WiMAXとテザリングを比較 どっちがいい?

WiMAXとデザリングを比較 どっちがいいの?

数年前にWiMAX(無印)ルーターとスマホ(iPhone)のテザリング両方を使っていました。

そのときノートパソコン持って外出先で作業したことも多々あり、どっちかって言うとWiMAXルーターのほうが快適だったかな?という印象です。

でもその当時はauのLTEし放題プランだったし、WiMAX(無印)も完全無制限。どちらでもデータ通信量を気にせず使えてた幸せな時代でしたね~。

それが今では・・・。最近動画見る人が増えてネット回線がパンクするかも?みたいな話も聞きますし、昔より理論上の速度が速くなってても実測値は遅かったりします。当時のほうが快適だったかもしれない。

と昔を懐かしんでばかりでは老害とか言われそうなのでこの辺にして、今現在のWiMAX2+とテザリングの違いを比較してみました。

WiMAX2+回線とテザリングを比較しました

WiMAX2+回線の特徴

メリットは?

  • データ無制限プラン(ギガ放題)がある
  • 速度制限時でも高画質でなければ動画視聴可能なレベル
  • 端末契約時、キャッシュバックなど手厚いキャンペーンがある

デメリットは?

  • 3日3GB速度制限あり(約6Mbps)
    ※2017年2月から3日10GBに変更(制限時約1Mbps)
  • スマホとは別に端末を持ち歩く手間がかかる
  • 電波が障害物に弱いので、カバーしてるエリアでもつながらない時がある
  • キャリア回線の電波より対応エリアは狭い

WiMAX2+はこんな人におすすめ

外出先や自宅でがっつりネットを使う人はこちらが最適です。基地局が近いなど使う場所によって光回線より快適なこともあるので、動画をよく観る&制限を気にすること無く快適に使いたいならWiMAXでしょう。

私の自宅の場合、au光回線よりWiMAX2+のほうが快適でした。

ただ契約するにしてもエリア確認・繋がりやすさチェックだけは絶対にしておくべきです。

WiMAX運営元「UQWiMAX」がやっている無料お試しサービスを利用するか、家電量販店でもお試しで貸してくれるところもあるようです。一度問い合わせてみてください。

つながりやすさを確認せず契約してしまい、結果ダメだった場合、端末発送日から8日以内ならクーリングオフではないんですが初期契約解除制度があるので利用することになります。が、ぶっちゃけ面倒ですし、プロバイダ側にも迷惑がかかってしまうのでお試ししてからにしましょう。

関連記事
WiMAX契約初期段階で無償解約できる初期契約解除制度について

 

スマホテザリングの特徴

メリットは?

  • キャリア回線を利用するためカバー範囲が広い
  • スマホでそのまま使えるのでお手軽
  • オプション代が必要な場合でも多少上乗せするだけで利用可能

デメリットは?

  • キャリアで契約してるデータ容量をオーバーしやすい
  • プラン容量をオーバーし、速度制限されると激遅(128kbps)
  • スマホバッテリーの減りがめっちゃ早い
  • テザリング対応スマホじゃないと使えない

スマホテザリングはこんな人におすすめ

短時間ならスマホのテザリングでも十分使えます。ただ2、3時間など長時間ネット接続しながら作業するのは厳しいですね。ずっと充電しながら使えば問題ないんですが。

ただ、バッテリーは充電しながら使うとダメージ受けやすいので、コンセントやモバイルバッテリーから充電しつつ利用するとバッテリー寿命を縮めてしまいます。

よってテザリングでもいい人は、長くて1時間くらいしか使わない&動画あまり観ない人でしょう。

私がiPhone5で使っていたとき、テザリングでネット接続するとぐんぐんメモリが減っていきました。なくなるまで使い続けたことはないんですが、もって1時間少々くらいだと思われます。

データ容量に関しては、今なら20GB、30GBなど大容量プランが登場しだいぶ安くなっているので、ある程度動画を観ても問題なくなりました。

でもWiMAXに比べるとまだまだ高いかなって感じですね。WiMAXなら3日10GB制限を考慮しても月間約100GBまでなら速度制限無しで使い続けられ、料金も安いプロバイダなら3000円少々です。

対してキャリアの大容量プランは、20GBが6000円、30GBが8000円ほど。WiMAXを2回線契約できてしまいます。2回線ならトータル200GBまで使える計算に。かなりもったいないです。

 

格安スマホでもテザリングは快適に使える?

格安スマホでテザリングは利用できるのか?

結論からいうと、現状ほとんどの格安スマホで問題なく利用できます。

ただ使えないパターンもあります。

まずMVNOのSIMをドコモキャリアで使っていた白ロム端末で利用したい場合。

この場合は残念ながら不可能です。

ところがau系のMVNOを利用している場合は、アンドロイド端末であればキャリアの中古のスマホでも可能です。

なんですが端末がiPhoneだとまた話が違ってくるんですよね・・・。ややこしい。

で、まずドコモの場合iOSのバージョンが7以前のiPhoneはテザリングが不可能ですが、iOSが8以上であればドコモキャリアのiPhoneでもMVNOのSIMで可能となります。

もちろんシムフリーiPhoneでも可能です。

ところがauの場合は不可能だったりします。

auキャリアのiPhoneでも、SIMフリーiPhoneでも不可能となります。

古いiPhoneで一時期裏技によって可能になった事もあったようですが、基本不可能と考えておきましょう。

iPhoneで利用したい場合にはドコモSIMを使うことが必須です。

テザリング向けの格安スマホ

格安スマホを選ぶ場合はどのような機種を選べばよいのか?について、確実にテザリングを使用できる機種を選択するために人気機種を紹介していきます。

【P10 lite】

まずはHuaweiのP10 lite SIMフリーで、価格は25000円程度。

この価格でメタルフレームで薄さ約7.2mmのスリムボディに、5.2インチのフルHDディスプレイ、背面に高感度指紋センサー、ジャイロを搭載しています。

バッテリーの持ちも評判が良いです。

【ZenFone4 Max】

次にASUSのZenFone 4 Max SIMフリーで価格は25000円程度です。

背面にデュアルレンズカメラを搭載していてカメラにこだわりがある方におすすめです。

ジャイロを搭載していないので動作しないゲームがあるかもしれません。そこは注意ですね。

【arrows M04】

次に富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04です。

価格は少し高くなって35000円~となっています。

この端末は数少ないドコモ・au両対応のシムフリースマートフォンとなっています。

iPhoneでもドコモ・auとも対応していますが、このarrowsはおサイフケータイに対応している点が有利です。

また、IPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能があります。

さらに米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)23項目に準拠しています。

これは頼もしいですね。

ハンドソープや食器用洗剤で洗うことも出来ます。

【iPhoneSE SIMフリー】

最後にご紹介するのはアップルのiPhone SEシムフリーです。

かなりの値下げが行われていて、公式サイトから購入しても4万円程度になっています。

iPhoneの良さはなんといってもその操作性です。

そして、ドコモ・auとも問題なく格安SIMが利用できます。

auのsimを利用する場合はテザリングが不可能なので、ドコモSIMを使用してください。

格安スマホのテザリング方法

それぞれのテザリング利用方法を解説していきます。

【Androidスマホ】

アンドロイドの場合は、設定アプリを起動、無線とネットワークのネットワーク設定を押して、テザリングとアクセスポイントを押します。

これでWifi~にチェックを入れると開始されます。

【iPhone】

iOSの場合は、設定を開いて、モバイルデータ通信を押して、インターネット共有を押します。

そして、インターネット共有をオンにしてください。

これで開始されますが、Wifiのパスワードを設定しておきましょう。

接続方法はBluetoothを使ったほうがバッテリー消費が少ないのでおすすめです。

ただiPhone同士ではBluetooth接続できない仕様となっていますので注意しましょう。

 

どっちがいい?

WiMAX向きの人

データ無制限プランありでスマホテザリングより長時間使い続けられるため、

  • 動画視聴などでデータ通信を大量に使う
  • 外出先で長い時間ネット接続する

人におすすめです。

スマホのデータ通信量を毎月オーバーしてしまう人なら、容量プランをあげるよりWiMAX契約したほうが安上がりになるパターンもあります。プランを下げてもいいですしね。

また、Wi-Fi機能のない端末(デスクトップパソコンなど)を繋げる場合もWiMAXが最適です。

関連記事
Wi-Fi機能のないパソコンでWiMAXを使う3つの方法

 

スマホのテザリング向きの人

日常的に持ち歩くスマートフォンで使え、Wi-Fi機能付き端末を持っているなら、

  • 外出時に持ち物を増やしたくない
  • 短い時間ネットが使えればいい

人におすすめです。

ただ、バッテリー消費が激しいので、結局モバイルバッテリーや充電ケーブルを持ち歩くことになるかもしれません。そうなると持ち物増えてしまいます。

というわけで、あまりデータ通信しない人向けと言えます。

 

まとめ

管理人の体験を踏まえつつ、WiMAXとテザリングでのネット接続のメリット・デメリットを比較してみました。

おすすめはWiMAXですが、自分の使い方に応じてってところですね。

まずは自分のデータ通信量チェックから始めましょう!

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由