WiMAX2+ コジマ電気のキャッシュバックやキャンペーン割引、月額料金ってどうなの?

WiMAX2+ コジマ電気のキャッシュバックやキャンペーン割引、月額料金ってどうなの?

ビックカメラ傘下のコジマ電気。ここでもWiMAX2+サービスを契約できますが、サービスそのものはビックカメラ運営の「BIC WiMAX」となります。

そしてコジマ電気には「コジマネット」というネット通販サイトがあるんですが、ここではWiMAX契約できないようです。検索ボックスに「WiMAX」と入れて調べてみるとそれらしきものはまったく出てきませんでした。残念。まぁコジマ電気に限らずネット契約に対応している家電量販店系WiMAXプロバイダはヨドバシカメラのワイヤレスゲートくらいです。

そのため、コジマ電気でのWiMAX契約は店頭受付のみとなります。

そこでコジマ電気でWiMAX契約したときのキャッシュバックやキャンペーン特典があるのか?また月額料金はいくらなのか?など個人的に気になったポイントについて調べてみました。

コジマ電気でのWiMAX契約ってどうなの?

コジマ電気にはキャッシュバックやキャンペーン特典はある?

まず私の近所のコジマ電気ではキャッシュバックなどのキャンペーンはやっていませんでした。

ほかの店舗でやってないとはいい切れませんが、ココ以外の家電量販店でもWiMAX契約によるキャッシュバックはやってないようですし、期待は持てないでしょう。

どうしてもコジマがいいって人はご近所の店舗を問い合わせてみてください。

店舗一覧ページ
http://www.kojima.net/shop/shoplist/index.html

ただし、コジマ電気ではPCバリューセットと呼ばれるサービスが用意されています。

これはWiMAX搭載パソコンを合わせて購入する事で利用出来るキャンペーンで、プロバイダの月額2ヶ月分が無料・事務手数料の支払い無料化という特典が付与されます。

1から環境を整えたい場合には魅力のあるキャンペーンとなっています。

 

コジマ電気と他社家電量販店、WiMAX契約時の違いは?

大手家電量販店であれば、どこも似たようなサービスを提供しています。「販売価格で勝負」と考えているところもあれば、「割引額で勝負」と考えているところもあり、それぞれが思い描いている企業イメージに基づいて営業を行っている状況ですが、何もユーザーに対して発信しているサービスはこの2つだけではありません。むしろ、価格面でのサービス競争とは別に「サービス面での競争」をメインにしているところもあります。

具体的にどこの家電量販店にどのような特徴があるのかという分析及び解説は割愛しますが、大手なら少なくとも支持されている理由が存在していて、それが「差別化」を実現しているからこそ人気があるわけです。「ありきたり」「他と変わらない」というイメージしか与えられていないのであれば、あえて代わり映えのない家電量販店を選択するユーザーはいませんが、何らかのメリットがあるからこそ多くのユーザーから支持を得ているわけです。

WiMAXを契約するにおいて家電量販店での契約を選択するのなら、多くの人が「付加価値目的」で選択しているといっても過言ではないはず。WiMAXを契約するだけならば、それこそ全国各地にあるauショップを利用した方がお手軽に手続きすることができます。

たとえば、「WiMAXと同時加入でパソコンを購入すると50000円割引になる」などの具体的、かつユーザーにとって大きなメリットを訴求できるサービスを行っているからこそ選択される可能性があるわけですが、ここには大きな落とし穴があることも知っていなければいけません。同時契約による割引などを行っている場合、少なくともそれ以上のメリットを家電量販店は受けているという事実を知ることが必要です。

必ずしもコジマ電気が優れているわけじゃありませんが、各店舗によっていろいろな特典をつけていることもみられます。近所にコジマ電気しかないならどうにもなりませんが、近くに別の家電量販店もあるなら特典の確認だけはしてからにしたいですね。

なおコジマならこれ、ビックカメラならこれ、といった特典は店舗に行ってみないとわかりません。公式サイトには掲載されていないようなので必ずチェックしておきましょう。

 

コジマを選ぶメリットはある?

WiMAXは店舗やネット経由といった様々な手段で契約できますが、提供されるWiMAXルーターや回線は同じものとなります。

なので速度や性能面では全く違いがありません。

一方でコジマ電気を始めとするWiMAXプロバイダの種類や特典、キャンペーンの内容はかなり違いがあって比較対象として一番気にしたいポイントです。

その中でコジマ電気を選ぶメリットは次のものがあります。

  1. 担当の店員から直接的に利用に関わる説明が聞ける
  2. ルーターを契約直後に手に入れられるので即日使用が可能
  3. 家電量販店ならではのキャンペーンとして、上でも紹介したPCバリューセットと呼ばれるサービスがある

どれもネット契約でネックになり易い部分ですね。

プロバイダが固定・キャッシュバック額はそう大きく無いと云った面もありますが、加入を考える時点の状況によっては効果的な活用が可能な特典内容となっています。

 

つづいてコジマ電気契約時の月額料金について↓

コジマ電気でWiMAX2+契約したときの月額料金は?

プラン契約月1~2ヶ月目~2年目
月額料金
3年目~
月額料金
BIC定額ギガ放題
(無制限プラン)
4380円4380円4380円4880円

コジマ電気で契約できるプロバイダ(WiMAXサービス提供会社)は「BIC WiMAX」。

で、ここは毎月のデータ使用量が無制限になる「ギガ放題プラン」しか選べません。普通なら月7GBまでのもうちょい安いプランもあるんですけどね。変わったプロバイダさんです。ただ極端に料金変わりませんし、契約するなら「ギガ放題プラン」が最適です。むしろWiMAXはギガ放題こそが正義です!

そして肝心の月額料金は縛り期間の2年間はずっと500円割引され4380円に。それ以降は割引なし4880円となっています。

一応割引されているのでお得感はあり。

なんですが、実はコレ、まったく安くありません。それどころかWiMAX業界トップクラスに高い料金設定です。

他のプロバイダなら契約月無料や、さらに追加で月額料金割引もあり。キャンペーンなし、キャッシュバックなし、月額料金も普通ではコジマ電気を選ぶメリットが全然ありません。

コジマ電気契約がおすすめな人

料金面ではメリット無し。ですが次のようなパターンに当てはまる人はコジマ電気もありです。

  1. 店員さんにわからないところを聞きながら契約したい
  2. その日からWiMAXを使いたい

目の前で直接やり取りする方が安心する人もいるはず。

とくにインターネット上だけでの契約に不安を感じているなら店舗契約こそ最大のメリットです。

ほか、人によって「店員さんが可愛い/カッコイイから」なんて理由もあるんでしょう。

でもおすすめはできません。

 

コジマ電気での契約をおすすめしない理由

確かに店員さんと特別な関係になれる機会はプライスレスです。

でもあなたが富裕層クラスじゃないなら一番大事なのって料金だと思います。

コジマ電気とほかの安いプロバイダでの料金を比較すると3万以上安くなるんです。

その辺は天秤にかけてもいいんじゃないかと思うんです。

3万浮かせたらほかに人生を充実させる物事に使えるわけです。

上のメリット欄にある当日ゲットは難しいんですが、最短で申し込んだ翌日に到着可能&業界最高額のキャッシュバック出してるところが1つあります。

ってことで、そのプロバイダとコジマ電気「ギガ放題プラン」の料金を比較してみました。

コジマ電気と「GMOとくとくBB」の料金比較

プロバイダコジマ電気
BIC WiMAX
GMOとくとくBB
初期費用3000円3000円
端末料金1円0円
2年間月額合計109500円101004円
キャッシュバック0円30000円前後
総合計料金112501円74000円前後

どのプロバイダも特典つくのは2年契約(または3年契約)です。

なので2年間のトータル費用で比較してみました。

一目瞭然で「GMOとくとくBB」のお得さがわかります。

差額が最大4万円近くになります。

コジマ電気で契約するのがどれだけ損なのか?が伝わるんじゃないかと。

月の利用料が4000円だとしたら10ヶ月分も損することになってしまいます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は、選んだ機種によって違ってきます。

そのためキャッシュバック金額の安い端末を選んだ場合、もっと安くなるプロバイダもでてくるんですが、最新機種なら問題ありません。

そして契約するなら最新端末がベストです。

わざわざ旧モデルを選ぶメリットはありません。

WiMAXの最新機種

最新端末はこの2モデル。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」(ファーウェイ製)
「Speed Wi-Fi NEXT WX03」(NECプラットフォームズ製)

これらを選べば業界最高額のキャッシュバックを受け取れます。

似たようなネーミングですが、それぞれ大きな違いがあります。

W04の特徴

本体は写真のグリーンのほか、ホワイトも選べます。下の台座(クレードル)は別売です。

WiMAX最速の590Mbpsに対応し、au 4G LTE回線も使えるため障害物に弱いWiMAX回線だけの端末より快適に使えるでしょう。

ただ590Mbps対応エリアは東名阪のごく一部のみ狭い範囲で、au 4G LTE回線は無料になるプランを契約するかauユーザーで「auスマートバリュー」を契約していないと割高になってしまいます(月一回でもau 4G LTE回線を使うと約1000円かかります)。

 

WX03の特徴

こちらは最速440Mbps。写真の2色から選べます。

強みはサイズの小ささと電波の受信能力をアップさせてくれる専用クレードルにあり↓

これがWX03用クレードルなんですが、私の環境下で使用したら受信感度が2割くらいアップしました。感度があがれば速度も上がるので快適に使えています。

2代とも持っていますが、私はWX03をメインで使っています。

 

それぞれの特徴は、こちらの記事でさらに詳しく比較しているので読んでもらえれば。

参考記事
WX03とW03を比較してみた

 

話をプロバイダに戻します。

たまに高額キャッシュバックキャンペーンやるプロバイダも出てくるんですけど、「GMOとくとくBB」は超えられるとすぐそこよりちょっとだけ高い金額に改定してくるんです。なので、この先も業界最高額を出し続けていくことでしょう。

高額キャッシュバックでお得に契約したいならここ一択です。

公式サイト
GMOとくとくBB WiMAX2+(キャッシュバックページ)

 

ちなみに、ここはキャッシュバック専用ページから申し込まないと損します。ヤフーなどで検索してたどり着いた公式サイトだと1000円~金額設定が低くなってるので注意してください。

 

コジマ電気ってどんな会社?

コジマ電気は日本を代表する家電量販店のひとつで、会社の正式名称は株式会社コジマです。

現在は大手家電量販店ビックカメラの傘下に加わっていますが店舗の名前は健在です。

「コジマ」の名前をそのまま継続して使っている店舗もありますし、「コジマ×ビックカメラ」「コジマ×ソフマップ」を名乗る店舗も見られます。

コジマ電気の創業は1955年にさかのぼります。

栃木県宇都宮市において、小島勝平氏が小島電気商会としてスタートしたのが始まり。

1963年には法人化を果たし、1980年代に入ると栃木県内はもちろん、首都圏にも積極的に出店します。

1996年には東京証券取引所に上場を果たし、翌年、当時家電量販店でナンバーワンの売上を誇っていたたベスト電器を抜き去ります。

その後も順調に売上を伸ばし、店舗数も増え続けました。

ところが、2002年になるとライバルのヤマダ電機に業界トップの売上高の座を明け渡してしまいます。

ここらへんから積極的な店舗展開によるコスト高が問題になり始めます。

事業の効率化が必要となったため小規模店の閉鎖と大規模店の出店を並行する選択と集中の事業戦略へ転換。

その後2012年にビックカメラの傘下に加わりました。

このようにコジマ電機は家電業界で輝かしい実績を持った企業のひとつです。

ビックカメラの子会社となった今では、地域密着型、体験提案型をコンセプトとした販売戦略を採用しています。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由