WiMAX乗り換えで違約金を負担してくれるプロバイダはココ!

まず最初に、WiMAX解約時の違約金は次のとおりです。

  • 発送日~8日目まで 0円
    (初期契約解除制度を利用)
  • ~1年目(12ヶ月目) 19000円
  • ~2年目(24ヶ月目) 14000円
  • 25ヶ月目 0円
  • 3年目(26ヶ月目)~ 9500円

ここにプロバイダ特有の解約違約金がさらに上乗せされることもあります。

基本的にWiMAXは2年縛り契約がメイン。なので25ヶ月目の解約月か初期契約解除制度を使ったとき以外は違約金がかかってしまいます。

これは携帯契約と一緒ですね。ただ違約金の額はすこし高め。できれば払いたくないものです。

とはいえ毎年新機種が発売され性能もどんどん上がっていくため、途中で乗り換えたくなることもあると思います。また思っていたより速度が遅くやっぱり乗り換えたいって人もいるのでは?

そこでWiMAXの乗り換えで違約金を負担してくれるプロバイダの紹介と、違約金がかからない解約パターンについてまとめました。

違約金負担OK!乗り換えに最適なプロバイダは?

たまにキャンペーンで乗り換えで違約金負担してくれるプロバイダもあったのですが、いまは

BroadWiMAX

だけしか確認できませんでした。

BroadWiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーン

上の画像を見ていると、目立つ文字色でデデーン!と書かれている「違約金当社負担」の「担」の上にある小さな「※1」が気になるんじゃないでしょうか。

うまい話にはウラがあるものです。

ただし、内容は「上限19000円まで」ってだけなのでご心配なく。

ほとんどのWiMAXプロバイダでは1年以内の解約違約金は19000円。ちゃんと全額カバーしてくれるので問題ありません。
(GMOとくとくBBだけは24800円なので気をつけましょう)

 

ここからは乗り換え時の条件や詳細を簡単に解説していきます。

乗り換え時の条件は?

主な条件はこの3つ。

  1. 現在他社で契約していること!
  2. 乗り換えキャンペーン期間であること
  3. WEBからの申込みであること

1は当然ですね。乗り換えるわけなので元契約がなければ申し込めません。

2は一応期間限定キャンペーンってことなので期限があるのですが、BroadWiMAX公式サイトによると期限未定となっています。会社的にも業績好調のようですし、突然終了する可能性はゼロじゃないのですがまだまだ継続してくれるでしょう。

3は特に意識する必要もありません。ここはWEB申込みにしか対応していないので何もしなくてもクリアーとなります。

その他特典

  1. 初期費用18857円がタダに!
  2. 機種代もタダに!

1の初期費用18857円→0円はかなり魅力的に感じます。ですがこれはスマホや格安SIM、光回線契約するときにもとられる初期費用2000~3000円とは全く違うものだったりします。これとは別の初期事務手数料3000円はしっかりとられるので気をつけて下さい。要するにこの特典は特に意味のないものってことになります。

2は最新機種でも端末代0円になります。非常に魅力的な特典ですが、これも他社プロバイダで当たり前のように採用されているキャンペーン。1円ってところもあるんですが大差なし。唯一「UQWiMAX」で契約するつもりだった人だけは、最新機種を選ぶと2800円とられるのでお得感を感じられる特典となります。

その他特典はあまりお得感のあるものではありません。乗り換え契約の特典は「他社の解約違約金負担だけ」のつもりで利用するのが正解ですね。

 

乗り換え契約の手順・流れ

  1. 契約中の他社プロバイダを解約
    ↓↑ ※どちらが先でもOK
  2. BroadWiMAX乗り換えキャンペーンを申し込む
  3. 解約違約金がわかる書類を「info@wimax-broad.jp」へメール
  4. 回線開通の確認が取れ次第、解約違約金分を現金キャッシュバック

※注意点
先に他社プロバイダを解約すると、違約金支払い分を一時的に立て替えなければいけなくなることも。もし財布に余裕が無いならBroadWiMAXへ申込み回線を開通させてからにしましょう。

 

とりあえず、乗り換えを考えている人にとっては一番最適なプロバイダです。不明な点は公式へ問い合わせてご確認下さい。

乗り換え申込み、問い合わせはこちらから
BroadWiMAX 公式

 

違約金負担なしでの乗り換えはBroadWiMAXしかできませんが、契約状況によって負担なしで解約できるパターンもあります。

そこで違約金負担がないシチュエーションをまとめてみました。

違約金負担なしで乗り換えられるパターン

  1. 契約して間もない
  2. GMOとくとくBBで契約したばかり
  3. 縛り期間がないプランで契約している

それぞれについて詳しく解説していきます。

1.契約して間もない

ものを買っても8日間以内なら取り消せるクーリングオフ制度はよく知られているはず。義務教育で学んだ覚えがあります。

ただWiMAX契約でクーリングオフは使えません。その代わり「初期契約解除制度」というクーリングオフと似たような制度が利用できます。

WiMAX機種本体の発送日から8日以内なら契約解除できるので、もしこの条件にあっているなら利用すれば違約金負担なしで解約可能です。

詳細はコチラの記事で解説しています
WiMAXでクーリングオフは利用できる?初期契約解除制度ってどんなもの?

 

2.GMOとくとくBBで契約したばかり

WiMAXプロバイダの中で「GMOとくとくBB」だけは20日以内のキャンセルで違約金負担なしになる制度が用意されています。

これは条件が期限内かどうかだけの「初期契約解除制度」と違い、「ピンポイントエリア判定」で「○」であることも適用に必要な条件なので気をつけましょう。

ちなみにWiMAX基地局から1kmほどの地点にある我が家は「△」でした。運営元UQが想定するカバー範囲は基地局から1kmくらいらしいので我が家くらいギリギリだとダメなようです。

 

3.縛り期間がないプランで契約している

これは説明するまでもありませんが違約金負担は必要ありません。最低契約期間がないのでいつ解約しても規約違反にはなりませんからね。

縛りなしプランが用意されているプロバイダは、ケーズデンキ、エディオンなどの家電量販店系だけです。

縛り期間なしプロバイダについてはこちらで触れています
縛り期間なしWiMAXプロバイダまとめ

 

これらパターンに該当する人は違約金負担なしで乗り換え可能です。

 

まとめ

WiMAXの乗り換え契約で違約金負担しなくてもいいプロバイダを紹介しました。

数年前まで主流だったWiMAX(無印)時代は、違約金負担キャンペーンをやっているプロバイダが多かった印象あるんですが、WiMAX2+時代ではBroadWiMAXしか見かけません。乗り換え契約するならここでってことになります。

私もここで契約していますが、料金の安さとサポートの質が両立している珍しいプロバイダなのでおすすめです。たいていどっちか片方しかクリアしてないところが多いので。

 

WiMAXと言えば2年契約がメインでしたが、3年縛りの「LTEオプション」プランが登場しました。

新機種「WX04」が3年縛りプランでしか契約できないなど、ユーザー側からしたら邪魔くさいな~と感じてしまいます(汗)

スマホキャリアでも実質4年縛りにするとiPhone半額といったプランも用意されるなど縛り期間の長期化が進んでいるように思えます。

とはいえ、2年も使えばバッテリーの持ち時間は短くなりますし、機種本体の故障も出始める頃。おまけに魅力的な最新機種も毎年どんどん出ている中で同じ機種をずっと使いづつけるのはシンドイって人も多いのでは?

WiMAXならBroadWiMAXに乗り換えれば違約金負担なしですし、個人的にも満足しているプロバイダなので自信を持っておすすめします。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由