WiMAXホームルーター比較 実際使ってみた結果良かったのはこのモデル!

契約者数が約3000万件以上で、モバイルルーターシェア1位のWiMAX。

モバイルルーターのイメージが強い回線サービスですが、数は少ないながら自宅設置タイプのホームルーターも用意されています。

今までパッとしなかったWiMAXのホームルーターですが、2017年2月に「Speed Wi-Fi HOME L01」が発売され、過去のホームルーターとは比較にならないくらい売れ行き絶好調!

契約件数アップに貢献しているのは間違いないです。

そこで、現在プロバイダで契約できるWiMAXホームルーターをピックアップ。

メーカー別の最新ホームルーター2機種を、実際に使ってみた結果も踏まえ比較しました。

WiMAXホームルーターをとことん比較!

現在契約できるWiMAXホームルーター

  • ファーウェイ製ホームルーター
    ・Speed Wi-Fi HOME L02
    ・Speed Wi-Fi HOME L01s
    ・Speed Wi-Fi HOME L01
  • NECプラットフォームズ製ホームルーター
    ・WiMAX HOME 01
  • シンセイコーポレーション製ホームルーター
    ・novas Home+CA

WiMAX運営元UQWiMAX公式サイトには、シンセイコーポレーション製ホームルーターの旧モデル「URoad-Home2+」も掲載されていますが、今では扱っているプロバイダはありません。

またスペック的にもあえて古いホームルーターを選ぶメリットがないので今回は比較対象から外しています。

 

WiMAXホームルーターのデザインを比較

まずは見た目から比較。

Speed Wi-Fi HOME L02のデザイン

Speed Wi-Fi HOME L02のデザイン

Speed Wi-Fi HOME L01sのデザイン

Speed Wi-Fi HOME L01sの裏表デザイン

 

Speed Wi-Fi HOME L01のデザイン

L01sの本体カラー画像

すべて色はホワイト一色のみ(L01sはスペック表ではグレーとなっていますが)。

円柱状で無駄のないシンプルなデザイン。

このホームルーターは見た目の評判がとにかくいい!

空気清浄機を思い浮かべる人も多いようです。

一目惚れして契約してる人もちらほら見かけます。

「アンテナが出てないから受信感度が心配」って声もありますが、使ってみた感じまったく問題ありませんでした。

WiMAX HOME 01のデザイン

UQ WiMAX WiMAX HOME 01

一番コンパクトサイズのWiMAXホームルーターです。

通信環境の安定性を向上させる機能が搭載されています。

novas Home+CAのデザイン

アンテナがピーンと2本立っていて、いかにもホームルーターって感じの見た目。

これはこれで丸みを帯びたデザインが可愛らしく見えます。

アンテナも角みたいで好きな人は好きそう。

デザイン面の比較結果は?

モバイル・ホームルーター売上ランキングをみるとハッキリしてますが、圧倒的に「L01/L01s」が売れてました。

L02とWiMAX HOME 01は同じくらい。

novasも格安SIM向けのSIMフリー版を発売し、木目やピンク色を用意したものの、残念ながら売れ行きはイマイチ・・・。

発売時期の違いやスペック的なものも当然あるんですが、ホームルーターそれぞれのネットの評判をみると、デザイン性が売上に大きく影響しているのは間違いないでしょう。

よって

デザインは「Speed Wi-Fi HOME Lシリーズ」の勝利!

といえるかと。

WiMAXホームルーターのスペックを比較

製品名Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi HOME L01sSpeed Wi-Fi HOME L01WiMAX HOME 01novas Home+CA
製造メーカーファーウェイファーウェイファーウェイNECプラットフォームズシンセイコーポレーション
本体色ホワイトグレーホワイトホワイトホワイト
サイズ幅 93mm
高 178mm
奥行 93mm
幅 93mm
高 180mm
奥行 93mm
幅 93mm
高さ 180mm
奥行 93mm
幅 70mm
高 154mm
奥行 100mm
幅 130mm
高さ 162mm
奥行 69mm
重さ約436g約450g約493g約338g約317g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
下り最大速度1000Mbps440Mbps440Mbps440Mbps220Mbps
上り最大速度75Mbps30Mbps30Mbps75Mbps10Mbps
同時接続台数最大42台最大42台最大42台最大22台最大18台
電源ACアダプタのみACアダプタのみACアダプタのみACアダプタのみACアダプタのみ
最大消費電力24W24W24W9W11W
SIMカードNanoSIMNanoSIMMicroSIMNanoSIMMicroSIM
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac

※CA=キャリアアグリゲーション(詳細⇒キャリアアグリゲーションとは?

スペック面の比較結果は?

発売日が違うのでスペックに差が出るのは仕方ないんですが、新しいモデルは当然ながらスペックが改善されています

下り最大速度はついに1000Mbpsの大台に突入しました。

同時接続台数はそれほど増えていってませんが、ここは40台もあれば十分でしょう。

本体サイズ、重さ、消費電力は「WiMAX HOME 01」が優れていますが、最大速度ではイマイチに見えてしまうはず。

ただ、この機種はWiMAXハイパワーという電波出力を上げる新機能が搭載されたことで、安定性がアップしているんですよね。

ここはスペック表からはわからない大事なポイントです。

よってここまでで判断する場合、スペックの高さで選ぶなら「L02」、安定性で選ぶなら「WiMAX HOME 01」がおすすめです。

 

ホームルーターの速度を比較

ここでは、私が実際にホームルーターの速度を計測してみた結果をご参照ください。

L02の速度

WiMAX L02をレビュー!実測値から性能を評価

L01sの速度

未計測です。

L01の速度

Speed Wi-Fi HOME L01の速度を計測
ハイスピードプラスエリアモードで計測した結果

WiMAX HOME 01の速度

HOME 01の速度を計測!実測値はどれくらい?

novas Home+CAの速度

novas Home+CAの実測値は?

この中で一番古い「novas Home+CA」は、私が買ったものがたまたま不良品だったのかもしれませんが、あまりに遅かったんですよね。

他機種と比較するのがかわいそうなくらい差が開いてしまいました。

他機種が対応しているau 4G LTE回線を使ったモード(ハイスピードプラスエリアモード)は、WiMAX2+だけのモード(ハイスピードモード)と極端に速くなったわけじゃありませんが、時間帯によっては20Mbps以上速いこともあり。

また、WiMAX電波よりau 4G LTE電波のほうが対応エリアも広く地下や障害物にも強いため快適性が上がります。

よって2つの電波に対応している最新モデル「L02」か「WiMAX HOME 01」のどちらかがおすすめ。

地方都市の住む私の家の環境では「WiMAX HOME 01」が一番速度も速く快適でした。

ただ新技術に対応する都市部エリアならL02のほうが速い可能性もあります。

が、絶対とは言えないので、個人的には「WiMAX HOME 01」をおすすめします。

 

比較した結果、イチオシはHOME01

HOME01

以上、デザイン、スペック、速度の3項目で比較してみました。

当サイトでは「WiMAX HOME 01」をおすすめします。

 

ホームルーターはどんな使い方をする人におすすめ?

WiMAXは持ち運びができるモバイルタイプの端末に加えて、据え置き型のホームルーターの取り扱いもあります。

そこでWiMAXホームルーターはどんな使い方をする人におすすめなのか?を簡単に紹介していきます。

ホームルーターは据え置き型の端末で、コンセントに差し込んで利用するため基本的には自宅で利用することになります。

通常自宅にインターネットの固定回線を設置する場合には業者に頼んで工事をしてもらう必要があるのですが、ホームルーターはコンセントにさすだけ利用できるのがメリット。

急いで自宅にネット回線を設置したいという場合や引っ越しが多いという場合、独り暮らしをしている女性などに特におすすめです。

加えてホームルーターにはLANケーブルを差し込む端子がついています。

Wi-Fi接続のみのルーターを複数の端末に接続した場合、通信環境によっては通信が不安定になったり速度が遅くなってしまうことがあるのですが、LANケーブルを利用してインターネットに接続することで通信速度や通信状況の安定性が大幅に向上する特徴があります。

WiMAXのモバイルルーターにゲーム機などを接続してゲームのインターネット対戦などをした場合には遅延が発生する報告が多いのですが、ホームルーターなら多少ながら改善を期待できます。

 

まとめ

WiMAXホームルーターをいろいろな角度から比較してみました。

我が家で一番快適だった「WiMAX HOME 01」をおすすめしますが、新しいモデルであれば極端は差はないでしょう。

デザインで選んでも問題ありません。

ただ古い機種は避けたほうがいいですし、そもそも契約可能なWiMAXプロバイダが少ないので割高料金で契約する羽目になるかもしれません。

やはり最新モデルから選ぶのがいいですね。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由