WiMAXとノートパソコンセットがあるプロバイダは?

WiMAX2+ルーターとノートパソコンセットがあるプロバイダは?

ノートパソコンとWiMAX2+ルーターのセットを持ち歩き、外出先で仕事したりネットしたい人ってきっといるはず。というか私がそうです。おしゃれなカフェでキーボードをカチャカチャッ、ターン!とかやりたい。でも今ノートパソコン持ってないんです・・・。

そこで!

どこかのWiMAXプロバイダがおトクなノートパソコンセットとかやってないかな~?と思い探してみました。

WiMAXルーターとノートパソコンセットがあるプロバイダは?

いやはや、意外にないんですね(汗)。もうびっくりするくらいない。昔はもっと「パソコン0円!」みたいな売り方してなかったっけ?もう廃れてしまったんですかね・・・。

でもそんな中でノートパソコンセットがあるプロバイダを発見!

セット契約できるプロバイダは「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」「UQ WiMAX」です。

BroadWiMAXのパソコンセット

MVNOとして格安の通信プランを提供しているサービスと言えばBroadWiMAXです。ここでは通常の契約の他にパソコンセットも用意されています。

▼Lenovo ideapad300

lenovo-ideapad300

Lenovoのノートパソコンideapad300の購入と同時にWiMAXを契約できます。本体は15.6型のワイドタイプで最新のウインドウズ10を標準搭載しているのが特徴です。ほかOfficeソフトを搭載しているので、パソコンセットで契約すれば外出先でもクラウドと連動して資料の作成や管理などが行えます。

【実質価格】
オプション利用料2800円×24回=67200円

▼HP T5Q93PA-ABJ

hp-t5q93pa-abj

ヒューレット・パッカードのW6S90PA-AAABとセットになっている商品もあるのですが、こちらはハイパフォーマンスを誇る15.6インチのワイド画面ノートパソコンです。AMDの高性能なCPUを搭載しているのでグラフィック性能が強化されています。オンラインゲームや高画質なネット動画も快適に視聴できるでしょう。画面は非光沢を採用しているため光の反射がなく見やすいです。DVDプレイヤーも標準装備しているので大画面で映画を閲覧できます。

【実質価格】
オプション利用料2000円×24回=48000円

用途に応じてチョイスできるのでお気に入りのプランを見つけてみるといいでしょう。

これらのノートパソコンはオプション料金を支払えばパソコンセットを頭金なしで利用可能です。

BroadWiMAXでパソコンセットを契約するメリットとデメリット

最大のメリットは全て契約金額に含まれているため改めてインターネット契約を行う必要が無く、またインターネット接続が非常に楽であること。

インターネットの細かな接続作業などはほとんど不要で接続自体はケーブルでパソコンとBroadWiMAXが提供するWiMAX2+とをつなげばすぐにでも利用可能というお手軽さについてのメリットが大きいです。

デメリットは一定期間の契約をしなければならずその期間終了よりも早く契約を終了したいと思うときには、違約金が発生することですね。その他にもWiMAX2+の機器自体も年々進歩していて交換を希望しても一定期間は違約金を請求されますし、機種変更にも対応していません。

こんな感じでメリットとデメリットがあるものの、それでもパソコン購入やインターネット接続設定を面倒に感じる人にとっては魅力のある契約方法だと思います。スマートフォンなどのように画面が小さくて見づらいという問題もパソコンなら起こりません。

長く使う予定があるのなら、こういった契約方法もありでしょう。

 

ただ、公式サイトには頭金0円って大きめな赤字で書いてあるんでタダと勘違いしないように!私はしました(汗)。オプション料金を2年間払うことで頭金無しで使えるよ!っていうね、ちょっと「んん?」と頭をかしげたくなる仕組みでした。

要するに上に書いてある実質価格になるってことです。

で、Amazonで同じノートパソコン価格を調べてみると、

  • Lenovo ideapad300 61300円
  • HP T5Q93PA-ABJ 41630円

ってあります。

おいおい全然安ないやん(汗)

まぁセットで売るときは定価まんまなこともありますからね、きっとおトクになる仕組みがどこかにあるはず。

・・・

と思ってた時代もありました・・・。実際に契約した場合の毎月の料金はこんな感じになります。

【1ヶ月、2ヶ月目】
WiMAX利用料 2856円
オプション利用料 2000円
安心サポートプラス 550円
合計 5406円

【3ヶ月目】
WiMAX利用料 2856円
オプション利用料 2000円
安心サポートプラス 550円
MyBroadサポート 907円
合計 6313円

【4ヶ月目以降】
WiMAX利用料3541円
オプション利用料 2000円
安心サポートプラス 550円
MyBroadサポート 907円
合計6998円

なんか余計なサポートとか勝手についてるし(汗)

これはアカンやつでした。私としても激安でノートパソコンももらえちゃうぜ!みたいな夢物語をお伝えしたかったんですけどね、どうにもなりませんでしたわ。無念(汗)

 

BroadWiMAXではほかにHUAWEIのタブレットPCも用意されていて、コンパクトで持ち運びがしやすいです。

飛行機グレードのアルミニウム合金を採用し持ちやすさも重視して作られてます。7インチディスプレイはIPSを採用するので鮮やかな色彩を楽しめるのが特徴です。KEIANのタブレットPCも用意されています。HUAWEIの商品同様に7インチでIPSディスプレイを採用している商品で多くのアプリを使う事が可能です。

 

GMOとくとくBBのパソコンセット

有名なプロバイダGMOとくとくBBでもWiMAXとパソコンのセット商品が用意されています。ここはメリット豊富なので知っておきたいところ。WiMAX契約を行いつつパソコンも購入できるので両方利用したい人は個別に手続きを行う手間を省けます。

扱っている機種はASUSのトランスブックでウインドウズ搭載のタブレットPCとなっています。双方とも携帯性に優れた機種となっているので仕事で使いやすいパソコンを購入したい人にもお得といえます。本体価格は端末とセットで100円と破格の金額設定になっているので費用を抑えてパソコンを購入したい人には大きなメリットです。

▼ASUS EeeBook X205TA

種類は他にも用意されていてASUSのEeeBookがあります。特徴は軽量の本体で薄く持ち運びのしやすいノートパソコンです。こちらもWiMAXとのセット商品で、利用の際は大容量のデータプランギガ放題が利用可能となっています。
本体の重量はわずか1kgを誇っているので片手で持つことも可能です。ポケットサイズに小型アダプタはスマートフォンのアダプタ並に小さいサイズなのでバッグに入れてもかさばりません。デュアルフロントスピーカー搭載やスマートフォンのようなタッチパネルを搭載している商品です。

▼ASUS TransBookT90Chi(タブレット)

ASUS TransBook T90Chiはタブレットです。一応キーボードが付いてるのでピックアップしてみました。こちらは本体と接続できるキーボードとドッキングすればノートパソコンとしても使えるのがメリット。本体は小さくても広大な作業スペースを確保できる用にWXGAを採用、サウンドもステレオを搭載している機種です。ウインドウズのソフトがそのまま利用できるので事務処理といった仕事にも使いやすいでしょう。

TransBookは単体購入すると30000円くらい、EeeBook X205TAは単体購入で30000円から35000円程度なのでかなりお得な内容と言えるでしょう。パソコンセットはプラン選択ができるので用途に応じた使い方もできます。

逆にパソコンセットを利用するデメリットですが本体を選択できないところです。すでにパソコンの機種は決まっているので変更はできません。単体で購入したときはメーカーオプションによりメモリの変更や性能変更が可能です。用途によってはスペックが足りない場合もあるので性能を確かめてから購入しましょう。

WiMAXの契約は途中で解除してしまうと解除金が発生してしまうので注意です。長期利用をしたい人に適したサービスといえます。

 

UQWiMAXのパソコンセット

UQ WiMAXでは「ASUS VivoBook E200HA」のパソコンセットを利用できます。

画面サイズは11.6型で小さく持ち運びに優れているので、外出先でインターネットを利用したい場合にはパソコンセットで契約するのが最適です。動画の視聴や負荷のかかりにくいゲームなどもできるので外出用のパソコンにも便利です。

 

専用コースとしてパソコンセットを用意しているWiMAXプロバイダは上の2社だけでしたが、家電量販店系プロバイダ(ビックカメラやヤマダ電機など)ならセットあるんじゃないの?というわけでもう少し調べてみました。

家電量販店系プロバイダにWiMAXとパソコンセットはないの?

一般の家電量販店では単品でパソコンを売っている以外にWiMAXプラスセットが用意されてます。こちらはWiMAXのプロバイダと契約を行うことによってパソコンをお得に購入できる、もしくは0円で購入できるといった内容です。これからパソコンを購入したい人はセット商品のメリットとデメリットについて知ると選びやすいでしょう。

家電量販を利用して契約をするメリットとしてはパソコンが安く購入できるところにあります。普通に購入すると50000円以上機種や10万円近くするものもタダに近い金額で購入できるので必見です。またパソコンとゲーム機器がセットになっているものもあるので選ぶ楽しさがあるといえるでしょう。面倒くさいプロバイダの契約を同時に行う事ができるので手続きに無駄がなく快適にサービスを利用できる部分もメリットです。

逆にパソコンセットとWiMAX契約を行う際のデメリットは機種選択をできないところといえます。すでにセット商品となっている機種は決まっているので色の変更やメモリの変更ができません。またメーカーオプションの選択もできないので用途に応じたスペックのパソコンが購入できるとは限りません。パソコンは性能が足りない機種だとつかないソフトもあるので注意が必要です。逆に機能が豪華なものもあるのでスペックを確認してから契約をしましょう。

他のデメリットでは契約解除金があります。基本的にセット商品は分割払いになっている物が多く2年以内にWiMAX契約を解除してしまうと契約解除料が発生するので気をつけたいポイント。基本的に解除料は端末代金と同じ金額ですが分割と解除料が同時にかかります。最終的にパソコンを購入する金額よりも高くなってしまうので長期の利用をするのが一般的です。

プロバイダをずっと使う予定がある、パソコン本体を持っておらず事務処理程度の機能を持つパソコンが欲しい人にセット商品はオススメといえます。

 

WiMAXとパソコン0円セットってあるの?

昔はよく見かけた覚えがあるパソコン0円セット。一応上で紹介したGMOとくとくBBは0円セットに近い内容ですが、一応100円は必要ってことで除外。他にもないのか探してみた結果・・・みつかりませんでした(汗)

ただキャッシュバックキャンペーンをやっているプロバイダは数多くあるので、そういったところで契約し現金キャッシュバックを受ける→アマゾンなどで好きなパソコンを買って自分でセット購入みたいにしてしまえば問題なし。

ちなみにキャッシュバック金額が多いプロバイダは

  • GMOとくとくBB(3万前後)
  • DTI WiMAX(3万前後)
  • 3WiMAX(28000円)

など。ほか2万円前後のプロバイダもいくつかあります。

この中ならGMOとくとくBBが業界最高額のキャッシュバックを出しています。ただ現金がもらえるのは約1年後。その余裕が無いなら最初からパソコンセットになっているコースで契約したほうがすぐゲットできます。

すぐ欲しい人はキャッシュバックコースで契約し立て替えるかたちで自腹きって3万ほどのパソコンを買うか、最初からセットで契約するか、どちらか自分にあった方を選びましょう。

 

まとめ

プロバイダとパソコンセット契約できるWiMAXプロバイダを紹介しました。

イチオシはGMOとくとくBB。実質3万円程度のノートパソコンがもらえるのはお得感あります。

GMOとくとくBBのパソコンセット詳細はこちら
GMOとくとくBB ASUS EeeBook X205TA

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由