WiMAX2+のプロバイダって何?どんなことやってるの?

ネット回線を契約するときでてくる「プロバイダ」。ウチではauの光回線を契約してるんですが、そのときも「BIGLOBE」とか「So-net」とかいくつかの選択肢がありました。auじゃないんですね。

で、WiMAX2+でも「プロバイダ」はあります。探してみたらこんな会社がありました。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX2
  • @nifty
  • So-netモバイル WiMAX2+
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • PEPABO WiMAX
  • DTI

ほかにもたくさんあるんですが現段階で「プロバイダ」がなんなのかよくわかってないのでこの辺で(汗)

で、「プロバイダ」って何やってる会社なの?

グーグルで検索するとこうでてきました。

プロバイダ(provider)とは?

インターネットへの接続サービスを提供する事業者。インターネットプロバイダ。正式には「Internet Services Provider」といい、頭文字を取り「ISP」とも呼ばれます。

なるほど!全然わからん!

もっと調べてみると、「インターネットの入り口」とありました。インターネットを建物だとすると、出入り口がプロバイダってこと?まだわからん(汗)。

ちなみに、providerの意味は「供給者。調達する人」とあります。

インターネットはアメリカが生み出した情報がつまってる広大な仮想世界。WiMAXはUQコミュニケーションズが管理してる回線。この回線を使ってインターネットに接続する事業者がWiMAXのプロバイダだと思ったんですが、なんか違う感じなんですよね~。

意味の「供給する者、調達する人」って部分から考えると、インターネットから情報を引っ張ってくる的な意味合いが正しい感じ。

で、ネット接続するスマホとかパソコンなどの端末にはIPアドレスというものが割り振られています。そしてプロバイダはネットに接続する端末の識別情報(IPアドレス)を管理してます。IPアドレスは人間で言う名前とか指紋とか今ならマイナンバーみたいなもの。仮にスマホからネットに繋いだとしたら、プロバイダがそのスマホのIPアドレスから求められたインターネット上の情報を渡す役割をになってるってことでしょう。

たとえば、iPhoneのsafariアプリを開いたら最初にYahooトップページが表示されたとします。それはiPhone側が「yahooにつないでね!」っていう要求をプロバイダに出し、「はいよ!」とyahooトップページのデータをネットから見つけてきてiPhoneに発信してくれるからと言えそうです。

 

というわけで結論!

WiMAX2+のプロバイダが何やってる会社なのか?と言ったら、インターネット上の情報をWiMAX2+の回線を利用して受け渡ししてくれるサービスを提供しているところ、という結論に達しました。

他の詳しそうなサイトによると、回線が線路、プロバイダは情報を載せた電車だ、と言ってましたがだいたい結論と同じじゃないかと思います。

なるほど!わからん!って人はすみませぬ(汗)。他のサイトの情報をプロバイダに要求してくださいませ。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由