WiMAXの2台目をおトクに契約するならどこがいい?

WiMAXの2台目をおトクに契約するならどこがいい?

WiMAXルーターを2台契約するシチュエーションってあまり思い浮かびませんが、家族で契約して別々に使いたいパターンはけっこうあるんじゃないかと思います。

そんなとき2台目割引があるプロバイダさんだと助かるんですけど、残念ながらWiMAX2+ではみつかりませんでした(汗)。

UQWiMAXがやってる「ファミ得パック」を見つけて一瞬喜んだものの、WiMAX(無印)時代のプランで2+はNGとわかってガックリ。

というわけで、2台目をおトクに契約したいな~って人は、1台目と同じように一番安いプロバイダで契約するのがベストです。

 

そこで2年未満で乗り換える派、2年の契約更新月で乗り換える派、長期間使い続ける派でおすすめプロバイダを比較してみました。

【利用期間別】WiMAX2+プロバイダ比較

初期費用3000円、ユニバーサルサービス料などは除外しています。

違約金払ってでも2年未満で乗り換える派はこちら

順位プロバイダ月額料金1年以内
違約金
2年以内
違約金
半年で
解約
1年で
解約
1.5年で
解約
1BroadWiMAX34111900014000374115287773343
2So-net36801900014000410806316080240
3とくとくBB
月額割引
33442480024800426026266682730

いろいろなプロバイダでやっているキャッシュバックキャンペーンは受け取り時期が約1年後になるため除外し、月額料金を安くしているコースがあるプロバイダをピックアップしました。

で、解約時の月額料金と違約金の総額を比較するとこの順位に。

「BroadWiMAX」一択です。

公式サイト
BroadWiMAX

 

2年後の契約更新月できっちり乗り換える派はこちら

順位プロバイダ2年合計月額料金キャッシュバック2年総合計
1とくとくBB
キャッシュバック
10100430000前後71004前後
2So-net993502000079350
3BroadWiMAX80494080494

業界最高額のキャッシュバックを出している「とくとくBBキャッシュバックコース」が一番安く使えます。

キャッシュバックは端末ごとに決まっている特殊なプロバイダなので、金額が多くもらえる機種から選ぶと安く使えます。

公式サイト
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

まったり長期間使い続ける派はこちら

順位プロバイダ2年合計
月額料金
キャッシュバック2年総合計3年目~の
月額料金
3年目の
1年間合計
1BroadWiMAX83614083614401148132
2とくとくBB
キャッシュバック
1010043200069004426351156
3DTI1051003000075100430051600

3年目から(26ヶ月目~)の月額料金が安い順になっています。

2年目までの合計では2位、3位が上回ってますが、長く使えば将来的に逆転します。

またキャッシュバックは受け取り方が非常に面倒なため受け取れないリスクあり。

受け取り時期が約1年後なのでわすれてて結局もらえないって人が多数でているようです。

そう考えると毎月の月額料金が安く、3年目からは最安値になる「BroadWiMAX」がおすすめです。

 

2台目を契約するメリットは?

WiMAXは家でも外でも利用することが可能で、スマートフォンやPCなどのデータ通信の利用にも優れた特徴があります。

一番の便利なシチュエーションとしては、まず家でゲームやタブレット、スマートフォン用に1台を設置し、2台目のWiMAXを外での使用として使う方法が存在します。

家と外で使い分けたい時にも重宝されるため、家用と外用と外出しても安心して使用することがメリットです。

もっともWiMAXではプライベートと仕事用の二つの使い分けが可能で、契約を分けて使うことで、その区切りを付ける使い方もできます。

特に鞄に2台目のWiMAXを常に入れたままにしておけば、その鞄を持ち運びするだけで、外でもいつでも取り出せて使うことも可能となります。

よく1台を使いまわしていると忘れたりすることも多いですが、鞄に常時携帯できるため忘れる心配も一切ないお手軽さが魅力。

他にも家族利用で使うことができ、一台を自分が専門的に使い、2台目を他の家族が使うという利用の仕方も可能です。

さらに高度な使い方としては、月の使用量に応じて速度制限が存在する場合には、1台目が速度制限を受けた場合には2台目を速やかに利用する使い方もできます。

1台目と2台目を使い分けることで、より快適なネット環境を手に入れることも可能です。

他にもWiMAXは長時間使用していくと必ずバッテリーが消費されてしまうため、それを充電するための繋ぎなど予備としても利用できるメリットも存在します。

 

2台目契約時にキャンペーンがあるプロバイダは?

インターネットを利用するには、自宅にインターネット回線を引くか、WiMAXのような持ち運びが出来るものを購入するかのどちらかです。

自宅に回線を引く場合は有線でパソコンとつなげることが出来るので、速度が速い快適なWEBブラウジングが可能になります。

WiMAXはどこにでも持ち出せる気軽さがありますが、衝撃で壊れてしまうということが考えられるので注意しましょう。

気になる料金ですが、ほとんど料金の差はないのですが、どちらかというと自宅に引くタイプの方が安い傾向にあります。

しかし、自宅であまりインターネットを使用しない場合はモバイルタイプのWiMAXルーターがお得です。

さらに、WiMAXユーザーであれば、2台目以降の契約時にキャンペーンがあることを知っている人は意外と少ないと思います。

しかし、どのプロバイダでもキャンペーン適用になる訳ではないのです。

各プロバイダは新生活が始める時期や、夏休みのシーズンなど大きなイベントなどがあるときにキャンペーンを行うことが多い傾向があります。なので、新規に契約を結ぶ際は比較サイトなどを利用して自分にとって一番お得なプロバイダと契約するようにしましょう。通信費というのは生活の中で一番減らしたい費用だと思います。住むところにかかるお金や、食べるものに使うお金は簡単に削ることは出来ないですが、通信費は工夫次第で安くすることができます。色々と調べてお得なプロバイダを選びましょう。

 

同じプロバイダで2台契約はできる?割引特典は?

WiMAXを使用していく中で、自宅用と外出用に分けて利用したいシーンもあります。

また家族に分けて使うことができたりすると便利であるため、2台所有していると何かと都合が良い点も多いです。

まず2台でWiMAXの契約を行うことができるかについては、結論から言えば可能となります。

ただ現在はWiMAXとWiMAX2+の二つが存在しますが、従来の2018年に電波を中止されることでWiMAXは新規募集が中止されています。

そのため現在は高速次世代通信のWiMAX2+だけが契約することが可能となり、そのサービスで2台所有を検討する場合には、新規契約を行うことが必要です。

他に従来との違いも見られ、ファミ得パック・機能追加オプションの二つが存在しましたが、それを受けられなくなっています。

ファミ得パック・機能追加オプションは、手続きも簡単に2台目を所有することも可能で、しかも月額の割引などの特典までを受けることができるメリットがあります。

ところがWiMAX2+では新たに契約する必要があるため、このプランでの割引特典などを受けることができないです。

ただ加入時におけるキャンペーン適用を2台目にも受けられる可能性がありますので、特典で選ぶのがベストですね。

 

まとめ

2台目のWiMAX契約するのにおすすめなプロバイダと、便利になるシチュエーションについてまとめました。

2台目は1台目と同じくキャンペーン特典が充実しているところを選びましょう。

WiMAXには3日10GBっていう速度制限があるので、データ通信量がめっちゃ多い人は2台目を持つことで単純に3日20GBまでOKってことに。

これだけ使えれば足りなくなるってことはないんじゃないかと思います。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由