WiMAXでクレジットカード払いOKのプロバイダと使えるクレジットカード会社は?

WiMAX2 クレジットカード払いのプロバイダと使えるクレジットカード会社は?

WiMAX2+を運営しているUQ公式サイトにはサービス提供会社が18社紹介されてます。

この中で、実店舗なしネット契約のみでやってるところは浮いたコストをキャシュバックなどに回してるのでかなりおいしい契約ができます。なので多くの人が選ぶはず。

ただ年齢確認や支払い能力を審査するのは面倒なので、クレジットカード払いなところが多いです。

そこで、この18社の料金支払い方法とクレジットカード払いのときの使える会社をまとめました。

クレジットカードOKのWiMAXプロバイダ

プロバイダが対応しているクレジットカード

プロバイダ支払い方法クレジットカード払いで
使える会社
GMOとくとくBB口座振替
クレジットカード
請求書発行(300円)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
Broad WiMAX口座振替(200円)
クレジットカード
(ベーシックプランはクレカのみ)
VISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
au口座振替
クレジットカード
請求書発行(400円)
auWALLETクレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
ダイナースクラブ
アメリカンエキスプレス
MUFG
UC
DC
ニコス
三井住友カード
セゾン
UC
セディナ
OMC
セントラルファイナンス
イオン
UCS
ゆめカード
エスポカード
エヌシー
ニッセンレン
エスコート
オークス
TOKYU
VIEW
ライフカード
トヨタティーエスキュービック
楽天カード
KCカード
アプラス
オリコ
ジャックス
ポケットカード
UQ WiMAX口座振替
クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
So-net モバイル
WiMAX2+
口座振替
クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
@nifty WiMAX口座振替
クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
AsahiNet口座振替
クレジットカード
VISA
UC
DC
JCB
三菱UFJニコス
AMEX
ダイナース
JACCS
マスターカード
SAISON
J:COM WiMAX口座振替
クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
ダイナース
アメリカンエクスプレス
セゾン
楽天カード
イオンカード
ジャックス
DiS WiMAX口座振替
クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
BIGLOBE WiMAX口座振替
クレジットカード
(WEB申し込みは
一部プランで口座不可)
VISA
JCB
DC
UC
NICOS
UFJ(MUFGカード)
AMEX
DinersClub
オリエント
セゾン
セディナ(OMC)
楽天KC
セディナ(CF)
ティーエスキュービック
AEON(イオン)
UCS
ライフ
JACCS(ジャックス)
マスターカード
NTTグループカード
エポスカード
BIC WiMAX口座振替
クレジットカード
(BIC 1dayはクレカのみ)
JCB
UC
DC
VISA
ダイナース
アメックス
セゾン
オリコ
イオン
ビュー
DTI WiMAX2+クレジットカードVISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
ワイヤレスゲート
Wi-Fi+WiMAX2+
クレジットカードVISA
MasterCard
JCB
アメリカンエクスプレス
ダイナース
KT WiMAXクレジットカードVISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners
YAMADA
Air Mobile
WiMAX
クレジットカードVISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
EDIONクレジットカードJCB
VISA
Master
エディオンカード
100満ぼるどカード
エディオンBtoBカード
PCデポ公式サイトに記載なし
pilina不明不明

有名どころは口座振替にも対応してますし、「GMOとくとくBB」は請求書払いも可能(別途料金かかりますが)。

ほかはクレジットカードメインですが、法人契約なら口座振替可能なプロバイダもあります。

auはさすがに選択肢多いですね~。

でもWiMAX2+をauで契約する旨みがないので他社で契約することになると思いますが、支払い方法の選択肢が多いことも大事な部分。

その点とくとくBBは好印象。

また調べてみた私の主観ですが、公式サイトにわかりやすく書かれてたのも良かったです。

キャッシュバック額は常に業界最高額に設定してますし、それを含めた月額料金は最安値。

ネット上では悪い評判もでてますけど、それはどのプロバイダでも一緒。

個人的にはとくとくBB押しですね。

 

クレジットカード払い契約で得するWiMAXプロバイダとその特典

最も有名で人気にあるモバイルルーターサービスがWiMAX。

WiMAXは基本的にどのプロバイダと契約しても安定した高速通信ができるのですが、プロバイダごとに実施しているキャンペーンや月額基本使用料などが異なります。

よって賢くWiMAXを利用するにはWiMAXプロバイダ選びがかなり大事。

各社いろんなプランやキャンペーンを用意しているので、自分のライフスタイルに合った会社を選ぶことが大事です。

WiMAXの毎月の利用料金の支払い方法については大別すると口座振替による支払いとクレジットカードに決済との2つのパターンに分類できます。

毎月定期的に支払うこととなる料金をクレジットカードで支払えば無理なくカードのポイントを貯めることができて非常にお得に利用できるのですが、WiMAXプロバイダによっては支払い方法をカード決済とした場合により口座振替支払いよりも優遇しているケースが度々見られます。

毎月の料金をカード決済とすることでお得に利用できるWiMAXプロバイダについて確認していきましょう。

特典が魅力的なプロバイダ

GMOとくとくBB WiMAX2+

カードを利用することでお得に利用できるWiMAXプロバイダとして真っ先に挙げられるのが、GMOとくとくBBというプロバイダになります。

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中でもキャッシュバックの金額が高額であることに定評があり、公式サイト経由で契約した場合には30000円以上のキャッシュバックが受け取れることも珍しくありません。

GMOとくとくBBはそもそも毎月の支払い方法がクレジットカードにしか対応しているないのでカードを持っていない場合には契約ができないのですが、もしもクレジットカードを保有していてカード払いでWiMAXの契約を検討している場合にはGMOとくとくBBは有効な選択肢の一つになるでしょう。

BroadWiMAX

GMOとくとくBBと並んでインターネット経由で契約することでお得に利用できるプロバイダとして人気なのがBroadWiMAXです。

BroadWiMAXは多額のキャッシュバックキャンペーンなどはあまり行われないものの、月額基本使用料がその他プロバイダと比較して安くなっているため長期間WiMAXを利用しようと考えている人には絶対的におすすめできます。

そんなBroadWiMAXではインターネットから申し込みを行い、支払い方法をカードとして指定のオプションに同時加入で新規契約をした場合には初期費用が0円になるキャンペーンを実施しています。

BroadWiMAXは口座振替での決済にも対応しているのですが、通常であれば18857円かかる初期費用が0円になるのは相当にお得なので、BroadWiMAXと契約する場合には可能な限りカードで契約するのが良いでしょう。

エディオン

インターネット経由での契約ではなく実店舗でWiMAXの契約をしたいと考えている人で、カード決済を検討している人におすすめなのが大手家電量販店であるエディオンのWiMAXサービスの利用です。

エディオンでは各店舗ごとに独自のキャッシュバックキャンペーンなどを行なっており、WiMAX加入と同時に家電製品が安く購入できるチャンスがあるのですが、キャッシュバックキャンペーンとは別にエディオン全店共通のお得なキャンペーンとしてカード決済による割引キャンペーンがあるのです。

エディオンのWiMAXの支払いをエディオンカードとした場合にはWiMAXの利用料金が毎月200円割引となるキャンペーンが実施されているので特に長期間WiMAXを利用するのであればエディオンカードでの利用もいいですね。

BIGLOBE WiMAX2+

その他プロバイダでいいますと、最大手の一社であるBIGLOBEでも支払いを方法を口座振替ではなくクレジットカードとすることでよりお得に利用ができます。

BIGLOBEでは公式サイトからWiMAXの契約をした場合に多額のキャッシュバックを受け取ることができるのですが、そのキャッシュバックの金額に差があります。

カード支払いで契約した場合には最大で30000円のキャッシュバックが受け取れる一方で口座振替支払いで契約した場合には受け取れるキャッシュバックの金額が最大で20000円となるので、BIGLOBEと契約する場合にも、やはり決済方法はカード支払いとするのが望ましいといえるでしょう。

口座振替は特典が弱いのでおすすめしません

WiMAXの利用料金の支払いについては多くのプロバイダでカード支払いと口座振替支払いの2通りから選択ができますが、ほとんどのプロバイダでカード支払い支払いで契約した人を優遇しているという実情があります。

カード支払いでWiMAXの利用料金を支払えばカードのポイントも貯まりますし、よりお得にWiMAXが利用できるということで、もはやカード支払いで契約しない理由が見つかりません。

これから新規にWiMAXの契約をしようと考えている場合には事前にカードを作っておくと良いでしょう。

 

まとめ

WiMAXプロバイダのクレジットカード対応状況やクレカ払いによるキャンペーン情報をまとめました。

クレジットカード払いだとプロバイダ側は数%の手数料を払わなければいけないんですが、それを差し引いても処理がしやすい、確実に料金を徴収できるなどメリット多数。

よって口座振替払いより特典を魅力的にしているプロバイダが多いです。

クレジットカードは1枚くらい持っておいたほうがいいと思いますよ。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由