【WiMAXの注意点】契約前に知っておきたいポイント

WiMAX2+、快適です。すごく。

もちろん電波がスムーズに届いている地域・場所じゃないとダメなんですけど、通信速度以外でもデータ使い放題だったり、月額料金安かったりといろいろな面で快適です。

3日10GB制限ってのもありますが、動画視聴も問題なく、このブログ更新などその他用途でもストレスなく使えてます。素晴らしい。

というわけで、個人的には「今すぐWiMAX2+契約しちゃいなよ?」って感じなんですが、2年で8万くらいかかるけっこう高額な契約でもありますからね。アルコールでも入ってればサラッと決済ボタン押せるんでしょうけど、シラフでは不安に思ってる人も多いでしょう。

そこで、WiMAX2+を契約するときの注意点についてまとめてみました。

WiMAX契約前に気をつけたいこと

契約の流れは、大きく分けで次の3段階。

  1. WiMAX2+回線が使えるかチェック
  2. 端末選び
  3. 契約するWiMAX2+サービス提供会社(プロバイダ)選び

1.WiMAX2+回線チェック

まずは何を差し置いても1の回線チェックです。

インターネットが使える環境が欲しいからこそ契約するんですし、一番注意したいのはWiMAX回線が繋がるかどうかでしょう。コレに比べたら2と3はミジンコレベルで些細なもんです。

その時のノリで契約しちゃうような人もいるでしょうし私は好きですが、後で後悔するのは自分です。契約しました→繋がらん!→解約となったとき、解約違約金(おおむね19000円)と1ヶ月分の月額料金くらいはとられると思っておいたほうがいいです。

ひどいところだと端末代や別の違約金が発生することも。たいていのプロバイダは客寄せのためキャンペーン特典をいっぱい付けてて、端末0円やらなんやらお得な条件で売ってくれますからね。すぐ解約なんてされたらプロバイダさんが損するだけです。なので無償で解約は無理ですね。

そんなわけで、プロバイダのサイトで対応エリアチェックでいくら入ってたとしても、UQWiMAXってプロバイダがやってる完全無料のお試しサービス「TryWiMAX」に申込んできちんと確認しましょう。私もしっかり利用させてもらいました。

参考記事⇒「TryWiMAX」に申し込んでみた

最新端末が選べない、あっても在庫ないことも多いんですけど、WiMAX2+電波がちゃんと繋がるか?はどの端末でも確認できるので問題ありません。実質10日間くらいは自由に使えるので、自宅だけじゃなく自分の行動範囲内を積極的に動き回って電波状況をチェックしましょう。

お試しサービス「TryWiMAX」利用時の注意点

WiMAXを無料でお試し出来るサービスTryWiMAXを利用するときにはエリア判定を試しておくと良いです。使えるエリアは限られているので職場や自宅で実際に使えるのか公式サイトのサービスエリアマップを見ておくといいでしょう。利用時の注意点は15日間の貸し出し期間を気をつける、利用予定場所により通信速度に差が生じるためつながりやすさも見ておくのが基本です。
またレンタル機器を紛失したときや破損したときには違約金が発生してしまうので大事に扱います。違約金は22000円くらい取られてしまうので注意です。クレジットカードを使いレンタルするときにはショッピング枠が利用されるため、上限に達していないのかチェックも必要といえます。

というわけで、WiMAX2+契約前の注意点はこれで終わり!ってしたいところですが、一応2と3も。

2.端末選びで注意したいこと

2と3はどっちからでもいいんですけど、プロバイダによって最新端末ですら扱ってないこともあります。なので使いたい端末から決めるのがいいでしょう。

ちなみに私はこれを契約⇒WX03を契約しました

快適でっせ。

で、機種選びですけど、今プロバイダで契約できるのはおおむね次の端末です

  • WX04(携帯)
  • WX03(携帯)
  • W04(携帯)
  • W03(携帯)
  • L01(固定)
  • novas Home+CA(固定)

契約できない旧機種は次のとおりです。

  • WX02(携帯)
  • W02(携帯)
  • W01(携帯)
  • URoad-Stick(携帯)
  • URoad Home2+(固定)

携帯型・固定型がありそれぞれ赤字にしてある最新端末がベストです。自分の用途によって選びましょう。旧モデルはスペック低いだけで選ぶメリットがありません。新旧どっち買っても機種代は0円ですので。それなら最新機種を選ぶしかないってものです。

固定型は「L01」がおすすめ。

携帯型はNEC製「WXシリーズ」、ファーウェイ製「Wシリーズ」があり、それぞれの特徴に応じて好みの最新機種を選ぶのがおすすめ。

 

3.WiMAX2+プロバイダ選び

最後に3のプロバイダ選び。

どこも2年契約がメインで、月7GBコースと使い放題コース(ギガ放題)があります。プロバイダによって4年契約、契約期間縛りなしコースを用意してるところもありますが、選ぶ価値はありません。キャンペーン特典の恩恵が受けられるのは2年(4年)契約の2年間だけ。ずっとWiMAXを使うとしても2年毎にプロバイダを乗り換えたほうが安上がりです。

で、一番安いのは業界最高額のキャッシュバックを出してる「GMOとくとくBB」で「W02」を契約した時。月額料金2年総額が68000円くらいになります。でも端末選びの項で書いたように「W02」選ぶくらいなら「W03」か「WX03」がいいので、その場合は約73000円です。月額平均3000円くらいですね。

GMOとくとくBBの詳細な料金や選べるコースはこちらで解説してます。

関連記事⇒GMOとくとくBBの詳細まとめ

ただ、安さよりサポート面を大事にしたい人もいるでしょうし、下記満足度ランキングなども参考にしてもらえればと思います。

関連記事⇒WiMAXプロバイダ満足度ランキング

 

最後に人気プロバイダ別の注意点をまとめたので、選ぶときの参考にしてもらえれば。

人気プロバイダ契約時の注意点まとめ

UQ WiMAX

UQWiMAXを契約する際の注意点は、自分が端末の使用を想定する場所がUQWiMAXの利用可能エリア内に入っているかどうかを確認することです。大都市圏等のエリアはかなりカバーされていますが、田舎に行くとまだエリア外の場所もかなりあり、契約しても通信できない事があります。通信できなくても解約するとなると高い違約金を払わなくてはいけなくなるので注意が必要です。利用可能エリアはUQWiMAXのサイトで確認することができますが、建物の状況などによってはエリア内でも安定して通信できない事があるので、確実に使えるかどうか確認したい場合はお試しサービスを利用すべきです。お試しサービスでは一定期間通信機器をレンタルできるので、実際の通信状況を確かめることができます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

タブレットやパソコンで思い切りインターネットを楽しみたい人に人気なのが、WiMAX2+でのインターネット接続です。さまざまな会社がこのサービスを提供していますが、その中でも人気が高いのが「GMOとくとくBB」です。その理由は、業界大手の安心感と類を見ない高額のキャッシュバックが受けられる点にあります。とはいえ、「GMOとくとくBB」でWiMAX2+を契約するにあたっての注意点もあります。それはキャッシュバック特典は自動で受けられる訳ではないということです。契約して約11ヶ月後に、キャッシュバック案内メールが送られて来るので、それに従って申請を行うことが必要です。申請の手続きは難しいものではないので、案内メールを見逃さないことがポイントです。

BroadWiMAX

BroadWiMAX契約時の注意点を説明します。まず、BroadWiMAXには様々なプランがありますが契約期間は多くが24か月となっています。ここでの注意点は24か月以内に解約をした場合は契約解除料が請求されます。25か月目以降は24か月毎の自動更新となるので更新月の25か月目に解約をしないと、次の期間も解除料がかかり、解除料が0円になるのは49か月目まで待たなくてはいけません。解除料がかからないプランや解除料0円の期間が違うものもありますが多くはかかると考えておいた方がいいでしょう。
その他にも初期費用がかかるものとかからないもの、支払いがクレジットカードのみで口座振替が使えないプランもあるので注意が必要です。BroadWiMAX契約時は各プランをよく確認して契約するといいでしょう。

BIGLOBE

BIGLOBEをサービスプロバイダとしたWiMAXは利用する時に注意点があります。契約をしている状態から解約をしたい時に発生するもので、定期利用期間を気にする必要があるため気をつけておきましょう。コースにより設定されている定期利用期間満了前に解約を行った場合違約金が発生します。
これは契約解除金として支払うもので、新規契約をした時にキャンペーンを利用しているときにも対する違約金がかかる仕様です。更新月が設定されていて、この間は解約をしても違約金が発生しません。解約を行わない場合は自動的に契約が更新されるシステムです。
また解約時には手元のルーターやUIMカードは返却する必要がないので覚えておきましょう。

ラクーポンWiMAX契約時の注意点

数あるWiMAXのプロバイダの中でも、特にお得度が高いのが楽天がプロバイダとなっているラクーポンWiMAXなのですが、契約する際には幾つかの注意点があります。ラクーポンWiMAXでは支払い方法がクレジットカード支払いのみとなっているため、クレジットカードを保有していない場合には契約ができなくなっています。他のプロバイダの場合、口座振替支払いにも対応しているケースが多い中、支払い方法が一つしか無いのはやや利用がしにくいと考えられるでしょう。

auでWiMAX契約するときの注意点

スマホを使って動画などを頻繁に見る場合、月末が近くなると通信速度が極端に遅くなって不快な想いをすることが多いと思います。そんな方に便利なのがWiMAXです。WiMAXとはポケットに入るほどコンパクトな端末を持つだけで、スマホだけでなくパソコンやタブレットでもインターネットを利用できるというものです。KDDIグループが提供するサービスで、auユーザーなら月々の利用代金が割引されるなどのメリットもあるのですが、お得に契約するためには注意点があります。それはauショップで契約しないことです。家電量販店やプロバイダーなどKDDIの商品を扱う窓口ではキャッシュバックなどのお得なキャンペーンをしていることが多いのですが、auショップの場合はそれがないためです。利用していく上でのサービス内容はどちらで契約しても変わりませんので、事前にキャンペーンを調べるなどして契約する窓口を選ぶのがおすすめです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由