WiMAXでビームフォーミング対応端末はあるの?

ビーム、

いいですね~、かっこいい。

ロマンを感じます。

死ぬまで少年!を自負する私としてはビームってだけでそわそわ、わくわくしてきます。

で、ですね、先日どっかのニュースサイトでWi-Fi速度を上げる「ビームフォーミング」なるフレーズを目にしました。

 

ビーム?!

ビームをフォーミングすんの?!

なんか知らんけどかっけぇ~!!

 

ってなわけで、調べてみました。

ビームフォーミングなるものを。

ビームフォーミングとは?

まずは単語の意味から。

ビームとは?

まんま和製英語でもビームです。ほか、光線、光、輝き、信号電波、梁(建物支柱の上に水平に載ってて屋根を支えるやつ)などの意味のあり。

フォーミングとは?

英単語では「forming」。形、形状、外観という意味があり。泡を意味する「foaming」とは違います。

というわけで、ビームフォーミングとは直訳するとビームの形。

なんのことだかさっぱりわからん(汗)

でも、電波の形って言うとなんとなくイメージ湧きます。

Wi-Fi電波をなんか加工するのかな?ってイメージ。

まぁあれです、とっとと「ビームフォーミングとは」とかで検索すればあっさり答えわかるんでしょうけど、ゴールにたどり着くまでの過程も楽しみの1つなのでご了承下さい(汗)

 

はい、では本題の「ビームフォーミング」とは何なのか?をグーグルさんに聞いてみました。

ビームフォーミングは電波の届けたい場所へコントロールするもの

Wi-Fiルーターは基本全方位に電波を飛ばしてますが、電波受信する端末側からすれば無駄なことこの上ないやり方です。

山田たかし君(仮)にマイナンバーカードを渡すため、日本人全員に同じものを送りつける、みたいな感じ?

って、これだと受け取ってしまう人もいるのでちょっと違うかも。

そこで、この無駄を無くすため、相手側端末の位置を推測しそこへ電波が向かうように飛ばす方式をビームフォーミングと言うらしい。

流れはこんな感じ↓

  1. Wi-Fiルーターが電波を飛ばす
  2. 端末からの応答によってだいたいの位置を把握
  3. 2種類の電波を飛ばし、対象端末の位置で重なるように調整する

以後常に1~3を繰り返すことで対象端末が移動しても対応可能となっています。

全方位へのビームから、特定の個所に向けて収束されたぶっといビームを狙った端末に飛ばすわけではなさそうですね。

ちょっと想像してたのと違いました(汗)

単に対象端末の位置に重なるように電波を飛ばしてるだけっぽい。

で、これやることで、無駄が減ってWi-Fiルーターと端末間のやりとりがスムーズになり速度も上がるってワケです。

 

対応端末は?

早速アマゾンで「ビームフォーミング」を検索してみると、対応ルーターが結構ヒットします。

我が家ではauがタダでくれた「キューブ」とかいうWi-Fiルーターを使ってるんですが、「ビームフォーミング」対応ルーターにすればもっと速くなりそう。

ただこれ、Wi-Fiルーターがビームフォーミング対応してるのはもちろん、受け取る側の端末も対応してないとダメみたいです。

スマホだとiPhone6sや7など新しめなモデルから対応してるんですけど、まだまだ少ないらしい。

一部Wi-Fiルーターはどんな端末でも使えるものもありますが、そんなに多くないようです。

 

で、肝心のWiMAXルーターでビームフォーミング対応端末はないのか?についても調査。

ビームフォーミング対応WiMAXルーターはあるの?

 

ありません。

※2017年11月1日、ビームフォーミング対応の「WX04」登場しました!
※2018年11月8日、おなじく対応する「WX05」が登場
※2018年12月1日、「WiMAX HOME 01」も対応
※2019年1月25日、「W06」「L02」も対応

今後発売されるモデルでは当たり前に搭載されていくことでしょう。

UQWiMAXのよくある質問ページにこんな回答が↓

残念ながらダメなようです。

けっこう最近の質問ですね。んで、端末を指定した質問じゃなく、WiMAX全体を対象にした質問なので完全にダメ。

まぁモバイルルータータイプのWiMAXルーターなら繋げる端末の近くで利用することがほとんどだと思うので必要なさそうですけどね。

でもホームルータータイプにはぜひ搭載して欲しい。

ビームフォーミング対応ってアピールすれば「ビーム出せるの?!絶対買うわ!」ってなる私みたいな人もいるんじゃないかと。

WiMAXのホームルーターメーカー「シンセイコーポレーション」あたりが次のニューモデルで導入してくれることを祈ってます。

※追記
2018/12~、対応モデルが続々登場しています

 

ビームフォーミング対応機器にはどんなものがある?

ビームフォーミング対応端末

パソコン

高速でより安定した無線通信を実現するビームフォーミングは、規格が対応している端末で使用することができます。

ノートパソコンの場合は2016年以降に発売された製品で、2万円台の物から対応しているのが特徴です。

ただ高速通信にはそれなりの処理性能が必要ですから、実効速度を求めるなら性能の良いノートパソコンを選ぶのが理想的。

ビームフォーミングの利用を前提としたノートパソコン選びでは、WiFi機能の標準搭載と11ac規格の対応が不可欠となります。

11acとはビームフォーミング対応のWiFi規格で、高速通信を実現する為に開発されています。

ノートパソコンのスペック表には記載がありますから、必ず確認して絞り込んだり選ぶことが大切です。

また製品の説明にビームフォーミング対応の文字があれば、確実に利用可能です。

仮にもし標準でビームフォーミング非対応だとしても、後付けでノートパソコンに機能を付加することもできます。

無線ルーターの子機を始めとして、USBメモリサイズのビームフォーミング対応アダプタも登場しているので、ノートパソコン向けの選択肢が充実しています。

標準機能とアダプタを問わずビームフォーミング環境が広がっていますから、多くのノートパソコンで快適性が実現可能です。

無線LANルーター

最近の無線LANルーターにはビームフォーミング機能がつけられています。

無線LANルーターは決められた周波数の電波を送信することによって受信システムが内蔵している情報端末に送ることで回線なしでもネット回線が使えるようにする技術です。

この技術があることで場所問わずにできるメリットがあるのですが、ただ送信された電波というのはいろいろな方向に向けて掃射されるため一定方向ではありません。

そのため情報端末に内蔵されている受信機の大きさは情報端末の大きさに比例するため、それがあまり大きくないスマホや携帯ゲーム機だとほかの受信機に邪魔されてうまくネット回線につながりづらくなったりします。

そこで無線LANルーターにビームフォーミングが取り付けられるようになったのです。

ビームフォーミングはさまざまな方向に流れる電波を狙った場所へ届ける技術。

これに対応する無線LANルーターはどんな種類があるのか?ですが、まず通信機器メーカ大手のバッファローでは、主に WCR-1166DSや WHR-1166シリーズに内蔵されています。

そのほかにもNEC エーターム WG1200HSシリーズとアイ・オー・データのWNPRシリーズそしてエレコムのWRC-2533などがビームフォーミング対応無線LANルーターになります。

スマホ

ビームフォーミング対応のスマホを使う利点は、障害物や距離によって、無線LANの電波の届きやすくなる事です。

親機と子機が両方共ビームフォーミングに対応している必要があり、スマホの場合は比較的最近発売された製品が対象になってきます。

無線LANが届きやすい環境にするには、無線ルーターに接続した光回線などが確実に使えるようにする仕組みが必要です。

ビームフォーミングは、子機との距離や障害物などを計算して、無線LAN接続を持続させる仕組みですので、従来の無線LAN環境と比較して、子機への電波が入る状況が2割ほど改善されます。

自宅でWi-Fiを使う事で、スマホで契約している回線プランの容量を節約するといった使い方が出来ます。

が、Wi-Fi環境がより良くなれば、それだけ自宅でのWi-Fi環境を活用したスマホの使い途が広がってきます。

ビームフォーミングによる無線LAN環境の改善を目指す場合は、対応しているスマホだけを持っていても効果を発揮出来ません。

セットで対応している無線ルーターを導入する必要があります。

ビームフォーミングに対応している無線ルーターは、近年発売されている物であれば、機能を使える場合が多いです。

買うなら出来るだけ新しいモデルにしておきましょう。

スマホも最新モデルを買っておけば、ビームフォーミングに対応していることでしょう。

タブレット

ビームフォーミングをタブレットでも使いたいユーザーは多いと思いますが、スマートフォンと比較して対応機種が極端に少ないのが現状です。

iOS搭載端末ではiPad mini 4とiPad Air 2があり、Android搭載端末では唯一対応しているのが2013年にリリースされたNexus9のみです。

Wi-Fiでは比較的電波干渉の少ない周波数帯を利用するIEEE802.11acをはじめとするさまざまな新規格が登場したり、複数のアンテナで接続を安定させるMU-MIMOの採用へとシフトしつつあるのがトレンドとなっています。

が、利用環境によってはビームフォーミングを利用したいニーズもまだまだあり、各メーカーの対応に期待がかかっています。

 

まとめ

通信速度や繋がりやすさの改善に役立つ技術「ビームフォーミング」についてまとめました。

対応機種も続々登場し、今後は当たり前に搭載される機能になっていくでしょう。

WiMAXルーターも2017年末に登場した「WX04」からこの機能に対応し、その後発売されたモデルでも使えるようになっています。

よって、この機能に対応した機種を買いたいなら、最新機種を選んでおけば問題ないでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました