WiMAXキャンペーン 3月のキャッシュバックや特典まとめ

3月のWiMAXプロバイダ特典比較
残り-日
 

WiMAX申込者が1年間で一番増えるらしい新生活シーズン。とくに3月は年間でもっとも申込みが多いんだそうです。

となると、WiMAXサービスを提供している会社(以下プロバイダ)さんたちはキャンペーンで気を引こうとしてきます。

そして3月はもっともキャンペーンが手厚くなる月でもあります。

引っ越しして光回線よりWiMAXを選ぶ人、ケータイショップで営業されてつい契約しちゃう人、きっちりネットで調べて一番お得なところを探しまくる人、などいろんな人がいると思いますが、このページにアクセスしてるってことは少しでも安く契約したいからのはず。

そこで、3月に実施されているWiMAXプロバイダ別キャンペーンをまとめ、料金別にランキングを作成してみました。

一番安いのはどのプロバイダ?

3月のWiMAXプロバイダキャンペーンを徹底比較!

比較する前に少しだけ「キャンペーンの種類」と「WiMAXプロバイダ別サービスの違い」、そして「いま選ぶべき機種」について触れておきます。

WiMAXキャンペーンは2種類あり

まずWiMAXプロバイダのキャンペーンには

  1. キャッシュバックキャンペーン
  2. 料金割引キャンペーン

の2パターンあります。

そして大抵片方だけってところが多いんですが、一部両方やってるプロバイダさんもあります。

キャッシュバックキャンペーンのメリットとデメリット
契約期間の合計金額が安い。
ただしキャッシュバックを受け取るまでに1年くらいかかるところが多く手続きも必要。

料金割引キャンペーンのメリットとデメリット
最初からずっと安い料金で使える。
契約期間のトータル費用ではキャッシュバックキャンペーンに劣る。

私の場合1年も待てないので料金割引の方を選びました。

まぁこのあたりは人それぞれ好みがあると思いますので、安さを取るか、手続きない方を取るか、で自分にあったキャンペーンを選びましょう。

ちなみにプロバイダによって2年プランを選べるところもありますが、特典が強力で安いプロバイダは3年プランばかりのため3年プランで比較していきます。
(2年プランは特典がなかったり古い機種しか選べないため割愛)

なおビックカメラやヤマダ電機など家電量販店系、auショップでも契約できますが、キャンペーン特典がないか弱いため比較対象から外しています。

WiMAXプロバイダはどこで契約しても環境は一緒

UQコミュニケーションズが運営するWiMAXサービスは、UQが運営するUQWiMAXのほか25社以上で契約できます。

ただ使う電波も端末も一緒のため、どこで契約しても通信環境は一緒

そのため料金の安さで選ぶのがベストです。

いま選ぶべき機種はこれ

2019年3月時点で選べるWiMAX機種のラインナップは次の8種類から。

携帯型据え置き型
  • W06
  • W05
  • WX05
  • WX04
  • WX03
  • L02
  • L01s
  • HOME01

赤文字の最新機種から選ぶのがベスト。

WiMAXに限りませんが、新しいモデルほど性能が上&快適性アップしています。

外でも使う人は「W06/WX05」から、固定回線の代わりにするなど自宅だけでいい人は「L02/HOME01」から選びましょう。

それぞれの特徴を簡単にまとめておくので、選ぶときの参考にしてください。

携帯型モデルならどっちがいい?

W06の特徴
Speed Wi-Fi NEXT W06の正面デザイン
  • WiMAX最速1.2Gbps対応モデル
  • バッテリー3000mAh
  • 連続通信時間 約9時間
  • 同時接続台数16台

速度の速さが一番の魅力ですが、その分バッテリー消耗も早いので外出時に長く使いたい人には向いてません。

また充電用台座(クレードル)もなし。

スペック重視の人向けモデルですね。

ちなみに最大速度1.2Gbpsで使えるエリアは「東京・埼玉の一部のみ958Mbps対応エリアは「宮城・東京・埼玉・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡の一部のみなので、該当エリアに入っている人ならW06の方が快適に使える可能性大。
※非対応エリアはWX05と同じ最大440Mbpsです

WX05の特徴
WX05 2色前面デザイン
  • 最大速度440Mbps
  • バッテリー3200mAh
  • 連続通信時間 約11.5時間
  • 拡張アンテナ搭載の専用台座(クレードル)
  • 日本メーカー製

最大速度はW06に及びませんが、電波送受信能力を向上させ安定感を高めたモデルです。

別売の専用クレードル(3500円前後)を買えばさらに安定感アップするのでセット購入がおすすめ。

W06の高速通信に対応していないエリアに住んでいる人、外で長時間使いたい人はWX05のほうがいいです。

地方都市住まいの私が実測値調査した結果、WX05のほうが10%以上速かったです。

据え置き型モデルならどっちがいい?

L02の特徴
Speed Wi-Fi HOME L02本体
  • 最大速度1.0Gbps対応モデル
  • 同時接続台数40台

携帯型のW06と同じく、最大速度1.0Gbpsで使えるエリアは「東京・埼玉の一部のみ958Mbps対応エリアは「宮城・東京・埼玉・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡の一部のみなので、該当エリアに入っている人ならL02の方が快適に使える可能性大。
※非対応エリアはHOME01と同じ最大440Mbpsです

またたくさんの端末を同時接続する機会があるならL02を選びましょう。

HOME01の特徴
WiMAX HOME 01 キャンペーン
  • 最大速度440Mbps
  • L02より二回りほどコンパクトサイズ
  • 同時接続台数22台
  • 日本メーカー製

上の写真ではL02より大きくなってますが、実際は二回りほど小さめですし、日本製である点にメリットを感じる人はこちらで。

携帯型WX05と同じく安定性をアップさせる機能が搭載されているため、L02の高速通信対応エリア外に住んでいる人は、HOME01のほうが快適に使える可能性大です。

 

以上、どのモデルを選ぶのかある程度決まったと思うので、キャッシュバックと料金割引別にキャンペーンを比較していきます。

※契約初月の日割り料金は除く
※ユニバーサルサービス料(月2~3円)は除く
※初期費用3000円は除く
※3年合計はギガ放題プランで計算

1.3月度 WiMAXキャッシュバックキャンペーン比較ランキング

順位
2019/3更新
プロバイダ対象端末キャッシュバック3年プラン
合計
平均月額
1位JPWiMAXW06/W05
L01s
17000円
(アマゾンギフト券)
114800円
最安値
3189円
2位GMOとくとくBBW0537000円
最高額
115160円3199円
3位GMOとくとくBB
(WX04のみ)
WX04
(クレードル付)
33000円119160円3310円
4位GMOとくとくBBW06/WX0532100円120060円3335円
5位GMOとくとくBBL0231600円120560円3349円
6位GMOとくとくBBHOME0131400円120760円3354円
7位@niftyW06/WX05
L02/HOME01
30100円125140円3476円
8位BIGLOBEW06/WX05
L02/WX03
30000円126310円3509円
9位AsahiNetW06/WX05
L02/HOME01
10000円128000円3556円
10位UQWiMAXW0513000円143312円3981円
11位UQWiMAXWX05/HOME018000円148312円4120円
12位UQWiMAXW06/L023000円153312円4259円

おすすめはこのプロバイダ

キャッシュバックの業界最高額は「GMOとくとくBB」でW05を契約した場合の「37000円」。

ですが3年プランのトータル費用では「JPWiMAX」が最安です。

ただ「JPWiMAX」のキャッシュバックはAmazonギフト券となるので、それで問題ない人はここがベスト。

公式サイトはこちら
JPWiMAX 公式

現金でのキャッシュバックがいい人はGMOとくとくBBがベストとなります。

公式サイトはこちら
GMOとくとくBB 現金バック専用ページ

※GMOは専用ページ以外から申込むと1000円ほど金額が低いので気をつけて下さい。

 

2.3月度 料金割引キャンペーン比較 3年合計料金ランキング

順位
2019/3更新
プロバイダ対象端末3年プラン
合計
平均月額その他特典
1位GMOとくとくBBW06/WX05
L02/HOME01
117660円
最安値
3268円
最安値
キャッシュバック
5000円
2位BroadWiMAXW06/WX05
L02/HOME01
128626円3573円
3位Smafi WiMAXW06/WX05
L02/HOME01
129240円3590円
4位SIM CHANGEW05/L01s129400円3594円
5位@niftyW06/WX05
L02/HOME01
130040円3612円
6位BIGLOBEW06/WX05
L02/WX03
130320円3620円
7位カシモWiMAXW05/L01s130368円3621円
8位DTIW06/WX05/W05
L02/HOME01
130430円3623円
9位カシモWiMAXW06/WX05
L02/HOME01
132668円3685円
10位novasWiMAXWX05/W05
novasHome+CA
140880円3913円

こちらは料金改定がない限り、3月以外でも同じ料金設定です。

おすすめはこのプロバイダ

基本料金の割引特典でも「GMOとくとくBB」が最安です。

GMOとくとくBBはこっちでも現金バック特典が付いてるんですが、これなしでも一番安いので文句なし。

公式サイトはこちら
GMOとくとくBB 料金割引専用ページ

なお私も契約している「BroadWiMAX」もGMOとくとくBBには及ばないもののおすすめです。

GMOとくとくBBはサポートの評判がイマイチなんですが、BroadWiMAXは電話も必ず繋がってますし応対も丁寧。

また3年目以降の月額料金が安いため、長く使うほどお得になっていきます。

公式サイトはこちら
BroadWiMAX 公式

 

他のWiMAXプロバイダってどうなの?

ここに挙がっていないauショップと家電量販店系WiMAXプロバイダ(ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・EDION・ケーズデンキ・PCデポなど)は、キャッシュバックも料金割引もやってないのでリストから外しました。
(店舗によって割引クーポンプレゼントなど独自キャンペーンをやってることはあります)

ただし、お店に行ってその日のうちにすぐ使えるメリットはあるので、3年トータルで3万ほど高くなりますが料金を気にしない方はショップで契約しましょう。

とはいっても、上で紹介した中で「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」など一部プロバイダは即日発送にも対応しているので、最短翌日、遅くても2~3日後には届くでしょう。

 

3月のキャッシュバック額を比較

他の月のWiMAXキャンペーンと比較しても3月は特典が特に強力です。

そこで業界最高額のキャッシュバックを出してる「GMOとくとくBB」と、ほかに高額キャッシュバックを出しているプロバイダを例に、ここ数年の3月度におけるキャッシュバック額を比較してみました。

GMOとくとくBBBIGLOBESo-net@niftyDTI WiMAX
2016年3月?~33000不明不明28500
2017年3月26000~3400020000200002000029000
2018年3月29400~4080033000407000なし
2019年3月31400~3700030000なし30100なし

GMOとくとくBBは端末ごとの設定ですが、3月が全体的に一番高くなっています。

2018年3月は「So-net」が突然40700円ものキャッシュバックを繰り出したおかげで、翌日GMOとくとくBBが100円多く再設定するなど波乱もありましたが、すぐに落ち着きました。

そんなこんなでWiMAXを契約するなら3月が最適と言えます。

3月以降に契約を考えている人で「来月でいいか!」と思っている方は3月契約に前倒ししたほうが得する可能性大

3月以前の人も同様ですが、新生活の準備を早めに済ませたいなら1月か2月に新機種がでる事が多いです。

なのでそれ狙いで契約するのがおすすめ。

またそのタイミングだと型落ちモデルのキャッシュバック額が多くなる傾向があるのでそちら狙いにするのもいいですね。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)←New!
W06の料金&キャッシュバック比較

WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)←New!
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由