WiMAX契約者数ってどのくらい?

WiMAX契約数ってどのくらい?

日本中にはいろんな電波が飛び交っています。そしてそれらは有限です。ということは?契約者数が増えれば増えるほど通信環境は悪くなるってことになります。もちろん回線を持ってる会社は増強して対応するわけですが、だいたいの契約者数は知っておいて損はなさそう。

というわけでWiMAXルーターの契約者数がどれくらいいるものなのか?について調べてみました。

WiMAXの契約者数はどれくらい?

契約者数はUQコミュニケーションズ公式サイトに載っていました。

 第1四半期
1~3月
第2四半期
4~6月
第3四半期
7~9月
第4四半期
10~12月
2009年
WiMAXスタート
運営開始前2万17006万360015万300
2010年21万390033万710052万440080万6600
2011年103万300123万7400168万8800226万5700
2012年290万6000362万4100392万9100408万4200
2013年
10/31~
WiMAX2+開始
422万2300427万5000415万7200401万3500
2014年415万3100512万3800715万3200954万3000
2015年1124万7001315万80001568万89001804万8300
2016年1981万45002162万63002329万57002480万6000
2017年2587万7002710万4800

国の運営する◯◯省などの小難しい文章いっぱいなサイトとか見なきゃダメんだろうな~とけっこうイヤイヤ検索してたんですけどね、これがまたあっさり見つかって拍子抜け(汗)

それにしてもけっこう契約者数多いんですね~。1人1台ってことはないとしても2016年3月までで約2000万件もの契約者数になっています。といってもUQmobileのも入ってるのか?それでもやっぱすごい。日本人の6人に1人が持ってる計算ですね。ファミリー向けマンション住まいで1戸1家族3人住まいなら、お隣かそのさらにお隣さんにWiMAX持ってる?って聞いたらYESと回答される契約者数です。レオパレスみたいな薄い壁ならお隣さんのWiMAX電波でインターネットつなぐことも不可能じゃないかも?後はどうやってパスワードゲットすればいいのか考えるだけだぜ、フフフ・・・。

とまぁ犯罪チックな話はこれくらいにして、契約者数の推移について。

2016年第3四半期(7~9月)と翌期だけ初の減少になってますが、2013年10月31日から始まるWiMAX2+のための買い控えだと思われます。

で、WiMAX2+が始まるとものすごい勢いで契約者数が増加。特に2014年後半からは約200万契約づつ増加してますね。回線速度が光回線並っていうのが良かったに違いない。真実は知らんけど(汗)

その後3日3GB制限と契約の取り方関連で炎上しつつも順調に契約者数を伸ばしてます。炎上について調べてみるとけっこうヒドかったのかなって感じですが、なんの影響もないかのように伸びてますね。所詮ネット上だけの出来事だったってことらしい・・・。

今年夏に登場した最新モデルでは対応エリアが一部だけながら下り最大370Mbpsを謳ってますし、光回線なくてもいいや!って思う人がさらに増えそうです。

 

WiMAXの契約者数2000万突破キャンペーンは当然あるよね?

2016年第1四半期(1~3月)までのUQコミュニケーションズが集計した契約者数は「19814500件」とあります。

WiMAXの契約者数データ

これ公式サイトに載ってるヤツなんですけど、四半期ごとに発表されてます。順調、っていうか2014年第1四半期~2016年第1四半期までの2年で伸びすぎ!契約者数が1500万件増えてます。WiMAX2+が出てきた頃からかな?

6月までの分が公表されたら夢の2000万人突破してるかも?!あとたった185500件だけですもんね。

もしそうなら、絶対キャンペーンやりますよね~。やるとしたらどんなキャンペーンでしょう。

  • 先着2000名様に半年間月額料金無料キャンペーン
  • 総額2000万円分無料キャンペーン

みたいに2000に絡めてくるのは間違いないでしょう。楽しみすぎる!

これでやらんかったら「頭おかしいんちゃう?」って総ツッコミ食らうはず。少なくとも私がこのブログで1ツッコミさせてもらいます。

 

あ~でもこの数字、公式サイトをよく読んでみるとUQコミュニケーションズの契約者数でした。ってことはUQWiMAXと格安SIMのUQモバイル両方の数値ってことですね。あとこの数値はWiMAXプロバイダの契約分も入れてそうです。

UQモバイル側の契約者数はハッキリしてないのでわかりませんけど、格安SIMのシェアをみると、100万件突破してる「IIJmio」よりけっこう少なかったので50万件もなさそう。仮に50万件としてもWiMAX単独での2000万件突破は今年中に達成できるんじゃないかと思われます。

まあでもこういう合算の数値を発表してる以上、合計2000万件突破したらキャンペーン実施するはず。

というか、表の伸び率的に第2四半期で絶対2000万突破してるでしょ、これ。6月からもう4ヶ月近く経とうとしてるのに数値発表しないのは準備してるからでしょう?きっと。そうじゃなかったら「頭おかしいんちゃう?」って総ツッコミ食らうはず。

このブログでさむいツッコミする未来なんて見たくないので、UQコミュニケーションズさんには期待してまっせ!

※あっさり契約者数2000万件突破したものの、キャンペーンはありませんでした!残念・・・。

 

2017年第1四半期でついに契約者数2500万件突破!

2016年秋ころから積極的に営業開始した格安スマホ「UQmobile」分の契約者数が加味されているものの、報道などによると数十万件に留まっています(50万件いってなかったはず)。ということは、2587万件を記録した2017年第1四半期の時点で87万件超えはなしってことに。わずか1年ちょっとで500万件もの契約者を増加させてきました。WiMAX人気ですね~。良いことです。

となるとなにかキャンペーンやってくれてもよさそうなものですが、区切りのいい2000万件突破時でもなにもしなかったUQコミュニケーションズさん。やるわけありません(汗)。好調なときこそテコ入れしていくべきでしょ?と素人ながらヒトコト言わせてもらいたい!

それにしてもそろそろ飽和状態になりそうなものですが、まだ3ヶ月で150万件ほど増加してますね。ひと月あたり50万人が契約している計算に。徐々に契約者数の増加率は鈍ってきてはいるものの、3000万件超えは確実でしょう。

スマートフォンの日本での所有状況は総務省データによると1億6000万台くらい(だったはず)。さすがに1億台突破はムリでしょうけど、4000万台くらいまではいけるかもしれませんね。今のペースで増えていけば2017年第4四半期でまず3000万契約を達成しそうな勢いです。

その先鈍るとしても100万づつ増えていけば2~3年後には契約者数4000万オーバーに。さすがになにかしらキャンペーンやって欲しいですね~。

そこまで増えたら回線状況に問題発生しないか不安もありますが、WiMAXブログ運営主としても応援しています。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由