主に無線(以後Wi-Fi)でします。

このWi-Fi電波には2種類あり、機種設定で切り替えられます。

 

そこで、この2種類のWi-Fi電波それぞれの特徴や違いを調べてみました。

Wi-Fiの2つの帯域 2.4GHz/5GHz は何が違う?

Wi-Fiには2つの帯域が使われていて、2.4GHz と 5GHz があります。

帯域とは道路幅みたいなもので、大きければよりたくさんの物資を積んだトラックを走らせられる=データ通信速度が速くなります。

また、2.4GHz帯は身近にある家電などが使っていることも多く混雑してることも。

すると道路が渋滞する=データ通信速度が遅くなります。

それに対して5GHz帯はまだ使ってる機器が少ないので邪魔するものがなく安定した通信が可能です。

5GHzは2.4GHzに比べて障害物に弱いっていうデメリットもありますが、WiMAX2+ルーターを使う人はたいてい身近において使うはず。問題ないでしょう。

 

それぞれの違いをもっと詳しく調べてみました。

Wi-Fi 5GHz帯の特性と利用時の注意点

Wi-Fiの5GHz帯を利用した規格には下り最大54MbpsのIEEE802.11aから、下り最大6.9GbpsのIEEE802.11acまでの規格があります。

何と言ってもその高速通信が大きな特長で、電波条件さえ良ければ無線による伝送部分がボトルネックになる事無く、ギガビット単位の伝送速度を持つ光ファイバーなどの固定回線のスペックをそのまま活かす事が可能です。

2.4GHz帯を利用するWi-Fiの場合は、電子レンジやBluetoohなどの機器が発する電波と干渉して伝送速度の著しい低下やネットワークが途切れると言ったトラブルが頻発してしまう事がありましたが、5GHz帯の場合はそれらの周波数と一切干渉しないため、同一のフロアや建物にそれらの機器が混在していてもネットワークの速度や安定性についてお互いに影響を与える事がありません。

5GHz帯のWi-Fi機器で高速通信を実現できる一方でトレードオフとなる大きな課題が障害物に弱いと言う特性です。

5GHz帯は2.4GHz帯と比較して直進性が高く見通しの良い同一フロアに親機と子機を設置すれば快適な高速通信を利用できますが、電波を遮る壁があったり1階と2階でフロアを跨ぐなどの場合は速度低下や接続そのものが滞るというケースもあります。

このような特性から、5GHz帯のWi-Fiルーターでベストな通信速度を安定的に得るためにも親機と子機を見通しの良い同一フロアで利用するのがいちばんです。

やむを得ず壁やフロアを挟んで接続する場合は、5GHz帯の弱点をフォローするコンセプトのWi-Fiルーターを利用する事で改善できる可能性があります。

  • 電波強度を増強するハイパワーモデル
  • 親機と子機を複数のアンテナで結び接続性を高めるMU-MIMO
  • 遠距離でも対応端末の位置を狙って直線的に信号を届けるビームフォーミング
  • 複数の可動式のアンテナを搭載してあらゆる角度の電波を送受信できるモデル

など、弱点を補ってくれるWi-Fiルーターを選びましょう。

もうひとつの課題は互換性とコストの問題です。

5GHz帯は新たな規格のため同規格の製品は古くからある2.4GHz帯の機器と比較して種類が少なく、価格もやや高めになっています。

 

Wi-Fi 2.4GHz帯の特性と利用時の注意点

Wi-Fiの2.4GHz帯には下り最大11MbpsのIEEE802.11bから、下り最大300MbpsのIEEE802.11nまでの規格があります。

1997年から1999年にかけて正式な仕様が制定されて以降、幅広く普及している事から対応機器の価格も比較的リーズナブルであるのに加えて、その後にリリースされた最新のモデルでも多くは下位互換で2.4GHz帯を利用できるモードを搭載しているため、古い機器との間でも互換性が高いのも大きなメリットです。

2.4GHz帯は障害物にも強く、電波状況さえ良ければ例えば1階にWi-Fiルータを設置して2階のタブレット端末からネットワークを利用するなどフロアを跨いで利用する事も可能です。

そのような事情からも2.4GHz帯はまだまだ健在で、ギガビット単位の高速規格が次々と登場している昨今でも電波強度を優先して2.4GHz帯を敢えて選択するケースも少なくありません。

その一方で大きな課題となるのが電波干渉の問題で、利用環境には注意しなければなりません。

Wi-Fiの2.4GHz帯と全く同じ周波数帯を発する機器の代表格には電子レンジがあり、調理を始めるとWi-Fiの速度が著しく低下したり最悪の場合はネットワークが途切れてしまう事もあります。

その他にもUSBレシーバーを利用するような無線キーボードやワイヤレスマウス、スマートフォンやタブレットに多く採用されているBluetoothも2.4GHz帯を利用しています。

それらの機器を使用せざるを得ない場合の対策はWi-Fiルータや影響の出た機器から距離を取る必要があり、USBレシーバーはパソコン本体のUSB端子ではなく、延長ケーブルを接続して無線キーボードやワイヤレスマウスのすぐ近くに設置するのが最も効果的な方法です。

それでも問題が解決できなかった場合は、2.4GHz以外の周波数帯を使用する機器や有線接続の機器の導入も視野に入れて検討する必要があります。

 

それぞれのメリット・デメリットを紹介してきましたが、速度面での快適性は5GHzが上

それなら5GHzに対応してる方がいいと思いません?

というわけで、今手に入るWiMAXルーター端末でWi-Fi(5GHz帯)に対応したものを調べてみました。

5GHz帯に対応したWiMAXルーター一覧

メーカー端末名5GHz対応IEEE802.11
対応規格
NECWX03ac/n/a
WX02ac/n/a
WX01ac/n/a
NAD11ac/n/a
HuaweiW04ac/n/a
W03ac/n/a
W02ac/n/a
W01ac/n/a
HWD15a/b/g/n
受信だけOK
HWD14×
L01ac/n/a
シンセイ
コーポレーション
novas-Home+CAa/n/ac
URoad-Home2+a/n/ac
URoad-StickWi-Fiなし

注意したいのは中古を買って使おうと思ってる人。

これからWiMAXを提供しているプロバイダで契約する予定なら好きなものを選んで大丈夫です。

契約するのはまず間違いなく最新機種のどれかになるはずですし、対応してない端末はそもそも選べないので特に気にする必要もありません。

あと、5GHz帯は電波法の関係で屋内でしか使えないのでご注意下さい。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由