WiMAXのハイスピードとハイスピードプラスエリアモードの違いは?

WiMAXの「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」って何?違いは?

WiMAXについて調べているとよく見かける2つの用語、

  • 「ハイスピードモード」
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」

について、どんなものなのか?を調べてみました。

ハイスピードとハイスピードプラスエリアモードの違いは?

「ハイスピードモード」って何?

WiMAX機器が使う電波は「WiMAX」「WiMAX2+」「au 4G LTE」の3種類あって、そのうち「WiMAX」「WiMAX2+」の2種の電波を使うモードです。
※「WiMAX2+」だけでした(汗)。「WiMAX」は下で初回している「ノーリミットモード」です。

どっちの回線を使うか?は機器によります。中には「2+」しか使わないものもあるので両方使いたい人は注意が必要。

ただ「WiMAX」回線は2018年3月にサービス終了するようなのでアテにしないほうがいいですね。
(関連記事:WiMAXは2018年3月にサービス終了

「ノーリミットモード」もあり

「WiMAX」回線だけを使う「ノーリミットモード」もあるようです。ネーミングどおり完全にノーリミット=速度制限無しで使えるモード。「2+」「au 4G LTE」の3日3GB制限が嫌われてるのに対し、「WiMAX」はこれがあるため「昔は良かった・・・」と嘆く人が多いらしい。

WiMAXノーリミットモードってどんなもの?

ノーリミットモードは通信制限が全て無い接続モードとなっています。

一般的なインターネット回線は、大量に通信をするユーザーに対して、規制を掛けることがありますがそれが無いので好きなだけインターネットが楽しめるのが魅力です。

また、ノーリミットモードを利用したい方は、モバイルルーターがそのモードに対応している事、契約を結ぶときにその利用が可能な契約にする必要があります。特に注意したいのは、端末によって利用できないものもあるので、購入、もしくはレンタルする端末が対応端末か確認は必要です。

そして、もう一つノーリミットモードは、WiMAX2+などの新しい接続方式に比べて、対応エリアが狭いので契約する前に自宅が対応エリア内かも調べる必要もあります。対応エリア外の場合は、WiMAXのモバイルルーターを起動させても、電波が届かずインターネットが使えなくなります。

インターネットをする時に、通信回線の規制を受けるのが嫌だという方は、そんなノーリミットモードのある端末を利用するのが得策です。ちなみに、ハイスピードモードと切り替えが出来る端末もあり、それを利用すれば利用用途に合わせて切り替えられます。

 

「ハイスピードプラスエリアモード」って何?

「au 4G LTE」の電波を使うモードです。名前に「プラスエリア」とあるとおり、「au 4G LTE」電波がカバーしてるエリアもプラスして使えるってことですね。カバーしてる範囲についてはこちらの記事をご覧ください。
WiMAX2+のエリアについて

使えるエリア広くなるならこっちのがええやん!と思うんですが、オプションで月約1000円(税抜)高くなるのがネックだったり。月1000円って結構な値段。頑張れば3日はご飯食べられる金額です。高っ!ってなわけで、WiMAX契約するならこれ無しで繋がるかチェックしておきたいところ。

一応これ、月に一回も「au 4G LTE」回線使わなかったら払わなくていいんですが、一瞬でも使ったら1000円弱の支払い義務が発生するんですよね~。嫌すぎる。設定してるとき指滑らしたら一瞬で1000円溶けてなくなります。怖いわ~。

ちなみに優先して接続されるのは「WiMAX2+」回線のようです。

あと、「ギガ放題」っていう月間データ通信量無制限プランでも「au 4G LTE」回線使うと7GB制限が適用されるみたいです。

 

最後に2つのモードの違いをサラッと解説。

ハイスピードとハイスピードプラスエリアモードの違いは?

外出先でWi-Fiを自由に使う事ができるサービスと言えばWiMAX。そんなWiMAXにはすでに紹介したとおりハイスピードとハイスピードプラスエリアモードがあります。

ハイスピードはWiMAX2プラスエリアの通信に対応しているモード。高速通信をすること出来るのですが大手キャリアと比べると利用できるエリアが限定されています。

ハイスピードプラスエリアモードはauのエリアを利用した通信。LTE通信を利用して高速インターネットをすることができるのが特徴となっています。通常のハイスピードモードの弱点となっている電波の入りの弱さを改善したもので端末設定を利用して自由に切替ができるようになっているのが特徴です。

上記の内容を見てみるとハイスピードモードよりもハイスピードプラスエリアモードの方が優れているように見えるんじゃないでしょうか。この2つのモードは基本的に通信容量が違っています。

ハイスピードモードは無制限の契約をしている場合使い放題となっています。後者のハイスピードプラスエリアモードだと7GBが上限です。

また端末設定でハイスピードプラスエリアモードに切り替えると通信容量が7GBに限定されてしまいますが、切り替えた瞬間からハイスピードプラスエリアモードの料金を支払うシステムとなっています。速いインターネットをしたいときは圧倒的にハイスピードプラスエリアモードが良いです。

最大通信速度はWiMAXの端末に依存するため機器により違いがあります。3波キャリアアグリゲーションに対応した機器であれば3つの電波を出すことによって通信速度を708Mbpsまで上げる事ができるので速度重視の人はそういった機種を選びましょう。

 

それぞれの安定性はどっちが上?

WiMAXのハイスピードプラスエリアはスマートフォンなどで多く使われているau4GLTEを使って通信をするモードで電波の届く範囲が広く安定しています。大手キャリアのauの回線を使って通信するモードなので広いエリアで安定してインターネットに接続できるというメリットがあります。auの人口カバー率は99パーセントで電波も強力なので山間部や離島などにも電波が届きます。

ハイスピードプラスエリアはWiMAX2+の回線とau4GLTEの回線の2つを同時に使えるので、WiMAXの電波が入る所ではWiMAX2+でインターネットを楽しんでWiMAXの電波が入りにくい所ではau4GLTEで安定したインターネット接続が可能です。

これに対してハイスピードはWiMAX2+という回線を使って通信をするモードでau4GLTEで通信をするハイスピードプラスエリアよりも安定性に欠けます。ハイスピードなら下りが110Mbpsで上りが10Mbpsの高速通信が可能ですが、その分通信が可能なエリアは狭くキャリアよりも安定性で負けています。

ハイスピードプラスエリアだとauの回線を使ってインターネットに接続することも可能なのでWiMAXの電波が入りにくい所でも問題なく使えるのでハイスピードよりも安定性は上です。

 

まとめ

WiMAXの通信モード「ハイスピード」「ハイスピードプラスエリア」の2つのモードにはどんな違いがあるのか?を紹介しました。

通常利用や使い放題を堪能したいなら「ハイスピードモード」、電波の繋がりが悪いなど一時的に使うなら「ハイスピードプラスエリアモード」がおすすめです。

もう1つのノーリミットモードも速度制限されてしまったときなどは便利。ですが、サービス終了は決まっているのでいまからWiMAX契約する人は当てにしないほうがいいですね。

 

それにしても「ノーリミットモード」いいですね~。今のモード2つは縛りが多くて窮屈な感じ。昔「WiMAX」を使ってた時ストレスなく使えてたので、3日3GB制限やら「au 4G LTE」は7GBまでなんてあったらそりゃ「昔は良かった」ってなるでしょう。私もいずれそうなりそう(汗)

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由