WiMAXの初期費用比較 無料になるプロバイダはある?

WiMAX2+初期費用比較 無料のプロバイダ(MVNO)は?

WiMAX2+サービスを提供しているプロバイダのすべてで、最初に契約するときの事務手数料として初期費用をとられます。

WiMAXに限らず、何か契約するときたいてい発生する費用ですね。

作業内容は大したことやってないと思いますが仕方ありません。

でも稀に初期費用無料にしているWiMAXプロバイダさんもあります。

そこで、たくさんあるWiMAXプロバイダの初期費用をまとめました。

WiMAX契約時の初期費用が安いプロバイダはどこ?

初期費用がかからないWiMAXプロバイダはある?

ほぼありません。

「ほぼ」がついているのは、ごくまれにキャンペーンで初期費用0円にしていることもあるためです。

ほか、大抵のWiMAXプロバイダでは、初期費用か事務手数料と言う名目で費用がかかります。

この2つは実質同じ意味ですが、プロバイダによっては「初期費用0円!キャンペーン実施中!」とアピールしつつ、別に事務手数料という名目で初期費用を徴収しているところも・・・。

ちょっと悪質ですね(汗)

 

初期費用はいくら?

WiMAX契約時の初期費用

初期費用は、一律3000円+税です。

契約月の料金も初期費用と考えるなら、利用し始めた日に関わらず1か月分とるところ、日割り計算してくれるところ、完全無料にしているところなど差別化されています。

それとは別に事務手数料がかかるところもあり。

さすがにそれは一部だけですが、18857円なんて目が飛び出るような金額を設定しているところもあるので気を付けてください。

とりあえず、新たに契約すると初期段階で3000円以上の料金がかかることになります。

この金額は、家計にとっても少なくない額なので、なければないで助かるはず。

ただ事務手数料が無料になるキャンペーンをやっているプロバイダこそあるものの、初期費用0円はみつからず。

過去にキャンペーンでやっていた例は見かけましたが、常時やっているプロバイダはありませんでした。

それなら少しでも安いところはないのか?というわけで大手プロバイダの初期費用を比較してみました。

 

WiMAX2+プロバイダの初期費用比較

WiMAX2+
プロバイダ
初期費用事務手数料
Broad WiMAX
ギガ放題月額最安プラン
ライトプラン月額最安プラン
3000円18857円
(キャンペーンで0円)
Broad WiMAX
ギガ放題ベーシックプラン
ライトプランベーシックプラン
3000円0円
So-net モバイル
WiMAX2+
3000円0円
GMOとくとくBB3000円0円
DTI WiMAX2+3000円0円
AsahiNet3000円0円
BIGLOBE WiMAX3000円0円
UQ WiMAX3000円0円
YAMADA Air
Mobile WiMAX
3000円0円
DiS WiMAX3000円0円
EDION3000円0円
PC DEPO3000円0円
J:COM WiMAX3000円0円
au3000円0円
KT WiMAX3000円0円
BIC WiMAX3000円0円
ワイヤレスゲート
Wi-Fi + WiMAX2+
3000円0円
クラウドモバイル3000円0円
DriveWiMAX3000円0円
hi-ho WiMAX3000円0円
TikiモバイルWiMAX2+3000円0円
カシモWiMAX3000円0円
pilina不明0円
※サービス終了
SIM CHANGE
18900円
(キャンペーンで0円)
0円
※サービス停止中
JP WiMAX
3000円0円
※サービス終了
CP WiMAX
3000円0円
※サービス終了
smafi WiMAX
3000円0円
※サービス終了
@nifty WiMAX
3000円0円

どのプロバイダも3000円(税別)です。

BroadWiMAXの事務手数料18857円

「Broad WiMAX」だけは事務手数料18857円と異常な高さになってますが、キャンペーンで0円になります。

まぁ客寄せ用の手数料設定とキャンペーンですね(汗)

「約2万円近い手数料が今ならただです!」といういかにもスゴそうな演出をしています。

ネット契約ではこういったお得感増し増しにするためのトリックがよく使われているのでひっかからないようにしてくださいね。

ショップがセール時に定価を高く設定して割引率あげる、みたいなのと同じ。

と微妙に悪口っぽく言ってますが、私はここで契約中です。

※サービス終了しました
SIM CHANGEの初期費用0円キャンペーン

ほか「SIM CHANGE」がキャンペーンで0円になることが目立つくらいですね。

最近普及してきた格安SIMではAmazonで売ってる紹介コードを買うと初期費用3000円が数百円で済んだりするんですけどね。

WiMAX2+にはそういう仕組みはありません。

 

端末代はさらに別です

以前はUQWiMAXだけ端末代をとっていて、ほかのプロバイダはほぼ0円で販売していました。

ですが、2019年10月からいくつかのプロバイダで端末代が15000円になりました。

さらに一部プロバイダは19200円などもっと高額な価格設定になっています。

ですので、初期費用だけで選ぶのはおすすめしません。

契約プランの縛り期間にかかってくる合計費用で安さを判断することが、あとで後悔しないポイントです。

こちらの記事で安い業者をピックアップし、合計料金を比較しているので参考にしてもらえれば。

参考記事
【最新版】WiMAXキャンペーン特典比較 イチオシはここ!

ちなみにWiMAX業者は30社以上ありますが、どこで契約しても回線が遅くなるなどの差はありません。

扱う端末やキャンペーン特典に差があるくらいです。

やはり料金の安さでプロバイダを選ぶことになるでしょう。

 

まとめ

WiMAX契約時に必ず必要になる初期費用の相場を調べてみました。

この費用を0円にしているプロバイダはほぼありませんでした。

キャンペーンで0円にしているプロバイダが1つだけありましたが、契約期間にかかるトータル費用ではそこまで安くありませんし、すでにサービス終了してしまいました。

ただ、期間限定で初期費用無料キャンペーンをやっていないとも限らないので、一度気になるプロバイダの公式サイトを覗いてみて下さい。

可能性は限りなく低いとしても・・・。

とはいえ、初期費用にこだわるより、縛り期間のトータル費用で選ぶのが賢い選択です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新5G対応】Galaxy G5(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【最新5G対応】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

WX06(モバイルルーター型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(モバイルルーター型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【端末選びに迷ったなら】
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー!



※ホームルーターL02は在庫切れ